エチ研TOP
Home > 体験談 > 近所に外国人女性6~7人が住んでい…
投稿:2017-03-12(日)02:15

近所に外国人女性6~7人が住んでいる家があり、着替えを覗いていたらバレて朝まで集団逆レイプ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:29,626回)
名無しさん(40代)からの投稿

私が高○生だった時の話。

近所の二階建て一軒家の二階フロアーを外国人女性6~7人が集団で間借りしている家がありました。

近所と言っても距離は二軒隣+生活道路分の距離だから50mぐらい?

その間にある家は平屋だったから、私の二階の部屋から向こうの二階の間には何も無い。

女達の年齢は20代半ば~30代半ばぐらいだったかと。

仕事は詳しくは知らないけど、蝶ネクタイ付けた男が車で夕方4時ぐらいに迎えに来て、夜中の2時ぐらいに帰宅してたからどっかの外国人ダンサーショーパブとかで働いていたのかもしれません。

夏場はクーラー代節約なのか、膝下ぐらいまで見える大きめの窓は開けっ放しにしてる時が多い。

仕事前と仕事後にシャワー浴びて着替えるんだけど、一部はちゃんとカーテンを閉める。

が、一部は気にしないのか開けっ放しで着替えてる。

夏休みの間、まだ童貞の私は自宅にあった双眼鏡で彼女達が部屋をウロウロしてる時間帯を覗くのが日課になっていた。

仕事でやるのか音楽を流しながらダンスの練習やバスタオル姿、時には生着替えを拝んで興奮してた。

ある日の夜中、彼女達が帰ってきたら受験勉強の手を止めて覗くをやっていると、一人が下着姿で煙草を吸いに窓際に乗り出してきた。

ボーッとしてる所から急に目を凝らしながらこっちを見始めた。

「やべ、気付かれた?」

と思ったらそのまま部屋の奥に戻っていった。

「あ、バレてない・・・」

と思ったらすぐに皆を窓際に連れてきた。

しかもこっちを指差してる。

完全にバレてるやん。

するとバスタオルを体に巻いてた一人が前に出て、いきなり露出狂がやるようなポーズでタオルを開いて全裸を見せつけた。

彼女達はバカ笑い声を上げて、みんな部屋の奥に戻ってカーテンを締めた。

えっ?もう終わりか・・・と残念なのと、夜中の今から家に怒鳴りこんでくるかも・・・とビビってると、その家から音楽「オリーブの首飾り」が流れてきて、カーテン越しに灯りの色がピンクに変わった。

すぐに双眼鏡を覗きなおす。

カーテンが開いた。

そこに女一人がバスタオル姿で後ろ向きに立っていて、音感に合わせてエロいダンスでストリップを踊り始めた。

さらに数人加わって踊り始め、いきなり全裸になる女、一枚一枚脱いでいく女が双眼鏡越しに見える。

もう我慢できなくなって、夜中に親兄弟を起こさないように家を出て、その家の前まで行った。

二階の窓際の下に着くと、窓際には最初にバスタオルを露出狂の様に開いた女が見下ろすように待っていた。

一階には勝手口があって、そこから別の女が下着姿で出てきて手招きしながら

「いらっしゃい」

と普通の日本語で招かれた。

この人は多分、日本人だ。

大人の今ならヤバすぎて絶対に入らないが、思春期真っ盛りの童貞には断れなかった。

そのまま二階の部屋に連れられる。

部屋の中は派手な衣装が壁の至るところハンガーに掛けられ、ややキツイ香水が漂っている。

ベッドは無く、畳の上に派手な柄の布団が3つ並んでて、女が全部で5人いた。

他にも居たと思ったけど、今夜はこれだけだった。

二階に連れてきた女A(日系)、布団に寝そべってる女が二人BとC(東欧系×2)、ドライヤーで髪を乾かしてる女D(フィリピン系)、雑誌を読んでる女E(日系?)

「ボウヤ、ハジメテ?」

とBがにやけながら聞いてきたので、

「は、はい」

とややうわずった声で返事をした。

するといきなり後ろからAが組みついてきて、BとCが這い寄ってきて、パジャマズボンに手を掛けるとトランクスごと一気に膝までずり下ろされた。

当然、フル勃起状態です。

「ワオ!」

「オチンチーン!」

誰が言ったか判らないが、バカ笑いが起きた。

Aが後ろから仮性包茎のチンポを握ってしごき始めた。

そこにBはチンポをくわえ、Cは立ち上がって私の頭に腕を回して巨乳を顔に押し付けたりディープキスをする。

視界が塞がれる前に見えたDとEは面白そうに見てた。

すぐに一発目をBの口内に発射。

出してる間もAのしごきもあって、今までのオナニーでは経験したことの無い濃い目の精液をBはティッシュに吐き出してた。

私の膝は気持ちよさでガクガク鳴ってる。

AとCに挟まれてなければ崩れ落ちてる。

そのまま床にゆっくり寝そべらされると布団までゴロゴロ転がされて、仰向けになった状態に。

一発出した後のためか、ここからはよく覚えてない。

両手両足を押さえられたまま、コンドームを付けられ、騎乗位でいかされ、勃起するまで体をイジラレ回され、またコンドームを付けられ、次は別の女が騎乗位で・・・の繰り返し気づくと朝6時になっていた。

最後はもう勃ってもいないチンポをEが無理矢理ねじ込んだ状態で腰を振り続けてた。

シャワーを貸してもらい、ようやく解放されて家に帰る前にAから

「もう覗いちゃダメよ。今日のことはお互い内緒よ」

と言われた。

互いに約束は守った為か、その後は何も問題は起こらなかった。

こちらも向こうもカーテンを締めるようになって、ちゃんと受験勉強に打ち込んだ。

大学から独り暮らし入って、一年目の夏休みに帰省したら、そこの女達は引っ越していた。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告