エチ研TOP
Home > 体験談 > 出会い系で知り合った優しいセレブ風…
投稿:2015-01-25(日)06:00

出会い系で知り合った優しいセレブ風な人妻とセフレになった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:4,887回)
名無しさんからの投稿

19歳の時に、出会い系で知り合った憲子さん(40歳)。

メールも凄くてエッチな話題は当たり前。

『あたしは大きさより、硬いのが好き』

とか、男の人がイク瞬間が堪らないとか、同時の俺には刺激的だった。

『和也くんのみたいわ』

とメールが来て、写真を送ると

『ねぇ・・・明日会えないかな?』

とメールが来た。

興奮しながら待つと、高級車のレクサスが止まり

「和也くん?」

と声をかけてきたのが憲子さん。

ロングヘアーの茶髪で、ムッチリ系の女性で今売れてる中村アンに似ていた。

「初めまして」

と憲子さんに挨拶されてスカートからムッチリした太ももが堪らないし、香水が凄くいい香りでしたし、上品な感じで車も高いしネックレスも高そうでした。

「凄い車ですね」

と話すと

「あたしはあんまり気に入ってないなぁ・・・BMが良かったんだけど」

と言われてびっくり。

車はラブホテルに入り部屋に入り、ソファに座るなり手を握られ、顔を触られ

「可愛い・・・」

と憲子さんはいきなりキスをしてきました。

「なんか罪悪感感じちゃう」

と言われて

「こんなおばさんでも大丈夫かしら?」

と聞かれて頷くと

「嬉しい」

と抱き締められました。

「フフフッ」

と笑うと

「見せて」

と股間を触りだしチャックの中に入れて触りだした。

「もうおっきいよ?」

と笑うと

「あたしも触ってよ」

と言うので、遠慮なくおっぱいに。

柔らかでおっきめで、触るとブラウスを脱ぎ黒い派手なブラが露わに。

「本当に可愛いわ」

とキスをしてきて舌を入れられました。

そんな事をしてるうちにいつの間にかベルトを外され、ジーンズを下げられてトランクスを脱がし、憲子さんは俺のティシャツを脱がして乳首に。

くすぐったいですがチュッチュッと強く吸われながらモノをしごかれて、下半身に。

「写真よりおっきいよ?」

と憲子さんはいきなりモノを口に。

強く吸われて、舌先で筋からエラを舐め回しました。

「凄い気持ちいい!」

声をあげると

「んふっ・・・凄く敏感」

と憲子さんは袋に吸い付き、俺の事を見ながら笑顔でしゃぶりつきました。

「こんなに反るんだね?若いと」

と笑う憲子さん。ジュポッジュポッと強く吸われると憲子さんは、

「我慢出来ないわ!」

とスカートを捲り、パンティを脱ぎ黒跨がり舌舐めずりしながら上から。

「アンッ!」

と憲子さんは声を上げて中に。

「硬さ半端ないわ!」

と憲子さんは、笑顔で俺の上で腰を上下に。

「アンッ!いい!アァ!」

と憲子さんは淫らに腰を上下に動かして声をあげ、中は入り口がキツくて締め付けてきました。

「あんっ!ああん!」

と端正な顔立ちからは想像が出来ないくらいスケベでした。

「いやらしい」

と話すと

「そうよ!あたしはエッチよダメ?」

と聞かれて

「堪らない」

と話すと

「あたしもこんな若い人とエッチ出来ると思わなかったわ!」

と抱き付き、舌を絡めてキスをしてきました。

ゆっさゆっさと揺れるおっぱいを触り、憲子さんに乗られました。

そして若いし、興奮が高いから長持ちせず

「憲子さん出ちゃうからヤバイ」

と話すと

「いいよ!あたしに出していいから!我慢しないで!」

と更に激しくなる。

「ヤバイ!ヤバイ!」

と中に出したらヤバイと思ったが

「ああん!いいから来て!」

と激しく腰を上下に動かされて

「あっ!」

と俺は憲子さんに果てました。

「アアン!凄い!アアン!」

と射精すると声をあげて、体をぴくぴくとさせて、憲子さんの中はムギュっと強く締め付けて来ました。

憲子さんは目をつぶりながら眉間にシワを寄せて、口からだらりとよだれが出て、俺の体に滴り落ちました。

「気持ちいい・・・」

と笑顔を浮かべ俺の体に寄りかかって来て

「たまんないわ」

と抱き締められた。キスをされて

「硬くて凄く気持ちよかった♪」

と言われた。横に座りディッシュで拭いて

「和也くんの一杯出てくる」

と言われて

「ごめんなさい」

と謝ると

「大丈夫だよ」

と憲子さんは俺のをディッシュで拭いてくれました。

「おばさんでも満足してくれた?」

と聞かれて

「凄く気持ちよかった」

と話すと

「良かった」

と微笑んでくれました。

そのままで憲子さんと話すと、憲子さんはサイトで知り合った男性二名とエッチしたそうですが、相性が悪くて止めようとしてて俺と知り合い、若いから試して見ようと会ったらしい。

「本当に気持ち良かったわ・・・硬いのがゴツゴツぶつかるから本当に違うね」

と笑っていました。

「でも・・・やっぱ罪悪感覚えちゃう」

と話す憲子さんに

「俺も堪らないよ!」

と憲子さんをソファに押し倒すと

「今したばっかりなのに?」

と話す憲子さんの足を開き、若かったから直ぐにヤれた。

再び憲子さんに入ると

「やだぁ・・・硬くなってる」

と憲子さんに沈めて、腰を動かして行きました。

「アアン!チンポ凄い!」

と憲子さんはいやらしい事は平気。

グチョッ、ヌチャッと憲子さんの中は音が出るくらい濡れてた。

「和也くんの凄い!!」

と憲子さんは声をあげて、叫びました。

ブラを剥ぎ、憲子さんの乳輪が大きい乳首にしゃぶりつきがむしゃらに腰を動かしました。また射精感が来ると

「いいのよ!大丈夫だから!」

と憲子さんに求められ、目一杯突き上げて爆発。

「やんっ!熱つっい!」

と憲子さんに最後はぎゅっと抱きつかれて果てると憲子さんに倒れ込むと頭や背中を撫でまわし

「素敵」

とキスをされた。

ホテル代を出そうとすると、

「いいから」

と憲子さんが全部支払ってくれ、帰りに

「ねぇ・・・またあたしと会ってほしいんだけどいいかな?」

と言われて、それから憲子さんとホテルでセックスをしました。

バックや対面座位などや、知らない体位を教えてくれました。

「子供出来にくいみたいなんだ」

と言われてびっくり。

「旦那も・・・週末はゴルフだし、ホステスの女が居るし」

「だから和也くんがあたしと会ってくれるのうれしいのよ・・・もし間違って和也くんの子供が出来てもいいから」

毎週憲子さんと会っていたし、体調がダメな時以外はほとんど毎週。

いつからか、財布のお金が増えていたことがあった。一万円札が・・・。

ある時聞いたら

「バレちゃった?けど色々かかるでしょ?だから」

と憲子さんはいつもシャワーを浴びてる時に財布に入れてくれました。

誕生日には腕時計をプレゼントされて

「5万くらいの安物だけど、学生があんまり高いのは良くないでしょ」

って当時にしたら高級品・・・。憲子さんはボクサーパンツが好きらしくてバレンタインにプレゼントされ

「これからはこれ穿いて」

と憲子さんと会うときは必ずボクサーパンツで、もっこりさかているのを憲子さんはニヤニヤしていた。

大学時代卒業まで憲子さんと三年。大学卒業前に妊娠しました。

「いいのよ、罪悪感とか感じないで。100%あなたのか解らないから、一応旦那としてたし」

と。でも別れる時に

「本当にありがとうね!あたし嬉しかった」

と泣いてくれたのが切なかった。

- 終わり -

前後の話
前の話(2015-01-24 05:00:00)小◯6年生の時に初めて痴漢に遭った

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告