エチ研TOP
投稿:2012-07-28(土)10:00

大切な女友達が寝取られてしまった話

本文(累計閲覧数:1,304)
名無しさんからの投稿

寝取られ経験の中で、一番心が痛かったうちの1つを。

高校・大学と同級生だった梨紗という子がいる。

高校時代はクラスが同じで、大学も同じ学部・学科で、仲も凄く良かった。

付き合ってはいなかったけれど、よく一緒に出かけたし、電話もいつもしていた。

「ちょっとおなか出てきちゃったかも」

「どれどれ…ああ、この肉がおっぱいに行けばなあ」

「うるさいなぁもうー!」

「やっぱあれか、俺が揉んで大きくしてやらないとダメか」

「もー!変態がいるよぉー!」

こんな、くっだらない話もよくした。

顔も仕草も声も可愛い梨紗が大好きだった。

誕生日には、

「大好きな梨紗でいてね。今度デートしてね」

なんていうカードを添えてプレゼントもしていた。

学校で渡したから、梨紗の友達にも思いっきり見られたけれど、

「あんた相変わらず思いっきり愛されてるよね」

ぐらいで済んでしまうような間柄だった。

梨紗にとっては俺は

「裏彼氏」

のようなものだった。

というか、お互いにそう言っていた。

「裏彼氏」

と言っても二股をかけているわけではなくて、梨紗には4年間ずっと想っていた人がいた。

しかし、告白できずにそのまま卒業を迎えてしまった。

社会人1年目の夏、梨紗はその男に告白した。

残念ながら振られてしまったが、梨紗は胸の中のつかえが取れて逆にスッキリした部分も大きかったようだった。

「これであたしも新しい自分に踏み出せるよ」

なんて言っていた。

梨紗の目には、ちょっと涙が浮かんでいたけど、気づかない振りをした。

振られた事を内心では喜んでいる自分が、ちょっと嫌だった。

4年間の想いのせいで、梨紗はまだ処女だった。

だが、想い続けた相手に振られた時点で、梨紗の処女は自分がもらうんだろうな、と思っていた。

ただ、自分には彼女がいたので、あまり強引に誘うつもりはなかったし、

「どうせ手に入るんだから」

と、焦らずそのままでいた。

世の中にはこんなにかわいくても、処女でいられる子もいるんだなあ…なんて暢気に構えていたのがいけなかった。

社会人2年目の夏、梨紗は合コンに行く事になった。

「何かね、今度合コン行くんだ」

「あ、そーなの。どっかの会社の人と?」

「うん。でもね、カッコいい人、あんましいないんだって…」

「そっか。ま、とりあえずは会ったその日にやられないように」

「やられないよー!」

「ったく、さっさと俺に処女よこせよな」

「やーもー!昼からえっちな人がいまーす!」

「何?嫌なの?」

「…嫌じゃないけどさあ…今、彼女いるじゃん」

「お前は特別だからいいんだよ」

特別だったら、さっさと行動するべきだったんだ。

梨紗から電話があったのは、合コンの翌日の夕方だった。

「おー、梨紗?どうだった合コン?いい男いた?」

いつものように軽く尋ねた俺を待っていたのは、重々しい梨紗の沈黙だった。

「…どうした?」

ヤバイ。

何かヤバイ。

直感的にそう思うと、鼓動が速くなるのが感じられた。

聞きたくない。

言わないでくれ。

嫌だ。

やめてくれ。

梨紗が息を吸い込む音が、沈黙を破った。

「…あのね…されちゃった…」

「…どうしても…言わなきゃって思って…」

「…されてるときも、今日の朝も、ずっとそればっかり考えてた…」

「…ごめんね…ごめんね…ごめんね…」

梨紗の言葉がぐるぐる回る。

窓から射す夏の夕方の日差しが、遠い世界の景色のように感じられる。

本当に大事な人のそれを失った瞬間は、なぜか非現実的で、時間がゆっくり流れていた。

そんな事を、変に冷静になっている頭の一部で思った。

何と言ったらいいのかわからない。

梨紗はまだ謝っている。

「…何で…されちゃったの?」

やっと出た一言はそれだった。

「…喋ってくれるの?」

と梨紗が言った。

一瞬、何の事か分からなかったが、どうやら自分は相当黙っていたらしい。

もうそのまま電話を切られるのではないかと思った、と梨紗は言った。

合コンの後、男3人女3人で男たちの寮に行ったという。

遅くまでみんなで騒いでいたが、男2人がそれぞれ女の子を連れて自分達の部屋に帰ってしまったのだという。

皆で雑魚寝をすると思っていた梨紗は焦ったが、他の2人の女の子は最初からするつもりだったようで、男はもちろん全員そのつもりだったという。

後はそのままなしくずしだった。

とりあえずは別々に寝ていたが、当然のように男がすり寄ってくる。

梨紗は拒んでいたが、あまりにしつこいので携帯で俺に電話をしようとしたらしい。

「誰にかけるの?」

と聞かれて、

「彼氏!」

と答えると、突然、男が襲いかかってきたという。

そりゃそうだ。

俺でもそうする。

梨紗は男心が分かっていない。

携帯を取り上げられ、無理矢理キスされた。

そして、そのまま…ここまでが電話で聞いた事だった。

猛烈な嫉妬が沸き上がってくる。

俺は、

「何でだ…何でだよ…」

と繰り返すだけだった。

梨紗はその度に、

「ごめんね…ごめんね…」

と言い続けていた。

どこまでも沈んでいきそうな言葉の堂々巡りをうち破ったのは、俺の嫉妬心だった。

「梨紗、今から会おう」

梨紗が汚された。

待ち合わせ場所に向かうまで、俺の心の中にはそれしか浮かばなかった。

そして、梨紗が抱かれているイメージが次々と浮かんでは消えていった。

ただし、その忌まわしいイメージが消え去る事はなく、紙芝居のように次から次へと新しく梨紗が汚されていった。

梨紗はもう待っていた。

俺が

「似合う」

と言って買ってやったTシャツを着て、俺が

「脚とお尻のラインがよく出てエロくていい」

と言ったジーンズを履いていた。

でも、そのTシャツを持ち上げているその胸も、俺の大好きな脚と尻のラインも、いつか味わうだろうと思っていた一番大事な所も、全て触られ、舐められ、貫かれてしまったのだ。

どこの誰とも知らない男に。

会って数時間の男に。

梨紗の体は、いつもの梨紗と変わりない。

ほんの半日前に処女を失ったとは、見ただけではわからない。

この時俺の中に、

「何でそんな残酷な事を俺に伝えたんだ!」

という、とても独善的な気持ちが生まれた。

恐らくそれが顔に表れていたんだろう、こっちに気づいた梨紗の表情が、怯えていた。

「ごめんなさい…」

そう言って、梨紗は頭を下げた。

「…何も言うな」

そう言うのがやっとの俺は、梨紗を抱きしめた。

久しぶりに抱きしめた梨紗は、いつもと変わらない。

柔らかくて、いい匂いがして、可愛い。

ただ、ちょっと震えている。

一瞬だけいつもの梨紗を感じた自分を、その震えが現実に引き戻した。

もう、梨紗は、処女じゃない。

普通だったら、彼女と付き合う時に、処女かどうか?なんてことは大した問題じゃない。

◯学生や高◯生じゃないんだから、そんな事を問題にしてもしょうがない。

でも、この時は普通じゃなかった。

少なくともこの日だけは、自分の中ではこの世の終わりだった。

話なんかしていてもしょうがない。

梨紗をそのままホテルへ連れて行った。

汚されたのなら、俺が消毒してやる。

言い回しが少し恥ずかしいが、とにかくそう思っていた。

梨紗も何をされるかわかっているようで、黙って部屋まで付いてきた。

服を脱がすと、シャワーを浴びさせる。

「…恥ずかしいよぅ」

と梨紗は言うが、そんな事は聞こえない。

「俺が洗ってやる」

と言って、体の隅々まで素手で洗い回した。

「俺が消毒してやるんだ」

どこを触っても気持ちがいい。

おっぱいやお尻じゃなくても、腕を触っていても、脚を触っていても、手のひらを触っていても気持ちいい。

「すげえ気持ちいい…」

と言いながら、アソコを洗おうとすると

「痛っ…」

と言って、梨紗の体が強張った。

心の柱が一本折れた。

泡を洗い流すと、初めて梨紗にキスをした。

軽いキスはした事があったが、本気のキスはこれが初めてだった。

舌を絡め、唾を流し込む。

「飲め」

というと、そのままゴクンと飲んでくれた。

「唾、飲まされたか?」

と聞くと、コクンと頷いた。

「じゃあ、もっと飲め」

俺はもう一度唾を流し込んだ。

「いつ、飲まされた?」

「…されてる時」

「何をされてる時?」

「……入れられてる時」

「飲んだのか?」

「嫌だったから、ほとんど出しちゃった。でも、最初だけびっくりして飲んじゃった…」

「梨紗のも飲ませろ」

「…ん…」

体を拭いて、ベッドに運んだ。

梨紗が裸で寝ている。

どうしてそれだけでこんなに興奮しているんだろう?

眺めているだけで、すぐにでも射精してしまいそうだった。

どうしてもっと早く…という自責の念が沸き上がってきた。

何も言わずに、梨紗の体中を舐め回す。

唇、首筋、鎖骨、肩、腕、指、背中、胸…乳首。

初めて見る梨紗の乳首は、嘘じゃなくピンク色だった。

大きさも色も、自分好みで嬉しくなった。

そして、それと同時にいつもの

「どうしてもっと早く…」

という気持ちに襲われた。

雑念をうち消すように、必死で乳首を舐めた、咬んだ、吸った。

舐める度に梨紗の息が荒くなっていく。

荒くなった息は、声へと変わっていった。

「もう舐められてないところはないか?」

「…うん…」

「あいつより気持ちいいか?」

「…うん…」

どうして自虐的な質問をするんだろう。

でも、そうせずにはいられなかった。

そして、俺の舌は下半身に向かっていった。

足の指を1本ずつ舐める。

「えっ!?ああっ!…ああっ!…ああっ…」

意外な事に、これは梨紗の性感帯らしい。

「気持ちいいのか?」

と聞くと、

「何か…変…」

と答えるが、明らかに声が高まっている。

指を味わいながら、体中を撫で回す。

もう触ってないところは一つだけだ。

そして、その場所からは大きくなったピンクの豆が顔を出していた。

「梨紗、クリ大きいのな」

ッチな広告

サイト新着記事(外部)