エチケン

今日の人気記事(他サイト)

体験談・小説メニュー

サイト内の文字サイズ変更

ボタンクリックでサイト内の文字の大きさが変わり、保持されます。

エッチな話のNGジャンル設定

苦手な話にチェックを入れてください。
「チェックしたジャンル」を含む話がボカシ(または非表示)になります。(新着コメント一覧などでは表示されます)

今日の人気記事(他サイト)

お掃除フェラ」のエロ体験談・エッチな話【全1000話】

含むキーワード

除外するキーワード

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「お掃除フェラ」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

  • あれは私が大学1年生の頃。 どこのサークルに入るか迷っていた私は、とりあえず中学生の頃やっていたし、テニスのサークルに入ることにしました。 テニサーはどこも飲みサーヤリサーばっかりですが、そこは唯…(省略)

  • 俺は40歳の会社員。毎日満員電車で通勤している。 家からは途中の大型ターミナル駅で一回乗り換えがある。 その乗り換える電車も満員で、いつもギュウギュウである。 その乗り換える時、いつも決まっ…(省略)

  • 思ったより読まれていて 続編希望もサクサクポイント貯まって ありがとうございます。 順調に調子に乗ってます ではでは今回は更に数年、高校時代の思い出へと遡りましょうか 今から約2…(省略)

  • 続編希望ありがとうございます。 俺は、和己がかなり興奮しているのと、俺のチンポが欲しくてたまらなくなっているのを完全に理解した。 そして、徹底的にジラして、精神的にボロボロにしてやろうと思…(省略)

  • 奥さんからのメール。 日曜の夜空いてますか? 空いてますよ。何時ですか? 夫は19時から出張に前乗りで行くので 20時くらいで。 わかりました。 後、お願いが…あります…(省略)

  • 前回、ネカフェで出会って20分でしゃぶってもらってラブホへ連れ出した話しましたが、そのお姉さんは名前も知らず一回きり… 現在40目前だが30才位までは人並み以上に遊んできた、思い返すと色々キャラ…(省略)

  • 皆様2話目もたくさんお読みいただき、評価の方もありがとう御座います。 この辺をもっと詳しく等コメントいただけましたら今後に生かして参ります。 さて、今回の話は言いますと、なんと前回から…(省略)

  • 職場のパートで働いていたN美は8つ年上の人妻です。 身長は159cm、細身体系です。顔立ちはくっきりとしていて2人の子供がいます。 夫婦仲がとても良くて、私などのつけいる隙などないと思って…(省略)

  • ある夏の日。 いつものように、アパートから病院に出勤し やや残業と軽い飲みも挟んでる帰ったのが 夜中の2時くらいだった。 自動ドアを開け、共有スペースに入ると 男の人が階段でうなだれてい…(省略)

  • 今でも忘れられない体験…いくつかあるので書き殴ります 20年ほど前、俺はアメリカに留学していて確か留学2年目の夏休み、息抜きと買い出しも込みで帰国していたんだけど、地元は田舎過ぎて国際線であ…(省略)

  • 前回からの続き ママとデートしてから仕事が忙しくなり2ヵ月ほど会えない日が続いた。ママからは毎日のように電話が掛かって来てたので声は聴くことが出来ていた。 「最近、全然会えないね。もう寂しくて…(省略)

  • 前回はついに、アンナちゃんとセックスまでやることが出来た。 今回は予想外のことが起きた。 「おっはよー!植木さーん♡」 「おー、今日日勤なんだー。いやー今日も可愛いなー」 「ま…(省略)

  • 皆様たくさんお読みいただいてありがとう御座います。 ご評価もありがとう御座います。 さて、前回の続きです。 当たり前ですがホテルを先に出てきた私のスマホには、極上キャバ嬢からのたくさ…(省略)

  • 俺は、私立男子高校に通う普通の(多少陰キャより?)高校二年生。名前がタイチだからあだ名はター君とかって呼ばれてます。これはこの休みの期間にあったエロい話。男同士なんで苦手な方はご注意を。 このコ…(省略)

  • 高校生。 俺、佐藤はバスケの部活終わりに後輩の吉田とファミレスでお喋りをしていた。 「佐藤先輩、内緒にしてくださいよ」 「わかってるよ」 吉田から俺のスマホに画像が送られてくる。 「佐藤先輩…(省略)

  • 話的には、ベターですが結構内容あるので 続編書けたら書きたいです。 僕は植木。 先日、自転車で転倒し両手首を骨折した僕は、安静の期間中3週間くらい入院した。 なぜ、両手をついてしま…(省略)

  • 大学に入ってからというもの、当然ながら交友関係が広まり、友達の中にはチャラい男もいた。 といっても、性格そのものはいい奴なので、俺がそっちに染まっているとか、そういうことではない。 ある日、そのチ…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 私の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話を書かせて頂いております。 一応…(省略)

  • 隣に住む奥さんとの話です なかなか更新できる題材がないのと、いつも前置きがいつも長くてごめんなさい。 何年も前なんだが今住むここに家を新築して現在に至るんだが、ここは昔ながらの田舎でご近所付き…(省略)

  • 浮気した主人は開き直って反省がなくイライラしたので家を飛び出しました。 私の地元ではないので、親しい友達もいなく困ってたけど、家にこのまま帰るのも悔しくて街をプラプラしていました。 そこでばったり…(省略)

  • 約30年前に実家を新築しました。 自分は20歳で、同じ時期にお隣さんも新築し、3つ下でまだ高校生だったお姉ちゃんがいて、自分の趣味のバイクと車に凄く興味があったらしく、休みになると洗車などをしてる自…(省略)

  • 度重なり続編希望の方ありがとうございます。 今回もその後を書きます。 私の名前は裕也40歳会社員、30歳の時に右肺が気胸になり急遽入院となった時に知り合った看護婦の舞と結婚して無事女の子を…(省略)

  • 大学を卒業して2年目の春のことです 家の近くのスーパーで買い物をしてると 「もしかしてタク先輩?」 と話しかけられた 声の主は高校時代の後輩ハルカだった ハルカは高校時代に部活が…(省略)

  • 高校二年生、夏のある日、僕は同じクラスメイトの女子に告白された。 僕は特別、優れた容姿をしている訳ではないが、 そこそこ整った顔立ちで178cmと高身長だったので、 それなりに見た目が良…(省略)

  • 当時35歳で既婚。小学生の息子が1人。 20才で就職して勤続15年。小さな運送会社で配車担当をしている、至って普通の私が体験したエピソードを投稿させて頂きます。 先に断っておきますが、この作中…(省略)

  • これは、私が高校に入学して少し経過した頃の体験談です。ここでは私の名を「R」とします。 私が通っていた高校は、田畑が一面に広がる田舎景色の山の丘に建っていました。森が茂る山にコンクリート造りの古…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)

  • これは、ある夏の夜の夜勤中に起こったことである。 僕も看護師(植木)で、相手の名前はまりなちゃん。 まりなちゃんは、167センチで脚長。顔はそこまで美人ではないが愛敬のある顔。胸はBカップくら…(省略)

  • 私の名前は裕也40歳会社員、30歳の時に右肺が気胸になり急遽入院となった時に知り合った看護婦の舞と結婚した。 結婚式を挙げた後、オー〇〇ラリアに新婚旅行に行き、毎日子供つくりに励んだ。 数…(省略)

  • 話は数十年前のことなので、内容の大筋や流れに間違いはないと思いますが、個々のセリフや喘ぎ声などは私の想像や官能小説的な表現が多分に含まれているますのでご了承ください。 ……………………………………(省略)

殿堂入りの「お掃除フェラ」の話

大勢の読者から高評価を得た記事

読者の評価が高い「お掃除フェラ」の話

読者からの評価が高い順

よく読まれている「お掃除フェラ」の話

閲覧回数が多い順

良作かもしれない「お掃除フェラ」の話

閲覧数が1万回以下で評価が高い順

  • 21才の大学生だった頃のエピソード。 郊外から出て来て1Kのロフト付きアパートに1人暮らし。生活費と小遣いは親の仕送りとアルバイト収入。 バイト先のファミレスで知り合った女子高生の真希と付き合…(省略)

  • 大学を卒業して2年目の春のことです 家の近くのスーパーで買い物をしてると 「もしかしてタク先輩?」 と話しかけられた 声の主は高校時代の後輩ハルカだった ハルカは高校時代に部活が…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 私の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話を書かせて頂いております。 一応…(省略)

  • ご無沙汰しております。名無しのおじさんこと、珍苗字Yでございます。 新型コロナウィルスによる自粛自制の昨今ではありますが、皆様におかれましてくれぐれもご自愛頂きたく思っております。 さて、…(省略)

  • コロナ禍の中、子供や妻が在宅している時間が長くなり、更新する暇が見いだせずに遅くなっていることにお詫び申し上げます。 毎月5~10本ほどの他人棒を加え続けていた妻も、昨年末から自粛に入っています。 …(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)

  • クミは3歳年下の従姪(いとこめい)の親戚で、前回書いた通り、クミが15歳の時に身体の関係を持ってから、10年以上関係が続き、今年の7月に身体の関係を一応解消したという関係です。 説明しにくいので…(省略)

  • 前回の話、たくさんの方から評価を頂ありがとうございました。 「続き」をと言うことですが、工藤と結婚した、ところまで前回書きましたが、特に続けようという思いがあって書い たものではなかったの…(省略)

  • 前回からの続き ママとデートしてから仕事が忙しくなり2ヵ月ほど会えない日が続いた。ママからは毎日のように電話が掛かって来てたので声は聴くことが出来ていた。 「最近、全然会えないね。もう寂しくて…(省略)

  • 3作品目ですw 今回はプロデューサーとリーダーの関係についてのお話しします。 前回の体験談で書いた文化祭ライブから数日たった日の事です。 いつもどおりダンスの練習をしていたわたし達‥夜9時に…(省略)

  • 私は45歳、あるチェーン店の店長をしています。世間の自粛の波にのまれ毎日売る上げを作るのにも四苦八苦、総勢10名のスタッフもストレスがたまり気味。そんな中、7月に入ったある日。閉店後2時間ほど飲みに行…(省略)

  • 僕には1歳年下の妹がいます。 舞という名前で、お転婆ですが可愛い妹です。 僕は紛れもないシスコンで、舞のことが大好きです。それは1人の家族としてだけでなく、異性としての愛もあります。 さらに舞も…(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 長きに渡りお送りした中学校時代編でしたが、今後は高校時代、大学生時代、社会人になってからの話や、…(省略)

  • サキがバスタオルを巻いてお風呂から出てきた。胸のボリュームでタオル生地が足りなく巻ききれない。横乳が見えたが、まだ水着を着ていた。 「さっきみたいにオナニーして欲しい。男の人がオナっている姿を見ると…(省略)

  • 平日の早朝、目覚ましのアラームが鳴る。まだ日も登り切ってなく、薄暗い寝室の中で目を覚ました俺は、気だるさを感じながらも、のそのそと出勤準備をし始めた。 隣で寝ていたミナミは、アラームの音につられ…(省略)

  • 俺は40歳の会社員。毎日満員電車で通勤している。 家からは途中の大型ターミナル駅で一回乗り換えがある。 その乗り換える電車も満員で、いつもギュウギュウである。 その乗り換える時、いつも決まっ…(省略)

  • K「みゆきさん、これに着替えてもらっていいですか?」 妻「ここでですか?」 K「今日は時間があまりないので、ここでみゆきさんの下着姿が見たいんです」 妻「恥ずかしいけど、わかりました」  奥さ…(省略)

  • 前回に続きたくさんの続編希望ありがとうございます! 大変お待たせ致しました。 今回は前回の話後に起こった出来事を話していきたいと思います。 その前にユリの特徴だけ説明させて頂きます。…(省略)

  • コロナのせいでやる事ないGWだった。 お店も開いて無いし、仕事も9連休。 でもGW前に動きがあったのでご報告。 セフレ関係の彩が俺との関係を唯一話してる、同じ看護師のアキって…(省略)

  • 前回のあらすじ。 転勤先で出会った美人人妻かおりが、課長の命令でビール瓶を使ってオナニーを披露した。その姿は、美しい外見からは想像できない卑猥なものだった。 課長「かおり、いつまでボケっと…(省略)

  • 約1ヶ月 間が空きました。 システムも変わってるみたいですね。 前回の続きです。 オレ達家族とMちゃんの両親とでお盆休みの旅行中の出来事。 とある県の海沿いに景色を見る為やって来て…(省略)

  • 45歳のバツイチの自分のマンションの近くに、お弁当屋があり そこに5つ下のいとこのミカが働いています。 職場も近いので、昼も夜も弁当を食べてて助かってました。 昨年の春頃、ミカの旦那と子供二人と…(省略)

  • 隣人の性奴隷にされています。 事の発端は完全に私が悪く、今は反省していてどうにか奴隷から抜け出したいのですが誰にも言えずに困っています… 私は現在28歳の専業主婦で毎日家事をして、旦那との…(省略)

  • 瑞季から連絡が来た。 「部活終わったー。今から会える?」 「いいよ。じゃあ駅に行くわ。」 そして瑞季と合流した。夏の部活終わりだからブラウスが緩めになっている。 「下着透けてる…(省略)

  • 私と妻との結婚して10年の記念に何かしたいねという話から、夫婦の写真集を作ってみようと思って、ある業者にお願いして撮影してもらうことになったときの話です。 ちなみに私は46歳。妻は35歳という歳…(省略)

  • あの日の後、いやー全く良い思いさせて貰えたわぁーなんて呑気に思っていた。 あの日のことを思いながらオナ猿化していた俺はもしかしたらワンチャンもう一回出来るんじゃないかと思い始めていた。 …(省略)

  • この度は私の話をお読み頂き、また、多数のコメントと、続編希望を頂きました事を心より感謝致します。 今後は、私が転校した先の中学校時代や、高校時代、大学生時代の話や、日常のエロのお話出来ればと思っ…(省略)

  • お正月のみっちゃんとの出来事以来、そんなに日にちは経ってないけど、 すでに2回、ラブホへ行きました。 みっちゃんが車で迎えに来てくれ、隣町のラブホへ行きました。 なかなか叔父さんが泊まりで出かけ…(省略)

  • OLの菜々です。すごーく普通なお話ですが、書いてみました。 外出自粛が起こる前のことです。 私たちはお互いに社会人で、友達の紹介で知り合ったカップルです。 彼氏が金曜に泊まりに来たけど、すごく疲…(省略)