エチケン

体験談・小説メニュー

男性視点」「中出し」のエロ体験談・エッチな話【全3999話】

含むキーワード

除外するキーワード

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「男性視点」「中出し」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

殿堂入りの「男性視点」「中出し」の話

大勢の読者から高評価を得た記事

読者の評価が高い「男性視点」「中出し」の話

読者からの評価が高い順

よく読まれている「男性視点」「中出し」の話

閲覧回数が多い順

良作かもしれない「男性視点」「中出し」の話

閲覧数が1万回以下で評価が高い順

  • タクシーを拾ったら、運転手が女だった。 「あら、あなた・・・」 「え?・・・淳子・・・」 10年前に別れた元妻だった。 「お前、タクシーの運転手してるのか。」 「ええ、どちらまで。」 「俺…(省略)

  • 姉のスペックをおさらい 優子(30代後半)→専業主婦・2児のママ。いつも穏やか・誰に対しても愛想がいい・小倉優子似の綺麗系(ロリではない)・出産経験があるとは思えないくびれたウエスト・デカ尻・髪…(省略)

  • 僕には付き合い始めて間も無く一年目になる二つ下の彼女がいた。 彼女は栗色のセミロングがよく似合う今時の女子高生といった感じ。 アイドルグループ乃木坂の元メンバー、西野七瀬に似ているとよく周…(省略)

  • 続編希望を頂き、誠にありがとうございます。 私こと「Y」と「カオリ」のお話もいよいよ幕引きとなります。 相変わらず長ったらしく綴っておりますが、最後までお楽しみ頂けますと幸いです。 今回はエ…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)

  • 「お前・・・こんなところにいたのか・・・」 「あなた・・・どうして・・・」 「いや、転勤でな。俺一人、単身赴任だ・・・」 赴任先で偶然入ったスナックにいたのは、15年前に別れた元妻だった。 元…(省略)

  • 珍しく早く仕事が終わり、久しぶりに深夜を待たずに家に帰る事が出来た平日の事、玄関のドアを開けるとシャワーの音が聞こえてきた。 時刻は午後6時頃。ご飯の前に娘をお風呂に入れているようだ。まだ喋れな…(省略)

  • 12月・・・夜はかなり冷え込むようになってきた。 夜勤は相変わらず長いし、疲れる。 だが夜勤中の楽しみも見つけることが出来た・・・けど・・・ あのエッチな2連続夜勤からヒロミと同じ夜勤に…(省略)

  • 山手線外回りに乗って、電車の窓からボーッと外を眺めていた。 大塚に停車して、ハッとした。 6年前に別れた元妻が、男と保育園児くらいの子供とホームを歩いていた。 俺の目の前を通り過ぎ、階段を下りて…(省略)

  • 親族会社に就職が大学入学前から決まっていて、会社に入ったら取引先の娘が何人かいるから気に入った娘と結婚するように言われていた。 俺は意地でも大学時代に結婚相手見つけようと、いろいろ付き合ったがな…(省略)

  • 現在、姉サキ25歳OL、俺ユウ23歳サラリーマンで2人暮らしです。今では夫婦みたいになっています。 姉はAV女優の神楽アイネさんにそっくりです。(後からこの方を知りました) 俺は韓流スターにいそう…(省略)

  • まだ新人だった頃、配属先の支店のトイレに入ったら小柄なおばさんが掃除中で、 「あ、すみません・・・・」 「構いませんよ。どうそ・・・」 というので、そのまま用を足しました。 掃除中でも大丈夫な…(省略)

  • この話しは、僕と亜樹と優衣香と美雪の四年目...上、中、下の番外編になりますので詳しくは本編をご覧下さい。 ――― ――― ――― 始まりは、父が働いている会社を僕に紹介し…(省略)

  • 俺のアパートの裏は山に成っている。細い遊歩道が延びていて、かなりの森の中の道だが中腹にはちょっとした東屋の有る展望台的な物に到達する。田舎だか其なりの夜景が楽しめる。 ある日の事、俺のアパートに…(省略)

  • 元妻と離婚したのは16年前、私34歳、元妻31歳で7年間の夫婦生活が破綻しました。 離婚理由は元妻の浮気でしたので、娘の親権は私が得て、元妻は浮気相手と暮らすようになりました。 その後、再婚したか…(省略)

  • 私が23歳から2年間付き合った、童顔で可愛かった有美という3歳年下の女の子がいました。 私に処女をくれた唯一の女性で、ちょっとムチッとした幼児体型も可愛かったです。 手マンすると、腰が動いちゃって…(省略)

  • 金曜の夜、俺と彼女は仕事が早く終わる方のアパートで過ごした。 呆れるほど舌を絡めて、呆れるほど交わって、呆れるほど仰け反って、呆れるほど射精した。 翌土曜日はどこかへお出かけして、ラブラブな二人の…(省略)

  • この間、7年前に別れた元カノと再会した。 好きなまま破局した忘れられない元カノだ。 好きだったけど、どうしても続けられない理由があった。 お互い、結婚して子供もいた。 「やあ・・・久しぶり…(省略)

  • 別れて10年の元妻と再会したのが4年前。 子供のことがあるから連絡は取れる関係でいたけど、偶然再会した。 俺49歳で元妻は46歳だった。 その時は十数分の立ち話だったけど、懐かしくて、後日、食事…(省略)

  • 私の二つ年上の姉さん女房です。 少し気が強いけど、子供会や飲み会だの仲間内のバーベキューだの何でも 先頭に立って行動する自慢の嫁です。 嫁は35歳で小学校3年の娘がいますがスリムな体…(省略)

  • 私は地方在住の33歳で山本俊也(としや)妻は29歳で歩美(あゆみ)といいます。 一連の事を始めた時の年齢です。 子供は男の子が一人いまして、この時は小学3年生。 妻は、それまでも短時間の…(省略)

  • 注:これは続編です。前の話を読んだ方が内容が分かりやすくなっています。 火曜日になりました。その日は仕事を早く切り上げて教会へと向こうことにしました。あの時目が合った先生は確かにいつもの柔和な顔…(省略)

  • 結婚して12年、3歳年下の37歳の嫁は二人目の子供を産んで2年の5年前、自ら進んで俺の実家へ同居を願い出た。 それは、人手不足にあえいだ嫁の元勤務先から、職場復帰を打診されたからだった。 ⒑年前の…(省略)

  • 新年を迎えてからも、僕と亜樹は控えめにお互いの性癖を楽しんでいた。 控えめと言ったのは、あくまで愛撫や露出などの悪戯の域を出ていないからだ。亜樹の体のことを考えた結果が今までとは違った形に変化し…(省略)

  • 中学の2~3年の時の担任の先生は、当時、私が大ファンだった森下愛子さんにとてもよく似ていて、恋焦がれてしまいました。 中3の夏休み直前、冬休み直前、そして、卒業式の後に先生に告白しましたが、当たり前…(省略)

  • (結末が、エチケンに投稿するような事でもないので、続編を書くつもりは無かったが、思いのほか続編希望が多かったので、最後まで書く。エチケン的、或いは物語的な期待には応えられないかもしれない。) …(省略)

  • 「まさか、50代になってもあなたに抱かれているとは思わなかったなあ・・・」 先日、閉経したばかりの妻を抱いた後、膣口から流れ出る私の精液を拭いながら、妻がしみじみ言いました。 私54歳、妻51歳、…(省略)

  • 投稿を読んで下さり 評価 コメントいただき ありがとうございます。 前回の続き。 Mちゃんの計らいで Aと2人きりになり 思い出やお互いの気持ちを伝え SEXをしてから数日後 卒業式前日 …(省略)

  • いつもお世話になっております。名無しのおじさんこと、珍苗字Yでございます。 私の思い出話の中で、現在入院中とお知らせしたばかりに、多数の読者様よりお見舞いのお言葉を頂いてしまい、大変恐縮しており…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)