エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > ゆきの家にお泊まりしてエッチやりま…
投稿:2016-07-11(月)21:38

ゆきの家にお泊まりしてエッチやりまくり

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:59,203回)
ゆうさん(20代)からの投稿

前回の話:やっとゆきの処女をもらった

ゆきの親が県外出張で二日ぐらい家を空ける事になったらしい

ゆきは学校あるので連れて行けないので俺を信頼してゆきの家に泊まって世話してほしいと頼まれた

ゆきとえっちした事全く知らないので頼んできた

ゆきは大喜び

ゆきの部屋は六畳ぐらい

机と本棚テレビもある、いい部屋だな

ゆきが学校行ってる間に部屋を物色

まずタンスを開けた

可愛いぱんつ発見

キャラクタープリントされたぱんつ

まだブラはなかった

机の引き出しには勉強道具

特に面白そうなものはなかった

ゆきが帰ってくるまで待つ

『ただいま〜』帰ってきた

『ゆう君〜』飛びついてきた

『おかえり』いきなりちゅっとキスしてくる

ゆき『先に宿題すませる』

宿題始めた、真面目だな

ゆき『終わった、遊ぼ』

適当に時間潰しご飯はどうする?と聞いたら俺が作ると思ってたみたい

料理できないし

外食する事にした

ゆきが服を着替える

服を選んでるとき『これ着て』と言って短いスカート渡した

ゆき『これ?』

『おう』

ゆき『これだいぶ前のだし今履いたらかなりミニスカになっちゃうよ』

『大丈夫だろ、ゆきはまだ子供だから平気だって』

ゆき『子供扱いすんな』

ぶつぶつ言いながら履いた

ゆき『ん〜やっぱちょっと短いな、ぱんつ見えちゃいそう』

『ぱんつ見えたら嫌か?』

ゆき『うん』

『ならぱんつ履かなかったいいじゃん』

ゆき『そうゆう事じゃないわ』

『まあいいから』

ぱんつを脱がせた

ゆき『ほんとにこの服装で行くの?』

Tシャツとミニスカ、ノーパン

『行くよ』

ゆき『分かった』

歩くときは大丈夫だが前屈みになるとお尻が見えそうに際どい

車に乗ってファミレスに行く

隣にちょこんと座った

車走らせてる途中ゆきのスカートペロンと捲った

ゆき『やん』隠そうとしない

左手でまんこを触った

ゆき『ちゃんと運転してよね』

触ってると湿ってきた

『気持ちいいか?』

ゆき『ん』

目をつむってる

指を入れた

ゆき『あん』

もうベトベト

ゆき『んんん、ふうふう』

手をのけた

ゆき『ああん、もっと触って』

『もう着くから』

ゆき『ばかあ』

ティッシュで拭いた

ファミレスに到着、席に座り注文

食事済ませ店を出た

帰宅中、車内でゆきに服を脱いでと言ってみた

ゆき『ええっ、なんで?』

『いいだろ、暗いし外からは見えないさ』

ゆき『ま、いっか』言ってみるもんだな

Tシャツ脱いでスカートも脱いだ

ゆき『これでいい?』

『うん、まだおっぱいちっちゃいな』ゆき『これからおっきくなるもん』

暫く走る

自販機みつけた

少し過ぎたとこで車停める

『ジュース買ってきて』

うんと言って服を着ろうとした

『服着ないでそのままで』

ゆき『やだ、恥ずかしいよ』

『大丈夫、今なら誰もいないから』

ゆき『でも・・・』

『早くしないと誰かくるぞ』

ゆき『ん分かった』

千円札渡した

ゆき『行ってくる』

ドア開けて降りた

ミラーで見る

走って買いに行く

今車通ったらおもしろいな

残念、車こないまま帰ってきた

ゆき『はあはあ、ドキドキした』

『ありがとうな』

家に帰りついた

風呂入ろう

ゆきの身体洗う

『お尻も綺麗に洗おうな』

お尻洗いながら指をアナルにぷすっと入れた

ゆき『あっ指入ってる』

『中も洗わなきゃ』

ゆき『いや、中はいいって』

中指をぐっと奥まで入れた

ゆき『ひゃっ、奥まで入ってる〜』

中でグリグリ動かした

ゆき『やめて、やめて、ああん』

お尻クネクネ振った

ゆき『抜いて〜』

ずぽっと抜いた

ゆき『はあはあ、ばかあ』

風呂から出て部屋に行く

『前にお尻に入るように訓練してたって言ってたけどどんなふうにやってたの?』

ゆき『やってたの見る?』

『おう、見せてくれるか?』

ゆき『ちょっと待ってて』

部屋から出て少しして戻ってきた

あの瓶を持ってる

床に置き膝をついて瓶をお尻に当てた

ゆき『こうするの』

片手で瓶をおさえ腰を下げる

ゆき『んっ』

飲み口がアナルに入った

ゆき『最初はここまでだったけど、今はもっと入るようになった』

更に腰を沈める

太いとこまで入った

ゆき『はあはあ、んんん』

ごろんと後ろに倒れ瓶をずぽずぽ出し入れしながらまんこをさわりオナニー始めた

ゆき『ん〜、あんあん、はあはあ、う〜ん』

うおお、凄いなあ。もう我慢できん

ゆきに抱きついた

ゆき『ゆう君〜』

『するぞ』

ゆき『うん』

瓶を外そうとした

『瓶刺したままにして』

ゆき『うん』

瓶をおさえた

まんこは濡れ濡れ、ちんぽ当てる

『いいか?』

ゆき『うん』

ぐっと入れた

ゆき『んんん』

『まだ痛いか?』

ゆき『大丈夫だよ』

『自分で瓶動かして』

アナルに瓶刺したまままんこにぐっと入れた

ゆき『あはっ、いい、凄いいいよう』

瓶をかなり奥まで入れたのか?

ちんぽが中で押される感覚

ゆき『あああ、なんか変な感じお尻とあそこが熱い』

パンパン打ちつけた

ゆき『んんん、熱い、痺れる、あああ、いっちゃう〜』

びくんびくんと身体が跳ねる

ゆき『んんん〜』

まんこがぎゅ〜と絞まる

ゆき『がはっ』

変な声を出してグッタリした

失神した?

手の力が抜けてだらんとしてる

顔横向けてよだれ垂らしてる

『ゆき?』

はあはあと息はしてる

ヤバイな

ちんぽ抜いたらぷしゃ〜となんか出てきた

おしっこか?潮吹き?よく分からん

瓶も抜いた

茶色い液体が垂れてきた

かなりまずい事になった

『ゆき、おい大丈夫か?』

軽くほっぺを叩いた

ゆき『んっ』

『気づいたか?』

ゆき『何があったの?』

『大丈夫か?気分は?』

ゆき『ん〜なんだかよく分かんないけどお尻とお胯がまだ熱い』

『おまえ気絶してたぞ』

ゆき『へっ、そうなの?なんか急にお腹がずんと変な感じになって息苦しくなった』

身体を起こした

ゆき『えっ何?絨毯汚れてる。あたし漏らしちゃった?』

『うん、そうみたいだな』

ゆき『やだ、ごめんなさい』

泣きそうになってる

『いや、謝らなくていいよ。ゆきが最高に気持ちよくなったからこうなったんだ』

ゆき『でもでも』

『いいから、ちょっと休め』

濡れタオル三枚持ってきてゆきの身体と絨毯拭いた

ゆきは落ち着いた様子

『明日も学校行くからもう寝ろ』

ゆき『うん、ゆう君も一緒に寝よ』

ゆきと一緒に寝た

あれはなんだったんだろ

お漏らしと脱糞、やりすぎたかな

明日は優しくしてやろう

■続き[2016.07.12 11:04追記]

朝ゆきに起こされた

昨夜凄い事したのに元気だ

朝食済ませ学校に行く

ゆき『学校終わったらすぐに帰ってくるから待っててね、行ってきま〜す』

夕方『ただいま〜』帰ってきた

ゆき『先に宿題済ませる』

30分ぐらいで『終わった、遊ぼ』

適当に遊ぶ

ゆき『今晩もファミレス?』

あんまり金ないからな

屋台のラーメン屋に行くか?

ゆき『なにそれ?』

知らないみたいだから連れて行った

初めての屋台、美味しいと言って全部食べた

帰る途中

ゆき『明日ママが帰ってくるから今夜が最後だね』

少し寂しそう

コンビニ寄ってアイス買い公園で食べた

ゆき『涼しいね』

ちゅっとキスした

ブラウスのボタンをプチプチ外した

ゆき『あっこんなとこでダメだよ』

『誰もいないから大丈夫』

ゆき『でも』

全部外した

そっと脱がした

ゆき『あ〜』

『立って』

ゆきが立って俺の前にきた

スカートの中に手を入れてぱんつをずり下げた

ゆき『また脱がした』

スカートも脱がした、素っ裸

服とぱんつを丸めてベンチに置く

ゆき『外で裸になっちゃった』

『前も自分で裸になったじゃん』

ゆき『そうだけど』

『手を後ろに回してゆきの裸見せて』

くるっと回し裸を見せる

ゆき『外で見られるとやっぱ恥ずかしな』

まんこを触った

ゆき『あっ、だめ』

湿ってる

『ゆき濡れてるぞ』

ゆき『ゆう君が触るから』

くちゅくちゅ・・グイっと指入れた

ゆき『んっ』

俺の肩に手を置き腰がガクガクなる

ゆき『あああ、んっんっ・・ううう〜』

もう我慢できん、やりたい

ズボンとぱんつ脱ぎちんぽ出した

ゆきを抱いて俺の上に座らせた

『入れるぞ』

ゆき『うん、きて』

ずぼっと入った

ゆき『あああ、ん〜、やあん』

ゆきを上下に動かした

ゆき『はあはあ、ああん』

抱いたまま立ち上がりゆさゆさ振る

ゆき『ああん、もうだめいっちゃう』

首に手を回しぎゅっと抱きついてきた

ゆき『あ〜いく〜』

まんこがぎゅっとなる

いくときはまんこが絞まる

ゆきの身体がびくんとなった

ゆき『いっちゃったよ』

一旦ちんぽ抜いた

ベンチの背もたれに手つかし四つん這いにして尻をつきだす

アナルにちんぽを当てた

ゆき『お尻に入れるの?』

『ああ』

指で拡げずいきなりちんぽ突っ込んだ

ゆき『いた〜いきなりは痛いよ』

『でもすんなり入ったぞ』

アナルに入れてガンガン突いた

ゆき『んはっ、ああん、きつい』

腰を掴んでパンパン突いた

ゆき『んんん〜、ひいひい』

出る

ちんぽ抜いてゆきを座らせた

ゆきの顔に向けて手でしごき顔に出した

ゆき『あああ・・・』

顔にべったり飛んだ

ゆき『やだあ、ベトベト』

顔中タラタラと垂れてる

『そこの水道で洗ってきいや』

フラフラしながら歩いて顔洗いにいった

ゆき『顔に出したな』少し怒ってる

ゆき『タオルは?』

『持ってない』

手でパンパンと顔はたく

ゆき『お尻痛いし』

『悪かったな』

ゆき『ま、いっか』

服を着て帰宅、シャワー浴びる

部屋に戻り布団に入った

ゆき『明日ママが帰ってくるまで一緒にいてね』

『いいけど、学校は?』

ゆき『明日は休みだよ』

あっそうか

ゆき『おやすみ』ちゅっ

『おやすみ』

明日はお別れか

■続き[2016.07.13 01:57追記]

翌朝、ゆきより先におきた

ゆきはまだ寝てる

今までの事を思い出す

かなり凄い事してたな、まだ子供なのに俺の要求を受け入れてる。それももう終わりか

ゆきの頭を撫でた

ゆき『ん、おはよ』

『おはよ、おきたか?』

ゆき『うん』

朝飯食べてると電話が鳴った

ゆきが電話で話してる、会話から母親と分かった

俺にかわってと言う

母親の用件は

今日帰る予定だったけどもう二、三日帰れそうにないからゆきの事頼みますとの事

またゆきにかわった

電話を切ってゆきがにこっと笑った

ゆき『まだゆう君と一緒にいられる』

そうだな

今日は身体休めよう

昼間ゆきを連れて川に行った

人気がない山奥の小川

ゆきの膝ぐらいの浅い川

それでもゆきは喜んで水着に着替えバシャバシャと水遊びしてる

『ゆき〜』

ゆき『な〜に〜』

『ちょっと来て』

川から上がってきた

『誰もいないから水着脱げば?』

ゆき『またかい』

『いいだろ』

ゆき『ゆう君あたしを外で裸にするの好きだねえ』

水着脱いだ

また川に入っていく

暫く遊んでると『おしっこしたい』と言った

『そこですれば?』

ゆき『分かった』しゃがみこむ

『立ったままでしろ』

ゆき『え〜できない』

『できるだろ、やってみろ』

立ったままおしっこした

チョロチョロとおしっこする

太ももに垂れてる

終わったあと水かけて洗ってる

『ちょっと寒くなった』と言って上がってきた

ゆき『ゆう君は川に入らないの?』

『俺はいいよ』

ゆき『ふ〜ん、ならまたえっちする?』

『今日は身体休めろ』

ゆき『なんかつまんないなあ』

『おまえちょっとやりすぎだよ』

ゆき『ゆう君がやらせるんじゃない』

『そうだけど、今はしない』

ゆき『分かったよ』

少し遊んで寒くなったから帰ることにした

山から町に下りるまで助手席で裸になったまま

だいぶ車が多くなってきた

服を着ろと言うと上だけ着て下はまだ履かない

『ぱんつ履けよ』

ゆき『まだ履かない、気持ちいいもん』

アホな子だ

『買い物するからいい加減履けよ』

分かったよと言ってぱんつ履く

『スカートも履け』

言わなきゃ分かんないのか

スカートも履いた

スーパーで晩飯買った、料理できないので惣菜ばかり

深夜まで起きててゆきに『大人の遊びしていいか?』と聞いた

『どんなの?』と興味津々

『やってみるか?』

ゆき『うん』

ちょっと待ってろ、準備してた縄を持ってきた

ゆき『それで何するの?』

『ゆきを縛る』

ゆき『え〜?』驚いてる

『さあ服脱いで立って』

裸になってビクビクしてる

DVDで見ただけでうまくできるか分からないけど縛ってみた

胸を縛り胯にくい込むようにして後ろ手で縛り縄を少し長めにした

縛り始めはじっとしてたが、怖くなってきたのか泣きそうになってる

(やりすぎかな?でもここまでやったらやりきるか)

ゆきが子供って事を忘れようと思い込み縛りきった

縛り終わった頃には涙ボロボロだしてる

ゆき『ゆう君怖いよう』

『静かにしろ』

軽く怒鳴るとビクッとした

ゆきのぱんつを取った

『口あけろ』

あ〜んとあけた

ぱんつを口に詰めた

ゆき『んぐぐ』

全部入らなくて少し口から出てる

ゆきが隠れるぐらいのコートを持ち玄関までゆきを引っ張る

『外に行くぞ』

『ん〜ん〜』首を振る

お尻をバチンと叩いた

『ん〜〜』

『ほら、行くぞ』

ドアをあけた

靴を履こうとした

『靴履くな、裸足で歩け』

こくんとうなずく

外に出た、深夜なので今んとこ人はいない

『あの公園まで歩け』

後ろから縄を持つ

トボトボ歩いた

時々振り返り俺の顔を見る

涙流してる

ッチなPR

ッチな広告