エチ研TOP
Home > 体験談 > 離婚届に判を押す日、あの震災が起こ…
投稿:2013-09-07(土)03:00

離婚届に判を押す日、あの震災が起こった

本文(累計閲覧数:3,651回)
名無しさんからの投稿

震災があった日、俺の地域は震度6強。

1年半にも及ぶ争いで、互いに離婚という結論に決まり、朝に市役所で離婚届を俺がもらいに行って、夜お互いに印鑑を押す手筈だった。

そして大地震。

俺は鞄に離婚届を入れたまま仕事していた。

妻は自宅で出ていく荷造りをしていたと思う。

だが地震直後、咄嗟に妻の顔が浮かんで電話。

「大丈夫か!?」

と電話口で叫ぶと、妻はガタガタと震えた声で

「大丈夫、私は大丈夫だから、今、うちの前に出てる、屋根が落ちてきて…でも大丈夫、外に出れて無事。貴方は大丈夫なの、貴方は大丈夫?怪我は?どこも…?無事?」

と明らかに動揺した声で繰り返した。

自分の事より俺の身を案じているのが分かる電話だった。

その後電話はプツッと不通になり、どこの避難所にいるかも分からず、妻と遭遇できたのは次の日の夜中。

人混みの中に妻を見つけると妻もこちらを見つけて、その顔は泣き顔になった。

思わず走っていって抱き締めた。

「あなたが無事でよかったよ」

と妻は泣いてた。

それから離婚届は破り捨てた。

全てが丸く収まったわけではなく争いの原因となった問題は1年かかってるが、解決に向かってる。

- 終わり -

ッチなPR

ッチなPR

ッチな広告

サイト新着記事(外部)