エチケン
体験談を投稿される方へ特典のご案内

体験談メニュー

寝取り・略奪」のエロ体験談・エッチな話【全1021話】

新着の「寝取り・略奪」の話

  • 北陸の田舎の出身のオレは大学進学で上京しました。 周りの人間は洒落た人間が多いことに驚きましたが、オレは昔からインドア派なので大学に行く以外はほとんど出かけず、大学でも図書館で、読書や映画ば…(省略)

  • 前回の経験以降一人でするのにもオカズを探す必要がなくなった。 あのツンと鼻につく茜ちゃんのおしっこの匂いを思い出すだけで何度でもいけた。 その代償と言ってはなんだがさすがに恥ずかしかったのか、茜ち…(省略)

  • 千里とえっちをした日以降、それは楽しい毎日が続いていた。 共用の給湯室から見える場所に、千里のデスクがある。なので、事前に携帯で「◯分後に給湯室に行くよ」と連絡をしておき、その時間になったら給湯…(省略)

  • 前回の投稿から4年が経ちましたが、ちょっとした出来事で思い出したので、前回の後日談と最近のことをお話します。 【後日談】 高校2年生だった当時はエロい格好をしてたせいで犯されてしまい、何回も中…(省略)

  • 三流私大を卒業して、そこそこ有名な 某企業へ内定。周りからは「よく◯◯大学であの会社に入れたな!」と 拍手喝采。私も偏差値ではなく人間性と将来性が評価されたと有頂天。 都心のオフィス街を歩く姿を…(省略)

  • 亜希子が大阪に遊びに来てくれてから、俺たちは毎日のようにビデオ通話等を使い、お互いの時間を共有していた。その後何度も大阪に来てくれるのだが…亜希子が大阪に来てくれた翌週、俺はあさみという子と会っていた…(省略)

  • 当時、ゎたしは18歳の時 24歳の現場職で、 実家暮らしの彼氏がいました。 ゎたしの仕事は 携帯ショップの定員で毎日夜遅くまでなので、 彼氏と逢うのは土曜日の夜だけでした。 近…(省略)

  • 大学を卒業して中堅企業へ就職。 本社営業部に配属され目標数字に終われる日々の中でのオアシスが大卒同期の高橋恵でした。マーケティング部に配属された恵はフリーアナの高島彩に 似ていて、あだ名が恵(メグ…(省略)

  • 散々弟の彼女をオカズに抜いたものの罪悪感がすごくあった。 まだまだ幼い中学生相手に適当なことを並べて胸を揉んでしまったのだ。 チクられたりしないかビクビクしていた。 しかし、そのようなことはなく…(省略)

  • 僕は東京で1番賢いとされている大学に通う大学生で名前は隆史と言う。 勉強を多くしていたこともあり、女性経験はほとんどないと言っても過言ではない。 唯一あるのは、大学生になったばかりの頃サークル(現…(省略)

  • 大学生の頃、バイト先の先輩の彼女と成り行きでセックスしてしまいました。 彼女はアナウンサーの水卜麻美似で、明るくておっぱいが大きくてすごく可愛かった。 名前はミナミさんといいます。 僕のことをヨ…(省略)

  • 俺がまだ20代後半の頃、会社の入っているビルの同じフロアで働く団体職員、千里(仮名)がいた。 千里は背は低めだが、顔が森高千里にそっくりで、ハッキリした顔立ちの美人。胸は小さめだが、スラっとした…(省略)

  • すっかり義母の身体にハマった自分は、妻が夜勤の日は、お義母さんを呼ぶようになり 妻とするよりも回数はかなり増えていました。 お正月休みも妻の実家へ行き、義父と妻の目を盗んで、義母の臭いマンコを使い…(省略)

  • ※このお話には暴力的、グロテスクな表現が含まれております。 苦手な方は閲覧をお控えください。 あれから3か月が経った。 美穂の怪我は手術を必要とする程で1か月の入院後退院。 リハビリを…(省略)

  • 実話です。 ついこないだの話です。 人妻を堕としたい方の参考になればと思います。 俺は40歳。名前はノブオ。運送会社の契約社員です。ドライバーではなく、扱っている荷物の管理や営業…(省略)

  • もう数年前の話になる。 俺は職場のある女性が好きで好きでたまらなかった。 初めは一目惚れだった。 石原さとみのような外見で、胸はそこそこあり、くびれが綺麗で、お尻の形がすごくいい。 新入社員と…(省略)

  • 嫁の優希を渡辺さんに貸し出す日はすぐにやってきた。 早く来てほしいような来てほしくないようなそんな気持ちだった。 金曜日仕事を終え家に帰るとおめかしをすませた優希がいた。 「おかえりー」…(省略)

  • 私と嫁の優希、ネットで知り合った渡辺さんとの関係はあの日を境に変わっていった。 渡辺さんは結婚しているのもあって毎週金曜日に我が家にやってくる。 家族に怪しまれてはいけないのでなのか泊まることはな…(省略)

  • 圭太と共にバス旅行に出掛けてから2ヵ月程が過ぎた時でした。 私の携帯に圭太から連絡が来たんです。  「もしもしおじさん…週末なんだけど、時間あるかなぁ」  「どうかしたのか?」  「お父さんが…(省略)

  • 38歳、中小企業の営業課長です。 去年のエピソードです。 私大卒業して入社。同期は20名。 男13人、女7人でした。 入社前の研修で同じ大卒の細川文恵に 心を一瞬で奪われました。 文恵のス…(省略)

  • 遅くなりました。続編を書きます! 朝まで寝ることにした自分は酔いと気持ち良さで熟睡していましたが ふと目を覚ますと目の前にみちょぱの顔があり美しい顔で寝ていました。 もちろんみちょぱは半裸の…(省略)

  • 前回の話しで続編希望の方に支持頂きましたので、投稿させていただきます。 なんだかんだ両思いであるなつきと寝ながらも、なつきとの旅行がどんどん少なくなることを寂しく思った私は、次の日の朝を迎える前…(省略)

  • 友だちの彼女との話。 友達が結婚を控えていて、彼女さんと同棲もしていた。 彼女さんの名前(あゆ子) 友だちカップルはまぁまぁ飲み、自分は体質でそこまで飲めない。 彼女さんの手料理も食べ…(省略)

  • 優希の生理が終わる頃また渡辺さんに誘いのメールを入れる。 「前回は急な生理ですいませんでした。またお願いできますか?」 「いえいえ。結局口でしてもらったし、よかったよ。もっと色々教え込みた…(省略)

  • 初めての投稿です。 私は29歳のサラリーマンです。 従妹は25歳と4つ下なのですが、母親の再婚から従妹になったので血は繋がっていません。 今回はそんな従妹と先月旅行に行き、セックスをしまくっ…(省略)

  • 渡辺さんが家に来て以来、私と優希は関係は凄く良くなった。 マンネリ化していたセックスも、優希と体を重ねるたび、渡辺さんとしているところを思い出し、興奮して何度も抱いていた。 優希も私が興奮して…(省略)

  • 2か月前に彼女にフラれた26歳の男です。 先日、買い物中に、別れた元カノのお母さんに会ったんです。 「元気だった?ちょっと残念だけど、いい人見つけるのよ」と言われ 「ありがとうございます。色々お…(省略)

  • せめて今年中に去年の出来事を書き終えたかったんですが、全く間に合わず申し訳ないです。 応援してくれる方がいる限り頑張って書き続けますのでよろしくお願いします。 2次会で乳首を視姦された飲み会の…(省略)

  • 本日、12月25日のクリスマス。 私が社会人3年目25歳の時の話。 決して裕福ではない実家でしたが私の将来の為に田舎から東京の私大に親が入れてくれました。 親の期待を裏切らない為に学業とそしてア…(省略)

  • 【後ろ手手錠拘束】【デカパイ強調】 先輩に呼ばれて訪れた先輩の部屋。 高2の夏休みのある日、僕は後ろ手で手錠拘束されている目隠し姿の熟女に遭遇した。 一瞬誰だかわからなかったが、特徴がいくつかあ…(省略)

  • 最新:1日以内に投稿された話
    新着:1週間以内に投稿された話
    準新:1ヶ月以内に投稿された話

殿堂入りの「寝取り・略奪」の話

評価・閲覧数ともにトップクラスの話

人気が高い「寝取り・略奪」の話

読者の投票数が多い話 TOP20

よく読まれている「寝取り・略奪」の話

アクセス数が多い話 TOP20

良作かもしれない「寝取り・略奪」の話

読まれた回数が1万回以下で読者評価が高い話 TOP20

  •  私は、車を運転しながら、昨日までの事を思い返していた。 山下さんと無理矢理Hをしてから、私は避けられるようになっていた。 メッセージの返信が無かったり、デートに誘っても断られたりと。 …(省略)

  • さて今宵は雲様のお話にお邪魔して清女がお話させていただきませう。(^ ^) 私は清女と申します。雲様の雲のような気まぐれにおすがりして、旦那様のお宅に置いていただいている女です。 その2人の馴れ初…(省略)

  • この話しは、僕と亜樹と優衣香と美雪の四年目...上、中、下の番外編になりますので詳しくは本編をご覧下さい。 ――― ――― ――― 始まりは、父が働いている会社を僕に紹介し…(省略)

  • 実家に戻ったマサシさんは私の部屋を訪れなくなったばかりか、職場にも来なくなった事に不安を感じた私は誰にも告げず実家の様子を 見に行き、そこで見知らぬ女性の存在を知りました。 ショックに落ち込む私は…(省略)

  • 妻の運動不足解消から始めたウォーキングでしたが、野外で淫らな格好を求めた私の欲求の末に近所のおじさん達にまで身体を弄ばれ、 犬(クロ)との結合を繰返す中で、妻はすっかり淫乱へと変貌していました。 …(省略)

  • 散々弟の彼女をオカズに抜いたものの罪悪感がすごくあった。 まだまだ幼い中学生相手に適当なことを並べて胸を揉んでしまったのだ。 チクられたりしないかビクビクしていた。 しかし、そのようなことはなく…(省略)

  • クミは3歳年下の従姪(いとこめい)の親戚で、前回書いた通り、クミが15歳の時に身体の関係を持ってから、10年以上関係が続き、今年の7月に身体の関係を一応解消したという関係です。 説明しにくいので…(省略)

  • もう、18年前、携帯電話にメール機能が普及した頃の話。 当時、俺にも嫁にもそれぞれに恋人がいたけど、合コンで欠員が出たからと双方で補欠要員を加えたのが、俺と嫁だった。 どちらもマイナス1人だったか…(省略)

  • 妹(楓)が彼氏を家に連れてきた 彼はりょう君 なかなかのイケメン 二人楓の部屋に入った 少しして茶菓子持って楓の部屋に入った 話した感じかなり好印象 りょう君と話弾む …(省略)

  • 6の続きです。 優はあのあとすぐに部長と会うことはせず、しばらくメールのやり取りをしていた 内容は「おはよー」とか「仕事おわった」とか普通のものが多かったが時々「優に会いたい」とか気持ちを…(省略)

  • ※去年の話から始まって10年前の話が2つ続いたので、今までの話をお休みして、今回は最近の妻の話をしようと思います。 〔登場人物〕 私・・・笹野 徹(39)自営業 妻・・・笹野 ゆり子(32)図書…(省略)

  • 19ぐらいの時に友達と彼女と3人で宅飲みしました。 彼女は同い年でちょい地味めの大人しい感じです。 彼女はお酒に弱いのに飲むのが好きで、飲んだら朝まで起きないタイプ。 友達にその事話したら、…(省略)

  • 千里とえっちをした日以降、それは楽しい毎日が続いていた。 共用の給湯室から見える場所に、千里のデスクがある。なので、事前に携帯で「◯分後に給湯室に行くよ」と連絡をしておき、その時間になったら給湯…(省略)

  • こんばんは。奈央です。 いつも投稿を読んで下さる方、続編希望をいただける方、本当にありがとうございます。 部長とのエッチを彼に報告した後のお話を書きます。 私は仕事で部長の会社に行きました。…(省略)

  • 俺のスペック 身長170センチ、筋肉質、35歳既婚、子供あり2人、運送業で中間管理職。 そんな俺がコンビニの店員さんに一目惚れしてしまいました。 彼女はいつもニコニコしてて胸はCカップで細身の本…(省略)

  • 私はとある田舎町の温泉芸者をしているんだ。本名は滝川白雪。源氏名は深雪です。完全に名前負けだよね、白雪と言われるほど綺麗でもおしとやかでは無いけど、高校時代は池脇千鶴さんに似てるって言われたこともある…(省略)

  • 現在時間は深夜2時を過ぎている。 ナースコールで一時中断したものの、ここまでは希望通りのエッチな時間をヒロミと過ごすことが出来ている。 実際前回の夜勤から連絡が取れていなかったので多少この…(省略)

  • 大学に入学し、僕は初めてエロ漫画やDVDを買っていました。 寝取られモノばかり買って勤しんでいました。笑 そんな僕にも冬の終わり頃にはそれはそれは可愛い彼女ができました。 高校の頃は学校1可…(省略)

  • 専門学校に通っていた頃、成人した誕生日で一人プチ旅行した時の話。 素泊まりできる 女将さん?が一人で営んでいる個人経営旅館だった。女将さんがタイプの人だった。 『いらっしゃい。予約の?』 …(省略)

  • ※前回の続きで、妻が混浴から戻ってきたあとの話をしようと思ったのですが、それではまた妻からの伝聞の部分が多くなって、少しリアリティに欠ける話になりそうです。なので混浴事件のあと、あの夜に起こったことに…(省略)

  • ※最大20件まで表示