日本最大級のアダルト体験談投稿サイトです。体験談(小説)を投稿するとすぐに広告が1週間非表示になります。1日約10万人が訪れるエチケンに、あなたの体験談を投稿してみませんか?

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

今日の人気記事(他サイト)

官能小説・エロ小説」のエロ体験談・エッチな話【全539話】

含むキーワード

除外するキーワード

投稿された年

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「官能小説・エロ小説」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

  • これはある女の子を犯した後に書いた日記である。 話に入る前に僕の小学校時代の初告白について書こうと思う。 6年生のころある女の子に人生初めての告白をした。その女の子は声も顔もかわいくて、明るい…(省略)

  • 彼女は「真唯」#ピンク(まい)。 小学6年生。 ある日、彼女は水色のミニスカートをはいて、学校に登校していました。 すると突然、強風が吹いてきました。 「きゃあっ!!」#ピンク 彼女は急いで…(省略)

  • 咲子編、読んでいただきありがとうございました。 今回もリアルと妄想まじりの話になります 杏子とは小学校は同じではあったが同じクラスになったことはなく、卒アルを使ってオナニーを楽しんでいる時に見…(省略)

  • りかと度重なるセックスを重ねた中学2年。 あれから4年が経ち、りかとは奇跡的に同じクラスとなった。 教室で勉強しているとりかも2人きりになり、中学でもセックスを思い出してしまいムラムラして、りかに…(省略)

  • 私は専業主婦の夏菜子といいます。 2歳年下の夫、宗と息子4人の一見平穏な暮らしを送っていますが私には絶対に夫には言えない裏の顔があるのです… 30歳の誕生日の日からずっと私は性欲の塊のよう…(省略)

  • みうとのセックスも終わり、2人は少しソファーベッドで寝た。 「・・・いま何時だろう・・・21時!!」#ブルー 「・・・おじさんどうしたの?」#オレンジ 「みうちゃん、ホント今日帰らなくて平気なの…(省略)

  • マユミは高校三年生のとき同じクラスで、席が近かったこともありそれなりに話したことがあった。他愛もない話だ。ほとんどが思い出せないような話だった。マユミと僕との間に、恋愛的な雰囲気は全くと言っていいほど…(省略)

  • またBARの女性客に施術することになり久しぶりに投稿します。流れが今までと大して変わらないのでワンパターンでごめんなさい。 久しぶりに女性客から連絡があり整体をすることに。(過去の眠剤飲んで爆睡した…(省略)

  • 準新 大雨の日に訳ありJKを拾った話~3~(237Pt) 評価高め

    あめが家に来てから3日目。 時間は既に15時を回っていた。 窓から差し込む光は眠くなるような穏やかな暖かさを帯びている。 「腕伸ばして〜」#ブルー 首から下げた青色のエプロンの腰紐を後ろから俺…(省略)

  • 高校2年生のある日。 その日は講習で、教室に入ると誰もいない。 1番乗りは珍しいなとか思いながらみんなが来るのを待った。 するとかりんが入ってきて、 『あ!おはよう!他のみんなは、?』 「俺…(省略)

  • 実際に良く行くアダルトショップの通りは、とある高校の通学路になっていて、店に入る時、出る時、可愛い制服を着たJKを見て妄想を膨らませています。 その妄想をエロ小説という形で書きました。今までで一番高…(省略)

  • (初めに) 今回は、前回のひよりとの体験談を元に少しだけ改変したバージョンです。 いろんな子とセックスしたい自分の欲望を叶えるための完全な自己満になってしまいますが、それでもよければご覧ください。…(省略)

  • オレは40歳独身。何度か結婚寸前までの付き合いがあったが、拘束されるのが嫌で別れてきた。 毎日、車で会社まで行き、大きなストレスを背負いながら仕事をして、帰る頃にはヘトヘトになっていた。 そんな中…(省略)

  • 準新 大雨の日に訳ありJKを拾った話~2~(185Pt) 評価高め

    翌朝、目が覚めるととっくに外は明るくなっていた。 昨晩のことを思い出すとまだちょっと興奮する。でも、なぜあめが俺にわざわざ仕掛けてきたのかは分からなかった。泊めてあげたお礼のつもりなのだろうか。 …(省略)

  • 彼女の名前は「小田彩乃」#ピンク(おだあやの)。 おとなしいけど常に笑顔でとても優しくて癒されるかわいい子です。 このお話はそんな彼女がタイツとスパッツにミニスカートを引っ張られてしまう話です。 …(省略)

  • 朝から絵里奈と交わり、仕事をこなして夕方になった。 定時退社を心がていた私は無駄な書類をすべてシュレッダーにかけていた。 私が3束目に手をかけようとしたときに、絵里奈がよこからひょいと顔を出し…(省略)

  • 月曜日、私はうだうだとした湿気に嫌気がさしながら出社した。 走ったわけでもないのに、シャツの中はじっとりと濡れていた。 自分のデスクに座り、PCの電源をつける。湿気にやられそうになっているのか…(省略)

  • 電車を降りて、駅の出口から空を見上げた。ザァーと強く降り続く雨。 「止まねぇなぁ。」#ブルー ぽつりと漏らすとカバンから折り畳み傘を取り出し、ゆっくりとその世界に足を踏み出「」#ピンクす。 最近…(省略)

  • ベッドの上で、絵里奈は慣れた手つきで横で寝ている私のペニスを揉んだりしごいたりしていた。 「藤井さんのおチンチン・・結構太いんですね・・・。あとなんか、すごくいやらしい反り方してる・・・」#…(省略)

  • 私と絵里奈が給湯室で交わったその日、 仕事を終えた私は、ノートPCの電源を落とし、整理されていない引き出しに書類を乱暴に突っ込み、席を立った。 絵里奈の席の方を見て見たが、彼女の机はすでに…(省略)

  • 冬 「えぇ、お礼はするから…お願いね!」 電話の相手は、まだまくし立ててはいたが女は、かまわず公衆電話の受話器を置いた。 返却口から幾枚か十円玉が落ちる。 彼女は、それを取…(省略)

  • 絵里奈という女性は、スレンダーな体を存分に発揮して、 モデルのような立ち振る舞いをしていた。 社内の男性は、すべからく彼女の淡いピンク色のスカートから伸びる美脚を目で追った。 ふくら…(省略)

  • 私は通勤に電車を使っているが、帰りいつも気になる女子がいた。 ショートカットが似合う、タヌキ顔の女子高生。 可愛いというわけではないが、ブスでもない。 大きい目が特徴的で、体全体が少しだ…(省略)

  • 朝になるまで我々はベッドで眠り込んでいた。朝日が強くなり、ベッドを照らす頃、ようやく目を覚ました。横には留美子がまだスヤスヤと寝息を立てている。時間を確認するために身体をずらしたら、ようやく留美子も動…(省略)

  • メイと科学室での69があった後、少し気恥ずかしさを覚えながら一緒に下校した。 私はまだ興奮が冷めやらなかったし、彼女は恥ずかしさがあったから、 ツンと刺すような冬の風は心地よかった。 辺…(省略)

  • 不思議な雰囲気を持つ女の子に、私は中学生のときに初めて出会った。 彼女は中学生のころ、誰かとの帰り道のときに「にゃー」と初対面で言ってきた。単に、反応を観察したかったといっていたが、問題はそ…(省略)

  • 私は昼前に散歩する習慣がある。 今日もよく朝から五月晴れに恵まれ、そして昨晩降った雨もあって、 世界はいつもより透明だった。 草木が茂り出した庭の湿った匂いを胸いっぱいに吸い込む…(省略)

  • 私は起きるといつも、下腹部にしっかりとした勃起を感じる。 これはもう、生理現象というより体が既に癖付いているのだと思う。 朝と晩に必ずオナニーをする習慣を既に5年以上続けている。 た…(省略)

  • エリカ(仮称)は中学校へ進学したときに、 バレエを習うと言い出した。 クラシックやダンスなどにまったく興味のない私たち夫婦から出てきた子供にしては、意外なものにはまったと思う。 …(省略)

  • (すべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。) ありさ(仮称)、という女は今年30を迎える。 30になると、体の様々な部位が熟れ始める。 ありさの場合…(省略)

殿堂入りの「官能小説・エロ小説」の話

大勢の読者から高評価を得た記事

読者の評価が高い「官能小説・エロ小説」の話

読者からの評価が高い順

お気に入り登録者が多い「官能小説・エロ小説」の話

お気に入り登録者が多い順

よく読まれている「官能小説・エロ小説」の話

閲覧回数が多い順

  • 美弥子と申します。 31歳の主婦です。 突然ですが、諸般の事情のため、仮名であることをお許しください。 これは、私の懺悔の気持ちです。 私は小さい頃から、謙虚で清純な人柄を持っ…(省略)

  • うそみたいな話なんだけど、俺の初体験って、14の時に37のオバサンとだったんだわ。 もう今から10年近く前の事なんだけど。 相手は、俺の友人(っていうか、同級生)の母親だった。 その…(省略)

  • 「今日のプレゼンは良かったぞ」 ボクと藤倉は、この数週間、そのプレゼンに全力を注ぎ、準備してきた。 そしてプレゼン当日、ボクは後輩に全てを託し、藤倉はその期待に応えてくれたのだった。 …(省略)

  • 最初は、教師と一生徒というだけの関係だった。 笹倉先生は、ボクが高◯三年のときにほかの学校から転任してきた英語の教師で、ほかの先生たちと比べるとボクたち生徒との年齢が近かったこともあって、人気の…(省略)

  • ボクは工場で働き始めて四年目。 本社では毎年、大卒の新入社員を募集、採用しているが、工場では数年に一回しか募集を行わない。 募集をしても採用のなかった年もあって、過去二年がそうだった。 …(省略)

  • 俺、単にスーパーで見かけたってだけの人妻がたまらなく魅力的で、買い物したレシートの裏に電話番号書いて渡したことがある。 魅力的な主婦に渡した紙にはこう書いた。 「決してふざけているわけでは…(省略)

  • さほど昔の話ではないが、恵子という彼女と付き合っていた。 付き合った期間は6年間で、彼女の処女をもらったのも俺である。 普通にデートして、もちろんセックスも自分の好みに仕上げていった。 …(省略)

  • 私は現在38歳で主婦をしてます。 子供もでき、凄く忙しくも落ち着いた毎日。 今日は旦那と子供もは旦那の実家へ行っており、私は久々のお留守番。 ネットサーフィンしててここに辿り着き、昔…(省略)

  • 小さい頃から三つ上の姉はボクの憧れだった。 小◯生の頃からクラシックバレエをやっていた姉は脚がすらりと長く、子供の目にも優雅な物腰で、長い黒髪はずっと伸ばしていて腰まであった。 年が三つ離…(省略)

  • 大学生になって初めての夏休み。 世間がお盆休みになったのをきっかけに、敏夫は実家に帰ってきていた。 家から大学までは2時間ほどで、無理をすれば通えない距離ではないのだが、早起きが嫌な敏夫は…(省略)

  • A子の股間を盗撮し最高にエロい体験をした私ですが、A子卒業後はなかなかA子を超えるような股間に巡り合う事もなく、また股間を盗撮しているだけでは満足出来なくなり、実際に女子生徒とSEXをやりたいという欲…(省略)

  • こんばんはマルです。 リクエストもありましたので鳴子さんとのその後を少し書きます。 付き合うことになって初めて仕事終わりに鳴子さんの家にいく約束をした日、ヒステリックな声が事務所に響きます。 …(省略)

  • 当時、俺には片思いの好きな人がいて、でも、自信がなくてなかなか告白することができなかった。 彼女は150cmぐらいで、童顔。知らない人が見ると中高生ぐらいにしか見えないような見た目をしていた。 …(省略)

  • これはまだ紫織が高校に入学して間もない頃の話。 可愛くて明るく誰にでも優しい紫織は友達も多く人気があり男子からすれば高嶺の花のような存在の女子だった。 紫織のことを気になっているであろう男…(省略)

  • マルです。 鳴子さんとのお付き合いは刺激的で、俺にとって本当に楽しくて充実していました。 もちろんここではエッチな話だけに絞って話していますが、それ以外でも楽しいです。 ただ、社員が住んでい…(省略)

  • 俺は35歳。 15歳も年下の妻とデキ婚になったせいで、8つ年上の義母を持つ羽目になった。 妻が高◯生の時に父親が病気で他界し、それ以来母親と2つ下の妹との3人暮らしだったという。 幸…(省略)

  • 前回、菜月の処女を奪いビッチ化した話をしたが、このサークルは、通常の乱交以外にも、飛び入り参加する部外の女子が稀にいる。 ビッチ化した女子部員が自分の友人や後輩を連れてくるのだが、この前、A子が…(省略)

  • 昨今のコロナの影響でうちの会社でもテレワークとやらが始まった。 詳しい職種なんかは控えさせてもらうが、俺は普段外回りをしているので …俺のテレワークはめちゃくちゃ暇である。 簡単なデータ…(省略)

  • まず、皆さん、前回の評価等ありがとうございました。 前回を見てない方は、先にそちらをどうぞ。 セナに中出しをしまくった日から1ヶ月とちょっとが経ち、私は最初の夏休みに入りました。 あれか…(省略)

  • こんばんはマルです。 社会人3年目で広告代理店に勤めてます。 この前すっごい興奮することがあったんです。 それは最近よくあるエッチなチャットでの出来事。 俺は仕事でストレスを結構抱える性格…(省略)

  • 大学に合格し、家を出てマンションに一人暮らしをする事になって3か月位の頃 オンラインゲーム仲間の子とLINEでも話をするようになって、ゲームの情報の やり取りをしていたが、近所の短大に通っていると…(省略)

  • 僕には憧れの女子社員がいた。 雰囲気や顔つきが倉科カナによく似ているのでカナ(仮名)とする。 カナは僕より3つ年下の22歳で新卒入社したばかりの新入社員だった。 有名大学卒の優秀…(省略)

  • まずはこういう体験が初めてな上、興奮してしまって拙い文章力が更に拙くなると思うため読みにくいかと思いますがご了承下さい つい先程のことです。仕事の用事で浜○駅に向かう際、今日は雨が降っていたので…(省略)

  • ※これは架空の出来事です。 ボクは中学の時、少しばかり荒れていてあまり学校に行かなかった。 でも成績はよかったので、親も黙認していた。 そんなボクの楽しみは、体育の時間に女子の私物を…(省略)

  • みなさまこんばんは。私は最近第二子を妊娠いたしましたものです。 今回は、旦那との子作りセックス、第2話目でございます。 ちなみに第一子(長女)は、一人部屋に慣れるために幼稚園の年長さんの頃から…(省略)

  • ※前回の投稿で終盤、山田の名前が田中に代わっていたのでここで訂正します。 山田の別荘に来て6日目、昨日はサーファー彼氏持ち2人に計6発発射し、流石にナンパする気がおきず、休養することにした。…(省略)

  • これは、私が大学に合格したことで一人暮らしを始めた時のお話です。 地元の大学で入りたいところがなかった私は、思い切って県外の大学を受験し、無事合格しました。 それに伴い、一人暮らしを始めること…(省略)

  • 7人目からは四年生がやってきた。 やはり最上級生ということで体付きが大人っぽく、お尻や胸の発達が1年生より良いように見える。 感心していると、お目当ての内田美羽が8人目にやってきた。 この子のル…(省略)

  • マルです。 3日で17回も無理矢理イキ狂わされた俺は田中さんの痴態をスマホに収め、復讐の足掛かりを掴みました。 俺は田中さんにふさわしい結末を考えていました。 (多分自分主導で男を攻めるのが好き…(省略)

  • 6月終わりの日曜日、俺は学生時代ぶりに試験を受けに行った。 大学卒業後就職した会社を一年で辞め、未来への当て所なくアルバイトを始めては辞め、また始めては辞める生活を続けていたものの、先日26歳の誕生…(省略)

良作かもしれない「官能小説・エロ小説」の話

閲覧数が3万回以下(かつ投稿から半年以上)で投票率が高い順
※カッコ内は閲覧数に対しての投票率

  • 相変わらずの雲の旦那…大した仕事をするわけでもなく、糸のキレた凧みたいにフラフラ~フラフラ~としております。 大好きな酒と釣竿を持って出掛けようとすると、清女殿が『毎日毎日酒と釣りですか?そりゃぁ私…(省略)

  • アラフォーの理容師(床屋)と友達の娘の出来事です エロい表現はありません文章力も無いので読みにくかったらごめんなさい 今から19年前の話です 友達は古い付き合いで、嫁の方と先に知り合いました…(省略)

  • さて今宵は雲様のお話にお邪魔して清女がお話させていただきませう。(^ ^) 私は清女と申します。雲様の雲のような気まぐれにおすがりして、旦那様のお宅に置いていただいている女です。 その2人の馴れ初…(省略)

  • 春は気まぐれ、暖かい陽気に誘われて桜の花が爛漫に咲き誇ったかと思えば、冬のような冷気と肌をさすような強い寒風が、桜花をハラハと散らしていきます。花が咲き花は散る、人の世もまたおなじやも知れませぬ。 …(省略)

  • このお話は登場人物の年齢などの理由で創作とさせていただきます。 信じるかどうかは貴方様にお委ねします。 息子を学校へ送り出した後に私は家事をしていました。 ふと時計を見ると学校が始まるく…(省略)

  • 清女さんが岡場所時代に纏っていた着物を古道具屋に売ったところ、驚く程の値段に…そのお代で太刀を買い、更にそれでも余ったお金で大八車いっぱいのさつまいもと、山のような黒砂糖と交換した清女さん。 …(省略)

  • 「あ、ここで曲がって」 国道から二股に山へ向かう道が現れた所で私はタクシーに山に向かうよう頼んだ。 「この先は若い娘さんが喜ぶようなもんは何も無いよ?」 初老の運転手さんがハンドルを…(省略)

  • 続編希望のポイントをたくさんいただき、ありがとうございました。 おかげさまで続編を書けるようになりました。 15ポイントつかないと続編が書けないってハードル高いですよね(笑) それでは続きのお話…(省略)

  • たくさんの続編リクエストをありがとうございます。 本当はあれ1回でおしまいにしようと思っていたのですが、少しだけあの後のことを書こうと思います。 美雪さんは、私とあんな関係になってから、本…(省略)

  • 生まれついての酒好きで、仕事もせず、飲みすぎて失敗続き、さっぱりうだつが上がらない雲の旦那は裏長屋の貧乏暮らしでございます。 大川に見投げをしようと呆然と佇んでおりました清女を長屋に迎え入れ生活を共…(省略)

  • 物語の男は私で一緒ですが、出演女性が異なり、稀に以前の女性名がでてきますが、続編ではおかしいので読み切りで「あの日シリーズ」を記載致します。 私は48歳会社員、名前は「ひろし」で、以前の赴任先で…(省略)

  • ふっと目が覚めた、腕の中に彼女はいなかった。 「お目覚めですか」#パープル 彼女は備え付けのディスクに背を向けて、僕の方を見て椅子に座っていた。 「あ~よく寝てた、起こしてくれたら良かったのに」…(省略)

  • 清女さんが岡場所時代に纏っていた着物を古道具屋に売ったところ、驚く程の値段に…そのお代で太刀を買い、更にそれでも余ったお金で大八車いっぱいのさつまいもと、山のような黒砂糖と交換した清女さん。 …(省略)

  • 「隣の部屋で子供が寝ているので、あまり激しくしないでください」 奥さんは、静かに訴えた、子供がいるのは初耳だ、子供を寝かしつけて、から オナニーしていたのか、そんなに大きい子供がいるとは思えないか…(省略)

  • 「ちょいと用があって出かけてくるよ」と私が薩摩屋敷からもらってきた刀を下げて出かけていった雲の主様でしたが、桜の頃にフイっと出て行ったきり、帰ってきません。しばらくは大学芋など売って気を紛らしておりま…(省略)

  • 大川のあぶくとなって姓名を改め、美奈子となりし清女を嫁にめとり、言葉の違いなんざぁ直ぐに治ると考えておりました雲の旦那。 その夜の事 『あ~ら我が君、夫婦と有らば美奈子はまぐわいをしとうご…(省略)

  • 平成最初の年に祖母は死んだ。 長く患っていたので近いだろうとは思っていた。 電話で訃報を知らせた叔父も特に感情を乱している訳ではない。 葬儀にかかわる業務的な会話をしたあと俺は電話を切った。…(省略)

  • 浮浪雲第7話 与が苦し紛れに名付けた大学芋、なかなかの評判で売れ行きもなかなかのよう… 清女にその芋の仕入れも任せておりました。 大学芋の販売も落ち着き、久々に釣りに出かけ長屋に戻りますと、…(省略)

  • 新幹線の車窓から見える景色に、もう桜はなかった。初夏の匂いというのか、そろそろ季節が変わる。優衣香はそんな予感を抱きながら目的地に向かっていた。 道流「はい、どうぞ」 道流は車内販売の女性から、ホ…(省略)

  • 数日が経ちこの前した相手は全員独身だった。 今回は人妻と言う相手で気になった人がいた。 メールをすると『いいですよ』 3人予約した。ゆりの家の前が必ず集合場所らしい。 『まさと…(省略)

  • ※はじめに この話は前回の投稿にコメントをいただいた方のメッセージを混ぜて書き直した創作です。 私自身の体験談ではありませんし、読まれた方が実行しても犯罪行為になるのでマネはしないでください。 …(省略)

  • こんなに気持ちの良い目覚めは何時振りだろう、起き抜けにそう思えるほどスッキリとした気持ちで目が覚めた。 外を見るとまだ日は高く、時計は14時を回ったくらいだった。 その理由が右腕に感じる小さな重み…(省略)

  • 皆さま、お久しぶりです。 身体測定で146の45だったひろみです。 コロナ太りということで勘弁してください。 っていうかもしかして身長もう伸びないんですかね(毒) 前回の体験談で続編希望のポイ…(省略)

  • 高校時代の野球部の話です。 ひとつ上の学年に、マネージャーのマイカさんという人がいました。 マイカさんは絵にかいたようなマドンナマネージャー。 ぱっちり二重の大きな目に、笑うと出来る…(省略)

  • 以前の事、 この河岸で見掛けた清女を妻として迎え毎日ノンビリと過ごしておりました雲の旦那。 生業の大学芋も順調に売れて、その傍らで干し芋も作って、やや余裕が出てきたある日、芋の支度は清女に任せ…(省略)

  • 僕は今年38になるごく普通のサラリーマンです。 20歳のときに出来ちゃった結婚をしてなかなか生活は大変でしたが今は幸せな家庭を築けています。 家族構成は僕、嫁のアキ、息子のタク18歳、娘の…(省略)

  • ある初夏の一時。日射しがライムグリーンのカーテンから入り込み、部屋をほんのり明るく、しかし不快に照らしていた。 亜樹「うぅ。気持ちわるーい」 二日酔いで目を覚ました亜樹は、ベッドの上で悶えていた。…(省略)

  • 美沙子です。 「やだ…どうしよう…」 トイレに駆け込んだ私は洗面台の鏡で、絶望的なほど染みを作ったジーパンの股間を見て悲鳴をあげた。 私は眼鏡をかけ直して、よくよく点検するが… …(省略)

  • これは、数年前に、仕事が終わりにあった話です。 その日は、仕事が立て込み、残業してしまいました。 残業したのは、僕と6つ年上の先輩女性社員の沙希さんの2人だけでした。 仕事が終わったのは、午後8…(省略)

  • この話は登場する人物の年齢等により創作とさせていただきますが、信じるかどうかはお任せいたします。 このお話はAくんと成り行きで混浴してしまった日の続きの話です。 「は、はい…ご心配なく…。」 …(省略)

コメントの多い「官能小説・エロ小説」の話

コメントの多い体験談リストを見る
※負荷が高いため別ページにしています。