エチケンTOP
エチケン > エッチな体験談・エロい話 > 会社のセンター長の奥さんはエロかっ…
投稿:2016-05-02(月)16:30

会社のセンター長の奥さんはエロかった・・・

この体験談のシリーズ一覧
1:【美魔女】同じ会社で働いてて可愛がってくれたオジさんから同級生との飲み会に誘われた2:うちの会社に来てもうすぐ1年になる41歳の森田さん3:俺が熟女好きになったキッカケ4:職場の熟女2人とエッチしまくった翌日の話5:人妻熟女の由美子さんと、飯島直子似の美熟女の2人と3Pした話6:初めて見かけた時から色っぽい人だなと思ってた同じマンションに住む奥さん
7:身長低いのにEカップ巨乳で松居一代似なユミさん8:嫌いな先輩の家でBBQをすることになったが、奥さんがもったいないぐらい可愛らしい人だった9:違う支店から異動してきた21歳の有村架純似の事務員さんをお持ち帰り10:会社の女性事務員4人全員に手を出すことにした11:会社の女性事務員全員を制覇した12:【レイプ】下の階に住んでる加賀まりこ似の熟女13:事務員全員と関係を持ったことが上司にバレて異動させられた14:前から気になってた定食屋に初めて行った日に知り合った近所の熟女15:【熟女】見舞いに来てくれた奥さんの同僚と16:学生時代に俺を見下していた同級生の母親をナンパして途中でネタばらし17:小学時代に親子で俺をバカにしてた同級生の目の前で母親を犯す18:悪友と一緒に二人組の熟女をナンパ
19:会社のセンター長の奥さんはエロかった・・・
20:仕事前によく立ち寄る定食屋でパートしてる水沢アキ似の佐藤さん21:自分のことを嫌っていた元カノの母親をレイプ22:サーフィン仲間で花田美恵子似の若妻23:社長夫人で小柳ルミ子似の理想系完熟熟女とヤレた話
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文
神奈川県/熟女好きさん(20代)からの投稿

前回の話:悪友と一緒に二人組の熟女をナンパ

どーも!熟女好きです!!

奥さんが実家で休養してるのをいい事に遊びまくってたんですが前に似たような事を書いたんですがまた会社の上司の奥さんに手を出してしまいました。

会社主催の花見が職場の近くの公園であり移動してきた俺は初めての参加で奥さんや子供を連れて参加する先輩達もいました。

俺の前にセンター長が座り少ししてからセンター長の横に吉田羊に似ていてSっぽい女性が座り俺は隣にいた先輩に聞くと先輩

「あぁ〜センター長の奥さんだよ!年下女房なのに性格キツイからセンター長も頭が上がらないし何気に社員にも敬遠されてるし(笑)ネチネチ言ってくるから気をつけろよ(笑)」

と教えてくれセンター長は56歳で奥さんは43歳で年の差があってビックリしましたがスタイルも顔もよく俺はエロい目でみていました。

そして花見は始まり呑み食いしてると

奥さん「こんにちわ(笑)去年はいなかったわよね?新人さん?」

センター長「あっ!ヨッシーは初参加か!違う支店から移動してきてウチの倉庫で1番若いんだよ(笑)」

「はい、移動してきたんで初参加っす!よろしくお願いします(笑)」

奥さん「1番若いんだ〜!ガンバってね(笑)」

と笑顔で言って奥さんがおつまみに手を伸ばして前屈みになった時に胸の谷間と薄い水色のブラがハッキリ見え俺は

「ラッキー(笑)」

と思い奥さんの動きに注目しまくっていてその後も何回もブラチラや胸チラをつまみに呑んでましたがやはり乳首だけは見れませんでした。

そしてまた前屈みなったので胸チラを楽しんでると奥さんと目が合ってしまいアセってると奥さんはニコッとSっぽい笑みを浮かべ隠さずに見せつけてきましたがセンター長にチクられたらヤバいので見るのを諦め酔い覚ましに散歩がてらトイレに行こうと歩いてると後ろからセンター長の奥さんに声をかけられました。

奥さん「あらっ、ヨッシー君どこ行くの?(笑)」

「あっ、センター長の奥さん、ちょいとトイレに・・・」

奥さん「公園のトイレは汚いからからコンビニのトイレの方がいいわよ!あたしも行くから一緒に行きましょ(笑)」

公園から歩いて5分ぐらいの所にあるコンビニまで一緒に歩いていると

奥さん「ホント若いね(笑)去年も一昨年も花見には若い子いなかったからつまらなかったのよ(笑)」

「らしいですね(笑)移動してきた時に

「何年ぶりの20代だ!」

って言われました(笑)」

奥さん「それにヨッシー君イケメンだし今年から花見とか楽しくなるわ(笑)」

「いや、いや、イケメンだなんて(笑)アザーッス(笑)」

奥さん「照れてる顔ホント可愛い(笑)」

「からかわないでくださいよ(笑)」

Sっ気のある奥さんにイジられてるとコンビニ着きトイレを借りイジられながら戻ってると

奥さん「ねぇ〜連絡先交換しよ(笑)」

「えっ?奥さんと??(笑)」

奥さん「おばさんとじゃイヤ?(笑)」

「そんな事ないっすけど・・・センター長に・・・」

奥さん「2人の内緒だから大丈夫よ(笑)」

と言って連絡先を交換してLINEも繋げ花見に戻りまた呑み食いしてると奥さんは俺に見える様に胸チラ&ブラチラを見せてきて楽しんでると時間がきて花見は終了し各自バスに乗って帰り家に帰ってテレビを見てると吉田羊が出ていてセンター長の奥さんを思い出してしまいオナってしまいました。

オナってから風呂に入って出てくるとセンター長の奥さんからLINEが来てました。

奥さん・〈今日はお疲れ様!楽しい花見ができました(笑)〉俺・〈こちらこそ!お疲れ様でした。

俺も楽しかったっす(笑)〉奥さん・〈お願いがあるんだけどいいかな?主人仕事で金曜から日曜の昼まで滋賀県の本社に出張なんだけど時間ある?〉急な誘いに戸惑いましたが遊び盛りの俺には好都合でしたが真面目アピール全開で俺・〈土日休みなんで時間ありますが何かありますか?〉奥さん・〈チカラ仕事があるんだけど主人やってくれないから若いヨッシー君にお願いしたいの(笑)奥さんまだ帰ってこないなら金曜の仕事終わりとかいいかな?夜ごはんご馳走するから!〉俺・〈うちの妻なら今月いっぱい帰って来ないんで大丈夫ですよ!ご馳走してくれるんですか!!嬉しいです〉奥さん・〈助かる(笑)コレ家の住所・・・・・・・・・ナビ見て近く来たら連絡してね〉俺ん中で完璧にヤレると思いワクワクして金曜の夜まで禁欲生活に入る事にしました。

そして金曜になり仕事を終わらせ車ん中に置いてあるバイアグラを確認してセンター長の奥さんに〈お疲れ様です。

いま仕事が終わりこれから向かいます。

〉とLINEして吉田羊が待つ家にGO!!ってな感じでテンション高く出発して1時間ぐらいして近くに着いたので電話すると家の前に出て待ってるとの事なのでナビ通り進んで行くとセンター長の奥さんが待っていました。

凄く大きな家でビックリしているとセンター長の車の横に駐車する様に言われ車を停め降りると

奥さん「今日は疲れてるのにゴメンね〜」

「お久しぶりです!いや、大丈夫っすよ!家にいても1人で暇だったんで(笑)」

と言って奥さんを見るとポロシャツにジーンズ姿だったんですがポロシャツのボタンが全開だったので胸チラを期待しながら家に上がりました。

「すげぇ〜広いリビング(笑)さすがセンター長・・・稼いでますね(笑)」

奥さん「稼いできてくれるけど・・・ローン地獄よ(笑)」

「ローン地獄すか(笑)あっ、チカラ仕事ってなんすか?」

奥さん「じゃぁ〜先にチカラ仕事してもらってからゴハンにしましょ」

そう言って二階に案内され部屋に入るとお香の匂いなのか香水の匂いなのか甘〜い匂いがしてゾクゾクしてると

奥さん「模様替えしたいの(笑)あと電気が切れたから交換もしてほしいのよ(笑)」

「了解っす」

と言って奥さんの指示通りタンスやら机とか結構な量を移動して1時間ちょいぐらいで終わらせました。

奥さん「やっぱ若いからチカラあって早く終わったわ(笑)じゃぁ次は電球変えてもらっていいかしら2つ切れてるでしょ?いま脚立持ってくるわね」

と言って1階から小さな脚立を持ってきてくれ俺は脚立に乗り切れた電球を外し奥さんに渡そうと下を見ると脚立を抑えてる奥さんのポロシャツから胸チラが見え電球を替えながら何回も見てしまいました。

「これで終了〜あとなんかあります?」

奥さん「とりあえず・・・終わりかな(笑)ゴハンにしよっか(笑)」

と言って1階のリビングに戻ると

奥さん「汗かいたでしょ?シャワー浴びてきちゃう?それの方がサッパリするし」

「あっ・・・着替えないし・・・大丈夫っすよ(笑)」

奥さん「息子が来た時に着る服とかあるからそれ着たらいいわよ(笑)シャワー浴びてる間にゴハン準備しとくから(笑)」

と言われシャワーを借りる事になり俺は勝手な妄想でシャワー浴びてる時に奥さんが入ってくるって妄想をしてしまい脱衣所で妄想が現実になるのを期待してバイアグラを飲んでシャワーを浴びてると

奥さん「ここに息子の部屋着置いとくね(笑)」

と言って出て行ってしまい少しガッカリしながらシャワーを浴び息子さんの部屋着?を着たんですが・・・サイズが大きくブカブカでしたがそのままリビングに行きました。

奥さん「やっぱデカかったわね(笑)息子は主人に似て太ってるからガマンしてね(笑)息子もヨッシー君見たいに引き締まってたらいいんだけどインドアな性格だからね・・・ヨッシー君はなんかスポーツしてるの?」

「サーフィンとフットサルやってますよ〜」

奥さん「えぇ〜素敵(笑)だから引き締まってるのね(笑)あっ、お風呂上がりのビール(笑)」

「あっ、いやっ、俺・・・車なんで・・・」

奥さん「泊まって行けばいいじゃない(笑)息子の部屋もあるし(笑)」

「でも・・・」

奥さん「ねっ、泊まって行きなさいよ(笑)」

「じゃぁ〜お言葉に甘えて・・・」

奥さんはシャワー浴びてる間にすき焼きを準備してくれてて2人で乾杯して食べては呑んで色々と話をしてると結構な時間がたっていて色白の奥さんもほんのり赤くなっていて少し酔っていました。

食べ終わって奥さんが洗い物を済ませおつまみとお酒を持ってきてくれて再度乾杯して呑んでると

奥さん「チカラ仕事したから疲れたでしょ?(笑)肩揉んであげる」

「マジっすか(笑)お願いします(笑)」

と言ってソファに座りながら背中を奥さんに向けるとゆっくりと肩を揉んでくれ。

「うおっ〜気持ちいいっす(笑)」

奥さん「チカラないから物足りなくない?」

「大丈夫っすよ(笑)」

奥さん「二の腕も揉んであげる・・・ヨッシー君腕の筋肉凄いね(笑)鍛えてるの?」

「サーフィンとフットサルやってるから軽い筋トレとかはやってますよ(笑)」

奥さんは二の腕をマッサージしてくれるんですがワザとなのか背中に胸を押し付けてきて息子さんの部屋着が薄いのでリアルに感触が伝わりチ◯コが反応してきました。

奥さん「腹筋も凄い??(笑)」

と言いながら後ろから腕をお腹に回して腹筋をシャツの上から触ってきたんですがワザとなのか背中に胸を押し付けてきました。

奥さん「すごーい(笑)割れてる(笑)」

と言ってシャツの中に手を入れ触り始め

「奥さん・・・ヤバイっす(笑)くすぐったいっす(笑)」

奥さん「だって腹筋すごいんだもん(笑)見ていい?見せて(笑)」

と言って俺の前に移動してシャツをめくり

奥さん「すごーい(笑)綺麗に割れてる〜(笑)ねぇ〜ちゃんと見せて(笑)」

と言ってシャツを脱がされ上半身裸にされ。

奥さん「すごーい(笑)ヨッシー君の筋肉素敵・・・」

と言って腹筋にキスをしてきて

「おっ!奥さんマズイっす(笑)」

と言っても止めず腹筋にキスしてそのまま乳首に移動して乳首にもキスをしてきました。

「あっ・・・まじ・・・ヤバイっすよ・・・」

奥さん「だって・・・素敵なんだもん・・・」

奥さんは乳首を舌で転がし始め反対の乳首を指で転がし始めました。

「あっ・・・気持ち・・・よすぎて・・・ヤバイっす・・・」

奥さん「可愛い(笑)」

と言いながら俺の履いてる息子のショートパンツに手をかけたので俺は腰を浮かせるとそのままパンツと一緒に下ろしガチ勃起したチ◯コが現れました。

奥さん「えっ・・・凄い・・・えっ・・・凄い・・・」

とビックリしていて

「すんません・・・勃っちゃって・・・」

奥さん「いやっ・・・こんな大っきいの・・・初めて・・・」

と言ってチ◯コを握りサオを舌を出して舐め始め

「うぁっ・・・奥さん・・・気持ち・・・いいっす・・・」

奥さん「ヨッシー君・・・素敵すぎる・・・」

と吉田羊ばりのSっ気ある笑顔をみせ一気に咥えましたがさすがに根元まで咥えられなかったみたいでしたが

「ジボッ・・・ジュボッ・・・ンゥ・・・ジュボッ・・・チュポッ・・・」

とエロい音を立てなからローリングフェラをしてくれ。

「ハァハァ・・・奥さん・・・気持ち良すぎます・・・」

と言って俺は前屈みになり奥さんの胸に手を伸ばしポロシャツの上から揉むと結構な大きさで奥さんもフェラしながらも

奥さん「ジボッ・・・ンゥ・・・ジュボッ・・・ンゥン・・・」

と声を出しクチからチ◯コを出すと手コキしながら

奥さん「ハァハァ・・・花見の時、見てたでしょ?(笑)」

「すんません(笑)気づいてたんすね(笑)」

奥さん「凄い視線感じたもん(笑)その後ヨッシー君がトイレの方に行ったからガマン出来ずに1人でしてるのかな?って思ってついていったのよ(笑)」

「そうだったんすか(笑)」

奥さん「トイレで・・・したの?(笑)」

奥さんは激しく手コキし始め

奥さん「あたしの胸を思い出して・・・こうやって・・・したの?(笑)」

「アッ・・・いや・・・その・・・ンァ・・・」

奥さん「しなかったの?(笑)」

「アァッ・・・帰ってから・・・ンァ・・・しました・・・」

奥さん「帰ってから・・・あたしを思い出して・・・オチ◯チン・・・大きくして・・・こんなに激しくシコシコしたの?(笑)」

「ウッ・・・アァッ・・・はい・・・」

奥さん「気持ち良かった?(笑)」

「はっ、はい・・・凄く・・・気持ち・・・良かったっす・・・」

奥さん「フフッ・・・あたしでしてくれたんだ・・・どんな風に妄想したの?(笑)」

「アァッ・・・奥さんを・・・激しく・・・何回も犯して・・・ンァ・・・綺麗な奥さん・・・を・・・ンァァ・・・精子まみれに・・・してる・・・妄想しました・・・奥さん・・・ヤバイっす・・・アァッ・・・イキそうっす・・・」

奥さん「ヨッシー君のエッチ(笑)まだイッちゃダメよ(笑)」

と言って手を止めまたSっ気全開の上目遣いで

奥さん「見たい?(笑)」

「ハァハァ・・・えっ?・・・ハァハァ」

奥さん「ヨッシー君がチラチラ見てた胸(笑)見たい?(笑)」

「ハァハァ・・・見たいです・・・」

奥さん「じゃぁ〜脱がせて(笑)」

と、言ってバンザイしたのでポロシャツを脱がせると薄紫色で黒の刺繍がされてるブラと肌の綺麗な谷間が現れ触ろうとしたら

奥さん「だーめ(笑)まだ触らせなーい(笑)ねぇ・・・花見の後・・・どうやってしたのか・・・見せて・・・」

「えっ・・・どうやってって・・・(笑)」

奥さん「早く・・・(笑)どうやってやったの?(笑)」

「・・・こうやって・・・」

奥さん「あたしの・・・胸チラとか思い出したり・・・あたしを犯してるのを妄想しながらシコシコしたの?(笑)」

「ハァハァ・・・は、はい・・・」

奥さん「あれ・・・先っちょから汁がでてきてるよ(笑)」

「ハァハァ・・・ガマン汁が・・・出てます・・・」

奥さん「なんかクチョクチョ音が出てきたぁ(笑)」

「ハァハァ・・・イッちゃいそうです・・・」

奥さん「イキそうなの?(笑)イクとこ見せて(笑)」

「ハァハァ・・・奥さんに・・・ハァハァ・・・かかっちゃいますよ・・・」

奥さん「いいよ(笑)あたしのおっぱいにかけたいでしょ?(笑)」

「は、はい・・・ハァハァ・・・奥さんの・・・おっぱいに・・・ハァハァ・・・かけたいです・・・」

奥さん「ヨッシー君の・・・精子いっぱいかけて・・・(笑)あたしを・・・精子まみれにしたいんでしょ(笑)」

「はい・・・ハァハァ・・・綺麗な奥さんを・・・精子まみれに・・・ハァハァ・・・したいです・・・あっ、イキそうっす・・・」

奥さん「いいよ、イッて・・・もっと激しくシコシコして・・・いっぱいあたしにかけて・・・」

「アァッ、イキそう・・・アッ・・・イクッ・・・アッ、アァッ・・・ウッ・・・」

奥さん「キャッ(笑)」

俺は大量に奥さんの谷間をめがけて射精すると

奥さん「凄い量・・・いっぱい出したね(笑)」

と笑いながら谷間に着いた大量の精子を手で胸に塗りたぐりながら

奥さん「ヨッシー君の精子でヌルヌルになってる・・・」

「ハァハァ・・・興奮しすぎて・・・ハァハァ・・・いっぱい出ちゃいました・・・ハァハァ・・・」

奥さん「ヨッシー君の精子まみれになったおっぱい・・・見たい?(笑)」

「見たいっす・・・」

奥さんはゆっくりとブラのホックを外しゆっくりとブラを取ると凄く美乳で乳首もまだ微かにピンクでした。

奥さん「見て・・・ヨッシー君の精子でおっぱいヌルヌルなってる・・・」

と言って両胸を自ら鷲掴みにして揉み始めそのまま射精したばかりのチ◯コを咥え始め

奥さん「旦那のと違って・・・固くて・・・反ってるし・・・ヨッシー君の・・・オチ◯チン・・・おいしい・・・また・・・固くなってきてるよ(笑)若いから元気ね(笑)・・・あたしのおっぱいに挟んで欲しい?(笑)」

「ハァハァ・・・挟んで欲しいっす・・・奥さんのおっぱいで挟んで・・・」

奥さん「ヨッシー君の・・・エッチ(笑)」

「奥さんも・・・ハァハァ・・・エッチっすよ・・・」

奥さんはゆっくりと胸でチ◯コを挟み動かし始めたんですが精子がローション代わりになっていて凄く気持ち良かったです。

「ハァハァ・・・凄い・・・気持ちいい・・・」

奥さん「おっぱいの中でヨッシー君のオチ◯チンが・・・固くなってきてる(笑)」

奥さんはパイズリしながらフェラもしてくれ気持ち良さとエロい雰囲気に壊れてきました。

「ハァハァ・・・奥さん・・・奥さんの・・・マ◯コ・・・みたい・・・もう・・・濡れてるの?・・・」

奥さん「見たいの?(笑)」

「見たいっす・・・奥さんのマ◯コ・・・見たいっす・・・」

お願いすると奥さんはパイズリを止めテーブルの上でM字開脚してくれました。

奥さん「見て・・・パンツに・・・シミが・・・できてる(笑)」

と、言ってシミの部分を指でさすり始めました。

奥さん「ヨッシー君が・・・エッチだから・・・凄い濡れちゃってる・・・」

「奥さんのグチョグチョになったマ◯コ・・・見せて・・・」

と、言ってパンツを脱がせるとテカテカになったマ◯コが現れました。

奥さん「ホラッ・・・見て・・・グチョグチョになったオマ◯コ・・・みて・・・凄い・・・グチョグチョ・・・」

と、言って自ら指を入れ始めました。

奥さん「アァ〜ンッ・・・凄いグチョグチョ・・・見て・・・糸引いてるよ・・・舐めて・・・」

と言ってマ◯汁の着いた指を舐めさせられました。

奥さん「おいしい?(笑)」

「おいしい・・・奥さんのマ◯汁おいしい・・・もっと舐めたい・・・」

奥さん「もっと舐めたいの?・・・どうやって舐めたいの?」

「おもっきし奥さんの・・・マ◯コにむしゃぶりつきたい・・・」

奥さん「舐めて〜ンッ、グチョグチョになった・・・オマ◯コ・・・いっぱい・・・舐めて〜」

奥さんはマ◯コから指を抜き腰を浮かせマ◯コを見せつけたきたので俺は興奮MAXだったので一気に吸い付き激しく舐めまわしました。

奥さん「アァッ、ンゥッ・・・やっ、・・・やんっ・・・激しすぎ・・・アァンッ・・・凄い舐めたかったの?・・・ンゥ・・・」

「奥さんの・・・ハァハァ・・・マ◯コ・・・舐めたかった・・・すっ、すごい・・・ヌルヌルして・・・ハァハァ・・・奥さんの・・・マン汁・・・おいしい・・・ハァハァ・・・」

奥さん「アッ、アンッ・・・エッチな子・・・ホラッ・・・もっと舐めて・・・アァンッ・・・」

奥さんは腰を浮かせ俺の頭を掴み自らマ◯コに押し付けました。

奥さん「アァッ、すっ、すごい・・・アッ、アッ、ンゥ・・・アッ、いっ・・・いいっ・・・ンゥ・・・凄く・・・いいっ・・・ンゥ、アッ、いいっ・・・ホラッ・・・舐めたかったんでしょ?・・・ホラッ・・・もっと・・・アァンッ・・・舐めて・・・ンゥ・・・アッ、いいっ・・・ンゥ、アァッ、いっ・・・いっ・・・ンゥンッ、イッ・・・イクッ、イッ、イクッ〜〜・・・ンゥ、ンゥ・・・アッ、アッ、イヤッンゥ〜〜〜」

奥さんは腰を浮かせ俺の頭を押し付けたまま足を閉じ痙攣し始めイッてしまいました。

奥さん「アッ・・・ハァハァ・・・ンゥ・・・ハァハァ・・・凄いよ・・・ヨッシー君に・・・ハァハァ・・・イカせれちゃった・・・」

奥さんは押し付けてた手を外したので俺は精子まみれになった胸に気にせず吸い付き乳首を舌で刺激しながら指をマ◯コに入れ動かし始めました。

奥さん「アァッ・・・ダメ〜、動かしちゃ・・・ダメ〜」

奥さんのマ◯コからはビチャッ、ピチャッと激しく鳴り響きました。

「奥さんの・・・マ◯コから・・・凄い・・・音でてるよ・・・」

奥さん「アァッ・・・恥ずかしい・・・アァンッ・・・ダメ〜、それ以上ダメ〜」

奥さんは体を仰け反らせ大きな声で喘ぎ出し腰を上下に動かし始めました。

奥さん「アァッ〜ダッ、ダメ〜」

マ◯コの音がチャプッ、チャプッと鳴り響き次の瞬間ジョロジョロと潮を垂らし始めました。

奥さん「ハァハァ・・・もう(笑)・・・恥ずかしい・・・」

「いっぱい・・・潮たれたね(笑)」

奥さん「ヨッシー君が・・・激しくするから・・・」

「綺麗な奥さんが・・・乱れる姿みて興奮しちゃって・・・」

奥さん「嬉しい・・・(笑)入れたくなっちゃった?(笑)」

「・・・うん・・・早く入れたい・・・」

奥さん「・・・いいよ・・・あたしも入れてほしい・・・」

俺は奥さんをそのままテーブルに寝かせゆっくりとマ◯コに押し込み始めました。

奥さん「アッ・・・凄い・・・アァンッ・・・凄い、凄いよ・・・ンゥンッ・・・破けちゃう・・・」

「ンゥ・・・奥さんのマ◯コ・・・ヌルヌルだから・・・気持ちいい・・・」

奥さん「アッ、ンゥンッ・・・ゆっくり・・・ゆっくりね・・・アァンッ・・・凄い、アァッ〜、おっき〜〜いっ〜・・・奥に・・・当たってる〜〜」

「あぁ・・・奥さん・マ◯コが締めつけてくるよ・・・」

チ◯コが全部入りきると奥さんは目を閉じクチを開けっ放しにして俺のチ◯コに感じてる様でした。

「奥さんの・・・マ◯コに全部入ったよ(笑)・・・凄く気持ちいい・・・アァッ・・・センター長のチ◯コとどっちがいい?」

奥さん「ンゥ・・・ヨッシー君の・・・アァンッ・・・ヨッシー君のオチ◯チンの方が・・・ハゥンゥ・・・大きくて・・・ンゥ・・・固くて・・・凄くいい・・・ンゥ・・・ヨッシー君は?・・・ハウッ・・・奥さんの・・・オマ◯コと・・・アァンッ・・・あたしの・・・オマ◯コ・・・どっちが・・・いいっ?」

「奥さんのマ◯コだよ・・・こんなに・・・濡れてて・・・エロいマ◯コだから・・・凄く・・・いいよ・・・」

ゆっくりと腰を動かし始めると

奥さん「アァッ〜、ンゥンッ、動かすと・・・当って・・・ハゥンッ・・・また・・・イッちゃう〜」

「いっぱいイッて・・・奥さんの・・・イッてる顔いっぱい・・・見せて・・・」

俺は段々と腰の振りを早めると奥さんはカラダを震わせ始め突くたびに潮を漏らし始めました。

奥さん「アァッ、アァンッ・・・こんなの・・・初めて・・・もっと・・・もっと激しく突いて〜〜〜」

俺は腰を激しく降るたびに奥さんの喘ぎ声はでかくなり濃厚にDKしながら更に激しく突きまくりました。

奥さん「凄い・・・凄〜い・・・おかしくなっちゃう〜」

「アァッ、キモチ良すぎて・・・イキそう・・・」

奥さん「ンゥンッ・・・中は・・・ダメよ・・・できちゃうから・・・」

「じゃぁ〜奥さんの・・・ハァハァ・・・綺麗な顔に・・・かけていい?」

奥さん「アンッ・・・うん・・・いっぱいかけて・・・ヨッシー君の精子で・・・ハァンッ、あたしを・・・汚して・・・」

俺は凄い勢いで腰を振りラストスパートをかけました。

奥さん「あぁ〜アァンッ・・・アァ〜アッ、アァンッ・・・こわっ、壊れちゃう〜壊れちゃうよ〜アァン〜」

「あぁ〜奥さん・・・凄い・・・あぁ〜イきそ〜、アァ〜イクッ〜イクよ〜」

俺がチ◯コを抜くと奥さんは上半身を起こしてくれたので手コキしながら奥さんの顔に大量にかけました。

「ウッ・・・ウゥッ・・・ハァハァ・・・ハァ・・・凄い・・・いっぱい・・・かけちゃった・・・ハァハァ・・・」

奥さんは目を開けウットリしながら俺のチ◯コに吸い付き濃厚にお掃除フェラをして最後の一滴まで吸い取ってくれました。

奥さん「ハァハァ・・・2発目なのに凄い量(笑)」

顔にかかった精子を指で集めそれ見せつける様に手のひらに乗せ舐めて飲み込みました。

奥さん「ヨッシー君・・・激しすぎる・・・何回もイッちゃった・・・」

「だって(笑)奥さんが綺麗でエロいから興奮して・・・(笑)」

奥さん「嬉しい(笑)・・・シャワー浴びよっか・・・(笑)」

俺は奥さんに連れられ一緒にシャワー浴びる事になりました。

奥さん「顔洗うけど・・・化粧落ちたらヨッシー君・・・ビックリしちゃうかな(笑)」

「そんな事ないっしょ(笑)奥さんスッピンも綺麗そうだし(笑)」

奥さん「ビックリして帰らないでね(笑)」

奥さんは顔を洗い化粧を落として顔を拭きながら俺の方を振り向きました。

奥さん「ビックリしないでね(笑)」

「いや、いや(笑)奥さん化粧とると可愛いっすよ(笑)化粧してるとキリッとした綺麗な感じだったけど取ると童顔っぽいから可愛い感じっす(笑)」

奥さん「ホントに〜(笑)嬉しい・・・良かったぁ(笑)じゃぁ〜洗ってあげる(笑)」

奥さんはタオルを泡立たせ俺のカラダを洗ってくれました。

奥さん「ホント・・・おっきいね・・・いっぱい遊んだでしょ(笑)」

「まぁ・・・遊んでますね(笑)」

奥さん「いけない子ね(笑)これからは・・・あたしだけのだから・・・」

「えっ?(笑)」

奥さん「フフッ(笑)あたしがヨッシー君を可愛がってあげる(笑)」

「えぇ〜(笑)じゃぁ〜奥さんも俺以外のチ◯コ入れないでくださいよ(笑)」

奥さん「いいわよ(笑)」

「やばい(笑)また・・・反応してきた・・・」

奥さん「ホント元気なオチ◯チン・・・」

俺は奥さんを壁に手をつけさせ立ちバックでゆっくりと挿入しました。

奥さん「はぁ〜ん・・・バック・・・感じやすいの・・・アァンゥ・・・」

「あぁ〜さっきより締まってる(笑)」

奥さん「ハァンッ・・・ホントやばい・・・立ってられないよ〜」

俺は奥まで押し込みゆっくりと腰を振り始めると奥さんは崩れ落ちそうになりましたが片手をお腹に回し支えてもう片方の手で胸を鷲掴みにし激しく揉みまくり腰を激しく動かし始めると奥さんは大声で喘ぎ出しまた潮を漏らし始めました。

奥さん「アァンゥ・・・もう・・・ダメ・・・イッ・・・イッちゃう・・・ハゥンッ・・・アッ、アッ・・・ウンッ」

「奥さん・・・またイッちゃったの?(笑)もっとイッて・・・いっぱいイッて・・・」

激しく突くたびに奥さんはカラダをピクピクさせクチからはヨダレが垂れてるのが分かりました。

奥さん「ハァンッ〜もっと、もっと・・・激しく突いて〜アァンッ、いい〜もっと、もっと犯して〜〜」

「ハァハァ・・・いっぱい犯してあげるよ・・・奥さんのマ◯コ・・・キモチ良すぎ・・・アァ〜・・・イキそう・・・アァ〜・・・綺麗な奥さん・・・俺の精子で・・・汚してあげる・・・」

奥さん「ンハァッ・・・汚して・・・あたしを・・・汚して〜〜」

俺は興奮しすぎたのとホントに綺麗な奥さんを汚したくなり

「アァ〜イクよ〜・・・奥さんを汚してあげる・・・あぁッ・・・イク・・・あっ、あっ・・・・・・」

勢いで奥さんには確認せずに中に大量に出してしまいました。

奥さん「ンハァッ・・・えっ・・・えっ・・・ハァハァ・・・中は・・・中はダメって・・・ンゥンッ・・・言ったじゃない・・・」

「ハァハァ・・・だって・・・奥さんを・・・ハァハァ・・・汚したくなって・・・」

奥さん「ハァハァ・・・もう・・・」

俺はチ◯コを抜き浴槽の淵に座ると奥さんもその場に座り込みハァハァ言いながら俺の方を振り向きました。

奥さん「3回目なのに・・・ハァハァ・・・凄い量(笑)」

「奥さんが魅力的だから・・・興奮していっぱい出ちゃう(笑)」

奥さん「できない事を願わなきゃ(笑)」

奥さんは笑いながらも指をマ◯コに入れ始めました。

奥さん「ヨッシー君の精子で・・・ハァハァ・・・いっぱい・・・アンッ・・・クチュクチュ鳴ってる・・・」

「奥さんのマ◯コから垂れてきてる(笑)そのまま・・・咥えて・・・」

俺は立ち上がりチ◯コを奥さんの前に出すとマ◯コをイジりながらフェラしてくれ少量の精子を飲んでくれ、そしてまたシャワー浴びてリビングに戻りさすがに奥さんも俺も疲れてしまいそのままソファーでイチャイチャしてから奥さんの寝室にいき寝ました。

朝になり目を覚まし横を見ると奥さんが寝ていたので俺は奥さんの方にカラダを向け胸を揉みながら反対の胸に吸い付くと奥さんは少し反応したけどまだ夢の中だったので俺は布団に潜り奥さんの足を広げ優しくマ◯コに舌を這わせ舐め始めると甘い声を一瞬だしたけど起きなかったのでゆっくりと布団から出て勃起したチ◯コを奥さんのクチビルに擦りつけながら手を伸ばしマ◯コを優しくイジってると寝ているのに濡れてきたので下半身の方に戻りゆっくりと挿入しました。

奥さん「ンゥンッ・・・ンハァッ・・・ンゥ・・・もう・・・朝から・・・ハゥンッ・・・元気なんだから・・・」

「寝てる奥さんみてたら・・・ガマンできなくて・・・」

奥さん「アァンゥ・・・アァ〜・・・いい・・・凄く・・・いい・・・」

「奥さんのマ◯コも・・・凄く・・・いいよ・・・」

ゆっくりと腰を振り奥さんのカラダ中を舐めまわしクチビルにも吸い付きながら腰の振りを早めていくと

奥さん「アッ、アッ、アッ・・・もっと・・・もっと・・・突いて・・・」

「ンゥンッ・・・奥さんのマ◯コやばい・・・アァ〜・・・もう・・・イキそう・・・また顔にかける?」

奥さん「アァンゥ・・・凄い・・・アンッ・・・な、中で・・・いいよ・・・いっぱい出して・・・ヨッシー君の・・・精子・・・ハァンッ・・・オマ◯コに・・・いっぱい・・・出して〜」

「ンゥンッ・・・いいの?・・・いっぱい・・・奥さんのマ◯コに出してあげる・・・ハァンッ・・・イッ・・・イクよ・・・」

奥さん「アッンッ・・・来て・・・アッ・・・アッ・・・いっぱい・・・出てる・・・アンッ・・・ンゥ・・・」

「ハァハァ・・・いっぱい出た(笑)」

奥さん「ンハァッ・・・ハァハァ・・・また中に出されちゃった(笑)1回出されたから2回出されても変わらないか(笑)」

その後もベットの中でイチャイチャしては中出しを繰り返しその日は4回ヤッて夕方になってたので俺は帰る事にしました。

帰り際に奥さんから

「あたしが可愛がってあげるから必ず毎日LINEしてきなさいね・・・」

と言われ俺は奥さんのペットとして飼われる事になりこれからが楽しみです。

まぁ・・・奥さんには他のセフレとは連絡取るなと言われたので連絡先を全部消しましたが・・・単発でヤるぐらいならバレないと思うので奥さんには内緒で楽しむつもりです。

続き:仕事前によく立ち寄る定食屋でパートしてる水沢アキ似の佐藤さん

- 終わり -

ユーザー投票率:0.07%
アクセス数・ランキング
データ取得日:2019-03-25
集計範囲 アクセス数 ランキング
2019-03-25 4回 7,541位
2019-03-24 13回 -
2019-03-23 16回 -
週間 74回 3,159位
月間 326回 3,499位
年間 6,950回 3,198位
累計 77,417回 431位
全話:11,065件
この体験談のシリーズ一覧
1:【美魔女】同じ会社で働いてて可愛がってくれたオジさんから同級生との飲み会に誘われた2:うちの会社に来てもうすぐ1年になる41歳の森田さん3:俺が熟女好きになったキッカケ4:職場の熟女2人とエッチしまくった翌日の話5:人妻熟女の由美子さんと、飯島直子似の美熟女の2人と3Pした話6:初めて見かけた時から色っぽい人だなと思ってた同じマンションに住む奥さん
7:身長低いのにEカップ巨乳で松居一代似なユミさん8:嫌いな先輩の家でBBQをすることになったが、奥さんがもったいないぐらい可愛らしい人だった9:違う支店から異動してきた21歳の有村架純似の事務員さんをお持ち帰り10:会社の女性事務員4人全員に手を出すことにした11:会社の女性事務員全員を制覇した12:【レイプ】下の階に住んでる加賀まりこ似の熟女13:事務員全員と関係を持ったことが上司にバレて異動させられた14:前から気になってた定食屋に初めて行った日に知り合った近所の熟女15:【熟女】見舞いに来てくれた奥さんの同僚と16:学生時代に俺を見下していた同級生の母親をナンパして途中でネタばらし17:小学時代に親子で俺をバカにしてた同級生の目の前で母親を犯す18:悪友と一緒に二人組の熟女をナンパ
19:会社のセンター長の奥さんはエロかった・・・
20:仕事前によく立ち寄る定食屋でパートしてる水沢アキ似の佐藤さん21:自分のことを嫌っていた元カノの母親をレイプ22:サーフィン仲間で花田美恵子似の若妻23:社長夫人で小柳ルミ子似の理想系完熟熟女とヤレた話
広げる

ッチな広告

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

TOPの新着コメント欄への表示
表示する 表示しない

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチなPR