エチ研TOP
Home > 体験談 > 義妹の由香里が見知らぬ男たちに中出…
投稿:2016-03-24(木)05:46

義妹の由香里が見知らぬ男たちに中出しさせまくっていた

この体験談のシリーズ一覧
1:【寝取られ】中学校の教師である嫁が複数の生徒たちの性奴隷状態だった2:【盗み聞き】妻が自分とのセックスでは我慢できずに夜な夜な太いディルドでオナニーしていた3:【寝取らせ】妊婦である妻が少しずつ暴走し始めていた4:嫁が寝取られ、フラフラになっていた僕を嫁の姉が慰めてくれた5:前妻で悲しい目に遭ったのに、消えない寝取られ願望6:些細なことがキッカケで嫁とケンカして仲直りするまで
7:産休に入った嫁の言葉を試すために、痴漢師達に連絡を取った8:自宅に帰ると20歳くらいの可愛い清楚な女の子が座ってた9:【寝取らせ】喪服の嫁がお通夜終わりにラブホでハメ撮り10:養子縁組した男の娘である優香と公園の茂みでアナルセックス11:妻の陣痛が始まって病院に向かっていたら車にはねられた12:娘の優香(男の娘)が最近僕を避けるようになった13:夜這いしたら息子の嫁だった14:寝取らせ目的で、妻と一緒にボートに乗れる公園に行った15:男の娘の優香の、本当の母親と妹に結婚を報告しに行った16:息子の実の母親が、お礼に何でもしますと言ってきた17:バレー部時代のユニフォームを着た妻とアナルセックス18:男の娘で息子である優香が、朝ちゃんと結婚式をあげる19:優香が愛し過ぎて抱き続ける日々20:52歳だけど40歳くらいにしか見えない優香の母親とセックス21:3ヶ月前から黒人のデカマラに寝取られていた妻22:メイド服を着て出迎えてくれた由美とそのままイメプレに突入23:どんどん性欲が増していっている妻24:【レズ】妻も存在を知らなかった実の妹が僕を訪ねてきた25:義妹との身体の相性が怖いぐらい良すぎる26:嫁の寝取られを見ながら義妹と中出しエッチ27:妊娠した妻の友達と不倫28:【男の娘】優香がほかの男に抱かれたと聞かされた29:妻がママさんバレーのコーチにセクハラを受けてた30:【NTR願望】会員制スナックの客たちに妻をレイプさせた31:妻の由美は引っ越し当初から町内の人に寝取られていた32:妻の由美よりも愛してしまった義妹の由香里も寝取られていた33:デカチンポに種付けされたがる由香里34:【母子相姦】自分の異常な性癖のルーツは自分の母親との関係にあった35:自分が寝取った人妻に好意を寄せる中◯生とヤラせた話
36:義妹の由香里が見知らぬ男たちに中出しさせまくっていた
37:後藤真希似のヤンキーと危険日に中出しを賭けた援交勝負38:1◯歳の春香を種付けされるまで
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:29,915回)
名無しさんからの投稿

前回の話:自分が寝取った人妻に好意を寄せる中◯生とヤラせた話

由香里の体験談です。

由香里は現在42歳。身長175の細身。乳輪のデカイCカップ。

髪は綺麗な黒髪のロングで、最近はポニーテールにしてます。

顔はAV女優の浅井舞香さんに似てます。

テレビはあまり見ないので、AV女優さんでの例えが多くなりますが、ご了承ください。

孝くんとのエッチをして以来、由香里はある事に快感を覚えました。

それは他人にチラ見せをする事です。

普段は優香の奥さんの朝ちゃんと日替わりで交代しながら、買い物に行ってます。

自宅に残る人が赤ちゃんの面倒や家事を見ます。

そして由香里はスーパーなどで、他人が自分のパンチラやチクチラを見て、下半身を膨らませてる事に、興奮を隠しきれなくなるそうです。

そんな露出をしていくうちに、由香里の興奮も絶頂に達すると、周囲の目を気にしながら、その場で下着やパンストを脱いで、大胆に見知らぬ男達にマンコを見せつけるそうです。

遠目から見続けてる人もいれば、近づいてきて間近で見る人もいるそうです。

そして何人かに一人は、由香里を犯せる事を確信して、人気の無い場所に由香里を連れて行って犯すそうです。

大体は一人なんですが、たまに見知らぬ男達同士が由香里を犯す事もあるそうです。

大抵の人は、ホテルに行こうと誘うみたいなんですが、時間がないからと言って断ってるそうです。

朝ちゃんに全てを任せっきりにするのは良くないと言っていました。

犯されてる時、由香里は相手に自分の携帯を渡して、様々な淫らな写メを撮らせて僕に送ってきます。

そして最後は必ず見知らぬ他人チンポに中出しをされたマンコの写メです。

僕は由香里から送られてくる写メを見ながら、オナニーを我慢して、決まってその日の晩は、由香里を言葉責めしながら犯すのが定番です。

そんなある日、由香里は用事で出掛けてたんですが、駅まで迎えに来てと連絡があったので、僕は車で迎えに行きました。

自宅から駅まで、車で二十分ほどで辿り着く駅は、無人駅で単線です。

本数も一時間に二本あるかどうです。

さすが村といった感じです。

そして暫くすると由香里が乗ってるはずの電車が着いたんですが、由香里の姿はありませんでした。

僕は次の電車を待ちました。

そして電車が着くと、由香里の姿がありました。

オレンジ色のミニのフレアスカートに、白のニットと黒パンスト姿です。

ただ僕はすぐに異変に気付きました。

由香里の両サイドに見知らぬ男三人が、べったりと由香里に身体を密着さしてました。

そして由香里達は、そのまま駅のトイレの方に向かっていきました。

僕の股間が熱くなりました。

僕は急いで由香里達の後を追いました。

トイレに着いて僕は静かに中を覗きました。

由香里は既に一人の男のチンポに、しゃぶりついていました。

男1「奥さん、エロいな。そんなにチンポ欲しかったんか?」

由香里「ジュルッ、ジュルッ、ハァハァ、欲しかったの。あなた達の雄臭いチンポが欲しかった」

仁王立した男のチンポに夢中になってる由香里は、しゃがみながらM字開脚をしてましたが、黒パンストの股らへんは、ビリビリに破かれていて、由香里のマンコが露わになっていました。

そして他の男二人も由香里に、チンポ突き出すと

由香里「ハァァァ、スッゴイ逞しくて雄臭いチンポ。アハッ、このチンポ我慢汁が垂れてる。ジュルッ、プハッ、我慢汁も美味しい」

男2「マジこの奥さん淫乱やな。フェラも抜群やし。電車の中で股開いて、マンコ見せられた時はビックリしたわ」

男3「かなりビックリしたな!奥さんのビラビラかなり黒ずんでたから、ヤリマンの痴女やって確信したわ!一人でクリ弄って潮吹いてるん見た時は、もうチンポがギンギンやったわ」

由香里「ジュルッ、ハァハァハァハァ、私チンポ中毒なの!雄臭くてチンカスの溜まってるチンポが大好きなの!ジュルッ」

由香里はしゃがみながら、三人の男達のチンポを交互に、しゃぶりまわしてました。

男1「アッ、奥さんヤバい、おれ、そろそろいきそうやわ」

由香里「んんっん、ハァハァ、ダメェ、最初の濃い種汁は、私の子宮に注いで」

男達は由香里の言葉に驚いてました。

男1「えっ!?奥さんに中出ししてもええの?おれら結婚してるから、妊娠しても責任取れへんで」

由香里「そんなん全然いいから。私が望んで種付けしてって言ってるんだから!それとも私のマンコにチンポ入れたくないの?」

由香里は上目遣いで男達を見ると、マンコを弄りながら、グチュッと音を鳴らし壁に手をついて、立ちバックの体位で尻を振って見せました。

由香里「入れてくれないの?もう子宮が疼いて気が狂いそうなの。私に三人目の赤ちゃんを種付けして。旦那以外の雄の精子で、私の子宮を孕ませて」

男1「ヤバい、この奥さんホンマにド淫乱や。もう我慢出来へん」

そう言うと男は由香里のマンコにチンポを挿入しました。

由香里「アァッ、イイィ、あなたのチンポ気持ちいいのぉ、ハァハァハァハァ、もっとマンコを掻き回して」

男1「ハァハァ、すげぇ、この奥さんのマンコ名器やわ。中はグチュグチュで、締め付けも最高やし。ハァハァ、マジで子供二人も産んだマンコとは思えへんわ。嫁とは大違いや」

男はかなり興奮しながら、他の二人に話しながら腰を振っていました。

男2「マジかよ!?早く代われよ。待ってる間、暇やから奥さんの口マンコでチンポを気持ち良くしてくれよ」

由香里「ハァハァハァハァ、いいよ、チンポしゃぶってあげぇ、アァッ、ハァハァハァハァ、ダメェ、イッちゃうぅ、私の淫乱マンコがイッちゃうぅ、アァッ、イクゥッ」

由香里は身体をビクンッとさせると、荒い息遣いをさせながら、果ててました。

男1「ハァハァ、奥さん感度もええな、奥さんがイク瞬間、マンコがギュッと締めつけてきたわ」

男2「ほらっ、奥さんの好きなチンポ早く口マンコで、気持ち良くしてや」

由香里「ハァハァハァハァ、うん、チンポしゃぶらして、ハァァァ、雄臭いチンポ、アァッ、ハァハァ、んんっん、ハァハァハァハァ、ダメェ、そこダメェ、チンポが子宮に当たるぅぅぅ」

イキまくってる由香里の口に、男はチンポを強引にしゃぶらせました。

上下の口を激しく犯されてる由香里の姿は最高にエロくて、僕のチンポからは我慢汁が溢れ出してました。

男2「アァァ〜、奥さんの口マンコめっちゃ気持ちいい。このままイッてまいそう」

由香里「ジュルッ、ジュルッ、ハァハァ、ダ、ダメェ、ちゃんと私の子宮に種付けしてぇ、マンコにいっぱい射精して、アァッ、ハァハァハァハァ、アァァ、イッちゃ、んんっん、んんっ」

男2「アカンで奥さん、しっかり口マンコでチンポを咥えてやな」

男2は由香里の喉奥にまで、チンポをねじ込みました。

すると由香里のマンコに挿入してた男の腰使いが、一気に荒くなりだしました。

男1「ハァハァハァハァ、奥さんイキそうやっ。お望み通りに中出ししたるからなぁ。ハァハァ、アァッ、イクッ」

男は由香里の子宮にチンポを押し当てるように、深く腰を打ちつけて果てました。

由香里「アァァ、中出し気持ちいいぃ。ドクドク精子が出てるぅぅぅ。ハァハァ」

男が由香里のマンコからチンポを抜くと、しゃぶらせてた男2が、すぐに挿入しました。

男2「うわっ、お前の精子でグチュッとしたけど、このマンコの締まりはヤバいな。マジで名器やわ」

由香里「アァッ、こっちのチンポも気持ちいいのぉ、ハァハァ、早く、早く私の子宮をグチャグチャに犯して。はやっ、んんっん、んんっ」

男3「奥さん、おれのチンポ忘れてるで。もっと喉奥まで入れたるから、しっかり味わいや」

由香里「んんっん、んんっ、ジュルッ、んんっん」

男3は情け容赦なく由香里の喉奥まで、チンポを突っ込んでました。

さすがの由香里も苦しそうにしてましたが、男2が腰を振り出すと、目がトロ〜ンとして口から涎を垂らしながら、快感と苦痛に酔いしれていました。

男2「アァァ、マジで最高のマンコやわ。チンポを離さんように吸い付いてくるわっ。ハァァァ、ヤバい。もう嫁のマンコじゃイケんくなりそうや」

男3「んんっ、口マンコも最高やぞっ。涎でグチュグチュになったチンポを、舌で擦りつけてくる。おれらの種汁が無くなるまで、たっぷり犯したるから」

由香里「んんっん、んんっん」

それから男達は交代しながら、由香里のマンコにひたすら精子を放出し続けてました。

男1「ハァハァハァハァ、も、もう無理。久しぶりに五発も出した。ハァハァ」

男3「ハァァァ、おれは四発。もう打止めや」

由香里「アァァ、ハァハァ、もっと、もっと犯して、アァァァァァァ、ダメェ、イクッ」

男2「ハァハァハァハァハァハァ、だ、出すぞ、最後の中出しや!しっかり孕めよっ。ウッ」

由香里「ハァァァ、出てりゅ、由香里のマンコに精子が出てりゅ」

由香里は最後の中出しに酔いしれながら、果てると同時にダウンしてました。

男2「ハァハァハァハァ、ハァァァ、ハァァァ、六発出しぞ。もう無理や」

男3「頑張ったな。しっかし性欲の塊みたいな奥さんやな。旦那も大変やろうな」

男2「自分の嫁が、こんな淫乱やったら身体がもたんわ。でも刺激的で楽しかったわ」

そんな会話をしながら、男達は身支度を始めたので、僕は女性用のトイレに身を潜めました。

結局、由香里は夜まで男達の肉便器になって犯されていましたが、こんなにも人が来ない無人駅にもビックリしました。

そして男達は由香里をトイレに放置して、電車が来ると帰って行きました。

僕は人が居ない事を確認して、再び由香里の様子を見ました。

疲れ果てた身体を何とか起こして、僕に背を向けた状態で、ヤンキー座りをすると、シャーっと勢いよく放尿を始めました。

由香里「ハァァァ、、、」

余程、我慢をしてたのか由香里の放尿の勢いは中々のもんでした。

僕は急いでズボンのファスナーを下ろして、由香里に近づきました。

由香里も僕の気配と物音に気付いて

由香里「えっ!?誰?」

僕は由香里が振り向こうとする前に、背後から抱きついて、由香里の口を手で押さえました。

由香里「んんっん、んんっ、」

由香里の中出しされまくって、グチュグチュになったマンコに、僕はチンポをバックで擦りつけてると、すんなりと入っていきました。

由香里「んんっん、んんっん、ハァハァ、んんっ」

そして由香里の身体がブルブルっとすると、放尿も止まったので、僕は由香里の耳元で精一杯に声色を変えて

「奥さん、おれも楽しませてくれよ」

由香里「んんっん、んんっん」

パンパンパンパンパン、パンパンパンパンパン、パンパンパンパンパン

ずっと我慢してたので、僕は普段よりも更に激しく腰を振りました。

由香里「んんっん、んんんんっ」

激しく突けば突くほど、由香里のマンコからは男達の精子が溢れてきて、チンポを出し入れするたびに、ぶちゅ、ぐちゃ、ぶちゅっと卑猥な音を鳴らしてました。

「ハァァァ、出すぞっ、中出ししたるからな」

由香里「んんっん、ハァァァ、ハァハァ、んんっん、んんっ」

由香里の身体がビクッとすると同時に、僕は由香里の中に溜まってた精子を吐き出しました。

「ハァハァハァハァ、奥さんのマンコの締まり最高やわ。ハァハァ、次は奥さんの喘ぎ声を聞きながら犯したいわ。手を離したるから、変な真似するなよ」

由香里は荒い息遣いのまま頷いたので、僕がゆっくりと手を離すと

由香里「ハァハァハァハァ、お、お願い、もっとあなたのチンポで、私のマンコを犯して。私の子宮にもっと種汁を撒き散らして。ハァハァハァハァ」

「レイプされてるのに感じるんか?ド変態な奥さんやな。お望み通りに犯しまくったるわ」

パンパンパンパンパン、パンパンパンパンパン、パンパンパンパンパン

由香里「アァァァァァァ、いいのぉ、当たる、あなたのチンポが当たるの、ハァハァハァハァ、ダメェ、私レイプされてるのに感じてるぅ、あなたのチンポ良過ぎるぅぅ、ハァハァハァハァ、アァッ、イクッ、イッちゃうぅぅ、レイプチンポで由香里イッちゃうぅぅ」

由香里は全身を激しく震わせると、身体の力が抜けたのか前屈みに倒れました。

ジョロジョロジョロ〜

由香里「ハァハァハァハァ、漏れちゃった。レイプチンポで感じ過ぎて、オシッコ漏れちゃった、ハァハァハァハァハァハァ、んんっん、アァァァァァァ、ダメェ、そんなに激しくしたら、アァァァァァァ、またイグゥゥゥ」

「ド変態のド淫乱やな。奥さん由香里って名前なんか?そんなに、おれのチンポがええんやったら、おれの女にしたる。由香里ええな?」

由香里「してっ、あなたの女にして!あなた専用の肉便器になるから、、、あなたの子種で孕み続けるから、あなたのチンポで由香里の子宮を腹ボテにしてぇぇ、アァッ、イグゥゥゥ」

由香里の淫乱な言葉に、僕は一気に射精が近づきました。

そして床に置いてあった由香里の携帯を拾って

「ハァハァハァハァ、アァァ、由香里そろそろ出すぞっ。ほらっ、自分の携帯でムービーを自撮りしながら、旦那にお別れのハメ撮り挨拶を撮ったれっ」

そう伝えて由香里に携帯を渡すと、由香里は喘ぎながら携帯を操作して

由香里「ハァハァハァハァ、け、健太、私ね今レイプされてるの、、、ハァハァハァハァハァハァ、アァァァァァァ、いいのぉ、ソコ、、、もっと突いてぇぇ、アァァ、ハァハァ、レイプされてるのに、こんなにも感じちゃってるの、、、ハァハァハァハァ、ごめん、私この人と一緒になるぅ、ハァハァハァハァ、もうこのレイプチンポの虜なっ、、、アァァァァァァ、イグゥゥゥイグゥゥゥ」

「ハァハァ、これでもう、おれのもんやぞっ」

由香里「は、はい、アァァァァァァ、ダメェ、ソコはもうダメェェェェ、またイグゥゥゥ」

由香里の身体はイキっぱなしになっていて、由香里が絶頂を迎える毎に、マンコの締まりはどんどん良くなっていきました。

「ハァハァ、そろそろイクぞ、どこに出してほしいんや?」

由香里「アァァァァァァ、マンコ、由香里のマンコに孕む程の中出しをして!アァッ、も、もう無理、アァァァァァァ、イッちゃう、一緒にイッて、健太の精子いっぱい出してぇ」

「ハァハァハァハァ、イクッ、ハァハァハァハァハァハァ、えっ!?バレてたの?」

由香里は身体を激しく震わせながら

由香里「ハァハァハァハァハァハァ、フフッ、バレバレだよ、ハァハァハァハァ」

それから僕は疲れ果ててる由香里を車まで運んで家路に着きました。

帰りの道中で

由香里「レイプされるのも興奮するかも」

と笑いながら言っていたので、近々レイプ的なプレイをしようか思っています。

続き:後藤真希似のヤンキーと危険日に中出しを賭けた援交勝負

- 終わり -

前後の話
次の話(2016-03-24 13:29:50)イケメン入院患者と夜勤中に屋上で

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告