エチケン

体験談・小説メニュー

おっぱい」のエロ体験談・エッチな話【全4068話】

含むキーワード

除外するキーワード

※記入例:寝取られ

※複数を含める場合は空白で区切ってください。

※例:寝取られ おっぱい

新着の「おっぱい」の話

最新:1日以内に投稿された話
新着:1週間以内に投稿された話
準新:1ヶ月以内に投稿された話

  • ようやくテストが終わったのも束の間、ビッチ先輩から連絡が。。 ビッチ先輩「お疲れ。日曜の昼過ぎにあたしの家 に集合ね。以上!」 何か怒らせたかな? とりあえず日曜に、ビッチ先輩の家へ向…(省略)

  • 今思うと自分の事なのに羨ましく思ってしまう20年くらい前の話。 社会人2年目の私は有給休暇の消化で1週間ほどお休みをいただけた。 (良い会社だ…) 季節は初夏のあたりだったと思う。 仲の良…(省略)

  • 彼女は高校3年生の時に大手芸能プロダクションの最終審査に見事合格し、夢の芸能界デビューを果たした。 高校を卒業後すぐに上京を決意した彼女だったがまだまだ貰える仕事も少なく、それだけで生活していけ…(省略)

  • 前回からの続きを話します。 俺達3人、俺、新谷、正雄は河北さんという地元の祭りで川鬼役の厳つい漁師の人に「子供男衆3人は風呂を出て男衆の宴会の手伝いをしろ」と言われて、もちろん逆らえず脱衣所に向…(省略)

  • 俺は「清水瞬」(しみずしゅん)高校三年生だ。 そして俺のクラスは2年B組。学校内で一番可愛い女子が多いと言われてるクラスだ。 実際、このクラスには一人一人可愛い部分があり、可愛くない女子はいない。…(省略)

  • 私がえっちな事に興味を持ち始めたのはたぶん小学四年生くらいの時でした。その時の私は、おまんこの名前さえ知らずに、「ソコを触ると体の奥がきゅんとする」くらいの気持ちでパンツの上から触っていました。 …(省略)

  • 市民プールの監視員をしていたがその日はお昼迄快晴だったがお昼を過ぎると雲が出て来てドシャ降りの雨が降って来た。 平日だから居るのは暇な大人、それと小さな子供を連れた家族だけだと思って居たが… …(省略)

  • 「あっ!そうだ!3人でお風呂入ろうよ!(笑)」 香織は(良いこと思いついた!)と言うような顔で言いましたが、さすがにおさむと3人でのお風呂はキツかったので 「それは…ちょっと…なぁ…?(汗)」 …(省略)

  • この体験談は、「睡眠姦」中学の時の保健医シリーズの続編になります。 今回のお話は、高校卒業から半年程経った頃のお話です。 こどもの頃から美熟女好きという私は、小4から学校の先生の女子更衣室に侵入し…(省略)

  • 私は、ある一人の問題児を無事に高校を卒業させる事が出来た。 その男子生徒は、それほど問題児ではなかったけれど学校から見ればひどい生徒らしい。 「あれから、2年か・・・。」 私は呟いた。 ピンポ…(省略)

  • 俺のガキの頃の地元の祭りでの話しをします。 地元は漁村のある集落で、自然豊かな西日本のある寂れた場所です。 この地元の祭りは、今でこそ結構有名になったが、30年程前はまだそんなに注目もされ…(省略)

  • 投稿初心者ですが、10年くらい前の事を思い出したので書きます。 大学卒業後、新卒で入った賃貸不動産会社での話です。 当時私は社会人2年目で、就職した賃貸型不動産の店舗では1番若いスタッフでした…(省略)

  • 僕の高校はある校舎から女子の着替えが見放題だ。それは、南校舎の2、3、4階だ。 体育の着替えは各教室で男女分かれて行われていた。しかし、高校の体育館が改修工事されて体育館に更衣室ができたことによ…(省略)

  • 無事修学旅行も終わり、みんなそろそろ受験勉強に本腰……、という雰囲気になってきました。 それでもやっぱり、中学校生活最後の夏休みはみんなで遊びに行きたい! という話になり、私と紗姫ちゃんとはるかち…(省略)

  • 車内でプチ援は数多くありますが、昼間は初めて。 悶々としてしまったのでサイトに投稿。 時間は午前10時。 昼間はいないかなぁ〜っと思っていたが、10分後には返信あり。 28歳の人妻。 もちろ…(省略)

  • 僕の名前は良太(りょうた)。 大学時代、僕には奈緒(なお)と言う彼女がいた。 奈緒は気の強いスレンダー美人で僕は一目ぼれし告白した。 でも奈緒は絶対にセックスはしないと言った。僕はそれを受け入れ…(省略)

  • なんでこの子がAVに転身するの? なんて疑問を持つ事はありませんか? これはそのひとつの例の話です。 うちの会社で働く女性は美人揃いです。 寄りも寄ってほぼ8割が街を歩いていたら世の男性に…(省略)

  • 前回の続きです。 水野先生が小野寺にレイプされているのを見た一週間後くらいの時です。 またも部活が終わった時間、片付けをしていると小野寺と水野先生が歩いているのが見えました。 二人が向かっていた…(省略)

  • 冬場にさしかかり、朝晩は寒さが身に染みるようになってきた。俺は冷えた身体を風呂で温めていた。 「あぁ、あったけぇ…」 すると…ガラッと浴室のドアが開いた。 「みさき?!」 「お兄ちゃん、入って…(省略)

  • どうもクソ最低人間です。 俺はレ◯プ、盗撮、下着泥棒、覗きを何年も繰り返してる所謂社会の敵って奴でして(笑) まあ、こんな俺もレ◯プに関してポリシーというか信念(笑)がありまして。 まともに生き…(省略)

  • 既婚者で子持ちですが、人妻とセックスしてしまいました。 相手はいずみさんと言って、女優の川口春奈を少し丸くしたような美人。 清楚な感じの奥さんでした。 子どもの習い事が同じで保護者会や送迎で顔を…(省略)

  • 僕が突然、逃げ出してしまったので彼女は不審がり、ラインのない時代なので夜になるとメールが着ました。 「急にいなくなったけど大丈夫?私のおっぱいがどうかしたの?心配でたまらないよ。私あんなことがあって…(省略)

  • 紗姫ちゃんは水泳部顧問のY先生。 私(新山瑠美菜)は美術部顧問のT先生と男子生徒3人。 それぞれ、ヤりたいときに使われる性処理人形にされていましたが、それも中2の冬にはなくなり、私たちは無事、中学…(省略)

  • あゆみさんとしてから数日して、用事で訪問すると「やまちゃんいらっしゃい」とあゆみさんはいつもと変化なく。 そして用事を済ませてその夜に「やまちゃん」とあゆみさんから電話が。 「大丈夫?」と聞く…(省略)

  • 前回、母乳外来でセクハラをされたというのにまたあのクリニックに行きました。 最後の母乳外来のマッサージの予約をしていたのと、少し生理の調子がよくなかったので診察して欲しかったのです。 マッサー…(省略)

  • 18歳になったので書き込みたいと思います。 僕が小○4年生のときの夏の夜、塾帰りに公園のトイレに入っておしっこしようとしてたら、慌てて女の人が入ってきたんです。 その女の人は泥酔していて一目散…(省略)

  • この話は、妻と仲直りにセックスした話の続きです。まだ読んでない人はそちらからお読みください。 僕、翔太は22歳。プロのダンサーです。 僕は2年前に結婚し、今は双子の子供がいます。生後4ヶ月…(省略)

  • 水着でエステをしてくれる店を探していたら 結構あるので、以前は水着で女の子を悪戯 今回はこちらも水着を着て施錠をしてもらう 勿論、メンエスだからって水着を着てなら オッケーだろ…(省略)

  • S2年の時の思いで 女の子の名前は安田さん、僕の後ろの席に座ってた。 帰りの会が終わったら、教室の掃除をするため、机を教室の後ろに下げる 各自、机を持って、片手で机の前を持ち、持ち上げて後ろに下…(省略)

  • このお話は登場人物の年齢などのこともあるので創作とさせていただきます。 信じるか信じないかはあなたにお任せいたします…。 その日は息子がお休みで夫が休日出勤でした。 特に予定がありませんでし…(省略)

殿堂入りの「おっぱい」の話

大勢の読者から高評価を得た記事

読者の評価が高い「おっぱい」の話

読者からの評価が高い順

よく読まれている「おっぱい」の話

閲覧回数が多い順

良作かもしれない「おっぱい」の話

閲覧数が1万回以下で評価が高い順

  • 俺が小5の時、近所の林に小さな神社があった。 神主や参拝しているような人はいなくて、いつも無人で少し怪しげ。 とくに用事もないので行くことはほとんどなかったが、実は、近所では以前から、 …(省略)

  • 私が18の浪人生のときの6月でした。 日曜日に町内で募金活動があり、男の子3人と女の子1人のグループの小学生が募金箱を持って呼びかけをしてました。 私はそんな子たちの助けになったら大学も受かるかも…(省略)

  • 前回の投稿で、妻である恵が宅配便のオヤジチンポをフェラした晩の事を手抜きしてたので、改めて投稿をします。 私は、宅配便のオヤジのチンポをしゃぶって最後まで出来なくて、欲求不満になっている妻である…(省略)

  • 4月から高校生活が始まった。共学だった中学校とは違い、男子校だったため、景色が灰色に変わった。気持ちも灰色。マロンと気まずい関係になって以来、何も行動せずに、そのままにしていた。あの時に彼女を襲ったこ…(省略)

  • さて今宵は雲様のお話にお邪魔して清女がお話させていただきませう。(^ ^) 私は清女と申します。雲様の雲のような気まぐれにおすがりして、旦那様のお宅に置いていただいている女です。 その2人の馴れ初…(省略)

  • 夏の盆休暇で私の実家に嫁と帰省した時のことだ。 田舎にありがちだが、盆の時期は色んなところの親戚が集まって来る。 そして家の広さと部屋だけはあるので結構な人数を泊めることができる。 私たちは一泊…(省略)

  • 【続き】 先生と別れ歩き続ける妻。 気付けば、先生と2人で初めて訪れた店。 カウンターに座りカクテルを飲みながら思い出に浸る。 「隣良いですか」と聞かれ顔を上げると自分より若そうな男性の姿。 …(省略)

  • 俺が○学6年生の頃の話。 兄が高校のオーケストラに所属していた。 ある日、ドイツの○○校という所から、向こうの部員が日本の高校と交流演奏会にやって来た。 俺はオーケストラなんて興味無かったが…(省略)

  • 珍しく早く仕事が終わり、久しぶりに深夜を待たずに家に帰る事が出来た平日の事、玄関のドアを開けるとシャワーの音が聞こえてきた。 時刻は午後6時頃。ご飯の前に娘をお風呂に入れているようだ。まだ喋れな…(省略)

  • 続編希望や各項目にいいね押して頂き感謝です 最後なので包み隠さず気合!入れて!書きます! 「おっどした?どした?」 「あのさー明後日お前ん家行って良い?」 「良いよ誰もいないし…(省略)

  • 同級生のコウジは両親が隣町で料理屋をやっているカギっ子だ。学校から帰っても両親がおらず一つ年下の妹と二人だけなので、割と自由なコウジの家には放課後たまに遊びに行った。 ある日、コウジから 「今…(省略)

  • 私は非常勤のスクールカウンセラーとして小学校から中学校の生徒たちを受け持っております。 まだ働き始めだった昨年、ある日、中学校で、専用の相談室で仕事していた時の事。 一人の男子生徒が相談に…(省略)

  • さんざん焦らされた後、18時に予約したイタリアンレストランに着いた。お店には事前にデートで行くと伝えたため、夜景がキレイなカップル席を案内された。 若干遅れてサキさんが到着。白タンクトップに水玉…(省略)

  • 普段見る専門で。。初投稿です。仕事が自粛中のため暇つぶしに今カノの出会いから今までのことを備忘録として書きたいと思います。 カナとは高校の同級生でした。高校時代は全く化粧っけのない黒髪ストレート…(省略)

  • スマホを見て、かなり動揺した。 いつもランキングでどの話を読もうかと見るんだが、美優の話がかなりたくさんの人に読んでもらえたようだ。 美優が隣にいたから、動揺を隠すのが大変だった。 共感して…(省略)

  • 僕には美紀(みき)という、2つ下の妹がいます。 僕は学生時代、そんな美紀のことを本気で異性として見ていた時期がありました。今はお互い結婚し、美紀のことはただの兄妹だと思っていますが。 何故僕が…(省略)

  • 菜々です。 自粛生活の気分転換に書いています。 またまた普通のお話です。 次はオナニーについて。 先程投稿した中で彼がオナニーのお手伝いをしてくれると書きましたが、もちろん1人でもしていま…(省略)

  • 俺のアパートの裏は山に成っている。細い遊歩道が延びていて、かなりの森の中の道だが中腹にはちょっとした東屋の有る展望台的な物に到達する。田舎だか其なりの夜景が楽しめる。 ある日の事、俺のアパートに…(省略)

  • 仕事でパソコンやスマホを毎日使っているためか、肩や首がよく凝ります。だからマッサージが大好きです。整体、按摩、カイロプラティック、筋膜。その中でも、一番好きなのがアロマテラピー。パンツ一丁姿になりアロ…(省略)

  • わたしは23歳のショップ店員です。 生活費を浮かせるために、シェアハウスに住んでいるんですけど、女性はわたし一人であとは男性三人で皆アラフォーでした。 …(省略)

  • 彼女は高校3年生の時に大手芸能プロダクションの最終審査に見事合格し、夢の芸能界デビューを果たした。 高校を卒業後すぐに上京を決意した彼女だったがまだまだ貰える仕事も少なく、それだけで生活していけ…(省略)

  • 今から年以上前、僕が小◯校1年〜6年までの間、近所の借家に僕より2つ下の真姫ちゃん(仮名)という女の子が住んでいた。 母子家庭で母親は日中仕事で、真姫ちゃんが幼稚園の頃から学校が終わってから彼女…(省略)

  • 中学校の卒業式が無事に終わった。親は先に帰り、僕は男友達とダラダラと帰宅していた時に、聞き慣れた声が聞こえた。 「三四郎」 マロンだった。僕は友達に「先に行ってて」とお願いしたところ、ヒューヒュー…(省略)

  • 小学4年の体験談です。 子供の頃、夏休みなどの長期連休になると田舎の親戚の家に遊びに行っていました。 母の姉夫婦の家で、そこには3つ上の従姉がいて、そのお姉ちゃんと遊ぶのを毎回楽しみにしていま…(省略)

  • 初めまして。 高校卒業したばかりの18歳のリイナです。 身長148cm、Cカップで細身です。 顔はガッキーに似てるとよく言われたり、背が低いからか、合法ロリとか言われたりします。実際、この身長と…(省略)

  • 「はぁんっ!ああんっ!あっ、あっ、ああっ!」 「くぅっ!すげぇ締め付けだぁっ!…噂通りの…上玉だぁっ!」 男は私の腰を掴みながら激しく後ろから突きあげます。 「あっあっ!あたってるっ!いいわ、い…(省略)

  • マロンの下着を見た日からは、エロい妄想にとりつかれた。彼女と会話をしても、脳裏に焼き付いたあのシーンを思い出した。頭が狂ったかと思ったほど。僕はマロンを完全に女の子として意識し始めたようで、中学3年生…(省略)

  • 実際の人間関係の中では話せないことを自分の記録として書く。 俺は当時36歳だった。 仕事も軌道に乗り、そろそろ結婚したいと思っていた。 今まで付き合ったりする女の子は年下が多く、処女…(省略)

  • 新年を迎えてからも、僕と亜樹は控えめにお互いの性癖を楽しんでいた。 控えめと言ったのは、あくまで愛撫や露出などの悪戯の域を出ていないからだ。亜樹の体のことを考えた結果が今までとは違った形に変化し…(省略)

  • いつもお世話になっております。名無しのおじさんこと、珍苗字Yでございます。 正式な退院日が決まりまして、14日の金曜日になりました事をお知らせしておきますw 大分手足も動くし…と思ったけど、暫…(省略)