エチケン

体験談・小説メニュー

従姉妹」のエロ体験談・エッチな話【全158話】

含むキーワード

除外するキーワード

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「従姉妹」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

殿堂入りの「従姉妹」の話

殿堂入り「従姉妹」の話はありません。

読者の評価が高い「従姉妹」の話

読者からの評価が高い順

よく読まれている「従姉妹」の話

閲覧回数が多い順

  • 叔母が叔父と結婚した時から、叔母はボクの憧れだった。 叔父はお袋と少し年の離れた弟だったので、お嫁さんになったばかりの叔母は当時まだ二十歳を過ぎた頃で、ボクはと言えば小◯校に入ったばかりの頃だった。…(省略)

  • ※加筆修正(2019年11月30日 23時22分) 私が小学6年の時に目撃した中学2年の従姉が受けた恥ずかしいお仕置きシーン…(省略)

  • 前回から時間は流れて、高校2年生の春になった。 回数は少し減ったものの、あいは未だに学校帰りの俺を家に連れ込んでは、フェラ抜きをしていた。 ある日、いつものようにあいと帰っていると… 「今日、わ…(省略)

  • ルミは、お袋の姉の娘、即ち、僕の従妹だ。 普段は都会に住んでいるが、毎年のようにお盆の頃になると、一家で帰省してきていた。 小さい頃から伯母が僕の事をタカシくんと呼んでいたので、3つ年下の…(省略)

  • 事の始まりは従姉妹の家出からだった。 ピーンポーン。 「ん?はーい?」 「あ、ユウちゃん?ちょっと泊めて〜!」 「ユイ?」 風の心地よい5月の週末、従姉妹のユイが家出をしてオレの家にやっ…(省略)

  • 俺は中2で東京に住んでいます。 冬になる前、大学の推薦試験の為に、田舎の高校から従姉の真姫が、俺の家がある東京のマンションに10日間下宿をする事になった。 真姫が初日にきた日、あ~ひろくん(俺)大…(省略)

  • 従妹のユイとセックスをしてからオレはユイとこっそり付き合うようになった。 オレと行為をする前から処女を捨てていたとは言え、経験としてはまだまだ子供でオレはいろいろなプレイを教え込むつもりでいる。…(省略)

  • 僕は中2です。 去年の夏、従姉妹たちと一緒に海にいった時の事です。 従姉妹は1こ上の昌美と1こ下の佳奈美で、いった日の夕方、 「もうすぐご飯だから、一緒に入っといで」 というの…(省略)

  • 失禁した悠の股間を咥え込み、大量に口に含んでは飲み込み、喉越しがわかるほど飲み、吸い、飲み、と欲望の限りを尽くしたつもりではありましたが、それでも布団は水の入ったバケツを蹴飛ばしたみたいな惨状…(省略)

  • もう15年~前の話になりますが、未だに鮮明に覚えており忘れられない日々です。 思い出せば、未だに夜間の単独自己啓発の肴になっています。 当時、私は典型的な男子高◯生で、毎日どころか毎時と言…(省略)

  • 夏休みに入って、従姉が海に行く話をしてきた。 従姉「真姫」 僕「ひろき」です。 電話がなる!プルルルプルルル。 従姉「ね~今度の日曜日予定ある?」 僕「いや~全然予定ないから部屋でゴロゴロかな?」 従…(省略)

  • 私はヘナッと横を向いて寝ている、力が入れられず抵抗できない状態の悠を全裸にして、その股間を凝視しました。 標準よりは薄い、、と思うものの、狭いエリアを長めに茂っている陰毛。 真っ白…(省略)

  • ゴールデンウィークに入って、僕はいつものように、真姫の写真や動画でオナを繰り返していたが、やっぱりおかずに飽きる男のさが。 真姫は冬に入試(前回作品)で、大学に合格して、進学をしたが、僕の家で居候す…(省略)

  • オレは従妹のユイとこっそり付き合っている。 もうすぐ高三になるが、未だに中◯生に間違われるロリ顔、かわいらしいアニメ声をしている。 カラダの方はハードな陸上部であることもあり、あばらが浮き出てしま…(省略)

  • 昨日、このサイトの投稿で、自身の女装の経緯を書かれていた方がいらっしゃったので、私も自分の事を投稿…(省略)

  • 誕生日の関係で従姉妹の妹になるのですが、そうですね………。 お互いに結婚してるのですが、なんでしょう…………好き嫌いでなく、お互いの悩みや将来の夢などを語り合う事が何度もあり、挫けそうになった時…(省略)

  • 先日体験した話です。 まずいとこの紹介から… 高校の2年で顔は乃木坂の斎○飛鳥ちゃんに似てる(芸能人詳しくないけど母に言われてから調べたらかなり似ていた) 昔はちょくちょく遊んでいたけど大き…(省略)

  • 前回斎藤○鳥ちゃん似のいとこのパンツを盗撮した話の続きです。 美少女のパンツを人生初のレベルでじっくり観察した後、考えたのがもっと見たい…ということだった。 そこでまず思い付いたのが風呂、そこ…(省略)

  • 行きずりってことになるのかな? 何年か前にしてしまったことを書きます。 今でも思い出すと興奮してしまう。 従姉のスペックは、156cmぐらいのタメで、ショートカットが似合うPerfu…(省略)

  • これは私が高校2年生の時のお話です。 この年の冬、従妹(当時中◯3年生)が3日間だけ私の家に滞在する事になりました。 理由は高校受験のためです。 都内にある某有名私立高校を志望してい…(省略)

  • 自分には、雅美という3つ年上の従姉がいます。 昔から「雅美ネーチャン」と呼んでいました。 雅美ネーチャンは一人っ子だったせいか弟のように可愛がってくれてました。 ただ、雅美ネーチャン…(省略)

  • 最高のオナニーネタとして、保存してから10年間ザーメンを搾り取ってきた体験を。 10年程前、iPhone4を買った年の夏の事。 実家が海のそばで旅館をやっていて、毎年親戚やらが遊びに来る。 …(省略)

  • 2年前に従妹の家に行った時の事です。 子供の時から俺に懐いてる理奈という従妹が1人で自宅に居り、俺が来たことを知り、 「お兄ちゃん!」 と嬉しそうに抱きついて来ました。 「今お…(省略)

  • 小さな田舎町に住んでいた。 田舎じゃよくあるけど、近所に親戚がいっぱいいる。 隣にも叔父さんの家があって、1人娘が受験の年の事。 田舎だから近くに塾とかなくて、叔父さんたちに頼まれて…(省略)

  • それから時は流れて………。 悠も小◯生になっていって、2人だけの週末は女の子の成長とともになくなっていきました。 それでも正月やお盆をはじめ、家族行事で悠に出会えば彼女は私に懐いたままでした。…(省略)

  • 前回の続きです。 背景:筆者自身の15年前の鮮明な記憶。 環境:家族全員、専業農家。 毎週末の土日は大人全員が出払い、朝食後、日没まで帰ってこない。 筆者は母方の実家に…(省略)

  • 僕は社会人5年目の27歳です。 浩二といいます。 実は、今まで1度も彼女ができたことがありません。 高校が男子校で、大学に入学後も、高校時代にやっていた柔道で入学したため、彼女を作っ…(省略)

  • 中2の夏休みの時の話。 5つ上の従姉が僕の家に遊びに来ると、家庭教師みたいな感じで勉強を教えてくれていた。 ちょうどその日はみんな出かけてて、僕と従姉との2人きりだった。 夏休みの宿…(省略)

  • 従姉のマリお姉ちゃんと一緒にエッチをしたときの話です。 その日は朝から俺の両親は出かけていて、家にはマリお姉ちゃんと俺だけだった。 オレ「マリお姉ちゃーん」 ・・・・・・・ 呼…(省略)

  • いとこの女子大生とおっぱいの話。 前回の続きです。 憧れの綾子お姉ちゃんのおっぱいを揉む事ができたあの夜から一夜明けた。 昨日から断続的に降り続いた雪がうっすらと庭の芝生を覆っていた。 そ…(省略)

良作かもしれない「従姉妹」の話

閲覧数が1万回以下で評価が高い順

  • 小学4年の体験談です。 子供の頃、夏休みなどの長期連休になると田舎の親戚の家に遊びに行っていました。 母の姉夫婦の家で、そこには3つ上の従姉がいて、そのお姉ちゃんと遊ぶのを毎回楽しみにしていま…(省略)

  • 五年前でした。 従姉妹の貴子36歳との過ち。 隣に実家があり、貴子が帰省していた。 確か年末だったと思います。 家の母と貴子の両親が温泉に行った時だった。 夕飯を何にしよ…(省略)

  • 今から約10年程前の話だが、4歳年上の従姉をオカズにしていました。 私は当時中学1年。 従姉は舞といい、当時は17歳で高2。舞ねえと呼んでいます(今でも)。 小柄だが胸はとても大きかった。(高◯…(省略)

  • 田舎から県庁所在地の大学へ進学して、アパート暮らししていた。 県庁所在地には叔母が住んでて、時々家に呼んでくれて飯食わせてくれてた。 叔母と叔父、そして3歳年下の従妹と賑やかに飯食ってた。 …(省略)

  • 「あ、ここで曲がって」 国道から二股に山へ向かう道が現れた所で私はタクシーに山に向かうよう頼んだ。 「この先は若い娘さんが喜ぶようなもんは何も無いよ?」 初老の運転手さんがハンドルを…(省略)

  • 平成最初の年に祖母は死んだ。 長く患っていたので近いだろうとは思っていた。 電話で訃報を知らせた叔父も特に感情を乱している訳ではない。 葬儀にかかわる業務的な会話をしたあと俺は電話を切った。…(省略)

  • 今から十ウン年前、私の一つ年上の従姉Rの結婚式で起こった出来事。 Rには高校時代に恋焦がれ憧れていたN先輩がいて、N先輩もRの事を凄く可愛がっていたんだけどN先輩にとってRはあくまでも 「…(省略)

  • 10才でオナニーするのは早いのか遅いのか俺にはよく分からないが・・・。 従妹に俺と15才下の「あや」って女の子がいる。 従妹なので何かと面倒みてたし、オムツ替えてやった事も何度かあった。 …(省略)

  • まだ男の人と経験する以前・・ 小4の後半から6年生になるまでの約1年間に、3人の女性とレズエッチしてた時期がありました。 もう8年前のことなので、記憶が曖昧な部分もありますが、光景や会話の…(省略)

  • これは、高校2年生のときのお話です。 僕の従兄姉は、3つ上の大学2年生(男子)と2つ上の大学1年生(男子)と1つ上の高校3年生(女子)と3人いて、比較的他の家庭より従兄姉同士は仲が良く小さい頃か…(省略)

  • 夏に帰省したとき、私の嫁の従兄の嫁さん(絵里香)に2年ぶりに会った。当時結婚式に呼ばれたとき以来。 その後すぐに嫁の従兄が海外赴任して一緒に行ってたので、久しぶりだった。 当時の印象は、おとなしい…(省略)

  • これは僕が小3の頃、いとこの姉妹との話です。 週末などの休みになると、家族揃っておばあちゃん家に遊びに行くのが恒例行事でした。 そして、その時は決まって、いとこの家族も遊びに来るので、11人程…(省略)

  • 成り行きというか、ひょんなことから僕が大学1年生の冬(19歳)、1コ上の短大2年生の 従姉(20歳)とSEXしました。 お互い合意の上なので法的な問題はありません。 誰にも話すことはできませんが…(省略)

  • あの夏祭りから4年。久しぶりに叔父さん家に遊びに行った。高校時代は部活が忙しくて来れなかった。 卒業後社会人になり初めてのお盆休みだった。結衣ちゃん(中3)は相変わらずの人見知りだが、あの一件以来だ…(省略)

  • 俺が高2になった頃、東京の郊外に住んでいたの母方の祖父が亡くなった。 葬式には久しぶりに母方のイトコが全員集合した。 母は5人兄妹の末っ子だったので、イトコも大勢いて、しかも年齢層も幅広い…(省略)

  • 大変遅くなりましたが、続きを書かせていただきます。 途中からの人は最初から見ていただければと思います。 この話しは全て実話です。ご興味のある方だけでお願い致します。 2日目の朝を大満足に…(省略)

  • 小◯4年生の頃、従姉の家に泊に行った時、彼女の部屋でゲームやら遊んでいたら、そのまま彼女のベッドで眠ってしまった。 夜中目を覚ますと、隣で彼女がスッポンポンで眠っていた。 どうやら彼女は裸…(省略)

  • 前回の話しで続編希望の方に支持頂きましたので、投稿させていただきます。 なんだかんだ両思いであるなつきと寝ながらも、なつきとの旅行がどんどん少なくなることを寂しく思った私は、次の日の朝を迎える前…(省略)

  • 中3の時に、従姉(当時高2)の家に用事で出かけた時の話。 伯父・伯母と両親に俺、そして従弟の4人でくつろいで話していたが、普段はこういった席に姿を見せる従姉が不在だった。 夕方17時を過ぎ…(省略)

  • 初めて女の子のおっぱいに触ったのは高校に入ってからだった。相手は3つ年下の従妹(ルックス可愛め)。昔から俺は彼女にとても好かれていた。彼女が10歳ぐらいのときに告られたこともあり、俺も以前から彼女を&…(省略)

  • 亜希子の口の中に出してスッキリした私は喉が乾いたので、通路にある冷蔵庫へ行きました。 そこには、おじさんのビールやコーラ、サイダー等が沢山冷やしてあり好きなのを飲め的な感じでした。 亜希子も喉…(省略)

  • 俺が25歳、従姉妹が高2の17歳で、街でばったり遭遇しました。 会うのは8年ぶりで、たまたま会った俺達は昔話をしてました。 俺が煙草を吸い出すと従姉妹も"ちょうだい"と言ってきて"お前煙草…(省略)

  • 中学生最後の夏休み。お盆に父の実家へ帰省した。家に着くなり叔父さんが迎えてくれた。 叔父さんには2年生の活発な結奈ちゃんと5年生のおとなしい結衣ちゃんがいた。 結奈ちゃんは僕を見つけるなり「お兄ち…(省略)

  • つい最近の話。 俺が忙しかったり、チアキも部活引退だなんだで10日程会えない日が続いていた。 休みの日の前の晩からチアキはフライングで来る事になり、俺はまだ仕事だからチアキは俺の部屋で待ってる事に…(省略)

  • 初めての投稿です。 私は29歳のサラリーマンです。 従妹は25歳と4つ下なのですが、母親の再婚から従妹になったので血は繋がっていません。 今回はそんな従妹と先月旅行に行き、セックスをしまくっ…(省略)

  • 中二の時、田舎の従姉(高三と高一)と一緒に風呂に入ったというか、従姉が俺の一人のところに入ってきた。 小さい頃は一緒に入っていたが、まさか中二で一緒に入ると思わず、目のやり場に困りながらも視界に…(省略)

  • 僕が小6の時の事です。 従姉の家は車で10分ぐらいのところです。 ある日、従姉が僕の家に泊まる事になり、僕は"突然どうしたのかな?"と不思議に思っていました。 泊まりに来た理由は単純…(省略)

  • 今回は、私こと「まどか少年」が大学2年生の夏休み前から秋にかけて起こったことについて書きたいと思います。 私はその時、もうすぐ大学生活2度目の夏休みが近づいてきている蒸し暑い夕方、実家の方向では…(省略)

  • 以前投稿した「好きだった親戚の姉の下着をこっそり堪能」から数ヶ月後の話です。 祖母の家で偶々同じ期間に滞在してた親戚の姉のレイさんの下着に味を占め、なんとかもう一度味わいたいと思い、なんとか計画…(省略)

  • 従妹と付き合った記念にするために温泉旅行を計画しました。 従妹は「裸見られるの恥ずかしいから絶対に嫌だ」と凄く嫌がってましたけど「客室露天風呂だから俺以外に裸は見られないから大丈夫だよ、それに俺だっ…(省略)