エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

エッチな話のNGジャンル設定

苦手な話にチェックを入れてください。
「チェックしたジャンル」を含む話がボカシ(または非表示)になります。(新着コメント一覧などでは表示されます)

今日の人気記事(他サイト)

痴女」のエロ体験談・エッチな話【全511話】

含むキーワード

除外するキーワード

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「痴女」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

  • 私は今、ベッドに寝そべりながら文を打っています。最近は特定の相手もおらず、自分で自分を慰める日々です。 今もアソコには小型の電動マッサージ器が入っています。円筒形のソレは少し物足りなく感じる太さです…(省略)

  • 大学に入ってからというもの、当然ながら交友関係が広まり、友達の中にはチャラい男もいた。 といっても、性格そのものはいい奴なので、俺がそっちに染まっているとか、そういうことではない。 ある日、そのチ…(省略)

  • ペットになったハルカにはほぼ毎日フェラで抜かせていた。 仕事が終わって連絡取ってハルカの家に行くか来させてフェラ。 ハルカのフェラはもともとすごかったが回数を重ねるごとに俺の好きな舐め方を…(省略)

  • さて大きくポイント溜まりましたので、次は高校の話を1つ。 田舎の高校で、私は演劇部に入ってました。 演劇部ということもあり部員20人のうち、男は5人だけという構成です。 その中に可愛…(省略)

  • 2年前の話になります。 当時私は45歳。 結構毎日忙しくしていました。 休みでも休みでないような毎日の中、身体がギブアップ状態でなんと入院するハメに。 最初は10日もすれば復帰できると思ってい…(省略)

  • 私(ひな)の中学生からのお話です。 当時から私の周りには発達の早い子が多くて、仲良い友達とえっちな話ばっかりする毎日。中でも、ゆうかって子は凄くて大学生の彼氏持ちで、学年でも変態って呼ばれる…(省略)

  • その日の朝は、ドンという鈍い音で目が覚めた。 亜樹は寝惚け眼を擦りながら体を起き上がらせた。ぼんやりとした視界が晴れてくると、ベージュの絨毯の上に一升瓶が転がっていた。 亜樹「あっいけね。私の久保…(省略)

  • さ○○と申します。どМな露出狂です。 148㎝、Cカップ、超色白、超童顔、ややぽっちゃりですが、おなかのお肉は出ておらず、はっきりとしたくびれと、大きめのまんまるおしりが自慢です。少し意識してますが…(省略)

  • 自宅に帰った私は、そのまま自分の部屋に向かいました。下着をつけずに帰ったので、露出癖がある私は、とても興奮していたのです。 電車の中、膝上のスカートの下は何も身につけていないのです。押し込まれたマジ…(省略)

  • この日はフミさん体調不良でバイト休み、代わりにミユキさんが入りました。 仕事が終わると、 「ユウタ君ご飯いこっ」 とミユキさんから誘われました。断る理由もなく一緒にご飯を。 やっぱりミユキさん…(省略)

  • 40代会社員です 町はずれの商店(雑貨屋)で! そこは六十代の女性店主が経営する店で、以前からそこ何度か行ったこと有るので店主の事は知っているのですが、 その店である日、女性店主が「昨日…(省略)

  • 初投稿にも関わらず続編希望やいいねなど評価を頂きありがとうございます、おかげで続編を書くことが出来ました。 あと前回のタイトルが「よく眠れる薬を使う妹に」となってますが薬は市販の睡眠改善薬でした、説…(省略)

  • 前回までは同期のセフレMの話でしたが 今回は同じく同期のYとのお話をさせて頂こうと思います。 俺(以下A):177cm、細身、よく爽やか系と言われる Y:165cmくらい、スレンダーでモ…(省略)

  • 私は結婚していて、三年生の息子と6つ年上の夫がいます。 息子の誕生日で旅館に行きましたが忘れない体験にりました。 家族連れが多く、また旅館のチラシの表紙に(外国人の方々も大歓迎!)と書かれてあった…(省略)

  • 大学生のとき水泳部だった私。 2年生になったばかりの4月、新入生が入ってきて新歓の飲み会がありました。 ウブでかわいい顔してるけど、筋肉質な男の子が入ってきてきたのですかさず彼に接近しました♪…(省略)

  • 俺は独身の27歳の普通の会社員。ある時SNSでこんなのを見つけた。 [明日、ホ別で3時間で1回射精させるごとに0.5ください。何回もイカせるから、お金はいっぱい持ってきてください。ちなみに明日は大丈…(省略)

  • 初見の方は前作のリンクを貼っておくのでそちらからどうぞ! ・・・・・・・・・・・・ 俺はお姉さんとランチの美味しいイタリアン料理屋へと訪れた。 普段この手の料理屋…(省略)

  • タイトル通り私の母が出てくるのでまずは母について軽く書きます。 私の母は当時38か39歳くらいで身長は160㎝と女性にしてはかなり高め。 私と違って胸もかなり大きくてGカップ以上はあったと思います…(省略)

  • 同窓会に行った。 私の出身中学の同窓会。 参加者一覧にあった元カノの名前のせいで気は進まなかったけど、新しい出会いへの期待がムラムラ湧き上がってきたので、意を決して。 なかなかの参加…(省略)

  • セフレの一人に、よくオタクイベントでコスプレをしているAちゃんがいる。 よくイベントでエロいコスプレをしていて、ムラムラするらしくてイベントの後にホテルに行っているのでその話。 前回無理に標準語喋…(省略)

  • 前回、黒タイツのムチムチ女の話をした。 その続きと言うか、あれからの普段の生活を語る。 (登場人物:俺、Y) 朝6時、Yの家に行く。 Yの家は母子家庭で、朝早くに親は仕事に行くらしい。 …(省略)

  • 前回からかなり時期が飛んで、高校3年生の終わり頃。受験シーズンが終わり、そろそろ卒業という頃のお話。 「ねぇねぇ、お兄ちゃん」 「なんだよ」 「いいお知らせだよっ」 「ふーん、それで?」 「…(省略)

  • ようやくテストが終わったのも束の間、ビッチ先輩から連絡が。。 ビッチ先輩「お疲れ。日曜の昼過ぎにあたしの家 に集合ね。以上!」 何か怒らせたかな? とりあえず日曜に、ビッチ先輩の家へ向…(省略)

  • 冬場にさしかかり、朝晩は寒さが身に染みるようになってきた。俺は冷えた身体を風呂で温めていた。 「あぁ、あったけぇ…」 すると…ガラッと浴室のドアが開いた。 「みさき?!」 「お兄ちゃん、入って…(省略)

  • 18歳になったので書き込みたいと思います。 僕が小○4年生のときの夏の夜、塾帰りに公園のトイレに入っておしっこしようとしてたら、慌てて女の人が入ってきたんです。 その女の人は泥酔していて一目散…(省略)

  • 私は昔に出来心から深みにはまって家庭を壊してしまい、今では孤独となった63歳のおばさんです。 あれは私が40前の頃です。私は夫と大学生2人の娘、中2の息子の5人家族でした。 10歳年上の夫にナンパ…(省略)

  • 修学旅行からしばらくした後。俺はまたあいに呼ばれ、彼女の家に来ていた。 インターホンを鳴らすと、ちょっと暗い表情をしたあいが出てきた。 「とりあえず…入っていいよ…」 「…うん」 なぜ表情が暗…(省略)

  • 私(以下S)が大学生の頃の話です。ネットのある芸人好きのコミュニティで知り合った人妻、美奈子さん(40代)と仲良くなりました。 旦那さんが単身赴任で夜は一人でお酒を飲んでるというので、よくSkype…(省略)

  • 続編です。 翌朝目覚めてから、昨夜の興奮がずっと頭から離れずにいた。 昨夜の非現実的な光景を思い返しては悶々し、何度もオナニーを繰り返した。 飲酒状態だったせいか、記憶がふわふわして…(省略)

  • これは私が中学生の頃の話。 当時から私は、黒タイツフェチだった。黒パンストでは無い。 あの分厚い生地のタイツがたまらなく好きなのだ。 冬になると学校中の女子が黒タイツを履くので、毎日トイレでオナ…(省略)

殿堂入りの「痴女」の話

殿堂入り「痴女」の話はありません。

読者の評価が高い「痴女」の話

読者からの評価が高い順

よく読まれている「痴女」の話

閲覧回数が多い順

良作かもしれない「痴女」の話

閲覧数が1万回以下で評価が高い順