エチ研TOP
Home > 体験談 > ゆきの家にお泊まりしてエッチやりま…
投稿:2016-07-11(月)09:38

ゆきの家にお泊まりしてエッチやりまくり

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(4ページ目)

『んぐぐ、ごほごほ』

かなりむせこんでる

もう一息

ずんと一気に奥まで突いた

俺の腰が顔に着くまで・・・

ゴボゴボ、ブシュ〜吐いた

ちんぽ入れてる口の隙間からと鼻からも出た

ちんぽ抜いた

ゆき『ううう、げえ〜』うつむいてドバドバ吐いた

『はあはあ、うっがはっ』また吐く

やりすぎた

ゆき『酷いよう・・ごぼっ』

いっぱい吐いた

急いでシャワーでながした

『大丈夫か?』

ゆき『大丈夫じゃない、気持ち悪い』

まだ吐き気あるけど吐くものなくて胃液みたいな物が

ゆき『苦しいよう』

なんとかできないか考えた

思い出した、水を飲ませて吐かせば楽になるとか

『ゆき、水を飲め』

コップに水入れて飲ませた

ゴクゴクと飲んでぶしゃ〜と水を吐く

ひっひっと痙攣しだした

まずい、救急車呼ぶか、でも原因きかれたら

ちょっと様子みてたらはあはあと息荒いけど少し落ち着いた感じ

『ゆき?』

ゆき『はあはあ、んん、なんとか落ち着いた』

『ごめんな、やりすぎた』

ゆき『ゆう君やりすぎだよ』

うがいした

ゆき『少し休ませて』

ゆきを抱いて部屋に運んで布団にねかせたすっと寝た

ゆきを見ながら俺もいつのまにか寝てた

ゆき『ゆう君』起こされた

『具合どう?』

ゆき『もう大丈夫、お腹すいた』

時計見ると夜11:00過ぎてる

もうそんな時間か

『ごはん食べれそう?』

ゆき『うん、食べれる』

『何食べたい?』

ゆき『屋台のラーメン』

『ほんとに大丈夫か?』

ゆき『うん大丈夫だって』

ラーメン食べに行った

帰る途中

ゆき『もうあんな事はしないでね』

『分かった、ほんとごめんな』

ゆき『もういいよ』

コンビニよって朝のパンとアイスを買い公園で一休み

アイス食べる

ゆき『あの木に吊るされたね』

木を指さす

『そうだったな』

ゆき『今日はやらないの?』

『縄持ってないし』

エヘヘと笑った

ゆきが立ち上がり上着を脱ぐ

『何するんだ?』

ゆき『えっちしたい』

自分でスカート脱ぎ、ぱんつも脱いだ

ゆき『こうするの好きでしょ』

そう言ってぱんつを口に入れた

ゆき『んんん』

健気だな

俺の前に立ち両手を後ろに回し足を拡げた

まんこを触る

ゆき『んんっ、んっ』

じわりと湿ってくる

指入れた、ビクンとなる

手のひらに溜まるほど濡れてきた

ゆき『んんん〜』

『入れるか?』

こくんとうなずく

ズボンとパンツを脱いだ

ゆきが跨がってくる

ずんと入った

ゆきの身体を上下に揺する

ゆき『んんっんっ、ん〜』

きゅっと締まった

ゆきがぱんつを外す

ゆき『今日は中に出していいよ』

『いいのか?』

ゆき『大丈夫だと思う、まだ生理始まってないし』

ユサユサ動かした

ゆき『んん〜またいっちゃう』

きゅっと締まる

いくの早いな

もっと早く動かした

ゆき『あはっ、またいっちゃう』

ぎゅっと締めつけてきたとき出した

ゆき『ん〜っ』

がくんとなり倒れてきた

ゆき『はあはあ、もっ最高』

そのままゆきを抱き多目的トイレに入る

ゆきを降ろしてトイレットペーパーで拭いた

服を取りにベンチに戻る

ぱんつはよだれでびしょびしょ、これじゃ穿けないね

ぱんつはそのまま置いて服とスカート着て帰る

家に着いて時計見ると二時前

ゆき『明日学校あるし』

『起きれるか?』

ゆき『たぶん無理かも』

『どうする?』

ゆき『休む』

『いいのか?』

ゆき『ゆう君が朝学校にあたしが休むって電話して』

『なんて言えばいいの?』

ゆき『風邪ひいて熱があるとでも言っといて』

『分かった、朝電話するよ』

ゆき『じゃお願いね、おやすみ』

『ああ、おやすみ』ちゅっ

明日早起きしなくちゃ

続き:ゆきの友達が見舞いにきて面白いことしてやった

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告