エチ研TOP
Home > 体験談 > 私の父が捻挫し、数日の間介護に向か…
投稿:2017-02-03(金)10:09

私の父が捻挫し、数日の間介護に向かった妻

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:25,887回)
岩手県/名無しさん(30代)からの投稿

今年の正月、父(吉雄:65歳)が階段で足を踏み外し、足と手首を捻挫したとの連絡が来ました。

母は3年前に癌で他界し、実家には父が1人で住んでいて父の世話をしてくれる人が居ませんでした。

姉は結婚後、離れた土地(九州)で暮らし子供も小さかったので、父の世話に来る事など出来る筈もありません。

長男だった私に助けを求める様に父が連絡をくれたんだと思いますが、私が住んでいた場所(妻の実家)は実家から車で1時間半と離れた所で、何より仕事が忙しく休む事が出来ない状況だったんです。

「お義父さん1人じゃ不自由しているでしょうから、私が面倒を見に行こうか?」

「面倒を見るって言っても毎日通える距離じゃないよ?」

「ん~数日泊まる事になると思うわ…仕方ないわ」

「息子の面倒は誰が見るんだよ…」

「お母さんが面倒を見てくれるって言うし…大丈夫よ」

「そうか…悪いなぁ」

義母の協力もあり、妻は父の世話をする為、数日実家に泊まりで向かう事になりました。

1月4日、出掛ける準備を済ませた妻に玄関先まで見送られ、私は仕事に出掛けました。

父が2日間入院し、今日退院する予定なので、妻が午前中に父の元に向かい退院の手伝いをすると言っていたので私を見送って間もなく出掛けたと思われます。

夜、仕事を終え自宅に戻った私は、妻の携帯に電話を掛けました。

「親父の容態はどうだった?」

「うん!怪我も軽くて1人で歩けるし、元気だったわ」

「そうか…それは良かった」

「この様子だと数日で帰っても大丈夫みたい」

明るい妻の声に安心しながら、その日は義母と息子の3人で夕食を食べ、就寝したんです。

1月5日、仕事で遅くなり、帰宅したのは23時を過ぎていたので、妻にLINEで連絡を取ってみました。

「仕事で遅くなっちゃって、今帰って来たんだ…親父の様子はどう?」

「お帰り、仕事ご苦労様…変わりないよ」

「それじゃ、明日には帰って来れそうだね」

「ん~分からないわ…今日は疲れたから…ごめんなさい…おやすみ」

返信内容から元気が無いような気がしていたんですが、父の世話に疲れたんだろうと思い、その夜はそのまま就寝しました。

1月6日、週末だった事もあって仕事を片付けて会社を出たのは22時になろうという時間で、私は会社の駐車場に停めていた車に乗ると、妻に電話を掛けてみることにしました。

「まだ実家に居るの?」

「う、うん…お義父さん…まだ一人ではちょっと…」

「そうか、明日帰って来れなそうか?」

「あぁ~…あ、明日はどうかなぁ…ハッキリ言えないわ」

「息荒れてる感じだけど…大丈夫…それに水の音が聞えるけど…」

「えっ…だ、大丈夫よ…風呂に入っていたの…」

「そうだったのか。父は寝たのか?」

「ハァ~ん~…ま、まだ居間で寛いでいると思うわぁ…」

「明日、俺も実家に様子を見に行ってみようか?」

「えっ…大丈夫よ!私も一度帰ろうと思っていたし…ごめんなさい…寒くなって来たから電話切るね」

「あっ…分かった…じゃ明日」

電話先でしたが明らかに息を荒らす妻がいて、時々漏らす喘ぎ声の様な吐息…部屋に響く水の音と妻に何かが起きている様な気がしたんです。

私の親父(吉雄)は実の父ではありません。

私達が幼い時に母が離婚し、私が小学3年の時に再婚した相手なんです。

元父の作った借金の影響で、貧乏生活を送っていた私達でしたが、母の再婚で生活は一変し、何不自由ない暮らしを送らせて貰ったんです。

実の子ではない私達を父は優しく接してくれ、毎回学校行事にも参加してくれる良い人だったんです。

ただ、父は性欲が強く(激しく)、夫婦の営みは夜の私達の部屋にまで聞えてくる程で、思春期の姉には汚らしく思えたんだと思います。

姉は父を避ける様になり、私も思春期を迎えると父と口を聞かなくなっていました。

やがて姉は就職を決めると家を出て離れた土地で暮らし、私が遊びに出掛けた夜はリビングや浴室といった所でも体を交わす様になり、私が帰宅した時に何度か繋がる2人の姿を目撃した事がある程です。

父の性癖なんでしょうか?

色々な道具で責められて体を縛られている事も度々で、母は私と目が合うと恥じらいを感じ、身をすくめていましたが、父はニヤニヤと笑みを浮かべ満足げな表情で私を見てきました。

私の存在は2人にとって邪魔だと感じていた私は、高◯を卒業すると就職し、家を出たんです。

そんな事もあり、妻が父に何かされているんじゃないかという不安を感じながらも、65歳になる父に性欲が残っている筈も無い…そう思う私もいました。

1月7日、昼過ぎに妻が自宅に戻って来たんですが、疲れている表情で寝不足なのか、目の下にくまが出来ていました。

「お帰り…疲れた感じだけど大丈夫」

「ん~ちょっとね…」

「ゆっくり休むと良いよ…」

「着替え取に来ただけだから…」

「また行くのか?俺が代わるよ」

「大丈夫よ。動けると言っても食事の準備や掃除洗濯は出来ないから私の手が必要なのよ」

「そうだけど…」

「ごめんなさい…もう数日、お義父さんの世話をするわ」

そう言い残すと妻は義母の居るリビングに向かい話をしていました。

目を合わせない妻に違和感を感じた私は、2階の寝室に着替えを取りに向かった妻の後を追って部屋のドアの隅から中の様子を伺ったんです。

妻がクローゼットから取り出した服は丈が短いタイトスカートやワンピース数着で、下着を入れている引出しから取り出していたのは、以前ネットで購入した透けた生地のエッチなTバック数枚でした。

「あんなエッチな下着を…いつも穿かないのに…」

頭に思い浮かんだ光景は、母が父に縛られ道具で責められている姿だったんです。

妻の後ろ姿を見ながら、父に寝取られた事を感じながらも証拠はありません。

着替えを持った妻は、私の目を避ける様に車に乗り実家に向かって行ったんです。

「妻は本当に父に抱かれてしまったんだろうか?」

気になった私は夕方、義母に父の様子を見て来ると言い残し、実家に向け車を走らせました。

途中のコンビニで夕食を軽く済ませ、実家近くの空き地に着いたのは19時を少し過ぎた時間だったと思います。

街外れの閑静な住宅地で、実家は無駄に広い庭に塀と木々で覆われていて道路から敷地内は見えません。

庭先から家の中の様子を伺っていると、裏手にある風呂の灯りが見え水の音が聞えました。

「風呂に入っているのか?」

そう思い、風呂の前に向かうとスリガラスが少し開いていたので、中を覗くと父の背中を流す妻の姿があったんです。

裸体の妻が父の上半身をスポンジで洗いながら、やがて父に

「ここも頼むよ」

と言われると、顔を俯きながらスポンジを置き、素手で肉棒を握りシコシコと擦り始めていました。

「お義父さん、もう1人で出来るじゃないですか?私もそろそろ家に戻らないと…」

「手首の調子が悪いんだ。もう数日頼むよ…それにこんな事、高志(私)に知られたくないだろう」

「そうですけど…お義父さんズルいわ、明日まで…今日だけって言いながら、もう5日間毎日ですよ」

「この年になっても性欲が衰えなくて…困ったものだ…でも由美(妻)ちゃんだって良い声出すじゃないか?」

「それは…」

妻が父と肉体関係を持った事を知り、愕然としながらも脳裏には昔見た母と父の異常な性行為の姿が映しだされ、股間を大きくさせていました。

やがて父が立ち上がり浴槽の淵に座ると、

「仕上げは口で頼むよ」

と言うと、勃起した肉棒を妻の前に差し出したんです。

妻が膝立になった瞬間、陰部に生えていた筈の陰毛が全て無くなっている事を知ると同時に、昔見た母の陰部にも毛が無かった事を思い出したんです。

恥じらいを浮かべながら妻は父の前に膝間就き、大きくなった肉棒を口に咥え、手と舌で仕上げ洗いを始めていました。

父が逝く事もないままに妻は父に手を引かれ、脱衣場に消え、やがてリビングに電気が点いた事を確認した私は後を追う様にリビングの窓から中を覗き込んだんです。

全裸姿の妻は父に背後から抱きつかれ、首筋を舐められた後に唇まで奪われやがて両胸を鷲掴みされていました。

股間を熱くさせながら携帯を握り妻に電話を掛けると、慌てる様に妻が電話に出たんです。

「今日具合悪そうだったけど、本当に大丈夫?」

「うん、大丈夫よ。心配しないで…」

携帯を耳に当てる妻に父は背後から抱き、片手で胸を揉みながらもう一方の手は陰部へと這わせ、妻の反応を楽しむ様にクリトリスを指先で弄り始めたんです。

「あぁ~…ん~心配しないで…数日後には必ず帰るから…」

「何だか気になってさぁ…今から実家に行くよ」

「今からって…本当に大丈夫よ…ハァ~」

「実はもう近くまで来ているんだ!ビックリさせようと思ってさぁ…」

「えっ…近くって…今どこなの?」

「ん~もう少しで着くと思うから…じゃ後で」

驚きの表情を浮かべる妻が、父に私が来る事を告げると、父はニヤニヤと笑みを浮かべ

「高志にも由美ちゃんの淫らな姿を見せてやろうか?」

「何言ってるんですか!ふざけないでください」

「そんなに怒らなくても良いじゃないか!」

「お義父さんも早く着替えてください…夫が来てしまうわ」

私は一足先に近くの空き地に向かい、タイミングを見て実家に車で向かう事にしたんです。

車で待つ事15分、車を走らせて実家の敷地内に車を停めると、玄関先へと歩いて行きました。

玄関を開け中に入ると、何も無かった様に演じる妻が出迎えてくれ、私は妻と共にリビングへと向かったんです。

ソファーに座り怪我人を演じる父は

「わざわざ来なくても良かったのに」

と気を使う言葉を掛けてきました。

「怪我の具合はどうなの?」

「ちょっとした捻挫だよ…由美ちゃんには色々手伝ってもらって…助かってるよ」

「歩けるんでしょ…もう由美が居なくても大丈夫なんじゃないの?」

「そんな冷たいこと言うなよ…お母さんも亡くなって1人で苦労していたんだ」

血の繋がらない親子ですが、父には金銭面や学校行事と色々世話になった事が多く、あまり強くも言えませんでした。

そんな中、妻が冷えたビールを持って来てくれ、久々に父と酒を飲んだんです。

妻を寝取られた嫉妬からか酒を飲むペースが速まってしまい、1時間も過ぎるといい感じに酔いが回っていました。

父も随分酔っていたと思われ、自らの意識(性癖)に歯止めが利かなくなった様に、妻を隣に座らせると肩に手を回し、もう一方の手で太腿を撫で始めたんです。

「お義父さん…夫が居るんですよ…ヤメて」

「酔って記憶がないよ、明日には忘れてるって…」

「分からないでしょ…見てるわ…」

「じゃ、俺に抱かれ逝きまくったこと教えようか?縄で縛られアナルまで犯されたって知ったら…」

「酷い、酷いわ…約束が違います…」

「だったら少しくらい言うこと聞いてくれよ」

父は妻の太腿を開かせ、私に陰部が見える様に仕向けると、ニヤニヤと笑みを溢し、私の反応を楽しみ始めました。

向かいに座る妻の太腿奥には白い肌と割れ目がハッキリと見え、妻が何も穿いていない事を知りながらも目を虚ろにさせ、酔い潰れる寸前を演じながら、この後父が妻にどんな事をさせるのか確かめ様と思ったんです。

妻の肩に置かれていた手はやがて妻の背後に回され、お尻を撫で始めると同時にスカートの生地を上に引き上げ始めたんです。

「お義父さん、もう許してください…目の前に夫が…」

「少しでいい、いつもの様に縛らせてくれ…」

「何言い出すんですか!…夫の前でそんな事言わないでください…」

「そうか、仕方ない…酔いが冷めたら高志に全て話すしか…」

「お義父さん、ズルいわ…」

「少しでいい…由美ちゃんを縛った姿を見せてくれ…」

「少しだけですよ!約束してくださいね」

いやらしい笑みを浮かべながら父は妻の手を引き、リビングから出て行きました。

どれ位の時間が過ぎたのか?

いい感じに酔っていた私もソファーに寄り掛かりながら意識朦朧となり始めた時、2人の会話が微かに聞こえてきたんです。

「お義父さん!許して…こんな姿夫には見せられないわ…」

「高志はもう酔い潰れて寝ているよ…起きてても記憶は無い筈だから心配するな」

「お義父さん…少しだけの約束でしたし、一度逝ったら終わる筈じゃ…」

「由美ちゃんを縛った姿を見ながら酒が飲みたいだけじゃ…服は着てても良いから…」

「服を着ていいって言っても肌に密着して縛った縄が見えるし、それに肌の露出も多いのよ、見えてしまうわ」

やがて嫌がる妻が父に背中を押されてリビングに入ってくる妻の姿が微かに見え、グレーのタイトワンピースに身を包み顔を背けながらソファーに座らせられていました。

「由美ちゃん、私の言った通りだろう?高志は酔い潰れて寝ているよ」

「お義父さん、少しだけですよ」

「分かってるよ…早く酒を注いでくれ…」

妻が話していた様に、肌に密着した服の上には荒縄で縛られた模様がハッキリと浮かびあがり、妻のDカップの胸は前に突出し乳首がハッキリと分かる程で、胸元が大きく開いた部分からは胸から繋がる荒縄が首を覆う様に巻かれているのがハッキリと見えました。

父の隣に座る妻は父に太腿を摩られ、突出た乳首を指先で転されながら

「ハァ~」

と声を漏らし始め、やがて父の太腿に置かれた手に指示される様に、閉じた太腿を開き始めたんです。

私の目の前で顔を背ける妻の陰部には荒縄が食い込み、ローターと思われる配線が陰部から出ているのが見えました。

「父は妻にこんな事までさせていたのか!」

亡き母と父の異常なSEXを思い出すと同時に、今は妻が母の代わりをさせられている事を実感しながらも、妻の姿に興奮を覚えていたんです。

空き瓶を手に新しい酒を取りに向かう妻が立ち上がった瞬間、グレーのスカートには大きな染みが現れ、妻が父に縛られながらも興奮し愛汁を溢れさせていた事知りました。

キッチンから戻った妻は父に抱き寄せられる様に隣に座らせられ、太腿を大きく開かされると陰部を弄られ始めたんです。

これ以上、父に好き勝手させる訳にはいかない…後戻り出来なくなってしまう…。

そう感じた私は目を開け2人の関係を目にする事にしました。

「うぅぅ~飲み過ぎて寝ちゃったのか…」

「あ、あなた…」

「ゆ、由美何て格好しているんだよ…」

「見ないで…これは違うの…」

「親父…これは…」

突然の出来事に2人は硬直し、驚きの表情を浮かべながら言葉を失っていました。

「ちょっと悪酔いしてしまって…母さんを思い出して由美ちゃんに無理やりお願いしてしまったんだ…」

「そうなの、お義父さんが少しだけでいいからって…お義母さんを亡くして可哀想になって…」

「だからって…そんな格好するのかぁ…」

ふらつきながらも立ち上がり妻を立たせるとスカートを一気に捲り上げたんです。

「何て格好だよ!こんな事されて悦んでいたのか!?」

「違うわ!」

「いやらしい汁をこんなに溢れさせて…言い訳できるのか?」

「ごめんなさい…だから嫌だって言ったのに…」

「親父、説明してくれよ!由美を玩具にしていたのか?」

「すまない!母さんが亡くなって本当に淋しかったんだ!由美ちゃんが優しくしてくれて…つい…」

「『つい』って何だよ!息子の嫁を犯したんだろう!?」

「本当にすまない…」

その後、父は涙ながらに謝罪を始め、全てを話してくれました。

妻が父の退院の手伝いをした夜、風呂に入ろうと思ったが、1人では入れない事を知った父は、仕方なく妻に入浴の手伝いをお願いしたと言う。

その時は下心もなかったらしいが、父は裸を妻に見られながら母を思い出し興奮を湧き上がらせていた様です。

翌日には下心が湧き上がり、風呂に入る時に背中を流して貰う事を考え、妻にも一緒に入る事をお願いした。

初めは嫌がった妻も母の事を話す父に母性本能が込上げ、止む無く受入れ父に全裸を見られた様だ。

昔から性欲大盛の父が全裸の妻を見て興奮を高めるのは当たり前で、妻は浴室で父に犯されたと言います。

一度関係を持つと二度、三度と身体を求められ、妻は抵抗を見せながらも私に知られる事を恐れ、父に言われるまま母の身代わりに…。

その夜は酒を飲んでいた事もあり、実家で泊まり妻と一つの布団に横になりました。

深夜まで涙を流し許しを請う妻に"もう気にするな!父も淋しかったんだろうし…由美は優しかったんだ。俺はそんな由美が好きだし、これからもずっと一緒に…"と言った。

「あなたありがとう!もうこんな事はしないわ」

「ん~でも由美の縛られた姿に興奮しちゃったよ…」

「もう言わないで…恥ずかしいわ…もうしないから」

「親父、昔から変わんないなぁ…昔母が縛られているの何度も見た事があるんだ」

「そうなんだ、お義父さん…SMプレーや野外が好きなのね」

「野外?お前…外でも親父と?」

「あっ…ん~夜にどうしてもって…縛られたまま公園で…」

「そんな事まで…」

「ごめんなさい!もうしないわ」

布団に横になりながら、父と妻の異常な性行為を想像し、股間はムズムズと大きくなり始めていたんです。

隣に横になる妻を抱き寄せ、唇を奪うと妻も待っていた様に私を受け入れてくれたんです。

父に寝取られた嫉妬からか?妻の姿に興奮し今までに無い程、激しく抱き合い互いの愛を確かめ合いました。

父に縛られ弄ばれた体は火照り、疼きを感じていたのか?私の肉棒を受け入れると激しく腰を動かし、喘ぎ声を上げながら絶頂を迎えていたんです。

そんな妻の声を聞きつけたんでしょうか?

未練を残す様に父は襖を少し開け、私達の性行為を覗いていました。

父には、どんな形であれ母を愛し私達を大きく育ててくれた恩があります。

私は父が見ている事を知らないフリをしながら夫婦の営みを終え、互いに深い眠りに就きました。

ッチなPR

ッチな広告