エチ研TOP
Home > 体験談 > 元カノ奈美の調教記録1
投稿:2017-01-24(火)02:21

元カノ奈美の調教記録1

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:7,603回)
名無しさんからの投稿

何年か前の話ですが、思い出に書いてみます。

何年か前、自分が30歳ちょい前くらいの話です。

元カノの奈美から電話がありました。

元カノといっても中◯の頃の後輩で、まだ中◯ですからキスしたくらいのプラトニックでした。

好きな人できたからとふられています。

まあ、なんやかんやで何年かに一度くらいは会ってましたけど、その時は何年かぶりで一緒に横浜に行くことになりました。

会ってみると、童顔の可愛い感じで昔よりいい感じになってます。

ただ、トレーナーにジーンズ。

およそ、デート気分ではないのかな。

適当に横浜で遊んで食事して、帰りの車で他愛ない話しているとインターそばにラブホが見えます。

軽い冗談のつもりで、

「寄ってく?(笑)」

「...」

え、無言ってO.K.ってこと?

まあ、いいやってラブホの駐車場に車をすべりこませます。

「...」

車から降りますと彼女も降ります。

フロントに向かうとついて来ます。

部屋を選んで、エレベーターに乗り軽く唇にキスします。

軽く唇で返してくれます。

部屋に入ってさらにキスします。

トレーナーの中に手をすべりこませると

「ダメ。やっぱ、やめよう」

弱々しい声で言います。

ここまできては、自分も止まりません。

ベッドに連れて行くと服を脱がしました。

「シャワー浴びさせて」

弱々しく奈美は言いました。

中◯のころふられた思いがこみあげて、なんか加虐な気分になっていきます。

奈美の訴えを無視して、こっちも服を脱ぎすて覆い被さりました。

乳首を舐めて手をオマンコに。

すごい濡れてる。

「すげ~。濡れてるな」

奈美は恥ずかしそうに下唇を噛みます。

指を二本、オマンコに入れます。

奈美は我慢できず声を出します。

「いやらしいなぁ。気持ちいいのかい?」

「...」

さらに蜜が溢れます。

あれ、こいつマゾっ気あるんじゃない。

軽く動かします。

さらに、声が出ます。

下からはグチュグチュ音します。

「いや、音たてないで」

さらに二本指を動かします。

「うっ。ダメ。ダメ」

ダメって言いながら、腰を浮かせます。

ふーん。

こんな女だったんだぁ。

「やめるならやめようか?」

激しく動かしていた指を止め半分抜きかけると、

「うー。やめないで」

「シャワーも浴びないて、いろんな匂いがするなぁ」

「言わないで」

「やめて、シャワー浴びて帰るか?」

「うー、イジワル」

指を抜きます。

匂いをかいで、奈美の鼻に指を持っていきます。

「こんな匂いがするんだぜ」

「いやいや」

男には甘い匂いなんですけどね。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告