エチ研TOP
Home > 体験談 > カテゴリ > 障害者

テゴリー

選択中のカテゴリ

(23件:1ページ目)
ジャンルをさらに絞り込む
  • 女性視点(19)
  • 生挿入(19)
  • 中出し(18)
  • 女性(30代)(17)
  • 男性(30代)(16)
  • 異常(16)
  • 浮気(13)
  • フェラ(13)
  • 青姦・野外(12)
  • 淫乱(11)
  • 口内射精(11)
  • 手マン(9)
  • クンニ(8)
  • 絶頂・昇天(8)
  • 潮吹き(7)
  • 公園(6)
  • 露出(6)
  • ノーパン(6)
  • アダルトグッズ(6)
  • バイブ(6)
  • 複数(6)
  • トイレ(5)
  • 人妻(5)
  • 美人・美少女・可愛い人(4)
  • 男性視点(4)
  • アナル(4)
  • 男性(20代)(4)
  • 女性(20代)(4)
  • おっぱい(4)
  • 中年・ハゲデブ親父(3)
  • 年上(3)
  • 男性(10代)(3)
  • 覗かれ(3)
  • 精飲・ごっくん(3)
  • 夫の友達(3)
  • キャンプ(3)
  • 痴漢(3)
  • 覗き(2)
  • 貧乳・ちっぱい(2)
  • 主婦(2)
  • 輪姦(2)
  • 女性(10代)(2)
  • 緊縛・拘束・ロープ(2)
  • 清楚・可憐(2)
  • カーセックス・車内(2)
  • 大学時代(2)
  • 旅行(2)
  • 男性(40代)(2)
  • お尻(2)
  • 眼帯(1)
  • アナルセックス(1)
  • 老人(1)
  • 男性(70代)(1)
  • コタツ(1)
  • 着物・浴衣・和服(1)
  • 祭り・夏祭り・花火大会(1)
  • (1)
  • 近親相姦(1)
  • 目撃(1)
  • オナニー(1)
  • お風呂(1)
  • 職場の人(1)
  • 水泳・プール(1)
  • リモコンローター(1)
  • ローター(1)
  • 包茎・仮性包茎(1)
  • 乳首(1)
  • ビジホ・ラブホ(1)
  • レイプ(1)
  • 遊園地(1)
  • 男性(50代)(1)
  • 告白(1)
  • 顔射(1)
  • 早漏(1)
  • バーベキュー(1)
  • 男子大学生(1)
  • 女性(50代)(1)
  • 処女(1)
  • 行きずり(1)
  • 子持ち(1)
  • (1)
  • 下着(1)
  • コスプレ(1)
  • お勧め/抜ける(1)
  • 純愛(1)
  • 年下(1)
  • 幼馴染(1)
  • 修羅場(1)
  • 交通事故(1)
  • 介護(1)
  • 手こき(1)
  • 温泉・露天風呂(1)
  • 結婚(1)
  • 純情(1)
  • 好きな子・好きな人(1)
  • 69(1)
  • 男性(60代)(1)
  • 映画館(1)
  • セクハラ(1)
  • ブサイク(1)
  • サークル(1)
  • ビッチ・ヤリマン(1)
  • 巨乳(1)
  • SM(1)
  • 観覧車(1)
  • 広げる

    索結果(全カテゴリに戻る

      • 冒頭
        昨年の秋、マサシさんのお母さんに頼まれ私はマサシさんと2人で映画を見に行きました。
        その後、マサシさんと食事をして夜のプラネタリウム鑑賞をしていると、見知らぬ男性から痴漢され感じてしまった私。
        しかも近くの公園でマサシさんに求められ性行為を受け入れた私は、誰も居ない共同トイレで痴漢をして来た男性と鉢合わせになり、彼らに胸を揉まれマサシさんの精液が溢れる陰部を見られてしまいました。
        犯される事は免れたんですが…。
        その日から私は彼ら(痴漢して来た男性2人)に会う事を恐れ、買い物は遠くのスーパーに行き出歩く事を控える様にしていたんです。
        12月に入り、マサシさ…
      • 冒頭
        俺は介護の仕事をしている、しがない40代の男だ。
        この話は数年前の話なんだよ。
        当時、俺はようやくケアマネの試験に受かり、ようやく介護の現場を離れたんだ。
        まあ肉体的にも辛い介護の現場から離れ、何とか頑張っていたんだよ。
        俺はある利用者を担当することになり、その利用者は要介護3でね、福祉用具を依頼することになったんだよ。
        まあ、必要なものは、車椅子と杖だったかな。
        俺は事務所の先輩に教わり、その地域で評判のいい「にこやか福祉用具」に依頼したんだよ。
        まあしっかりした会社でね。
        対応もよく、依頼した物はすぐ手配、納品となった。
        納品当日になり…
      • 冒頭
        息子の通う幼稚園の恒例行事でマサシさんと会い、体に触れられる姿を他のお父さん達に見られた上に幼稚園のトイレでマサシさんの性処理をしてしまった私。
        それどころか、酒を飲んで帰宅した夫に付き添って来た友人に陰部を見られ、指で弄ばれてしまいました。
        友人が酒に酔うと記憶を失う事を知り、彼の前で大胆に行動する自分に歯止めが利かなくなっている様に感じています。
        休日、息子がアニメ映画を見に行きたいと言うので、地元の映画館に家族で出掛けました。
        田舎の映画館で作りも古い上に館内も狭く、100人も入れば満員御礼と言った感じの所に40人程度の親子連れが入っていました。
        ポ…
      • 冒頭
        夫が友人達とバーベキューを楽しむ中、私はマサシさんに下着を取られ何も付けない姿で友人達の前に…。
        その後、酔った友人の前でマサシさんに陰部を弄られる姿を目撃され、やがて友人に痴態を曝け出すと共に彼の肉棒を受け入れてしまいました。
        夫の話では友人は酔うといつも記憶を無くすと言うのですが…。
        バーベキューから数週間が過ぎた頃、息子が通う幼稚園から連絡用紙が配られ、中身を読むと秋の恒例行事を行うと言う内容で、スケジュール表の中に"障○者とのふれあい"と書かれていました。
        下記には"時間のある親御さんは是非作業の手伝いをお願いします"と記載されていて、昼食の準備やイベン…
      • 冒頭
        学生時代の友人の目の前で、マサシさんが私の体に触れ股間を大きくさせている事を知られ、友人はマサシさんが私に性的好意を持っている事を知られてしまいました。
        そんな中、私は友人の目を盗みマサシさんの肉棒を咥え性処理をした上に、見知らぬ男性にまで陰部を曝け出してしまったんです。
        夏も終わり秋を感じ始めた頃、夫が友人達とバーベキューをする事を聞きました。
        「バーベキューって何処でするの?準備は?」 「近くの公園にバーベキューをする所、あるみたいだから、そこで…」 「予約とか必要なんじゃないの?」 「そうみたい、マサシ君のお母さんが予約してくれるって…」 …
      • 冒頭
        マサシさんとフミオさんの3人でキャンプに出掛けた私は、敷地内に誰も居ないと思い込み、2人の前で淫らな姿を曝け出し野外で性処理を行ってしまいました。
        そんな姿を地元の中◯生に覗き見された上に、深夜まで彼の肉玩具として扱われたんです。
        心では"直ぐに止めなければ…"と思っているのですが、体はドンドン淫らになり興奮の高まりと同時に歯止が効かなくなって行くのを感じていました。
        8月に入り学生時代の友人から久々に連絡が来ました。
        彼女と会うのは半年ぶりで、冬に2人だけで近くのファミレスで会って以来です。
        今回もファミレスで会うつもりでしたが、子供も一緒だと騒いで辺り…
      • 冒頭
        キャンプ場で障がいを持つマサシさんと友人3人の肉棒を次々と受け入れ性処理玩具扱いされた上に、首輪を嵌められペットの様に敷地内を散策させられた私。
        家族の元に戻ると、罪悪感と恥じらいの心から、夫や子供の目を直視する事が出来ませんでした。
        それでも夫達を送り出して1人になると、4人の肉棒に逝き捲った快楽が蘇り、アソコの疼きを感じながらベットでオナニーを始めてしまう私がいました。
        キャンプに出掛けて2週間が過ぎた頃、マサシさんのお母さんから電話が来ました。
        「綾香さん、マサシがまたキャンプに出掛けたいと言うんだけど・・・お願いできるかしら」 「お母さん、先日行っ…
      • 冒頭
        地元の夏祭り会場で、マサシさんに体を求められる私は人目の付かない場所で彼の相手をしました。
        そんな姿を見知らぬ男性に見られた上に、痴漢行為を要求され受け入れた私。
        マサシさんに会う度に体を求められ異常なプレーまで受入れる私は、ドンドン泥沼に沈んで行く様に感じていました。
        夏祭りから数日が過ぎ、私は息子と共にスーパーへ買い物に出掛けていると、誰かの視線を感じ辺りを見渡していました。
        視線の先に居たのは、見覚えのある初老男性だったんです。
        "こんな所で会うなんて" そう思っていると、男性はニヤニヤしながら私の元に近寄って来たんです。
        息子に"お菓子…
      • 冒頭
        家族旅行で他県のプール施設に泊まりで出掛けた私。
        そこで障がいを持つマサシさんとお母さんに出会い、追いかけて来たことを知りました。
        そしてマサシさんの面倒をお願いされ、私はプール施設内でマサシさんに弄ばれた上に、見知らぬ中◯生にまでエッチな姿を曝け出させられました。
        その夜には、夫が眠る目の前でマサシさんにアソコを弄られ、別室で気が変になる程、道具で責められた私は彼の精液を体内に・・・見知らぬ男性に見られる事にアソコを濡らす程、私は変わってしまった様です。
        数週間後、私はマサシさんのお母さんに呼出され彼の家に出向きました。
        「お母さん!旅行先にまで追いかけ…
      • 冒頭
        障がいを持つマサシさんの母親に仕組まれ、私はマサシさんとその友人(フミオさん)の3人で近所の山で花見をする事に・・・。
        マサシさんは友人に私との性的関係を教えており、拒めない状況に友人の肉棒を受入れ彼らの玩具となってしまいました。
        その後、2度もマサシさんに呼出され(母親からの招かれ電話)、彼の部屋で私はマサシさんと友人(フミオさん)の性処理をさせられた上に、玩具で体中を弄ばれたんです。
        5月連休、私達家族は県内にある温水プールのある施設に1泊で出掛ける事にしていました。
        そんな矢先の出来事、マサシさんの母親から電話があり連休に家に遊びに来て欲しいという内容でし…
      • 冒頭
        障がいを持つ彼の母親の頼みで、バレンタインチョコをプレゼントした私は、息子が居る傍で彼に陰部を弄られ、逝かされた上に、彼の部屋でバイブや肉棒を挿し込まれている姿を母親に見られてしまいました。
        私達の関係を薄々気づき始めた母親が、息子の欲求を満たさせる為に大人の玩具を与え使い方を教え込んだんだと思います。
        3月下旬を迎え、地元も桜が満開になり始めた頃にマサシさんの母親から電話があり、花見をしないか?という誘いの電話でした。
        あの一件以来、母親に弱みを握られている感じで、断る事が出来ない状況でした。
        平日、夫を送り出した後、息子を実家に預けると私はマサシさんの待つ実…
      • 冒頭
        初詣で障○を持つ彼の母親と久々に再会し、彼女の悩みを聞いた私はもう一度彼と会い、母親の悩みを少しでも解消してあげようと考えていました。
        そんな矢先、私は公園に向かい思い出に浸っていると偶然にも彼が現れ、私は興奮状態から彼の肉棒を受け入れてしまいました。
        2月の始め、私は夫と子供にバレンタインデーの手作りチョコを作ろうと思い、近くのショッピングセンターに買い物に出掛けました。
        「綾香さん久しぶりね!買い物?」 「お母さん・・・バレンタインデーが近いから、手作りチョコでも作ろうと思って」 「そうなの!旦那さんが羨ましいわ!マサシは手作りチョコもらったことないか…
      • 冒頭
        障がいを持つ彼と初めてデートをした日、私は彼に弄ばれている姿を母親に見られてしまいました。
        複雑な気持ちの中で、母親は私との連絡を途絶えたんです。
        彼の事が気になりながらも、私は母親の言う通りに公園に行く事も連絡を取ることもしませんでした。
        そして正月を迎え、私は家族と共に初詣に出掛けたんです。
        地元の人達で賑わう神社には出店も並び、多くの人が訪れていました。
        辺りを見渡した私の目に、彼(マサシさん)の姿が飛び込んできたんです。
        久々に見るお母さんは元気が無くやつれた感じに見え、マサシさんにも笑顔はありません。
        声を掛ける事も無いままに、私達は…
      • 冒頭
        障がいを持つ彼の自宅に招かれてから2週間以上が過ぎた時です。
        私は家族と一緒に近場のショッピングセンターで買い物をしていました。
        「綾香さん!こんにちは」 「あっ、お母さん!買い物ですか?」 「えぇ、そうなの!」 「誰だよ、知り合いか?」 「旦那さん?初めまして・・・前に息子が転んでいるところを綾香さんに助けてもらって・・・」 「そうなの!ちょっと前にここで会って・・・彼、転んじゃってたから・・・」 「あぁ〜障がいを持った男性の・・・母親?」 「んっ・・・ん〜」 少し離れた棚の陰から私を見つめる彼の姿があり、夫も直ぐに気づいた…
      • 冒頭
        久々に再会した障がいを持つ彼は、母親と一緒にショッピングセンターで買い物をしていました。
        我慢していた欲求に火がついてしまい、店内で彼の肉棒を受け入れてしまった私。
        その後、困っていた彼を助けていると母親が現れ"お礼に・・・"と、家に招かれる事になったのです。
        数日後、私は彼の家に行く事になりました。
        夫を見送ると、息子を車に乗せて実家のある隣町へ向かったのです。
        「じゃ、お願いね」 「ハイハイ、あなたもゆっくり過ごすと良いわ」 「うん!ありがとう・・・」 一度家に戻った私は、掃除と洗濯を手短に済ませ着替えを始めたんです。
        何を期待…

    ッチなPR

    ッチな広告