エチ研TOP
Home > 体験談 > 「この女嫌いなんだけど、ヤリたくな…
投稿:2014-09-27(土)11:00

「この女嫌いなんだけど、ヤリたくない?」って声を掛けられた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:10,623回)
山形県/名無しさん(30代)からの投稿

忘年会シーズンでしたが、飲みに行ってほどよく酔って帰る時でした。

路地で座り込む女と立ってる女がいて、タクシーでも探してるのかと思って通り過ぎて歩いてたら

「ねぇ?ヒマ?」

と立ってる女が話し掛けてきた。

「暇だけど」

と話すと

「ねぇ?ヤリたくない?」

と声を掛けてきた。

「ヤりたいって?」

「セックス」

新手の売春かと思ってたら

「この女嫌いなんだけど、あたしが連れ帰る事になってさぁ?連れ帰るの手伝ってくれんならこの女とヤっていいよ」

と。

近くにラブホがあり、そこで遊んでいいとか。

話し掛けてきた女も40歳位か?座ってるポニーテールのも同じ年だとか。

「夫婦仲も終わってるからしばらくやってないかも」

と言われ、覗き込むと切れ長の美人系だった。

ムッチリかな?悪くはない。

「借りて返せばいい?」

と聞いたら

「ハメてるの撮らせてよ」

と言う、要は恥ずかしい写真を撮りたいとか。

よっぽどだなぁと思いながら、女を抱えホテルに。

ベットに寝かせてみたらやっぱり美形。

「ヤっちゃっていいの?」

と聞いたら

「いいよ、上脱がしたら若作りして薄着だよ」

と。

上着を脱がして見たらキャミを着ていて、貧乳だったが悪くはない。

ゴチになりますとばかりに脱がして小振りな胸を触るが

「うーん」

と反応が少しあるだけだった。

乳首を舐めて立たせてスカートを脱がし、パンティを脱がして撫で回すとじんわり濡れてくる。

濡らして指を入れながらジワジワ濡れてくる。

「あぁ」

少し反応があるが寝たまま。

そしたら女が

「待って」

と携帯で指を入れているのを写し、裸を撮影していく。

「オッパイちっちゃ」

と馬鹿にするように笑いながら

「ハメて」

と。

女に見られながらは緊張したが、目の前に結構なご馳走があり、脱ぐと

「結構デッカイ」

と女が笑う。

寝てる女に近づき、ゴムを手にしたら

「生でいんじゃない?」

と。

ゴムを置き、足を開かせ挿入。子供が二人いる割にはいい締まり。

ハメても唸るくらいで目をつぶったまま。

気持ちよくて無反応な女をナマハメし、気持ちよかった。

キスをしても反応無く、乳首を舐め回しても唸るだけ。襞が絡み、中はかなりいい。

「出していいんじゃない?どうせ記憶ないし」

と冷たく話す女。

段々うざったくなってきた。

よほど嫌いだろうが、見ず知らずの男にハメさせて冷淡に中に出せばなんて、俺も鬼畜だがこの女も最悪。

だが本能は射精へと加速する。

絡みつく襞を強く擦り、荒々しく突き上げて遂に寝てる女に発射しました。

少し眉間に皺が寄ったかな?

ですが無表情で注入させたのはかなり興奮した。

抜くと白濁が溢れてきて

「ヤバイ」

と笑いながら女がカメラで撮影した。

ベットに寝ると

「スケべだね〜」

と満足そうに笑う女にムカついた。

寝てる女を撮影してから

「もう1ついい?」

と言われて聞いたら

「デカちんを顔にくっつけて」

と。

「出したばっかだから無理だよ」

と話すと

「扱いてあげる」

と言われて起き上がると、その女、寝てる女の手を俺のに握らせ、その上から上下に動かした。

「最悪だな」と思ったが息子は膨張してしまいました。

早くと急かされ頬や口元で撮影させた。

「ありがと!」

と礼を言われて、

「着替えさせよう」

とその女は寝てる女の服を着させようとしていた。

でも、よく見たらセーターの胸元は膨らみがかなりある豊満さん。

「ねぇ、やらせてよ」

と話すと

「馬鹿じゃない?」

と言われてムカついた。

「タイプじゃないし無理」

と言われてキレた俺は、その性悪を押し倒してやりました。

服を脱がされた途端

「口でしてあげるから我慢して」

と抜かし、理解した振りでしゃぶらせ立たせたら

「やっぱり一発やらせてよ」

と押し倒し、パンティを無理矢理脱がして挿入させた。

「やめてぇ!ダメ!」

と抵抗されたが興奮はこっちが良かった。

「デカい声出したら起きるんじゃない?」

と隣に寝てる女を見たら、

「本当にやめてぇ!」

と、キレた俺は本気で思わず殴ったら気絶してしまった。

乾いてたから部屋にあるローションを塗り、挿入に成功。

正直ゆるゆるで最悪だったけど、オッパイは最高でしたね。

舐めて揉んでやりました。そして自前の携帯で撮影しハメ撮り。

そして、最初にやった寝てる女のバッグらしき物から携帯を取り出してハメ撮りし、中に出して、同じように撮影した。

そして妙な興奮を覚えた俺は勃起し、オッパイサンドと口元で撮影し、そして唇にこすりつけて顔射し、それも撮影した。

携帯を戻し、着替えてさっさと帰りましたが、あの後はどうなったのかは知らない。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告