エチケン
体験談を投稿される方へ特典のご案内

体験談メニュー

人妻」のエロ体験談・エッチな話【全1684話】

新着の「人妻」の話

  • 北陸の田舎の出身のオレは大学進学で上京しました。 周りの人間は洒落た人間が多いことに驚きましたが、オレは昔からインドア派なので大学に行く以外はほとんど出かけず、大学でも図書館で、読書や映画ば…(省略)

  • これは私が25歳くらいの時の話です。 この頃、仕事や家庭でイライラすることが多くありました。 結婚して約3年、子供が生まれて約1年半が経ち、夫との生活のすれ違いや子育てのストレスを感じることも…(省略)

  • 千里とえっちをした日以降、それは楽しい毎日が続いていた。 共用の給湯室から見える場所に、千里のデスクがある。なので、事前に携帯で「◯分後に給湯室に行くよ」と連絡をしておき、その時間になったら給湯…(省略)

  • 仕事で宿に泊まり、ビジネスホテルが満室で追加を自腹で払い温泉に。 その地域は温泉が結構よくてたまにそうしてます。 コンパニオンを呼んじゃおうかなんて考えてましたが、夕飯の後に温泉にある飲み…(省略)

  • 亜希子が大阪に遊びに来てくれてから、俺たちは毎日のようにビデオ通話等を使い、お互いの時間を共有していた。その後何度も大阪に来てくれるのだが…亜希子が大阪に来てくれた翌週、俺はあさみという子と会っていた…(省略)

  • 令和二年、明けましておめでとうございます。 今年も皆さまには素晴らしい年になりますように、心からお祈り申し上げます。 さて、去年年末の完結編にも、すごくたくさんの皆さまからのさらなる続編希望を…(省略)

  • 正月に、母の兄弟家族と温泉旅行が決まっていました。 大学生の自分は面倒だったけど、親がお金を出してくれると言うし 暇なので、言ってきました。 母が長女の4人兄弟で、3番目に叔父さんがいて、その奥…(省略)

  • 俺がまだ20代後半の頃、会社の入っているビルの同じフロアで働く団体職員、千里(仮名)がいた。 千里は背は低めだが、顔が森高千里にそっくりで、ハッキリした顔立ちの美人。胸は小さめだが、スラっとした…(省略)

  • りょうさんからの呼び出し。 りょうさんからの呼び出しは、9割がアナルセックス。 でも、りょうさんはゆうこさんの旦那。 りょうさん…単純にアナルセックスが好きなバイ。 俺も、りょうさんだ…(省略)

  • 実話です。 ついこないだの話です。 人妻を堕としたい方の参考になればと思います。 俺は40歳。名前はノブオ。運送会社の契約社員です。ドライバーではなく、扱っている荷物の管理や営業…(省略)

  • 31歳になる夏の話。 その年の春に彼女と別れ凹んでた俺を 同期の田宮が家族で行く海に誘ってくれました。 「海でも見て元気出せ!」との事。 海に行く気分ではないですが、承諾しました。 田宮の奥…(省略)

  • ご近所さん3家族で年に数回ですが夕食会を誰かの家で開いています。子供達は好きな物を少し食べたら遊びに夢中になっています。 大人は子供達が食べ終わった頃からゆっくり飲みながらおしゃべりの時間です。 …(省略)

  • 5年ほど前の話になります。 最近、良くここを見るようになり私もと思い書いてみることにしました。 私は当時40代前半で、相手も私と同じか少し下ぐらいだったと思います。 互いにいい歳のため、具体…(省略)

  • 相手会社のパートさん。
    人妻2人子持ち。
    名前:ゆうさん 会社に入ってから約1年後にゆうさんが来た。 『まーさんは何歳ですか?』 『22です』 『若いねぇ〜』 …(省略)

  • 嫁の優希を渡辺さんに貸し出す日はすぐにやってきた。 早く来てほしいような来てほしくないようなそんな気持ちだった。 金曜日仕事を終え家に帰るとおめかしをすませた優希がいた。 「おかえりー」…(省略)

  • 皮肉なことに、翌日は俺の仕事でトラブルが発生した。 前夜、真衣とは嫌な別れ方をしてしまった。俺は謝りのLINEを入れておいた。 『さっきはごめんな。ちょっと急ぎすぎたって反省してる。でも昨…(省略)

  •  何年か前、アパートも追い出され頼れる人も無く、仕事も無く、俺が自暴自棄だった時の事。この世から旅立つ準備の為にホームセンターに行った。七輪とか、縄とか、あと最期なので軽く旅行するつもりでもあったので…(省略)

  • 圭太と共にバス旅行に出掛けてから2ヵ月程が過ぎた時でした。 私の携帯に圭太から連絡が来たんです。  「もしもしおじさん…週末なんだけど、時間あるかなぁ」  「どうかしたのか?」  「お父さんが…(省略)

  • タイトルを変えたのでわかりづらいかもしれませんが、自分35歳と超色っぽい57歳の熟女とのSEX物語です。(もうすぐお互い歳とりますけど)前回でコスプレに興奮する性癖が分かりました。 正月に実家に…(省略)

  •  妻と夏に ドライブに行った時黒のピチピチのローライズの短パンと黒のミニTシャツでミニTシャツも思ったより短く妻の85センチでボリュームのあるおっぱいで下が浮いてそこから下の雪のような白い肌がウエスト…(省略)

  • まだ独身の23歳の新入社員の頃、37歳の人妻と不倫したことがありました。 大学時代は、女子大生や女子高生とばかり付き合って、ピチピチの身体を漁っていました。 社会に出て、さすがに女子高生はマズいし…(省略)

  • あれから部長へ連絡することは勿論無く、いつものルーティンをただ過ごしています。 香奈さん親子が来るときは隆生は来ず、隆生が先約の時は香奈さん親子が来ません。 香奈さん親子が来た時は、基本健…(省略)

  • ゆうこ編 ゆうこさんが、俺の横に座る。 浴衣の乱れもなく清楚な雰囲気だった。 俺は、背後からそっと、肩を抱く。抱きついたまま、ゆうこさんの頭に、頬をスリスリする。 「ちょっと…秀、くすぐったい…(省略)

  • 38歳、中小企業の営業課長です。 去年のエピソードです。 私大卒業して入社。同期は20名。 男13人、女7人でした。 入社前の研修で同じ大卒の細川文恵に 心を一瞬で奪われました。 文恵のス…(省略)

  • 浴室から楽しそうな声が聞こえてくる。 私は一人でさせられ情けなくなってしまい、声を聞きに行く気力が持てなかった。 どれだけ愛していてもこれほどまでにテクニックや大きさが違うとこうなってしまうのか、…(省略)

  • ある日の事、みんなで集まって温泉旅行に行く事になった。 旅行でずっと一緒に居る事は、今までには無かった事なので、喜んで参加。 出発! マイクロバスに乗って、景色を眺めたり、写真を撮ったり…(省略)

  • 地方から東京の私大に入学。 そのまま東京の会社に就職しました。 同期に近藤尚美(仮名)がいまして 陸上で鍛えた健康的なムチムチ脚線美がトレードマークの女性でした。 足フェチの私は膝上のスカート…(省略)

  • 数年前の話。 当時俺は30歳、細身で黒髪の会社員。いわゆる普通の男だった。 妻の奈々は27歳、同じ会社で知り合い、共通の趣味があり意気投合し、とんとん拍子で付き合う事になり、そのまま結婚し妻は会社…(省略)

  • 前回の話しで続編希望の方に支持頂きましたので、投稿させていただきます。 なんだかんだ両思いであるなつきと寝ながらも、なつきとの旅行がどんどん少なくなることを寂しく思った私は、次の日の朝を迎える前…(省略)

  • 今から20年以上前のことです。 当時中学3年で友達と一緒に塾に通っていました。 塾は数学の塾で、自分だけ英語塾も余分に通っていました。 数学の塾が終わると、塾の近くの友達宅に寄って、わからな…(省略)

  • 最新:1日以内に投稿された話
    新着:1週間以内に投稿された話
    準新:1ヶ月以内に投稿された話

殿堂入りの「人妻」の話

評価・閲覧数ともにトップクラスの話

人気が高い「人妻」の話

読者の投票数が多い話 TOP20

よく読まれている「人妻」の話

アクセス数が多い話 TOP20

良作かもしれない「人妻」の話

読まれた回数が1万回以下で読者評価が高い話 TOP20