エチケン

体験談・小説メニュー

男性視点」「泥酔・酔っ払い」のエロ体験談・エッチな話【全680話】

含むキーワード

除外するキーワード

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「男性視点」「泥酔・酔っ払い」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

  • 僕には数名の女友達が居り、エッチまではさせて貰えないが、エロな話しをして盛り上がれる関係だ。ホントはエッチをしたいけれど、真面目な主婦は、そう簡単にはさせてくれない。 そんな女友の中で2人の女性と昨…(省略)

  • 「最初に記載させて頂きますが、あくまでも創作であり、実際の体験談ではありませんので、ご了承頂き読んでいただけると甚幸です。」 私は48歳会社員、名前は「ひろし」で今は単身赴任で支店責任者の次長に…(省略)

  • 中堅私大を卒業後、中堅規模の会社へ就職。本社営業部営業一課主任の肩書きの8年目、30歳の年に久しぶりの 高卒社員が入社してきました。 長島はずき(仮名)19歳、営業事務員としての採用でした。可愛い…(省略)

  • 幸恵さん48歳は、大学の時に付き合っていた彼女のお母さん。 再会したのは去年の今頃、会社帰りでした。駅で電車に乗り最寄りの駅で降りると肩を叩かれ。 振り向いたら幸恵さんでした。 「お久しぶり…(省略)

  • 私は48歳会社員で今は単身赴任で支店責任者の次長になっている。 以前投稿した45歳の「まどか」とは現在疎遠のまま、来月辞めたいと話があり受理した。 「ゆかり」とは今でも肉体関係ではあるが、…(省略)

  • 私は48歳会社員で今は単身赴任で支店責任者の次長になっている。 以前投稿した45歳のパート妻とは現在もセックスフレンドであるが、今回は私が単身先で住んでいるレ〇パレスで、目の前に住んでいる主婦と…(省略)

  • 事務員の由香子48歳と去年の夏頃に きっかけは出張でホテルに泊まり。 実際はあまり仲良くなく、あまり話はしていなかった。 出張でホテルに泊まり夕飯を食べて由香子がお酒を飲みホテルに帰り。 …(省略)

  • 私は48歳会社員で今は単身赴任で支店責任者の次長になっている。 彼女は45歳で現在23歳の娘がいるシングルマザー。 彼女は身長160cm、バストは85cm、腰まであるロング髪の女性で、顔は…(省略)

  • デリヘルを利用した時の話です。そのお店は女性の匂いや体液などに特化した変態店です。 何回か利用してお互いに気心知れたUさん(仮)を指名しました。 Uさんは潮吹きっ子で、電マやマングリ返しで手のひら…(省略)

  • 私大を卒業して入社4年目の26歳に なる年に本社営業部から某100万都市の支店へ異動。 その支店は支店長、営業一課長と 一課社員人(男3、女2)。 営業二課長と二課社員(男4、女1)。 総務…(省略)

  • 【森川夕貴似】【北新地のラウンジを貸切にしてエッチなゲームを楽しんだ。】 【そしてトイレに連れ込んで犯した‼︎】 【続編です】 【美鈴ママを500万の金で二度ホテルに呼び出した俺は三度目のホテル…(省略)

  • 俺の名前はゆうま、新卒で入ってから2年目だ。 そんな俺にはセフレが居る。 そいつらは、由良と梨花だ、由良と梨花の関係はただ単に同僚なだけなんだ。 因みに由良は29歳の人妻で梨花は21歳で俺と同期…(省略)

  • 菊田家の法事に参加し数日が経った時、私の友人から転勤の事を聞かされました。 転勤先は九州地方で、両親に迷惑を掛ける訳にも行かないと息子(圭太)も一緒に連れて行くと語り、中学生になるタイミングで良かっ…(省略)

  • 私の住んでいた地区では毎年10月に、家の近くの小学校でお祭りを催していた。近所の人達のほとんどが集まる、とても賑やかなお祭りだった。 家族からは、私と妹、そして母が参加していた。当時中学生だった…(省略)

  • 自分の会社はよく飲み会があり、さすがに今の時期は飲み会は自粛中ですが、これは前に飲み会があったときの話です。 自分は結婚していましたが、会社の中で同期の桃子という女性が気になっていました。 …(省略)

  • バイト先の人妻に童貞を奪われたときの話です。 俺のバイト先には25歳既婚のななかさんという人がいました。ななかさんはこじるりに似た可愛らしさと大人のエロさが共存するような若妻で、ボディタッチ…(省略)

  • これはサークルの夏合宿の時の話。 俺のいたサークルは夏と冬に合宿という名のお泊まり会をやっていた。ヤリサーじゃないけど俺はヤリ目で在籍していたから有難いイベントだった。 合宿参加者名簿…(省略)

  • 会社の同じ部署に麗華という同期がいた。 彼女が昨年寿退社をしたのだが部署内の男性陣はホッとしていた。 彼女は顔も身体も井上和香似で入社当時から皆に人気があった為俺を含め全男性陣があわよくば…(省略)

  • 自分が大学の時の話です。 大学の時はサッカー部に所属していました。 その頃は、どちらかと言うとモテる部類に入っていて、合コンをしたりすると持ち帰りが出来て、その日にヤッた経験が何回もある。なかなか…(省略)

  • 大学の学部で、男女合わせて6人(男3、女3)の仲のいいグループがありました。このグループはサークルなどもバラバラですが、一緒に授業を受けるなど、大学では常に一緒にいるようなグループでした。…(省略)

  • ある夏の終わり、職場の先輩の家で宅飲みをすることになった日の話です。 登場人物のプロフィール 俺(ひかる)・・・20代会社員。既婚者。 先輩・・・同じ会社で歳が7つくらい上。 先輩の奥さん…(省略)

  • 現在31才の会社員です。妻(29才)もう直ぐ子供が生まれます。 私が学生の時にお世話になったスナックのママとの事です。 大学生の時酒屋でバイトをしていました。その日は私より一つ上の先輩が卒…(省略)

  • 2月に入って間もなく、近くのスーパーに買い物に出掛けた私達夫婦は喪服姿の会長夫妻とバッタリ会いました。 親戚の葬儀にでも行ってきたんだと思っていたんですが、話を聞くと同じ町内に住む菊田さんの母親が亡…(省略)

  • 散歩を始めた頃の妻は天然な所もありましたが清楚で真面目な性格で、人前で痴態を曝すなんて想像すら出来ませんでした。 キッカケは散歩に出掛けエッチな姿を曝していた所を近所の田中さんに見られ、犬(シロ)に…(省略)

  • リクエストがありました、私がこども頃に女子大生に痴漢したお話をします。 それは、小3の三学期からの事でした。 私は小3の秋には初精通を済ませました。 しかし、その初精通が変態的でした。 ある朝…(省略)

  • 遙香がベットに横になっていると、休憩でも無い時間に、聖也からLINEがありました。(ピンコ~ン) 『アイツと別れた?』 『まだ…』 『なんで?遙香が言えないなら、アイツそこに居るし、俺が言ってや…(省略)

  • 多数の続編希望を頂いたので、現在までの麻紀とのエピソードを投稿します。 今回は暴力的な描写はありませんが、前回の続編なので創作という事を理解頂ければと思います。 初めて彼女が出来た俺の日常は、…(省略)

  • 27歳の自分は昨年から2年間だけの約束で単身赴任をしています。 新婚の妻と生まれたばかりの子供と離れるのはつらかったけど、職場の決まりで どうしても2年間の単身赴任はしなきゃならなく我慢していまし…(省略)

  • 私は26歳のサラリーマン、直樹と言います。 そして、隣の職場に同じく26歳の遙香と言う彼女がいます。 隣と言っても、ワンフロアーなので、お互いのデスクは丸見えです。 私達は同期入社で、入った…(省略)

  • 夕食を終えて、私と娘は公園に来ていた。由愛がリレーの練習をしたいと言いだしたためだ。運動会はお祭りだからそう勝ち負けにこだわらなくていいのに、娘は変なところで真面目だ。 練習の場は自宅から近い公…(省略)

殿堂入りの「男性視点」「泥酔・酔っ払い」の話

大勢の読者から高評価を得た記事

読者の評価が高い「男性視点」「泥酔・酔っ払い」の話

読者からの評価が高い順

よく読まれている「男性視点」「泥酔・酔っ払い」の話

閲覧回数が多い順

良作かもしれない「男性視点」「泥酔・酔っ払い」の話

閲覧数が1万回以下で評価が高い順