エチケン

エチケンの広告を非表示にする方法
「寄付のお礼(詳細)」または「体験談投稿の特典(詳細)」

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

官能小説・エロ小説」のエロ体験談・エッチな話【全468話】

含むキーワード

除外するキーワード

投稿された年

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「官能小説・エロ小説」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

  • 2月の初め、とても寒い日に雨が降り始めた、私は夜食を買いにコンビニに、 車を出して向かった。 コンビニの駐車場に入ると、建物の端に女性が立っていた、雨宿りだろうと 思ったが、薄着で震えているよう…(省略)

  • その日はおじいちゃんの家で、掃除のアルバイトをしていました。今日は裸にエプロンという格好です。 白いフリルのついた丈の短いエプロンでは私の豊満な肉体を隠しきれず、乳房は脇からはみ出てしまい股間の部分…(省略)

  • 永野先輩が昇進して別の店舗に替わって、二週間、LINEを送っても短文しか返事 が来ない、忙しいのだと思うのですが、別に付き合っている訳でも無いし、永野 先輩にとっては、僕はセフレでしかないのかも・…(省略)

  • 俺が小○生5年生の時だ。 俺はその頃、性に興味が出てきた頃だった。 だから、授業中によく隣の子のスカートに手入れてタイツとパンツの上からだが、ま○こを愛撫してた。 隣の子は嫌がってお…(省略)

  • 大学2年の夏、親にどうしても、自分の車に乗りたいと話したら、どうせ維持費 も掛かるし、学生には贅沢だと言われた、その話をしていた時に、親戚の叔父さ んもいて、自分の車で良かったら、譲ってくれるとい…(省略)

  • その後も俺達の自粛生活は続いた、リモートも導入されて、昼間はそれぞれ勉強 をする事が出来るようになった、セックスは順番制になって、交互に俺とリビン グのソファーベットに寝る事になった、いつでもセッ…(省略)

  • ※差し替えました 私の名前は「佐田裕也」20歳、以前投稿した内容の続きが書けなかったので、前回の修正と、その後の裕也の物語を追記して続編です。 前回のあらすじに関して、「検索」でタイトルに…(省略)

  • 玄関に咲子が迎えに出た「こんにちは、お邪魔します」と未央奈がリビングに 入ってきた「いらっしゃい、よく来たわね、何かあったの」と波留子が出て来た 「まあ、座ってよ、夕飯まだでしょ、すき焼きを準備し…(省略)

  • これはフィクションである。 これは僕が高1の時の話だ。 僕は某公立高校に通っていたときの話だ。 僕には好きな女子がいた。 その子の名前は同級生でクラスメイトの愛梨。 愛梨のスペックは、肌が茶…(省略)

  • 「ホントにゴメンね、酔ってたし、誠くん美味しそうだったから」と一美さんが 咲子と波留子に玄関で頭を下げて謝罪した。 「別にいいですけどね、一応、同居人で浮気は公認する約束だから」と波留子 そうい…(省略)

  • 私は、地元滋賀県から大阪府まで一人で遊びに来ていた。無職で仕事をしていないため時間がたっぷりある。 この寒い季節の中、いや、今日はそんない寒くないなあ、大阪市内のある公園のベンチにミニスカートを…(省略)

  • 玄関のドアを開けて、靴を脱いでいると、咲子が着て「おかえり、遅かったね」 と俺に言った「もう来てるのお客さんは」と俺が聞くと、咲子はウンと頷いた。 咲子の表情から推察すると、余程怖い先輩なのだろう…(省略)

  • 引っ越して来る条件として、もし、それぞれに相手が出来ても、干渉しない、 無理やりのセックスは求めない、家賃は求めない、食費その他は割り勘にする という条件だった、俺は空いている二部屋の荷物を自分の…(省略)

  • これは、俺が前職の時の話。 俺は当時30歳。 会社はIT系で、俺は開発部署の取りまとめをやっていた。 開発チームは基本的に男性が多く、女性は少ない。 割合は8:2ぐらいだろう。…(省略)

  • 【前書き】 こちらのお話は『体験談』ではなく『小説』となりますのでご注意ください。 投稿する際には、小説を選択していますが、体験談として表示されるのはサイトの仕様なのでご理解ください。 ――…(省略)

  • 最初に今からお話する長編は馴れ初め恋物語であり、一部本当の話であり、一部はフィクションであります。 私の名前は「佐藤信也」25歳で未婚者。入社して3年目の春に会社から転勤の辞令を貰い、新幹線で2…(省略)

  • 大学に合格し、家を出てマンションに一人暮らしをする事になって3か月位の頃 オンラインゲーム仲間の子とLINEでも話をするようになって、ゲームの情報の やり取りをしていたが、近所の短大に通っていると…(省略)

  • 延長コードを取るのにかがんだ瞬間、後ろから抱きついてTシャツの上からオッパイを両手で揉んだ。 「イヤッ!イヤって、ダメダメ!」#ピンク 今朝みたい片手ではなく両手でがっつり後ろからだから簡単には振…(省略)

  • 週末に妻が同窓の女子会で実家の近くの温泉に行くというので、夕方妻を温泉宿に送って行き、翌日も迎えに行くので、俺一人が姉さん(妻の実姉)の家に泊まる事になった。 妻を温泉まで送って夕食後、義母は早…(省略)

  • これからする話は高校一年生の時の体験談です。 僕は中学校の時によく勉強を教えていた女子がいました。特に恋愛感情はありませんでしたがよく一緒にいました。同じ高校に進学してからもクラスは違うもの…(省略)

  • 樹里はアパートのベッドでうつ伏せになり脚を大股に開き、スマホから聞こえる男の声に耳を傾けていた。 男が言葉を発すると下半身が熱くなり手を敏感な所に持っていくのを必死に我慢する。また男の声、頭から爪先…(省略)

  • 私はインターホンで探したけれど、携帯は見つからない事を一博くんに言いま したが、携帯は私の部屋にあるはずだと言い張りました、GPSの位置情報がここ を示しているからと、私は仕方が無く、一博くんを家…(省略)

  • 昨今のコロナの影響でうちの会社でもテレワークとやらが始まった。 詳しい職種なんかは控えさせてもらうが、俺は普段外回りをしているので …俺のテレワークはめちゃくちゃ暇である。 簡単なデータ…(省略)

  • 中学時代、吹奏楽部でチューバを吹いていた。しかし中々上達せず、一学年上の深山恭子先輩(仮名)にはしょっちゅう怒られていた。 深山先輩は、整った顔立ちをしていて、目立つほどではないけど美人の部類に…(省略)

  • こんにちは 大学3年生の時に陰キャ童貞の僕が同じゼミの陽キャの春菜をオナホにした話をしたいと思います。 まず、僕の話をしたいと思います。 名前は隆史です。 僕は現在、経済学部に通う大学…(省略)

  • 夏休みという時期、若い男女は浮かれやすくなる。 その夏のその日、俺はどこの誰よりも最も浮かれていた。 俺は仮に佐藤、専門学生だ。 今日は同じ専門学生仲間である、吉木と市民プールに来ていた。 吉…(省略)

  • あんな事があった2日後、また私は佐々木さんの家の前に来ていました。 今日は土曜日なので、午前中がアルバイトの時間になっています。チャイムを鳴らすと、佐々木さんが笑顔で出てきました。 「やぁ、待って…(省略)

  • 一博くんは私の手を引いて、強引に客間に連れて行きました、手にはさっき 使った私のバスローブの紐を持っていました、私をベッドに押し倒すと後ろ向 きにして私の両手を持ってきたバスローブの紐で縛り始める…(省略)

  • 私は掃除のアルバイトをしに、町内会長さんの家に来ていました。町内会長の佐々木さんはいつも笑顔で優しい雰囲気の50代のおじさんです。 でも、今日の佐々木さんの笑顔は何故かニタニタといやらしく感じます。…(省略)

  • 私は一博くんの頭を撫でながら、色々な事を考えていました、赤ん坊の頃から 見守って来た一博くんが私にあんな事をするとは思いませんでした、そんな 眼で見られていた事もショックでした、でも私の膣の中に入…(省略)

殿堂入りの「官能小説・エロ小説」の話

大勢の読者から高評価を得た記事

読者の評価が高い「官能小説・エロ小説」の話

読者からの評価が高い順

よく読まれている「官能小説・エロ小説」の話

閲覧回数が多い順

良作かもしれない「官能小説・エロ小説」の話

閲覧数が3万回以下(+投稿から半年経過)で評価率が高い順

  • 相変わらずの雲の旦那…大した仕事をするわけでもなく、糸のキレた凧みたいにフラフラ~フラフラ~としております。 大好きな酒と釣竿を持って出掛けようとすると、清女殿が『毎日毎日酒と釣りですか?そりゃぁ私…(省略)

  • さて今宵は雲様のお話にお邪魔して清女がお話させていただきませう。(^ ^) 私は清女と申します。雲様の雲のような気まぐれにおすがりして、旦那様のお宅に置いていただいている女です。 その2人の馴れ初…(省略)

  • アラフォーの理容師(床屋)と友達の娘の出来事です エロい表現はありません文章力も無いので読みにくかったらごめんなさい 今から19年前の話です 友達は古い付き合いで、嫁の方と先に知り合いました…(省略)

  • このお話は登場人物の年齢などの理由で創作とさせていただきます。 信じるかどうかは貴方様にお委ねします。 息子を学校へ送り出した後に私は家事をしていました。 ふと時計を見ると学校が始まるく…(省略)

  • 春は気まぐれ、暖かい陽気に誘われて桜の花が爛漫に咲き誇ったかと思えば、冬のような冷気と肌をさすような強い寒風が、桜花をハラハと散らしていきます。花が咲き花は散る、人の世もまたおなじやも知れませぬ。 …(省略)

  • 清女さんが岡場所時代に纏っていた着物を古道具屋に売ったところ、驚く程の値段に…そのお代で太刀を買い、更にそれでも余ったお金で大八車いっぱいのさつまいもと、山のような黒砂糖と交換した清女さん。 …(省略)

  • 俺の親父はまともに家に居た事のない放浪癖の強い人だった、それでも何してるのか知らないけど金はしっかり稼いで送金してくるから俺と母親が満足に生活するには十分だった 俺が中2の時、母親がガンで入院し一年…(省略)

  • 「あ、ここで曲がって」 国道から二股に山へ向かう道が現れた所で私はタクシーに山に向かうよう頼んだ。 「この先は若い娘さんが喜ぶようなもんは何も無いよ?」 初老の運転手さんがハンドルを…(省略)

  • 生まれついての酒好きで、仕事もせず、飲みすぎて失敗続き、さっぱりうだつが上がらない雲の旦那は裏長屋の貧乏暮らしでございます。 大川に見投げをしようと呆然と佇んでおりました清女を長屋に迎え入れ生活を共…(省略)

  • 続編希望のポイントをたくさんいただき、ありがとうございました。 おかげさまで続編を書けるようになりました。 15ポイントつかないと続編が書けないってハードル高いですよね(笑) それでは続きのお話…(省略)

  • 物語の男は私で一緒ですが、出演女性が異なり、稀に以前の女性名がでてきますが、続編ではおかしいので読み切りで「あの日シリーズ」を記載致します。 私は48歳会社員、名前は「ひろし」で、以前の赴任先で…(省略)

  • 清女さんが岡場所時代に纏っていた着物を古道具屋に売ったところ、驚く程の値段に…そのお代で太刀を買い、更にそれでも余ったお金で大八車いっぱいのさつまいもと、山のような黒砂糖と交換した清女さん。 …(省略)

  • 新幹線の車窓から見える景色に、もう桜はなかった。初夏の匂いというのか、そろそろ季節が変わる。優衣香はそんな予感を抱きながら目的地に向かっていた。 道流「はい、どうぞ」 道流は車内販売の女性から、ホ…(省略)

  • 「ちょいと用があって出かけてくるよ」と私が薩摩屋敷からもらってきた刀を下げて出かけていった雲の主様でしたが、桜の頃にフイっと出て行ったきり、帰ってきません。しばらくは大学芋など売って気を紛らしておりま…(省略)

  • 大川のあぶくとなって姓名を改め、美奈子となりし清女を嫁にめとり、言葉の違いなんざぁ直ぐに治ると考えておりました雲の旦那。 その夜の事 『あ~ら我が君、夫婦と有らば美奈子はまぐわいをしとうご…(省略)

  • ※はじめに この話は前回の投稿にコメントをいただいた方のメッセージを混ぜて書き直した創作です。 私自身の体験談ではありませんし、読まれた方が実行しても犯罪行為になるのでマネはしないでください。 …(省略)

  • 浮浪雲第7話 与が苦し紛れに名付けた大学芋、なかなかの評判で売れ行きもなかなかのよう… 清女にその芋の仕入れも任せておりました。 大学芋の販売も落ち着き、久々に釣りに出かけ長屋に戻りますと、…(省略)

  • 平成最初の年に祖母は死んだ。 長く患っていたので近いだろうとは思っていた。 電話で訃報を知らせた叔父も特に感情を乱している訳ではない。 葬儀にかかわる業務的な会話をしたあと俺は電話を切った。…(省略)

  • ある初夏の一時。日射しがライムグリーンのカーテンから入り込み、部屋をほんのり明るく、しかし不快に照らしていた。 亜樹「うぅ。気持ちわるーい」 二日酔いで目を覚ました亜樹は、ベッドの上で悶えていた。…(省略)

  • 以前の事、 この河岸で見掛けた清女を妻として迎え毎日ノンビリと過ごしておりました雲の旦那。 生業の大学芋も順調に売れて、その傍らで干し芋も作って、やや余裕が出てきたある日、芋の支度は清女に任せ…(省略)

  • この話は登場する人物の年齢等により創作とさせていただきますが、信じるかどうかはお任せいたします。 このお話はAくんと成り行きで混浴してしまった日の続きの話です。 「は、はい…ご心配なく…。」 …(省略)

  • さて、清女さんを上手く丸めこんだ雲の旦那一緒に釣りに出向きました。 相も変わらず魚の一匹さえ釣れません。 釣りに出向く前に清女さんと一戦交わしたにも関わらず又ムラムラとして来ました。 清女さ…(省略)

  • 皆さま、お久しぶりです。 身体測定で146の45だったひろみです。 コロナ太りということで勘弁してください。 っていうかもしかして身長もう伸びないんですかね(毒) 前回の体験談で続編希望のポイ…(省略)

  • 俺がコロナの陽性反応が出てしまい、家族全員が検査。 母親も陽性反応が出てしまった。 お互いに、熱も無く、症状は出ていない。 保健所からは軽症者なので、指定のホテルに入る様に言われた。 俺は、こ…(省略)

  • もう30年位前のこと。私は、大学生でした。当時はバブル景気の末期でした。 私はこの時20才。大学、バイト、遊びと充実した日々を送っていました。特に、友人宅での麻雀に夢中でした。 いつものよ…(省略)

  • 僕は今年38になるごく普通のサラリーマンです。 20歳のときに出来ちゃった結婚をしてなかなか生活は大変でしたが今は幸せな家庭を築けています。 家族構成は僕、嫁のアキ、息子のタク18歳、娘の…(省略)

  • ※はじめに この話は前回の投稿にコメントをいただいた方のメッセージを基に書かせていただいた創作です。 私自身の体験談ではありませんし、読まれた方が実行しても犯罪行為になるのでマネはしないでください…(省略)

  • 数日が経ちこの前した相手は全員独身だった。 今回は人妻と言う相手で気になった人がいた。 メールをすると『いいですよ』 3人予約した。ゆりの家の前が必ず集合場所らしい。 『まさと…(省略)

  • 母・信枝は、色んな仕事をやってきました。 そんな信枝がある日、友達に進められたお店の手伝いを頼まれ、一年間働くことになりました。 お店で働き始めた信枝を観に、私もお店によく通いました。 お店はす…(省略)

  • 十数年前、高校生の頃の話。 まだ寒さの残る春。タイツを履いて登校する女子生徒が多く居た。 今回のメインの女の子・平さん(仮名)もその一人だった。 大きな目と、くっきりとした鼻梁。ロン…(省略)