エチ研TOP
本文(2ページ目)

しばらくさせていると、彼女も「はあ、はあ」と言い出す。

「おい、興奮してるのか?」とからかってやる。

彼女は泣きながら首を振った。

すると、突然彼女のスマホが鳴った。

「すみません……」

彼女は恐縮しきりだったよ。

「出なよ」

「すみません」

頭を下げてスマホを手に取る。

途端に顔を悲痛に歪める。

「もしもし、△△くん、今日はちょっと、駄目なの。ごめんね。仕事の関係で……、うん、うん、わたしも愛してる」

スマホをテーブルに置くと、ニヤニヤしている俺を見て、悲しそうな顔だった。

「嘘上手だね」

「そんな事ないです」

「まあ、大学生活中だけじゃなく、社会人になってからも俺から犯されたのを隠してきて、最近は俺との関係を隠しているんだもんな、手馴れたもんだよな」

彼女は暗い顔して俺のもとに戻って、また再開し出した。

エロく腰を動かして、ディープキスもしてくれた。

「彼氏の事考えて興奮してんのか?」

彼女は俺を睨み付けた。

可愛いなぁ。

「おい、今日は俺に助けてつもりで来たんじゃないのか!?」

彼女はびくっとして、「すみません」と答えた。

「そろそろ本番しようよ。挿れて」

「はい」

俺のペニスは既に怒張しきっていた。

彼女は綺麗な手でそれをそっと握り、膣にあてがった。

抱きついて腰を振り出す。

対面座位だ。たまらないよ。

「はあっ、はあっ、あん、あん、あん」

キスで舌を出し糸を引きながら彼女は喘いだ。

ずちゅ、ずちゅ、とイヤらしい音を立てていた。

「気持ちいいだろ、逝きたいだろ?」

「はあん、はあん、は、はい」

涙を流して応える彼女、本当可愛いよ。

「あう、あう、い、イッちゃう…」

ガクガクして絶頂を迎える彼女に容赦なく突き続けてやる。

「やだ、やだぁ」

俺もしばらく突いて、彼女の中に思いっきり出してやった。

食事も彼女に作らせた。パスタだった。

俺はおいしく頂いたよ。

彼女もちゃんと食べていたな。

「俺といて楽しいだろ?」

彼女は俯く。

「エッチは気持ちいいですけれど、それだけです」

「俺のこと、好き?」

彼女は首を振る。

「まあ、いいよ。君の身体は俺のこと好きって言ってくれているよ。そもそも俺たちは運命の相手なんだから。じゃなきゃ、こうして再会なんてしなかった」

「たまたまですって……」

彼女は悔しげな表情で言った。

それからは、あらゆる体位で楽しんだな。

ひたすらキスをし、ペニスを突っ込んで、しゃぶらせて、しこらせり、アナルも舐めさせた。

彼女も何度か逝ったりしてたよ。

また、している時だった。

正常位で、恋人つなぎで、楽しんでいた時、彼女のスマホが鳴ったのだ。

2人ぎくりとして、互いを見やった。

「…いいよ」

俺はペニスを引き抜いて、彼女はそろそろとベッドを降りた。

スマホを取って俺を見る。

泣きそうな顔で。

「また彼です…」

俺はニヤッとしたよ。

「ケツ向けて」

彼女はテーブルに両手をついて、バックの態勢になった。

「出なよ」

彼女は悲痛な表情で俺を見た。

首を振ってくる。

「出ないと、許さないよ」

彼女は電話に出たよ。

「もしもし」

俺はペニスをぐいっと押し込んでやったよ。

彼女は身体を軽く仰け反らせた。

「な、何?え、きょ、今日の夜?」

音を立てぬようにグイグイと突いてやる。

「ごめん、なさい、今日は、職場の同僚と女、女子会で……。…っ」

抱きついて胸を揉みながら、バックだよ。

「う、うん、楽しみだね、結婚式、誰呼ぼっか?……っ、えへへ…んっ…」

俺は背中に舌を這わせたり、彼女の乳首をギュッと握ったりして、彼女の身体がビクつくのを楽しんだ。

「え?だ、大丈夫だよ。ちょっと風邪気味で……。う、うん、そちらこそ身体を大事にしてくださいね」

スマホを震える手で切る彼女。

テーブルに置いて、「はあ」と大きく息をついて、抗議する様に俺を可愛く睨みつけてきた。

俺も彼女も変な汗をかいて、ぬるぬるだった。

ベッドで再びまぐわうと、さらに興奮したよ。

もう最高だ。

「好きだよ○○。可愛いよ」

彼女は喘ぐのみで応えない。

「彼より、俺といる方が幸せだろ?彼は君を暗い顔にするだけだよ。セックスも俺とする方がいいだろ!」

彼女は泣きながら首を振る。

「こんなんじゃない、こんなんじゃないですっ、幸せってこんな事じゃ、あっ…ああっ…」

強情だなあ。

「で、頼みがあるんだけどさ。俺の言うとおり電話してくれないかな」

事を終えて、俺はニヤニヤしながら言った。

電話に出ていた彼女を見て思いついたのだ。

彼女は怪訝な表情を浮かべる。

「女の子に電話するんだ。俺の言う通りな」

彼女はぎょっとした表情で俺を見る。

「で、出来ません…」

「じゃあ、俺の友達に君を売ろうかな。それにビデオだって金にしようと思えばなるだろうし、売っちゃおうかな」

彼女は首を振ってくる。

「すみません、勘弁して下さい。許して下さい」

「駄目だ。君さ、俺を舐めてるだろ」

語気強く言ってやると、彼女は怯える。

「そんな事ありません……」

「彼氏だって、俺の友達に差し出したっていいんだぞ?可愛い後輩だけど、彼女の君が逆らうっていうなら、彼氏共々、俺の友達に売ってやる。奴らはカップルをいたぶるのが大好きなんだ。彼氏の前で女を散々マワして楽しむ連中だ。俺みたいに甘い連中じゃねえ。お前ら2人は突然行方をくらますんだ。それでいいか?」

「だ、駄目です…駄目です……」

泣きながら首を横に振る彼女。

本当に可愛くてもっと苛めてやりたくなるよ。

「最初の約束通り、結婚まで関係を持つだけじゃ、いけないんですか…?」

悲痛な声で尋ねてくる彼女。

「それじゃ、俺の友達をいつまで我慢させられるか分からないよ。君が可愛いのが悪いんだよ。滅茶苦茶にしてやりたいと息巻いてるんだ。恐ろしい奴だから、助からないかもしれない」

わなわな震え出す彼女。

「出来ません……。頑張りますから…精一杯しますから……」

「じゃあ、メールは?お前メールを打て。安心しろ君の友人にじゃないよ。君がまったく知らない子さ。それに、既に俺と関係続けてる子だから、君のせいで犯される訳じゃない」

彼女は震える手でスマホを持った。

「内容は俺が言うから」

彼女はたどたどしくメールを打ち始めた。

「●●の友人の○○です。助かりたければ●●と関係を続けなさい。精一杯彼の機嫌をとる事だ。さもなくば、人を寄越してあなたを攫います。●●があなたをいらない、と言うなら我々があなたをもらうだけだ」

震えながら、送信ボタンで躊躇する彼女。

「押せ」

彼女は押してくれたよ。

項垂れて青ざめて、震えていたけどね。

そして顔を覆ってしまった。

号泣してた。

しばらく見守っていたが、手を引っ張ってまた抱いてやったよ。

「これで、共犯だね」

キスをしながら言ってやると、彼女は

「はい……」

と諦め混じりの声で応えてくれる。

膣内射精の後、お掃除フェラを丹念にさせた後、訊いてみた。

「俺の事、好きか?」

彼女は髪を振り乱して、汗や涙で顔を濡らし、口を唾液と精液で汚している。

しばし呆然としていたな。

「どうなの?俺達は共犯なんだ。もう逃げられないよ」

彼女は汚れた顔のまま、目には悲しみをたたえて応えてくれたよ。

「好きです……●●さん」

「俺の事、愛してるか?」

「はい、●●さん、愛しています」

力なく、応えてくれる彼女だった。

絶望の表情も、美貌を引き立ててそそるんだ。

深夜0時を迎え、別れ際にはディープキスで見送ってくれた。

笑顔で手を振り、「またね」と言ってくれた。

「ちゃんと鍵かけとけよ。危ないと思ったら俺に電話するんだ」

「はい……」

彼女は青ざめながら頷く。

俺に危ない友達なんて本当はいないのだが、彼女は今回ので完全に信じきってしまったようだ。

それにしても、「好き」「愛してる」と言ってくれたという事は、ついに堕ちたのかな?

いやいや、共犯者になってしまったという絶望が、彼女にそう言わせたんだろう。

まさか自分に彼氏を愛する資格はないと思っていて、婚約破棄したりしないよな?

次抱く時に、確かめてみようか。

それと、彼女が脅しのメールを送った相手のとの事も、機会があれば語るつもりだよ。

続き:とあるビルから出てきた就活生を

- 終わり -

ッチな広告

サイト新着記事(外部)