エチ研TOP
Home > 体験談 > 朝のラッシュ急行電車の中でJDに尻…
投稿:2015-07-04(土)07:00

朝のラッシュ急行電車の中でJDに尻コキされたのでこっちからも触った

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:11,288回)
名無しさんからの投稿

準急のD線に乗ってO駅まで向かっていた時のこと。

M駅から先頭車両に乗ろうと列に並んでいると、背は160cmくらい、21〜3歳くらいのJDらしき若い女性が隣に並んだ。

膝丈くらいの青いジャンパースカートと茶色いジャケットいった格好で、顔の方は切れ長の目で美人だった。

やがて、電車がやって来た。

混雑していたので、後ろ向きになりながら乗り込んだ。

隣に立っていたJDだが、すぐには動かず、やや遅れ気味に乗り込んで、自分のすぐ目の前に後ろ向きで立った。

乗ってくる人間に押されて、自分とJDは密着状態に。

すると、JDはやや姿勢を気づかない程度に前傾させ、自分の股間に小さく引き締まった尻を押し付けてきた。

やがて電車が発車すると、更に強く尻を押し付けて、左右に動かして尻コキをしてきたのだ。

すぐに快感が体を駆け抜け、まずは周りに気付かれぬよう、そっと股間を尻に押し付けてみた。

すると、JDは尻コキせずに、ヒップを後ろに付き出してグイーっと押し付けてきたのだ。

これは幸運だ、と思いこの機会を逃さなかった。

しばらくすると、停車駅に。

人が数人降りていったが、JDの方は自分を降ろす(逃がす)つもりは無いのか、更に強く背中と尻を自分に押し付けてきた。

やがて、発車するとまた尻を股間にグイグイ押し付けてきた。

そこで、今度は自分から触ってみた。

まずは右手の甲で、軽く腰骨の後ろのほうを触ってみた。

今度は、小刻みにヒップを振って股間を刺激してきた。

そこで、両手を腰に添えて、こっちから尻にペニスを当ててみる。

JDは尻を振るのをやめたが、今度は少しづつ強くヒップを勃起に押し付けてくる。

そこで、腰に添えた手をゆっくりと下におろし、尻を軽く撫でようと手のひらで、軽くヒップを包むようにした。

JDはその動きに気づいたのか、尻を後ろにグイっと付き出して、手に尻を押し付け、左右にもじつかせる。

そこで、手で尻を揉みながら左右に引っ張り、ペニスを尻の割れ目に押し付け、両手で左右の尻たぶを揉んだ。

やがて、S駅に差し掛かり、人がたくさん降りていったので終了。

しかし、電車の減速に合わせて股間をJDの尻に押し付け、客の乗降に紛れて、最後に尻揉みをすることに成功。

JDは降りず、お互いに他人の振りをして空いた席に座った。

しかし、JDの方は降りるまで、時折、自分の方をジト目で見ていた。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告