エチ研TOP
Home > 体験談 > 【初体験】本屋でグラビア写真を見て…
投稿:2015-02-17(火)02:00

【初体験】本屋でグラビア写真を見てたらGカップの芽依子が話しかけてきた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:43,546回)
名無しさんからの投稿

「ねえ、これ見て」

ソファーで新聞を読んでいると、妻が写真を差し出してきました。

ニヤニヤしているので何かあるなとは思いましたが、写真を見て納得しました。

「よくこんなの持ってたな」

写真には10年前の僕と芽依子が全裸で写っています。

芽依子は満面の笑顔。

僕の笑顔は引きつっていました。

「昨日実家に帰ったじゃん。机に入ってたの見つけたんだ」

「おいおい、ちゃんと隠しとけよ。見つかったらヤバいだろ」

「なに偉そうに。童貞卒業直後だから恥ずかしいんでしょ」

小悪魔としか言えない顔を近づけてきます。

じっと目を見られ、僕は眼をそらしました。

図星だったのです。

僕と芽依子は小、中、高と一緒で学年は僕が一つ下でした。

昔から知ってはいましたが特に接点はありませんでした。

僕は勉強も運動も容姿も見事に中の中。

友達も少なからずおり、特にトラブルも抱えない、味気はないですが、そこそこ幸福な生活を送っていました。

芽衣子は小さい頃から活発で有名で、男の子顔負けの統率力を発揮していました。

運動神経がよく、小◯校に入る時点で跳び箱8段跳べたというのだから、僕では話になりません。

僕の母親は昔から

「あの子は綺麗になるよ」

と言っていましたが、それは現実になりました。

芽衣子は目が大きく、アイドルになってもおかしくない、健康的な美少女に成長しました。

明るい性格で誰とでも分け隔てなく接し、顔も可愛いとくればモテないはずがありません。

そして、芽依子はもう一つ男を引き寄せるものを持っていました。

それは胸です。

身長は155㎝と高くはないのですが、ぶら下がっている乳房は規格外のものでした。

中学の頃から発育がいいな、と思っていましたが高校に入って急成長し、制服を突き破るかと思うほどの膨らみです。

噂ではGカップはあるとか。

Gカップと言えば、グラビアアイドルでも珍しいサイズです。

それが近場にいるのですから、意識しないわけがありません。

芽衣子は、先輩、同級生、後輩関係なく好意をいだかれていました。

僕も憧れていた一人です。

もちろん、付き合えるなんて全く思ってもいませんでした。

だって、住む世界が違うのですから。

ですが、不思議な縁で童貞を奪われることになったのです。

あれは僕が高1の秋のことでした。

その日は日曜日で部活もやっておらず暇な僕は、K書店で立ち読みをしていました。

家から10分のところに大型書店があるのですが、30分かかるK書店は個人書店なので知っている人がほとんど来ないのです。

目当ては週刊誌のグラビアです。

ウブだった僕はエロ本を立ち読みするような勇気はなく、週刊誌のグラビアでも十分興奮出来ました。

その時の表紙は僕が大好きなグラビアアイドルで、Fカップの巨乳を売りにしている人でした。

巨乳が嫌いな男の人は少ないでしょうが、僕は大好きの部類に入ると思います。

股間が徐々に堅くなっていくのを感じながら楽しんでいるときでした。

「ああ、山下がエッチな本読んでる〜」

苗字を呼ばれたことに驚き、振り向いていたのが芽依子で驚きは倍になりました。

「芽依子さん!」

「へへへ、山下もそういうの読むんだ。うわ、おっぱいデカッ!」

芽衣子の声は大きく、店主が顔を上げてこっちを見ています。

雑誌を棚に戻し、店を出ました。

足早に立ち去ろうと思いましたが、腕を掴まれました。

「ちょっと付き合いなよ」

芽衣子は笑顔で僕を引っ張って行きます。

抵抗なんてできず、連れて行かれたのは喫茶店でした。

芽依子の行きつけなのか、店主と挨拶を交わし、奥の席に連れて行かれました。

芽衣子はコーヒーを二つ頼み、来るまでニヤニヤと僕の顔を見つめてました。

僕はバツが悪く、眼をそらして店内を見ているふりをしました。

コーヒーが運ばれてきてからも、芽依子はニヤニヤ顔を崩しません。

このまま時間だけが経ってもしょうがないので、僕から話すことにしました。

「あの、今日のことは誰にも・・・」

「なんで?別にグラビア見てただけじゃん」

「それでも・・・」

「アソコおっきくしてたから?」

体温が一気に上昇しました。

図星だったからと、芽依子の口からアソコなんて言葉が出て来たからです。

「うわ、山下顔真っ赤。ウブすぎるっしょw」

可愛い、といって頭を撫でてきます。

男なら抵抗するべきでしょうが、そんなこと俺にはできません。

だって、ちょっと嬉しかったから。

「て、ていうか、なんで俺のこと知ってんすか」

ようやく出て来た言葉がこれでした。

「当たり前じゃん。小◯校から一緒だし」

認識されてるってことが分かって、正直めちゃくちゃ嬉しかったです。

「てかさ、山下ってさ、おっぱい大好きでしょ」

「え、え、なんで」

「だってさっきから見過ぎだもん」

芽衣子は自分の胸の辺りを指差します。

芽衣子はニットの上着を着ており、胸の膨らみがめちゃくちゃ強調されているのです。

気になって仕方ないのは事実ですし、見てはいけないとは思いながらも見てしまうのです。

「さっきのグラビアもおっぱいデカかったしね。山下はおっぱい星人だ」

そう言うと、芽依子は顔を寄せてきました。

「私のおっぱい、さっきのグラビアの子よりおっきいんだよ」

囁くように言います。

興奮はピークに達しています。体温は急上昇。

さっきの子がFカップだったから、確実にG以上。

じゃあ、噂は本当だったんだ。

「ははは。もう山下正直すぎ。天狗みたいだもん」

僕は恥ずかしさを消すためにコーヒーを一気飲みしましたが、効果はありませんでした。

興奮はピークに達していたんですが、芽依子は攻撃の手を緩めませんでした。

「ねえ、山下ってさ童貞?」

「は?え、ええ」

「もう、分かりやすすぎ。そっか、童貞君か。うん、その反応は確実だね」

芽衣子はもう一度顔を寄せてきます。

下から僕の顔を覗き込んできました。

「じゃあさ、卒業しちゃう?」

「え?な、なにを」

「童貞に決まってるでしょ。お姉さんが相手してあげよっか?」

僕は全てを理解する前に頷いていました。

芽依子は満足そうに頷くと、僕の手を引いて立ち上がりました。

連れて行かれたのは喫茶店から歩いて15分のところにあるラブホテルでした。

三階の奥にある部屋に入りました。

内装はビジネスホテルと大差なく、想像していた毒々しい感じはありませんでした。

芽衣子は慣れた様子で、ベッドに座って足をぷらぷらさせてました。

「あの、大丈夫なんですか?」

知識が疎かった僕は、未◯年がラブホテルに入ってもいいものだかわかりませんでした。

「大丈夫大丈夫。ここ高◯生にも貸してくれるって有名なんだよ」

ということは、芽依子も来たことがあるのでしょう。

何人か噂で知っています。

嫉妬心はあまり沸いてきませんでした。

経験があるのが当たり前と思っていたからでしょう。

「さあ、早くシャワー浴びてきて」

言われるがままシャワーに行きました。

熱い湯を浴びて少し考える余裕が出てきました。

このままいけば、僕は芽依子さんとセックスすることになる。

これって現実か?

思い切り太ももをつねると痛くて、これは現実だとわかりました。

そう考えると、股間が一気に立ち上がってしまいました。

全身を念入りに洗い、特に股間は丁寧に洗いました。

風呂から上がり、本当ならタオルを巻いただけでいくのでしょうが、股間は臨戦態勢に入っています。

さらすのはまだ恥ずかしいので、ジーパンを履きました。

「あれ?なんで着てるの?」

芽衣子もおかしいと思ったのでしょう。

しかし、次の瞬間に理由が想い当たったのでしょう。

ニコッと笑いました。

「あはは、おっきくなるのが普通なんだから恥ずかしがんないでよ」

入れ違いで芽依子がシャワーに入って行きます。

ベッドに腰掛け、色々考えていたと思うのですが、気がつくと芽依子はシャワーから出てきていました。

バスタオルを巻いただけの姿。谷間が強調されています。

股間が立ち上がり、ジーパンが張り裂けそうです。

芽衣子は僕の隣に腰掛けました。

「何してんの。早く脱ぎなよ」

「はい・・・」

僕はジーパンを脱ぎました。

股間がそそり立って、トランクスを押し上げています。

「綺麗にテント張ってるね。見ていい?」

上目遣いで聞いてきます。僕は頷きました。

芽衣子はゆっくりとパンツを下ろしていき、引っかかったところで一気に引き下ろしました。

股間はバネのようにしなって現れました。

「おぉっ、けっこう立派じゃん」

芽衣子は四方から俺の股間を観察します。

息がかかるたび、快感が襲ってきます。

「うん。皮もむけてるし、山下良いモノ持ってんじゃん」

僕は返事が出来ませんでした。

もう逝きそうなのを必死に堪えていたんです。

「もしかして、逝っちゃいそう?」

僕は頷きました。

芽依子は笑って僕を見ます。

「ねえ、山下って一日何回オナニーしたことある?」

「えっと、4回です」

「じゃあ大丈夫じゃん。一回逝っちゃえ」

芽衣子は股間の先っぽを人差し指でツンと撫でました。

「あっ」

それだけで発射してしまいました。

精子は弧を描いてとび、どくどくと流れ出ます。

「おお、すごい。飛んだ飛んだw」

芽衣子は楽しそうに、ビクビクとする股間を見つめています。

全部出ると、僕の息は切れ切れですが、股間はまだそそり立っています。

「うん、元気元気。これなら10回くらいイケそうじゃない?」

芽衣子はティッシュで先っぽを拭いてくれました。

「じゃあ、山下が見せたんだから、私も見せよっと」

芽衣子はバスタオルを取りました。

現れた体を見て眩暈がしました。

くびれたボディーに不釣り合いな乳房がぶら下がっています。

まったく垂れた様子のない、綺麗なハリのある乳房です。

芽衣子は乳房を両手で掴み、前屈みになって僕に見せます。

「ほら、さっきの子よりおっきいでしょ」

もう股間は臨戦態勢を整えていました。それを見て芽衣子が笑います。

「はははwやっぱりおっぱい星人だw」

芽衣子は膝をつき、股間を顔の前に持ってきました。

「じゃあね、次はここでしてあげよっかな」

自分の口を指差します。

フェラです。

夢にまでみたフェラチオです。

「一回出したんだからガマンしてよね。これで早かったら早漏決定だね」

芽衣子は股間を支え、ペロペロと舌先で舐め始めました。

声が出るのを抑えられません。

情けないとは思いながらも我慢できません。

「女の子みたいだね」

芽衣子はクスクス笑いながら、玉袋を優しく揉み、全体を丹念に舐めてきます。

僕は必死に堪えました。

気持ち良すぎて心が何度も折れそうになりました。

「うん、よく頑張ったね。じゃあ、本気だしちゃおっかな」

そう言うと芽依子は股間を口の奥に含みました。

頭を上下に動かし、舌を巧みに使って股間を刺激します。

もうダメでした。

気がつくと、精子は発射されていました。

芽依子は動きを止め、出終わるのを待っています。

全部出ると、股間を口からだし、ティッシュを取って精子を口に出しました。

「もう、二回目なのに多すぎw」

「すいません」

「まあ、これも元気な証拠かな。見た目だけじゃなくて、中身もいいんだね、このチンチン」

人差し指でちょんちょんとつつきます。

それだけでも声が出てしまい、芽依子に笑われてしまいました。

一回お風呂に入ることにしました。

芽依子は汗もかいていないのですが、僕が汗だくだったんです。

湯船に二人でつかります。

お互い向き合っているので、Gカップの胸がぷかぷか浮いています。

「あの・・・触っていいですか?」

「ダメって言ったら?」

あからさまに残念は表情をしたんでしょう。

ッチな広告