エチ研TOP
Home > 体験談 > 【子作り】橋本環奈似の妻、中◯校の…
投稿:2016-01-18(月)05:33

【子作り】橋本環奈似の妻、中◯校の時の制服で・・・

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:39,691回)
名無しさんからの投稿

前回の話:橋本環奈似の妻から3人目をおねだりされて・・・

キャンプで初めて人妻の恵さんと結ばれ、初めての不倫を経験して以来、私たち夫婦の間でもエッチの回数が増えてきました。

私が持続力をつけたことで妻を長く愛することができるようになり、妻を何度も何度も頂点に押し上げることができました。

今日と明日は、妻にとっては超【危険日】。

そう、一番妊娠しやすい時期にやってきたのです。

長女のあゆみと次女のさおりは、弟や妹の誕生を今か今かと待っていました。

エッチのきっかけは、1か月前にさかのぼります・・・。

ある日曜日のこと。

突然、さおりは妻のお腹に耳を当てました。

さおり「こんにちは・・・。誰かいませんかあ?」

まみ「さおり、どうしたの?」

さおり「ママ・・・妹がほしい・・・」

まみ「ええ!?」

すると、長女のあゆみもやってきました。

あゆみ「ママ・・・、私はさおりだけ?もう1人ほしいよお・・・」

まみ「あゆみ、さおり・・・。ママ・・・頑張ってみるね♪」

あゆみ・さおり「やったあ♪」

さおり「ママ。恵さん、子だくさんだね。私、真奈美ちゃん(加奈ちゃん夫妻の次女で、さおりとは大の仲良し)と話したんだけど、やっぱり妹がほしいなって言ってたんだ」

まみ「うん。だけど、あなたたちもいつかは経験すると思うけど、妊娠や出産って本当に大変よ。それに、次は妹じゃないかも知れない。男の子かも知れないよ。それでもいいの?」

あゆみ・さおり「お願いします♪」

まみ「じゃあ、パパに相談してみるね♪私1人じゃ決められないの。もちろん、結果は教えてあげる♪」

あゆみ「それなら、私がパパに話すよ」

まみ「あゆみ・・・」

あゆみ「ママのお腹にさおりがいることを知って、すごくドキドキしたわ。ママの出産に立ち会った時、ママ・・・すごく辛そうだった。だけど、さおりが産まれた時、ママがとっても幸せそうな顔をしてた。本当は、前にさおりで終わりにしようっていう話を聞いてたから、なかなか言い出せなかった。ママ・・・無理言ってごめんなさい・・・」

まみ「いいのよ。だけど、これで終わりよ。ママだって、あなたたち二人でも目の回る忙しさなんだからね」

さおり「ありがとう、ママ」

それから2週間後、妻は子供たちを集めて話をしました。

まみ「子供のことだけどね・・・パパが嫌がってたの。でもね、私・・・強行突破しようと思うの・・・」

さおり「えっ?【きょうこうなんとか】って何?」

まみ「それはね・・・、相手が反対しようと無理矢理目的を果たすことなの・・・」

あゆみ「じゃあ、ママ・・・」

まみ「もちろん、そのつもりよ・・・」

さおり「ありがとう、ママ・・・」

まみ「ママはね・・・あなたたちの味方よ。妊娠したら、教えるね」

・・・そして・・・。

まみ「昨日、パパと子作り始めたわ」

あゆみ「すごい・・・、ママ・・・妊娠・・・頑張って」

まみ「昨日はね、2時間ずっと子作りに頑張ってみたの。パパ・・・すごく頑張ってくれたんだ」

さおり「ママあ・・・」

二人の子供は、妻に抱きつきました。

いよいよ3人目への、長い道のりのスタートです。

後で知ったことですが、昨日のエッチで妻のお腹では妻の卵子と私の精子が結ばれようとしていました。

しかも、後に妻が双子の女の子を出産することになるとは・・・、もちろん、誰一人知りませんでした。

・・・さて、激しいエッチをした次の日の夜、私は妻の姿を見て驚きました。

なんと、妻は中◯校の制服を着て現れたのです。

紺色のブレザーにグレーのジャンパースカート。

妻の細いウエストに、5センチ幅のベルトがあり、楕円形のバックルがありました。

髪はツインテール。

そして、細い脚首には一時期流行った白いルーズソックス。

しかも、膝上18センチと超ミニのおまけつき。

あわよくば、パンチラもかないそうです。

まみ「あなた・・・よろしくお願いします」

私は、妻を抱きしめました。

ゆっくりと妻の肩を抱いてキス。

妻は25歳。

18歳と21歳の時に出産して二人の女の子の母となった妻ですが、なぜだか中◯校の制服が似合います。

ブレザーを脱がせ、妻は少しだけ恥ずかしそうな顔をしました。

そして、グレーのジャンパースカート姿になった妻を抱きしめてディープキス。

その頃、妻のお腹では妻の卵子が私の精子を受け入れ、少しずつ受精卵へと変わっていきました。

その受精卵が子宮の壁に付けば、妊娠が確定します。

でも、この段階ではまだ知ることができません。

生理が長期間止まることで、妊娠の可能性が出てきて、妊娠検査薬や診察などで知ることができるのです。

まみ「ねえ・・・バック・・・バックでしてえ」

妻は加奈ちゃんや明美さん、そして恵さんと話して子作りしやすい体位を聞いていました。

その結果が【バック】か【立ちバック】。

その方が深い挿入になり、卵子が受精卵に変わる可能性が高いのです。

私は昨日と同じように、立ちバックから始めました。

しかし、今回は窓際ではありません。

選んだのは、風呂場の脱衣場にある洗面所の鏡の前。

バックは深い挿入ができる反面、女性の表情が見え難いというマイナス面も持っています。

それを解決するべく、この場所を選んだのです。

まみ「うわあ、ドキドキする。でも、あなたの顔も鏡で見えるわ♪」

妻は、洗面台に両手を突きました。

私は妻のジャンパースカートの裾を捲って見ました。

すると、まさかの事態が・・・。

妻は、ノーパンだったのです。

「まみ・・・ノーパンだったのか・・・」

まみ「うん・・・、あなたをびっくりさせようと思って・・・」

「びっくりしたよ」

まみ「ねえ・・・、このまま私を・・・抱いて、そして・・・そのまま後ろから力強く貫いて・・・」

「まみ・・・」

妻は目を閉じました。

そして中◯校の制服とルーズソックスの姿で、私との結合を待っていました。

妻にはキスを2回しただけですが、あそこはしっかりと濡れており、私を受け入れる準備が出来上がっています。

「まみ・・・可愛い赤ちゃん、産んでね」

まみ「えっ・・・、産んでもいいの?やったあ♪あゆみもさおりも、すごく喜ぶわ♪あっ・・・あっ、・・・ううん・・・ああ・・・」

私は妻のジャンパースカートのウエストにあるベルトをつかみ、一気に先を捩じ込みました。

そして、ジワジワと挿入していきます。

「ああん・・・ああ・・・ああん・・・」

やがて、私の下腹部と妻のヒップがふれあい、私たち夫婦はしっかりとひとつに溶け、がっちりと結ばれました。

「ああ・・・あなた、あなた・・・あなた・・・あなたあ・・・」

結ばれたまま妻を軽く突きました。

コリコリとした子宮口に当たります。

「ああん・・・ああ・・・ああ・・・」

妻の中は私に激しくまとわりつき、何度も締め付けてきます。

「あっ・・・うう・・・、まみ・・・ああ・・・」

まみ「ああ・・・ダメ・・・体が・・・体があ・・・」

妻は目を開けました。

可愛い顔とはうって代わり、明らかに性感に耐えている姿です。

口は半開きになり、喘ぎ声が止むことはありません。

恥ずかしいのか、妻は目を閉じました。

私が後ろから妻を突くたびに、妻の体はビクンと反応します。

私はウエストのベルトをつかんでいましたが、妻の細いウエストをしっかりとつかみ直します。

「ううん・・・ああん・・・ああああ・・・」

妻の反応が、明らかに変わりました。

今まではベルトだけだったけど、今度は直接妻のウエストをつかんでいます。

それを、妻は知ったのでしょう。

橋本環奈に似た妻の顔は、明らかに変わりました。

結合部分から常に生まれる性感に耐える、そしてその性感を受け入れようとする淫らな牝に変わった妻の顔がそこにありました。

「ああん・・・ああん・・・ああ・・・ううん・・・ああ・・・あなた・・・」

昨日に続き、今日も妻の子宮の近くで射精することになりそうです。

今日、明日と妻は妊娠する危険日です。

だけど、妻は妊娠を願っています。

ゆっくりとゆっくりと妻を労るように後ろから突き続け、妻の体に性感の送り込みを続けます。

私は、妻のヒップを叩きます。

パァン!と音がしました。

まみ「ひゃあ!」

突然起きたことに、目を開いた妻。

でも、鏡は見ないで辺りを見回しています。

「まみ・・・前を見なさい!」

おそるおそる鏡を見る妻。

まみ「イヤ・・・いやああ・・・」

顔を左右に振り、激しく抵抗しています。

そして、鏡を見なくなってしまいました。

「仕方ないなあ・・・」

私は、本格的なピストン運動に入りました。

まみ「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ・・・」

そしてパンパンというお互いの肉が当たる時に聞こえてくる音も。

さらに、妻を突くたびにクチャクチャという音も聞こえてきました。

まみ「あっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっあっ・・・」

結合して1時間と20分が過ぎた時、私は絶頂の兆しを感じました。

体の中で、大きなうねりが起きていました。

「まみ・・・、中に出すよ」

妻は、力なく頷きました。

私は動きを止めて、体の中の激しいうねりを解き放ち、あっという間に妻の中に注がれて行きました。

ドクンドクンドクン・・・。

怖いくらいの多量の精液が、妻の中に奥深く注がれました。

ハアハアという2人の吐息が、狭い脱衣場に響きます。

後で知ったことですが、1時間30分の立ちバックで妻は7回も絶頂に達したことを教えてくれました。

何度も絶頂に達したのに私が妻を突き続けるので、意識がなくなってもすぐに生まれる性感の波に、意識を取り戻したと言いました。

40分を過ぎた辺りから、妻は立ち続けることができなくなってしまったそうですが、私が妻を突くたびに崩れかけた膝が伸びてなんとか体勢を保つことができたそうです。

妻の中に射精しても、私のモノは怖いくらいの硬度を保っていました。

私はゆっくりと結合を解き、フラフラになった妻を前にある公園に連れていきました。

そこは普段、マンションに住む子供たちや母親たち、そして近所に住む母親や子供たちで溢れる賑やかな場所です。

だけど、今は深夜2時。

草木も眠る丑三つ時です。

私の妻とはいっても、そんな時間に中◯校の制服を着せて(とはいっても、制服を選んだのは妻の意志ですが・・・)連れ出すのですから、周りから見れば変に思えるでしょう。

妻は、ここで再び立ちバックで結合することを感じていたのかも知れません。

妻はベンチの背もたれを後ろから両手で持ち、体を曲げたのです。

妻の太ももの内側は、私が解き放った精液の一部が伝い、濡らしていました。

なんだか、エロチックな気持ちになりました。

後ろから妻の小さなヒップを両手で支え、エッチの余韻も冷めない妻の膣口にあてがい、再び挿入して私たち夫婦は改めて深く結合します。

目の前にいるのは私の妻ですが、普段見かけるような可愛い女子中◯生を後ろから犯しているような、そんな不思議な感覚に包まれました。

外に出たので、妻の喘ぎ声は控えめです。

よく見ると、妻は口にハンカチをくわえていました。

どおりで、くぐもった声が聞こえるはずです。

ゆっくりとしたストロークで、妻を後ろから突いていきます。

でも、妻は立ち続けることができなくなってしまいました。

結合を解き、20分で公園エッチを諦めて部屋に帰ります。

部屋に戻るとベッドに妻を制服姿のままで四つん這いにして、後ろから3度目の挿入。

まみ「ああ・・・ああああああああああああ・・・」

眠っている子供たちが起きてしまうのか、と思うくらいの大絶叫。

妻は昨日から今日にかけて、数え切れないほどの絶頂に追いやられてしまいました。

少しずつ遠のく意識の中で、妻は3人目の妊娠のために(実際には双子だったので、一気に4人になるのですが・・・)、迫りくるおびただしい性感の波に耐えていました。

私は、ラストスパートに入ります。

動きを速くして妻を後ろから激しく突き続けました。

妻は、体を両手で支えることができなくなってしまいました。

ベッドに肘をつき、なんとか耐えていましたが、ついに力尽き、ベッドに潰れる形になりました。

それでも妻のヒップだけは高い位置にあり、私を後ろから受け入れていました。

改めて妻を好きになっていく私が、そこにいました。

妻は意識を失ったのか、喘ぎ声は聞くことができませんでした。

どうやら、深い眠りに入ってしまったようです。

私はピストン運動を止め、まだ硬度を保ったままの私をゆっくりと引き抜きました。

妻の中から出る瞬間、

「ああ・・・」

という妻の色っぽい声が聞こえました。

次は、妻が高校の制服を来てくれるのでしょうか。

初めて妻と結ばれたあの時を思い出しながら、私も静かに深い眠りに入っていきました。

その頃、妻の中では1つの受精卵が子宮壁に着床していました。

やがて、この受精卵が2つに分かれ、女の子の一卵性双生児が生まれることに・・・。

数か月後、私たち夫婦と2人の子供たちは、衝撃的な事実を知ることになるのでした。

続き:一度エッチした恵さんが、料理を教えるためにやってきた

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告