エチケン

体験談・小説メニュー

乳首責め・乳首舐め」のエロ体験談・エッチな話【全796話】

含むキーワード

除外するキーワード

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「乳首責め・乳首舐め」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

  • 冬場にさしかかり、朝晩は寒さが身に染みるようになってきた。俺は冷えた身体を風呂で温めていた。 「あぁ、あったけぇ…」 すると…ガラッと浴室のドアが開いた。 「みさき?!」 「お兄ちゃん、入って…(省略)

  • どうもクソ最低人間です。 俺はレ◯プ、盗撮、下着泥棒、覗きを何年も繰り返してる所謂社会の敵って奴でして(笑) まあ、こんな俺もレ◯プに関してポリシーというか信念(笑)がありまして。 まともに生き…(省略)

  • パソコンが直って、久しぶりに続編を投稿します。 北海道出張に来て2日目で、月曜日の朝を迎えて朝食会場に6:30に行くと、珍しく深田部長が いて、キャリーバックを持っている三人の男性と話していま…(省略)

  • 既婚者で子持ちですが、人妻とセックスしてしまいました。 相手はいずみさんと言って、女優の川口春奈を少し丸くしたような美人。 清楚な感じの奥さんでした。 子どもの習い事が同じで保護者会や送迎で顔を…(省略)

  • 僕が突然、逃げ出してしまったので彼女は不審がり、ラインのない時代なので夜になるとメールが着ました。 「急にいなくなったけど大丈夫?私のおっぱいがどうかしたの?心配でたまらないよ。私あんなことがあって…(省略)

  • 「ふう・・やっと終わった。」 綿s所は呟き席を立った。 ピンポーン・・ インターホンが鳴った。 「こんな朝早く誰だろう?」 私は呟き外に出た。 「〇〇さんに宅急便が届いています。」 配達…(省略)

  • 新卒で就職したが、親の家から遠すぎて部屋を借り様と部屋を探したらバイトで貯めた金で生活すら出来ない日本の民度に愕然としていた。 小綺麗なワンルームなど貯蓄など夢。 どんどんグレードを下げて、土壁で…(省略)

  • 前回、母乳外来でセクハラをされたというのにまたあのクリニックに行きました。 最後の母乳外来のマッサージの予約をしていたのと、少し生理の調子がよくなかったので診察して欲しかったのです。 マッサー…(省略)

  • 中学生の時の同級生と同じ高校に行く事になって一緒に制服の寸法合わせに行った日の事です。 うちの親が仕事で行けなかったので、同級生の母親と一緒に学校行きました。 クラブ活動で忙しかったので、同級生の…(省略)

  • 修学旅行からしばらくした後。俺はまたあいに呼ばれ、彼女の家に来ていた。 インターホンを鳴らすと、ちょっと暗い表情をしたあいが出てきた。 「とりあえず…入っていいよ…」 「…うん」 なぜ表情が暗…(省略)

  • 一度だけ、人として最低なことをしたことがある。 それは、高校生の時、同級生をレイプしてしまったことだ・・・ ────────────────────── 祐希(俺)・・・当時高校2年 理穂・・…(省略)

  • 東京の三流私大を卒業後、東京の中堅企業に就職。5年のノルマ主義のスパルタ営業体質に疲れ地元にUターン就職。全国的には全く無名ですが地元では、まあまあ知れた会社です。東京の頃と比べて給料は安いですが、の…(省略)

  • 私44歳(たかお)妻34歳(香織)158cmEカップまだまだ全然キレイな女性で、体育会系なのもあり明るくサバサバしたオープンな性格です。 付き合って1年で結婚し、今年で12年目。 3人の子供にも恵…(省略)

  • 僕には幼稚園の頃に知り合った、幼馴染でもあるミナミという彼女がいます。小中高とずっと一緒で、現在はお互い大学生となり、大学は別々ですが関係は続いています。 まずは、そんなミナミのプロフィールから…(省略)

  • 店の周年記念2日目です。 昨夜は泥酔し、掃除や売上の計算などを放ったらかしにしてしまった為、普段より早めに出勤。 掃除の為にトイレに入ると水洗の水が薄ら黄色くなっていて、昨夜トイレにこもってい…(省略)

  • 26歳男です。 若い頃から飲食業に携わり、今は念願叶って10坪くらいの小さなバーではありますが、自分の店を持つことができました。 ひとりで我武者羅に働き立ち上げ、2周年目を間近に控え、少し軌道…(省略)

  • 私が証券会社入社7年目29歳の歳に本社営業部に地方店から異動になりました。まあまあの成績をキープし続け、 それが評価されての異動でした。 一応昇格で主任として営業部に席を置く事となりました。そして…(省略)

  • それから一年半後、6年生になった私は、また義父の親戚の家に連れてこられました。 今回は、義父は無言で私を置き去りにし、私は一年前と同じように、まず全裸にされました。 「育ったな~!」 と…(省略)

  • 俺と出会うまでの経験人数は3人。 中には結婚を考えていた奴もいたという彼女。 身長は150センチ、胸はBカップだけど、弾力があってコリコリした感じ。 お尻は上がっていて大きく、ウエストは、それほ…(省略)

  • 都内在住の20代女です。 今のスリーサイズは、B:98、W:63、H;95で、ブラはI65のいわゆる爆乳。 学生の頃から大きく、よくいじられました。 今は、体を使って、男性を満足させる仕事を…(省略)

  • 私が大学生だった時の妄想話です。 一時期、出会い系のチャットにハマっている時期がありました。 女の子とチャットで話したり、たまにアプリで通話したり…などして楽しんでいました。 そんなある…(省略)

  • お久しぶりです。 柏木先生と夏美先輩の妹のリクエストがあったので今回は柏木先生のことについて書きます。 柏木先生が襲われるシーンまで少し時間かかります。 初回で書いたように柏木先生は顔や…(省略)

  • これは中学生の頃の話。 当時、バスケ部だった俺は、いつも体育館の隣で練習していたバレー部のK先輩に恋をしていた。 ルックスは美脚、高身長、巨乳、デカケツと最高で、顔も可愛かった。 学校でもモテる…(省略)

  • 今回もホテルでセラピストとして働いていた時のお話です。 生理前になると、エッチしたい気持ちが高ぶってしまう私は、その日も欲求不満でムラムラしていました。 その時は乳首がとても敏感になっていて下着に…(省略)

  • その夜真夏の暑さの残る会社で、私は不意な残業を指示され書類の山と格闘していた。22時を過ぎたあたり、同僚で風俗仲間の加藤から携帯がかかってきた。 加藤は40になって素人童貞のチビデブハゲの三拍子そろ…(省略)

  • 前回から時間は流れて、高校2年生の春になった。 回数は少し減ったものの、あいは未だに学校帰りの俺を家に連れ込んでは、フェラ抜きをしていた。 ある日、いつものようにあいと帰っていると… 「今日、わ…(省略)

  • 前回のお話でこどもの頃に酔っ払った女子大生に痴漢行為をした事で、主に大人の女性を性対象にしてきた私、杉村洋介。 小3でクラスメートの体操服、ブルマをトイレに持ち出して女装で初精通すると、そこから女装…(省略)

  • 大学の時にとても信頼してた女友達のマキとの話した。 マキは派手さはないが、可愛さと美しさの両方を兼ね備えた美人で、周りから好かれる女の子だ。 私とマキは大学で授業やゼミが同じで一緒にいる時間も…(省略)

  • 東京の私大を卒業して、そのまま東京の中堅企業へ就職。本社営業部に配属され27歳に埼玉県の支店へ異動。 そこでコンプライアンス無視の支店長とケンカして退職しました。 地元にUターンして、失業手当てを…(省略)

  • 続編希望ありがとうございます。 知美は、恥ずかしそうに顔を真っ赤にしながら、自分のマンコ汁でヌルヌルになったパンティを俺のチンポに巻き付けて、しごき続けた。 妹である知美のマンコ汁が、俺の…(省略)

殿堂入りの「乳首責め・乳首舐め」の話

読者の評価が高い「乳首責め・乳首舐め」の話

読者からの評価が高い順

よく読まれている「乳首責め・乳首舐め」の話

閲覧回数が多い順

良作かもしれない「乳首責め・乳首舐め」の話

閲覧数が1万回以下で評価が高い順

  • 前回の投稿で、妻である恵が宅配便のオヤジチンポをフェラした晩の事を手抜きしてたので、改めて投稿をします。 私は、宅配便のオヤジのチンポをしゃぶって最後まで出来なくて、欲求不満になっている妻である…(省略)

  • 続編希望を頂き、誠にありがとうございます。 私こと「Y」と「カオリ」のお話もいよいよ幕引きとなります。 相変わらず長ったらしく綴っておりますが、最後までお楽しみ頂けますと幸いです。 今回はエ…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)

  • 俺が○学6年生の頃の話。 兄が高校のオーケストラに所属していた。 ある日、ドイツの○○校という所から、向こうの部員が日本の高校と交流演奏会にやって来た。 俺はオーケストラなんて興味無かったが…(省略)

  • 【続き】 先生と別れ歩き続ける妻。 気付けば、先生と2人で初めて訪れた店。 カウンターに座りカクテルを飲みながら思い出に浸る。 「隣良いですか」と聞かれ顔を上げると自分より若そうな男性の姿。 …(省略)

  • 続編希望や各項目にいいね押して頂き感謝です 最後なので包み隠さず気合!入れて!書きます! 「おっどした?どした?」 「あのさー明後日お前ん家行って良い?」 「良いよ誰もいないし…(省略)

  • 私は非常勤のスクールカウンセラーとして小学校から中学校の生徒たちを受け持っております。 まだ働き始めだった昨年、ある日、中学校で、専用の相談室で仕事していた時の事。 一人の男子生徒が相談に…(省略)

  • さんざん焦らされた後、18時に予約したイタリアンレストランに着いた。お店には事前にデートで行くと伝えたため、夜景がキレイなカップル席を案内された。 若干遅れてサキさんが到着。白タンクトップに水玉…(省略)

  • 普段見る専門で。。初投稿です。仕事が自粛中のため暇つぶしに今カノの出会いから今までのことを備忘録として書きたいと思います。 カナとは高校の同級生でした。高校時代は全く化粧っけのない黒髪ストレート…(省略)

  • 俺のアパートの裏は山に成っている。細い遊歩道が延びていて、かなりの森の中の道だが中腹にはちょっとした東屋の有る展望台的な物に到達する。田舎だか其なりの夜景が楽しめる。 ある日の事、俺のアパートに…(省略)

  • この話しは、少し時間を巻き戻すところから始まる。 季節は一年前の春、美雪が入社してきた時のことだ。 すぐに俺はいつもの嫉妬をする。 目の前を通り過ぎて行く道流に、目を離せなかったのだ。 なんで…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)

  • 26歳男です。 若い頃から飲食業に携わり、今は念願叶って10坪くらいの小さなバーではありますが、自分の店を持つことができました。 ひとりで我武者羅に働き立ち上げ、2周年目を間近に控え、少し軌道…(省略)

  • 私は、女優の木村文乃さんに似ていると言われるのでこれから、文乃とします。 元彼が結婚した噂を聞いたので、モヤモヤを吐き出させてください。 ちなみに、私が大学生19歳から社会人2年目の24歳の頃…(省略)

  • またしても、続編希望を頂き、本当にありがとうございます。よろしくお付き合い下さい。 明日から冬休みとなった時に、祖父が急死。「冬休み、会いに行きます!」と連絡をくれていたカオリに不慮の出来事を告…(省略)

  • サキがバスタオルを巻いてお風呂から出てきた。胸のボリュームでタオル生地が足りなく巻ききれない。横乳が見えたが、まだ水着を着ていた。 「さっきみたいにオナニーして欲しい。男の人がオナっている姿を見ると…(省略)

  • 僕には1歳年下の妹がいます。 舞という名前で、お転婆ですが可愛い妹です。 僕は紛れもないシスコンで、舞のことが大好きです。それは1人の家族としてだけでなく、異性としての愛もあります。 さらに舞も…(省略)

  • 僕は呼び出された部屋で、突然、優衣香から告白をされた。 優衣香「道流さん、一度でいいんです。私とセックスをしてください」 その言葉は、別段驚くことではなかった。 でも、そのときの表情だけは…(省略)

  • 前回に続きたくさんの続編希望ありがとうございます! 大変お待たせ致しました。 今回は前回の話後に起こった出来事を話していきたいと思います。 その前にユリの特徴だけ説明させて頂きます。…(省略)

  • うちは母子家庭で母はスナックのママをしていました。 お店のオーナーは母と付き合ってて、 つまり母は愛人兼スナックの雇われママになります。 一階が店舗で二階が住居の一軒家に住まわせてもらってま…(省略)

  • ミツルさんと関係を持ってしまったその日の夜です。 私は夕方のことは忘れようとしながら、入居者の方の部屋の見回りをしていました。 しかし、やはりミツルさんの部屋に行くのが怖くて…ミツルさんの部屋の見…(省略)

  • 自分が中学1の時。 どこにでもいるような男子中学生。 特にイケメンてもなければヤンキーとかで目立つわけでもない。少しサッカーが上手いくらいの感じの生徒でいた。 今から20年以上の昔話になるが(笑…(省略)

  • 俺には十年程、通ってる馴染みの美容室がある。4年前くらいから担当が能年玲奈に似た感じの子に代わった。 玲奈は一言では透明感があって、素直で真面目な明るい子という感じ。 ある日、 「今回で…(省略)

  • 散々弟の彼女をオカズに抜いたものの罪悪感がすごくあった。 まだまだ幼い中学生相手に適当なことを並べて胸を揉んでしまったのだ。 チクられたりしないかビクビクしていた。 しかし、そのようなことはなく…(省略)

  • 続きを待っていた方はお待たせしました! 私の初彼女は学校でオナニーするJ◯だった③ の続きのお話です。 高校1年の冬休み 私は正月の昼から二日間、春香の家に泊まっていた。 冬休…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)

  • 仕事を終え、マンションに帰ってきました。 エレベーターを待っていると婦人が・・・ 婦人「あら、お帰りなさい」 道流「あ、こんばんわ」 婦人「この前見たんでしょ?どうだった?」 道流「いや…(省略)

  • 4人に取り囲まれて、集団痴漢されること数分~10分経って、スカート内に手を差し込まれて、 下半身を撫でまわしていた男の手が、腰~みぞおちと上に向かってきたのに嫁は気づいて 「……、え、ちょっと…(省略)

  • 今年で37歳の、しがないサラリーマンです。4年前に乳がんで妻を亡くしました。享年36歳でした。 僕より3つ年上だった妻は、明るくて笑顔が素敵な人でした。「そろそろ子供欲しいね」なんて話していた矢先に…(省略)

  • 私はレズだ。小◯生の頃から女の子に甘えるのが好きだったけど、中◯生くらいになると本格的に目覚めた。ネットでレズの体験談や小説を見たり、知り合いの女の子を思い出しながらオナニーをしていた。 理由は自分…(省略)