エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

田中みな実似」のエロ体験談・エッチな話【全25話】

含むキーワード

除外するキーワード

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「田中みな実似」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

  • モカと付き合ってから、もう5年も経とうとしていた。 何度かこのサイトにも体験談を投稿しているが、広瀬すずに似た外見からは想像つかないほどに変態性欲の持ち主だ。 あれから僕も仕事で順調にキャ…(省略)

  • 平日の早朝、目覚ましのアラームが鳴る。まだ日も登り切ってなく、薄暗い寝室の中で目を覚ました俺は、気だるさを感じながらも、のそのそと出勤準備をし始めた。 隣で寝ていたミナミは、アラームの音につられ…(省略)

  • 「今日のお天気は午後から下り坂です。降水確率は…」 朝のお天気お姉さんが、雨が降るかもしれないと予報を告げた。せっかくの休みの日、昨今のニュースでただでさえ鬱屈としているというのに、参ったなぁと…(省略)

  • 珍しく早く仕事が終わり、久しぶりに深夜を待たずに家に帰る事が出来た平日の事、玄関のドアを開けるとシャワーの音が聞こえてきた。 時刻は午後6時頃。ご飯の前に娘をお風呂に入れているようだ。まだ喋れな…(省略)

  • 休日の朝、ふと目が覚めると、既にダイニングで妻が朝食を作っていた。 カチャカチャと食器の擦れる音と、コトコトと小鍋が煮えている音。 遠くから小さく聞こえる家事の音を聞きながら、気怠さを感じ…(省略)

  • うだるような暑さの8月の事。鉄骨製の集合住宅の我が家は驚異的な蒸し暑さになっていた。 別に暑いのは、嫌いなわけではない。妻の部屋着姿が薄手のワンピースになるからだ。風呂上がりのストレッチはミナミ…(省略)

  • 奈美です。 33歳の既婚者です。 お腹の中には3ヶ月になる子供がいます。 実は最近、旦那ではない既婚男性とカラダの関係を持つことになってしまいました。 しかもその相手というのが、妹の真美(…(省略)

  • 久々にキンと冷えた冬の夜の事。仕事を終え帰宅途中に妻からラインが届いた。 「遅いけど、大丈夫?気をつけてね。」 「ありがとう、今帰ってるよ」 そう返すと「今日はシチューです。」と返っ…(省略)

  • 「もう…我慢してたのなら言ってくれたら良かったのに…。」 そう言いながら俺のズボンに手をかけ、妻は手馴れた手つきで脱がしていく。 俺はソファに腰をかけたまま、少し腰を浮かすと、ベルトがカチ…(省略)

  • 土曜日の夜が更けた頃、妻と俺は静かな時間を楽しんでいました。 眠気を誘うように淡々とニュースを読み上げるテレビを横目に、夫婦で何でも無い事を話ながらゆったりとしたひと時を過ごす事は、平日の帰りが…(省略)

  • 結婚してまだ間もなく、まだ夫婦2人きりだった頃、連休を利用して温泉旅行に行きました。 当時は冬、雪道を抜け温泉宿へ。ひなびた雰囲気の古き良き温泉宿…はさすがに手が出ませんでしたが、高台に構え…(省略)

  • 12月30日 少しだけ雨が降っていて、出かけるには少し鬱陶しい天気だった。 買い物や家事もある程度終えており、特にやる事も無くゆったりとした時間を過ごしていた。 お昼を少し過ぎた…(省略)

  • 年末の仕事納めを終え、家に帰ると妻が出迎えてくれた。 「おかえりなさい。今年もお疲れ様でした。」 妻は毎年最終出勤日には労いの言葉をかけてくれます。 「明日と明後日はゆっくり…(省略)

  • 新婚夫婦といえば、一緒にお風呂に入ったりする事も珍しくないと思いますが、我が家では一緒にお風呂に入る事は新婚時代にはほぼありませんでした。 元々新婚時代は共働きで帰る時間も合わず、俺…(省略)

  • 俺が初めて自慰をしたのは中学生の時。その時のオカズは、年の離れた兄から拝借した某エロ本のコスプレグラビアでした。 バニーやチアガール、OLといったコスプレのエログラビアは当時ガラケーすら持っ…(省略)

  • 俺と妻が初めて中出しをしたのは付き合って数ヶ月の時でしたが、妊娠をしたのは結婚して約1年以上経った頃の事でした。 その約2年間の間は出来る出来ないに一喜一憂したりしていましたが、ついに妻のミ…(省略)

  • 5年前、妻がまだ付き合い始めて3ヶ月くらいの恋人だった時の事です。その頃彼女は、俺のアパートに休日の度に朝から遊びに来て、仕事が始まる週開けには帰る、週末だけの通い妻という状態でした。 …(省略)

  • 現在妻34才、俺29才の夫婦生活の話です。 続き物なので改めての紹介ですが、お姉さん系で大人な妻は、田中みな実似のEカップの美乳、水泳で鍛えた引き締まったお尻をしています。妻の名前はミナミ。もち…(省略)

  • 夫婦生活において、家事の分担というものは意見が分かれるものであると思います。仕事をしつつ家事もある程度こなす男性も、昨今では当たり前という風潮になってますね。 俺と妻の間でも、同棲を始めた当…(省略)

  • 思春期の時期から巨乳好きだった俺ですが、可愛いくて巨乳の妻をもらえた事は人生の中の幸運の1つだと思います。 妻のミナミとは、半年くらいの同棲期間を経て籍を入れました。合計1年の交際の末、結婚指輪…(省略)

  • 「まだ付き合って1週間だけど…(エッチするの)早くないよね?おかしくないよね…?」 ベッドの上に座り込んだまま、期待と不安が混じったように、当時付き合いたての恋人だったミナミは聞いてきました。 …(省略)

  • 同棲生活を始めてから、性欲処理に困る事はありませんでした。したいと言えばさせてくれる環境は、もしも仕事をしてなくヒモだったならばダメ人間になってたかもしれません。 ただ、少し誤算があった…(省略)

  • パートナーにして欲しくても拒否されるプレイ、引かれたら嫌だし、恥ずかしくてしたいと言えないプレイというのは、どのパートナーにもあると思います。 実際俺も元カノとはNGプレイは多くありました。…(省略)

  • 今の妻と付き合い始めたのは、俺が25歳、妻が30歳の時でした。 妻に惹かれたきっかけは、以前付き合っていた年下の彼女のワガママに振り回された挙句貯金も浪費し、身も心もボロボロになっていた時、…(省略)

  • 女としての性の悦びは何と言っても愛した男性にいっぱい尽くして、いっぱい愛されること…もっと直接的な表現をすると、愛した男性におかしくなるくらい貫かれて、エクスタシーの果てまで達する事ではないでしょうか…(省略)

殿堂入りの「田中みな実似」の話

殿堂入り「田中みな実似」の話はありません。

読者の評価が高い「田中みな実似」の話

読者からの評価が高い順

  • 女としての性の悦びは何と言っても愛した男性にいっぱい尽くして、いっぱい愛されること…もっと直接的な表現をすると、愛した男性におかしくなるくらい貫かれて、エクスタシーの果てまで達する事ではないでしょうか…(省略)

  • モカと付き合ってから、もう5年も経とうとしていた。 何度かこのサイトにも体験談を投稿しているが、広瀬すずに似た外見からは想像つかないほどに変態性欲の持ち主だ。 あれから僕も仕事で順調にキャ…(省略)

  • 今の妻と付き合い始めたのは、俺が25歳、妻が30歳の時でした。 妻に惹かれたきっかけは、以前付き合っていた年下の彼女のワガママに振り回された挙句貯金も浪費し、身も心もボロボロになっていた時、…(省略)

  • 珍しく早く仕事が終わり、久しぶりに深夜を待たずに家に帰る事が出来た平日の事、玄関のドアを開けるとシャワーの音が聞こえてきた。 時刻は午後6時頃。ご飯の前に娘をお風呂に入れているようだ。まだ喋れな…(省略)

  • 平日の早朝、目覚ましのアラームが鳴る。まだ日も登り切ってなく、薄暗い寝室の中で目を覚ました俺は、気だるさを感じながらも、のそのそと出勤準備をし始めた。 隣で寝ていたミナミは、アラームの音につられ…(省略)

  • 休日の朝、ふと目が覚めると、既にダイニングで妻が朝食を作っていた。 カチャカチャと食器の擦れる音と、コトコトと小鍋が煮えている音。 遠くから小さく聞こえる家事の音を聞きながら、気怠さを感じ…(省略)

  • 思春期の時期から巨乳好きだった俺ですが、可愛いくて巨乳の妻をもらえた事は人生の中の幸運の1つだと思います。 妻のミナミとは、半年くらいの同棲期間を経て籍を入れました。合計1年の交際の末、結婚指輪…(省略)

  • 「もう…我慢してたのなら言ってくれたら良かったのに…。」 そう言いながら俺のズボンに手をかけ、妻は手馴れた手つきで脱がしていく。 俺はソファに腰をかけたまま、少し腰を浮かすと、ベルトがカチ…(省略)

  • パートナーにして欲しくても拒否されるプレイ、引かれたら嫌だし、恥ずかしくてしたいと言えないプレイというのは、どのパートナーにもあると思います。 実際俺も元カノとはNGプレイは多くありました。…(省略)

  • 5年前、妻がまだ付き合い始めて3ヶ月くらいの恋人だった時の事です。その頃彼女は、俺のアパートに休日の度に朝から遊びに来て、仕事が始まる週開けには帰る、週末だけの通い妻という状態でした。 …(省略)

  • 「まだ付き合って1週間だけど…(エッチするの)早くないよね?おかしくないよね…?」 ベッドの上に座り込んだまま、期待と不安が混じったように、当時付き合いたての恋人だったミナミは聞いてきました。 …(省略)

  • 久々にキンと冷えた冬の夜の事。仕事を終え帰宅途中に妻からラインが届いた。 「遅いけど、大丈夫?気をつけてね。」 「ありがとう、今帰ってるよ」 そう返すと「今日はシチューです。」と返っ…(省略)

  • 「今日のお天気は午後から下り坂です。降水確率は…」 朝のお天気お姉さんが、雨が降るかもしれないと予報を告げた。せっかくの休みの日、昨今のニュースでただでさえ鬱屈としているというのに、参ったなぁと…(省略)

  • うだるような暑さの8月の事。鉄骨製の集合住宅の我が家は驚異的な蒸し暑さになっていた。 別に暑いのは、嫌いなわけではない。妻の部屋着姿が薄手のワンピースになるからだ。風呂上がりのストレッチはミナミ…(省略)

  • 同棲生活を始めてから、性欲処理に困る事はありませんでした。したいと言えばさせてくれる環境は、もしも仕事をしてなくヒモだったならばダメ人間になってたかもしれません。 ただ、少し誤算があった…(省略)

  • 夫婦生活において、家事の分担というものは意見が分かれるものであると思います。仕事をしつつ家事もある程度こなす男性も、昨今では当たり前という風潮になってますね。 俺と妻の間でも、同棲を始めた当…(省略)

  • 奈美です。 33歳の既婚者です。 お腹の中には3ヶ月になる子供がいます。 実は最近、旦那ではない既婚男性とカラダの関係を持つことになってしまいました。 しかもその相手というのが、妹の真美(…(省略)

  • 結婚してまだ間もなく、まだ夫婦2人きりだった頃、連休を利用して温泉旅行に行きました。 当時は冬、雪道を抜け温泉宿へ。ひなびた雰囲気の古き良き温泉宿…はさすがに手が出ませんでしたが、高台に構え…(省略)

  • 俺が初めて自慰をしたのは中学生の時。その時のオカズは、年の離れた兄から拝借した某エロ本のコスプレグラビアでした。 バニーやチアガール、OLといったコスプレのエログラビアは当時ガラケーすら持っ…(省略)

  • 12月30日 少しだけ雨が降っていて、出かけるには少し鬱陶しい天気だった。 買い物や家事もある程度終えており、特にやる事も無くゆったりとした時間を過ごしていた。 お昼を少し過ぎた…(省略)

  • 現在妻34才、俺29才の夫婦生活の話です。 続き物なので改めての紹介ですが、お姉さん系で大人な妻は、田中みな実似のEカップの美乳、水泳で鍛えた引き締まったお尻をしています。妻の名前はミナミ。もち…(省略)

  • 俺と妻が初めて中出しをしたのは付き合って数ヶ月の時でしたが、妊娠をしたのは結婚して約1年以上経った頃の事でした。 その約2年間の間は出来る出来ないに一喜一憂したりしていましたが、ついに妻のミ…(省略)

  • 土曜日の夜が更けた頃、妻と俺は静かな時間を楽しんでいました。 眠気を誘うように淡々とニュースを読み上げるテレビを横目に、夫婦で何でも無い事を話ながらゆったりとしたひと時を過ごす事は、平日の帰りが…(省略)

  • 年末の仕事納めを終え、家に帰ると妻が出迎えてくれた。 「おかえりなさい。今年もお疲れ様でした。」 妻は毎年最終出勤日には労いの言葉をかけてくれます。 「明日と明後日はゆっくり…(省略)

  • 新婚夫婦といえば、一緒にお風呂に入ったりする事も珍しくないと思いますが、我が家では一緒にお風呂に入る事は新婚時代にはほぼありませんでした。 元々新婚時代は共働きで帰る時間も合わず、俺…(省略)

よく読まれている「田中みな実似」の話

閲覧回数が多い順

  • モカと付き合ってから、もう5年も経とうとしていた。 何度かこのサイトにも体験談を投稿しているが、広瀬すずに似た外見からは想像つかないほどに変態性欲の持ち主だ。 あれから僕も仕事で順調にキャ…(省略)

  • 女としての性の悦びは何と言っても愛した男性にいっぱい尽くして、いっぱい愛されること…もっと直接的な表現をすると、愛した男性におかしくなるくらい貫かれて、エクスタシーの果てまで達する事ではないでしょうか…(省略)

  • 「もう…我慢してたのなら言ってくれたら良かったのに…。」 そう言いながら俺のズボンに手をかけ、妻は手馴れた手つきで脱がしていく。 俺はソファに腰をかけたまま、少し腰を浮かすと、ベルトがカチ…(省略)

  • 今の妻と付き合い始めたのは、俺が25歳、妻が30歳の時でした。 妻に惹かれたきっかけは、以前付き合っていた年下の彼女のワガママに振り回された挙句貯金も浪費し、身も心もボロボロになっていた時、…(省略)

  • 奈美です。 33歳の既婚者です。 お腹の中には3ヶ月になる子供がいます。 実は最近、旦那ではない既婚男性とカラダの関係を持つことになってしまいました。 しかもその相手というのが、妹の真美(…(省略)

  • 5年前、妻がまだ付き合い始めて3ヶ月くらいの恋人だった時の事です。その頃彼女は、俺のアパートに休日の度に朝から遊びに来て、仕事が始まる週開けには帰る、週末だけの通い妻という状態でした。 …(省略)

  • パートナーにして欲しくても拒否されるプレイ、引かれたら嫌だし、恥ずかしくてしたいと言えないプレイというのは、どのパートナーにもあると思います。 実際俺も元カノとはNGプレイは多くありました。…(省略)

  • 久々にキンと冷えた冬の夜の事。仕事を終え帰宅途中に妻からラインが届いた。 「遅いけど、大丈夫?気をつけてね。」 「ありがとう、今帰ってるよ」 そう返すと「今日はシチューです。」と返っ…(省略)

  • 思春期の時期から巨乳好きだった俺ですが、可愛いくて巨乳の妻をもらえた事は人生の中の幸運の1つだと思います。 妻のミナミとは、半年くらいの同棲期間を経て籍を入れました。合計1年の交際の末、結婚指輪…(省略)

  • 休日の朝、ふと目が覚めると、既にダイニングで妻が朝食を作っていた。 カチャカチャと食器の擦れる音と、コトコトと小鍋が煮えている音。 遠くから小さく聞こえる家事の音を聞きながら、気怠さを感じ…(省略)

  • うだるような暑さの8月の事。鉄骨製の集合住宅の我が家は驚異的な蒸し暑さになっていた。 別に暑いのは、嫌いなわけではない。妻の部屋着姿が薄手のワンピースになるからだ。風呂上がりのストレッチはミナミ…(省略)

  • 同棲生活を始めてから、性欲処理に困る事はありませんでした。したいと言えばさせてくれる環境は、もしも仕事をしてなくヒモだったならばダメ人間になってたかもしれません。 ただ、少し誤算があった…(省略)

  • 夫婦生活において、家事の分担というものは意見が分かれるものであると思います。仕事をしつつ家事もある程度こなす男性も、昨今では当たり前という風潮になってますね。 俺と妻の間でも、同棲を始めた当…(省略)

  • 「まだ付き合って1週間だけど…(エッチするの)早くないよね?おかしくないよね…?」 ベッドの上に座り込んだまま、期待と不安が混じったように、当時付き合いたての恋人だったミナミは聞いてきました。 …(省略)

  • 「今日のお天気は午後から下り坂です。降水確率は…」 朝のお天気お姉さんが、雨が降るかもしれないと予報を告げた。せっかくの休みの日、昨今のニュースでただでさえ鬱屈としているというのに、参ったなぁと…(省略)

  • 12月30日 少しだけ雨が降っていて、出かけるには少し鬱陶しい天気だった。 買い物や家事もある程度終えており、特にやる事も無くゆったりとした時間を過ごしていた。 お昼を少し過ぎた…(省略)

  • 俺と妻が初めて中出しをしたのは付き合って数ヶ月の時でしたが、妊娠をしたのは結婚して約1年以上経った頃の事でした。 その約2年間の間は出来る出来ないに一喜一憂したりしていましたが、ついに妻のミ…(省略)

  • 平日の早朝、目覚ましのアラームが鳴る。まだ日も登り切ってなく、薄暗い寝室の中で目を覚ました俺は、気だるさを感じながらも、のそのそと出勤準備をし始めた。 隣で寝ていたミナミは、アラームの音につられ…(省略)

  • 新婚夫婦といえば、一緒にお風呂に入ったりする事も珍しくないと思いますが、我が家では一緒にお風呂に入る事は新婚時代にはほぼありませんでした。 元々新婚時代は共働きで帰る時間も合わず、俺…(省略)

  • 俺が初めて自慰をしたのは中学生の時。その時のオカズは、年の離れた兄から拝借した某エロ本のコスプレグラビアでした。 バニーやチアガール、OLといったコスプレのエログラビアは当時ガラケーすら持っ…(省略)

  • 現在妻34才、俺29才の夫婦生活の話です。 続き物なので改めての紹介ですが、お姉さん系で大人な妻は、田中みな実似のEカップの美乳、水泳で鍛えた引き締まったお尻をしています。妻の名前はミナミ。もち…(省略)

  • 結婚してまだ間もなく、まだ夫婦2人きりだった頃、連休を利用して温泉旅行に行きました。 当時は冬、雪道を抜け温泉宿へ。ひなびた雰囲気の古き良き温泉宿…はさすがに手が出ませんでしたが、高台に構え…(省略)

  • 土曜日の夜が更けた頃、妻と俺は静かな時間を楽しんでいました。 眠気を誘うように淡々とニュースを読み上げるテレビを横目に、夫婦で何でも無い事を話ながらゆったりとしたひと時を過ごす事は、平日の帰りが…(省略)

  • 珍しく早く仕事が終わり、久しぶりに深夜を待たずに家に帰る事が出来た平日の事、玄関のドアを開けるとシャワーの音が聞こえてきた。 時刻は午後6時頃。ご飯の前に娘をお風呂に入れているようだ。まだ喋れな…(省略)

  • 年末の仕事納めを終え、家に帰ると妻が出迎えてくれた。 「おかえりなさい。今年もお疲れ様でした。」 妻は毎年最終出勤日には労いの言葉をかけてくれます。 「明日と明後日はゆっくり…(省略)

良作かもしれない「田中みな実似」の話

閲覧数が1万回以下で評価が高い順

  • 珍しく早く仕事が終わり、久しぶりに深夜を待たずに家に帰る事が出来た平日の事、玄関のドアを開けるとシャワーの音が聞こえてきた。 時刻は午後6時頃。ご飯の前に娘をお風呂に入れているようだ。まだ喋れな…(省略)

  • 平日の早朝、目覚ましのアラームが鳴る。まだ日も登り切ってなく、薄暗い寝室の中で目を覚ました俺は、気だるさを感じながらも、のそのそと出勤準備をし始めた。 隣で寝ていたミナミは、アラームの音につられ…(省略)

  • 「今日のお天気は午後から下り坂です。降水確率は…」 朝のお天気お姉さんが、雨が降るかもしれないと予報を告げた。せっかくの休みの日、昨今のニュースでただでさえ鬱屈としているというのに、参ったなぁと…(省略)

  • 「まだ付き合って1週間だけど…(エッチするの)早くないよね?おかしくないよね…?」 ベッドの上に座り込んだまま、期待と不安が混じったように、当時付き合いたての恋人だったミナミは聞いてきました。 …(省略)

  • うだるような暑さの8月の事。鉄骨製の集合住宅の我が家は驚異的な蒸し暑さになっていた。 別に暑いのは、嫌いなわけではない。妻の部屋着姿が薄手のワンピースになるからだ。風呂上がりのストレッチはミナミ…(省略)

  • 結婚してまだ間もなく、まだ夫婦2人きりだった頃、連休を利用して温泉旅行に行きました。 当時は冬、雪道を抜け温泉宿へ。ひなびた雰囲気の古き良き温泉宿…はさすがに手が出ませんでしたが、高台に構え…(省略)

  • 同棲生活を始めてから、性欲処理に困る事はありませんでした。したいと言えばさせてくれる環境は、もしも仕事をしてなくヒモだったならばダメ人間になってたかもしれません。 ただ、少し誤算があった…(省略)

  • 夫婦生活において、家事の分担というものは意見が分かれるものであると思います。仕事をしつつ家事もある程度こなす男性も、昨今では当たり前という風潮になってますね。 俺と妻の間でも、同棲を始めた当…(省略)

  • 土曜日の夜が更けた頃、妻と俺は静かな時間を楽しんでいました。 眠気を誘うように淡々とニュースを読み上げるテレビを横目に、夫婦で何でも無い事を話ながらゆったりとしたひと時を過ごす事は、平日の帰りが…(省略)

  • 年末の仕事納めを終え、家に帰ると妻が出迎えてくれた。 「おかえりなさい。今年もお疲れ様でした。」 妻は毎年最終出勤日には労いの言葉をかけてくれます。 「明日と明後日はゆっくり…(省略)

  • 俺が初めて自慰をしたのは中学生の時。その時のオカズは、年の離れた兄から拝借した某エロ本のコスプレグラビアでした。 バニーやチアガール、OLといったコスプレのエログラビアは当時ガラケーすら持っ…(省略)

  • 現在妻34才、俺29才の夫婦生活の話です。 続き物なので改めての紹介ですが、お姉さん系で大人な妻は、田中みな実似のEカップの美乳、水泳で鍛えた引き締まったお尻をしています。妻の名前はミナミ。もち…(省略)

  • 12月30日 少しだけ雨が降っていて、出かけるには少し鬱陶しい天気だった。 買い物や家事もある程度終えており、特にやる事も無くゆったりとした時間を過ごしていた。 お昼を少し過ぎた…(省略)

  • 俺と妻が初めて中出しをしたのは付き合って数ヶ月の時でしたが、妊娠をしたのは結婚して約1年以上経った頃の事でした。 その約2年間の間は出来る出来ないに一喜一憂したりしていましたが、ついに妻のミ…(省略)