エチケン
体験談を投稿される方へ特典のご案内

体験談メニュー

スカトロ」のエロ体験談・エッチな話【全196話】

新着の「スカトロ」の話

  • 夏休みも終わりすっかり秋めいて来たある放課後のこと。 帰宅途中に制服姿の女の人が僕を追い抜いて行った。 お姉さんだった。僕は「お姉ちゃん。」と声をかけた。 お姉さんは振り返り、僕だとわかると「ご…(省略)

  • あの夏祭りから4年。久しぶりに叔父さん家に遊びに行った。高校時代は部活が忙しくて来れなかった。 卒業後社会人になり初めてのお盆休みだった。結衣ちゃん(中3)は相変わらずの人見知りだが、あの一件以来だ…(省略)

  • 中学生最後の夏休み。お盆に父の実家へ帰省した。家に着くなり叔父さんが迎えてくれた。 叔父さんには2年生の活発な結奈ちゃんと5年生のおとなしい結衣ちゃんがいた。 結奈ちゃんは僕を見つけるなり「お兄ち…(省略)

  • 大学の水泳の授業で、見た目はギャルっぽいけど美人でカワイイ子「通称:ギャル子」と出会い、その授業がきっかけで付き合うことになった。 (ギャル子と出会ったときのエピソードは下の話を参照) ★大学の水…(省略)

  • 皮肉なことに、翌日は俺の仕事でトラブルが発生した。 前夜、真衣とは嫌な別れ方をしてしまった。俺は謝りのLINEを入れておいた。 『さっきはごめんな。ちょっと急ぎすぎたって反省してる。でも昨…(省略)

  • あれから月日がたち、僕り、自宅も完全に引き払うことになった。 なのでこの年がお姉さんとの最後の夏休みになる。 この夏の恒例行事は海だった。 昼食を終えて自由時間となり僕達は海に入って遊んだ。お姉…(省略)

  • ある事件(胸糞のため省略)がきっかけで、僕たちは公園で遊ばなくなった。 が、別に仲が悪くなったわけではないので、会話ぐらいはしていた。 ある日の放課後、僕は家でくつろいでいると、「ピンポ〜ン。」と…(省略)

  • そして次の日の朝。昨日の件で味をしめた僕は帰りの時間ギリギリまで潜むことにした。 最初に来たのはジャ-ジを着た女の子だった。 朝の大便率は高い。この子もウンチだった。 まずは朝一番のおしっこらし…(省略)

  • 高校時代の夏休み。僕は学校の合宿所に2泊3日の予定で宿泊していた。 1日目は何もなく平穏だった。 2日目の朝朝食のため食堂に行った。 食事前にトイレに行っておしっこをしていたら個室が開いて中から…(省略)

  • 佐藤さんのことが気になりだしてから僕はいつも彼女を目で追うようになった。 髪は肩まであり普段はツインテ-ルにしている。目はぱっちりしていて笑顔がとても可愛かった。 なぜ今まで彼女の魅力に気がつかな…(省略)

  • 3年前の話です。 当時、高校生だった僕はずっと好きだった幼馴染の女の子に告白しました。 無事に付き合うことになったのですが、彼女に拒絶されることが怖かったので、何度か性行為もしましたが自分…(省略)

  • お姉さんの排泄の虜になって以来、どうすればまた見られるかばかりを考えていた。まだ3回しか遭遇してないが、昼食後にする習慣があるらしいので、両親のいない日の午後に僕の家でゲ-ムしようと誘ってみた。優しい…(省略)

  • 前回予測変換で漢字1カ所間違えました 正しくは「蒼」です訂正します。 注意 少々スカトロっぽい話になるので、苦手な方は飛ばしてください。 つづき (前回より変わらず蒼くん…(省略)

  • 小学生の頃、みんなで公園で遊んでいると「ちょっとタイム。」と言って佐藤さんが共同トイレにかけ込んだ。 僕もおしっこがしたかったので後を追うように入った。 すでに個室の扉は閉まっており、「シャ―――…(省略)

  • この話は私が小学校入学してからすぐの思い出話です。 私は生まれつきの身体障害がありますが特別支援クラスがある普通小学校に入学させていただくことができました。私たちの中にはいろんな障害のある子が8人も…(省略)

  • 夏休みに入り、町内会(?)恒例の行事が今年もやってきた。 その年は県内の丘にハイキングに行った。 わりと平坦な道ながら、舗装はされてなく、川を渡ったりしながら楽しかった。 目的地に到着し、昼食を…(省略)

  • 高校生の時、僕はサッカー部に入っていました。 サッカー部に限らず、運動部の人たちは学校の近くの河原でランニングをするのが習慣になっていて、僕もその中の一人としてよく河原を走っていたのですが、ある…(省略)

  • 小学6年生の時、同級生の絵美ちゃんのピンチを救った。 絵美ちゃんは小柄な子でポニ-テ-ルをしている眼鏡の似合う可愛いい子だ。 誰とでも会話をする気さくな子で 男子の間ではそこそこ人気があった。 …(省略)

  • バ-ベキュ-場の件以来、お姉さんの排泄シ-ンを狙っていたが機会がないまま約一年が過ぎた。 僕は小3。お姉さんは中2になっていた。その年の夏休み前のある土曜日、その日はやってきた。 当時はまだ午前中…(省略)

  • 僕が低学年の頃、近所に中学生のお姉さんがいた。 親戚ではないが、近所に住んでいたため家族ぐるみの付き合いだった。 お姉さんは僕のことをとても可愛がってくれて傍から見れば本当の姉弟もようだった。 …(省略)

  • まずは、軽く人物紹介… 僕は4年に上がったぐらいの頃。 あーちゃん…僕より1つ歳下で頭緩い天然。 さーちゃん…僕より2つ歳下でやや活発。 従姉妹であっても家族だからでしょうか、羞恥心はほぼゼロ…(省略)

  • 今年の夏に実家に帰った時です。帰省中、お盆の一日だけ、親戚一同が集まって食事会があったのですが、挨拶と食事がすんでしばらくすると、年寄りのメンバーだけがワイワイと楽しむ一方で、若い人たちが退屈し始める…(省略)

  •  私が高校2年生の頃に、人生初のSMスカトロ体験をした話しです。  その性癖に目覚めた切っ掛けは、付き合っていた同級生の彼女とのSEXでした。  まだ中学生で互いの部屋で隠れての行為でしたから、当…(省略)

  • 小〇5年生のときの話。 同級生に早苗ちゃんという子がいた。 そんなに目立つ感じではないが三つ編が似合うおとなしい子だった。 ある日のお昼休み僕らは当番で先生に雑用を頼まれて職員室から教室に戻ると…(省略)

  • 僕が中学生の時、一泊二日の修学旅行がありました。 初日、僕らは寺やよくわからない名所を一通り見て宿に到着したのですが、夜の自由時間になると、僕の部屋の男子数人が、ほかの部屋の男子とまざって話を始…(省略)

  • 僕がまだ小学校だったときの話です。 その日僕は、学校が終わると、友達と家の近くの公園で遊んでいたのですが、遊具のすみっこのほうでしゃべっていた時でした。ある時不意に、僕らの学区の中学校の制服を来…(省略)

  •    高校生の頃、僕はクラスカースト最下位の存在だった。  勉強は普通、運動は悲惨、そして圧倒的に人見知りの性格。もっと言うなら身長低いし痩せてるしで、そのポジションになるのは自分でもよく分かって…(省略)

  •      もう20年も前の話しですが、中学2年の時に経験した死ぬほど恥ずかしい出来事を書こうと思います。  当時の私は真面目で純粋な女子生徒で、水泳部に所属していました。  男子と付き合…(省略)

  • 私は今年の春から新卒で働いているOLです。 春からアパートの一階を借りて一人暮らしをしています。 私の住むアパートの目の前は公園になっているのですが、ちょうど私の住む部屋のベランダの前に公園の公衆…(省略)

  • 僕が女性の身体にエロを感じたのはかなり早かった。記憶が曖昧だが、30年ほど前、幼稚園に入ったくらいの頃だったと思う。僕には6歳年上の姉がいた。 今でもなぜそんなことがあったのかは分からないが、姉…(省略)

  • 最新:1日以内に投稿された話
    新着:1週間以内に投稿された話
    準新:1ヶ月以内に投稿された話

殿堂入りの「スカトロ」の話

評価・閲覧数ともにトップクラスの話

殿堂入りの話はありません。

人気が高い「スカトロ」の話

読者の投票数が多い話 TOP20

よく読まれている「スカトロ」の話

アクセス数が多い話 TOP20

良作かもしれない「スカトロ」の話

読まれた回数が1万回以下で読者評価が高い話 TOP20

  • 前回予測変換で漢字1カ所間違えました 正しくは「蒼」です訂正します。 注意 少々スカトロっぽい話になるので、苦手な方は飛ばしてください。 つづき (前回より変わらず蒼くん…(省略)

  • あの夏祭りから4年。久しぶりに叔父さん家に遊びに行った。高校時代は部活が忙しくて来れなかった。 卒業後社会人になり初めてのお盆休みだった。結衣ちゃん(中3)は相変わらずの人見知りだが、あの一件以来だ…(省略)

  • 私は今年の春から新卒で働いているOLです。 春からアパートの一階を借りて一人暮らしをしています。 私の住むアパートの目の前は公園になっているのですが、ちょうど私の住む部屋のベランダの前に公園の公衆…(省略)

  • 俺には幼馴染がいて、名前は彩月(さつき)。 小学1年生の時に出会って以来、クラスは違う時もあったが中学、高校と同じ学校へ通っていた。 ショートヘアの似合う可愛い女の子。性格は大人しく、でも優しい。…(省略)

  •  私が高校2年生の頃に、人生初のSMスカトロ体験をした話しです。  その性癖に目覚めた切っ掛けは、付き合っていた同級生の彼女とのSEXでした。  まだ中学生で互いの部屋で隠れての行為でしたから、当…(省略)

  • 僕がまだ小学校だったときの話です。 その日僕は、学校が終わると、友達と家の近くの公園で遊んでいたのですが、遊具のすみっこのほうでしゃべっていた時でした。ある時不意に、僕らの学区の中学校の制服を来…(省略)

  • 皆さんお久しぶりです。 書こうかどうか迷っていた最近のエスカレートしている私の肛門オナニーですが、ありがたいことに『続編希望』のポイントをたくさん頂いたのでお話しいたします。 最近ハマっている…(省略)

  • 3年前の話です。 当時、高校生だった僕はずっと好きだった幼馴染の女の子に告白しました。 無事に付き合うことになったのですが、彼女に拒絶されることが怖かったので、何度か性行為もしましたが自分…(省略)

  • ある事件(胸糞のため省略)がきっかけで、僕たちは公園で遊ばなくなった。 が、別に仲が悪くなったわけではないので、会話ぐらいはしていた。 ある日の放課後、僕は家でくつろいでいると、「ピンポ〜ン。」と…(省略)

  • 私は大学1年生の女。身長は148cmと低く、自分で言うのもなんだけど顔は普通よりは可愛いと思う。体型は普通くらいで、胸はDカップ。そして私には、付き合っている彼女がいる。「ん?彼女?」。そう、私は女だ…(省略)

  •      もう20年も前の話しですが、中学2年の時に経験した死ぬほど恥ずかしい出来事を書こうと思います。  当時の私は真面目で純粋な女子生徒で、水泳部に所属していました。  男子と付き合…(省略)

  • 注:この話は、スカトロ系等の汚い内容が多いです。閲覧の際はご注意ください。 僕は、女性の臭い所が大好きです。例えば、脇の下、足の裏、マンコ、アナル等。排泄物や嘔吐物も好きです。 個人的に、女性…(省略)

  • ※この話はスカトロ等、前回以上にマニアックで汚い話が多いです。引き続き、閲覧の際はご注意ください。 僕は女性の臭い所を嗅ぐのが好きで、大学時代はバスケ部の彼女がいました。彼女の練習終わりの体は汗…(省略)

  • 高校生の時、僕はサッカー部に入っていました。 サッカー部に限らず、運動部の人たちは学校の近くの河原でランニングをするのが習慣になっていて、僕もその中の一人としてよく河原を走っていたのですが、ある…(省略)

  • 俺がスカトロに目覚めたのは大学時代。 当時付き合っていた彼女がいて、客観的に見ても可愛いと思う。 その彼女と、ある休日キャンプに行った。 ハイキングも兼ねていたので、田舎の山奥にあるキャンプ場に…(省略)

  • 僕が低学年の頃、近所に中学生のお姉さんがいた。 親戚ではないが、近所に住んでいたため家族ぐるみの付き合いだった。 お姉さんは僕のことをとても可愛がってくれて傍から見れば本当の姉弟もようだった。 …(省略)

  • お姉さんの排泄の虜になって以来、どうすればまた見られるかばかりを考えていた。まだ3回しか遭遇してないが、昼食後にする習慣があるらしいので、両親のいない日の午後に僕の家でゲ-ムしようと誘ってみた。優しい…(省略)

  • 私の彼氏は臭いフェチです。“匂いフェチ”ではなく“臭いフェチ”、つまり女の人の臭い部分に興奮するみたいです。 彼氏はよく私の脇、足の裏、アソコ、お尻の穴を入念に嗅いできます。それもお風呂に入る前なの…(省略)

  • 中学生最後の夏休み。お盆に父の実家へ帰省した。家に着くなり叔父さんが迎えてくれた。 叔父さんには2年生の活発な結奈ちゃんと5年生のおとなしい結衣ちゃんがいた。 結奈ちゃんは僕を見つけるなり「お兄ち…(省略)

  • あれから月日がたち、僕り、自宅も完全に引き払うことになった。 なのでこの年がお姉さんとの最後の夏休みになる。 この夏の恒例行事は海だった。 昼食を終えて自由時間となり僕達は海に入って遊んだ。お姉…(省略)

  • ※最大20件まで表示