エチ研TOP
Home > 体験談 > 完璧優等生で美人の嫁と不良だった自…
投稿:2014-02-11(火)04:00

完璧優等生で美人の嫁と不良だった自分

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:9,394回)
名無しさんからの投稿

全国模試でも常に2桁台前半という、地方の公立進学校としては創立以来最高の頭脳で、更に、開校以来初の女生徒会長という最強の優等生様と、更正のために雑用として生徒会に放り込まれた不良という、どこの萌えマンガだよ、てな感じの関係だったが、紆余曲折あってツンがデレたw

俺はある競技で全国レベルの選手だったんだけど、夜遊びが面白くてね、深夜徘徊でとっ捕まったせいで公式戦出場禁止になりかかって、顧問に

「もっと上手くやれ!」

としこたまブン殴られた上で、反省の姿勢を示すために生徒会に所属して雑用を仰せ付かる事になったわけ。

一方、嫁は前記の通りの優等生様で、最初のうちは

「私の生徒会に、こんな不良が!」

ってな感じで態度も言葉も冷たかったんだが、服装や髪型のような外見から受ける、いかにもチャラ男な偏見抜きで接してみれば、仕事は真面目だし、他の部下よりずっと反応や飲み込みが早く、性格明るいムードメーカーなせいで俺が所属する前と生徒会の雰囲気が一変して、全体の効率も上がって生徒会全体の評価も上がっている。

嫁は元々気真面目な優等生だけあって、自分が偏見で物を見てた事に気付くと反省も人一倍大きくて、この辺りで俺に対する態度が柔らかく変わってきて、俺の軽い冗談にも笑顔で応えるようになり、まあ、元々容姿の整っている嫁だけに、俺も

「あの冷血女も笑うと可愛いじゃん」

と思うようになって、ちょっといい感じにww

ただ、嫁がこういう余裕のある態度でいられたのは自分が上位にあると確信できていたからで、当時の俺は団体競技の代表を常に務めてきた事で周囲を纏め上げるのは上手かったし、夜の街で年齢を気にせずに友達作ってきた事もあって大人相手の交渉も嫁より余程上手で、最初はその事を素直に評価してきた嫁だったが、だんだんと俺に対する周囲の評価が上がってきて、生徒会の連中や他の生徒が生徒会長である嫁よりも先に俺のところへ相談を持ちかけるようになると、成績や周囲の評価で自分の方が確実に上だと見下してきた相手に、この全国模試××位の自分が劣っているのではという劣等感と嫉妬が距離を生んで、だんだんと怪しい雰囲気になってきた所で悪役登場w

田舎の中途半端な進学校だけあって、大抵の連中は大学進学してたのだけど、それだけに行くところのないような落ちこぼれの3年生は歪んでいた。

嫁のように成績も容姿も良く、口を開けば正論ばかりという優等生は、そこに存在するだけで劣等感を思いっきり刺激するわけですよ。

うちの高校にも躊躇なく人が殴れるというだけで幅を利かせていた3年の4人組がいたのだけど、嫁の性格では、そういう劣等感を粗暴な言動でしか表現出来ない連中はとても許せない汚らわしい存在。

普段から苦々しく思っていたそいつらが屋上に続く階段の踊り場でタバコ吸ってる所を見つけて注意をしていたのだが、売り言葉に買い言葉で段々と言葉がキツくなって注意→詰問→罵倒の形になった辺りで4人組が逆ギレ。

屋上に連れ出され、普段から正しい言葉が暴力に負けるわけがないという持論の嫁は、最初のうちこそ強がって抵抗していたものの、生まれてこのかた悪意や憎悪を暴力という形で向けられた経験がない嫁は、平手一発張られて床に転がされただけで自信もプライドも粉々にされて、震えも涙も止まらない有様。

他のクラスの女子に呼ばれて俺が駆けつけた時には、あの気の強い女がボロボロ泣きながら土下座を強要されている最中だった。

「関係ねえだろ!すっこんでろ!」

「関係ねえなら、こんなとこ来るか!お前ら俺が丸くなったとでも思ってんのか!」

「出場停止が怖くって生徒会に尻尾振ってんだろうが!大会出られなくしてやろうか!」

ここで4人組のリーダー格を思いっきりブン殴って転がした後、反撃が来ないように腹に一発蹴りを入れ、相手が悶絶している間にもう1人の頭を掴んで昇降口の角にぶつけながら、

「やってみろや!出場停止の後で自分らがどうなるか分かってんのか!?」

元々4人組は集団で1人を囲んで威圧してから殴るしか出来ない連中で、まともに体も鍛えた事のない格好だけのもやしっ子。

まさか反撃がくるわけがないと思っていたところに自分達以上の暴力をぶつけられ、腰が引けている残りの2人にも鼻っ柱にいいのを一発ずつ入れてやり、

「自分で立てるうちに、そこのゴミ持ってとっとと帰れ!本気で潰すぞ!」

ここで嫁が

「私を助けてくれた王子様、素敵!」

となれば話は楽なのだが、今まで自分が培ってきたものを全て叩き潰した暴力を、それ以上の暴力で潰した男。

助けてくれたのは嬉しいけど、怖い。

感謝しなければならないのだけれど、それよりも怖い、どうしていいか分からない・・・ボロボロボロボロ泣いてるところを優しく抱き締められて

「もう大丈夫、ごめんな怖い思いさせて」

この優しい言葉でコロッといったww

それからは、あの高慢で高飛車な女が、まあ可愛くなる事なる事ww

初めての恋愛で加減が分からないものだから、何をやるにしても全力になるんだよね。

生徒会室でも気がつくと俺の事じっと見てるくせに、目が合うと顔赤くして俯いてみたり、今までお母さん任せでまともに包丁も握った事なかったのに、嫁は学校に来る必要のない休日の部活にまで俺に合わせて弁当作ってきたり、それまでも、優れた容姿は自分の立場を優位にする事は十分に知っていたから身だしなみに気を使ってはいたけど、そういう意味でなく可愛い自分を見て欲しいって事からお洒落にも目覚めてみたりetc。

まあ、そういう時期ばかりではなかったから喧嘩も散々したし破局の危機もあったけど、それでも来月子供が生まれるわけですよ。

俺は家にいられる時間が少ないもので、出産に備えて今は実家に帰ってるけど、早く一緒に暮らしたいね。

家に帰っても

「お帰りなさい」

が無いのは寂しくて敵わん。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告