エチ研TOP
Home > 体験談 > うちに嫁に来た女はみんなシモの世話…
投稿:2015-11-10(火)05:11

うちに嫁に来た女はみんなシモの世話をするものと教えられた爆乳の妻は性処理道具になってしまった

この体験談のシリーズ一覧
1:【寝取られ】嫁が寝てる間に叔父や祖父に身体を好きにされた
2:うちに嫁に来た女はみんなシモの世話をするものと教えられた爆乳の妻は性処理道具になってしまった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:32,751回)
名無しさんからの投稿

前回の話:【寝取られ】嫁が寝てる間に叔父や祖父に身体を好きにされた

後から嫁に聞いた話。

この日はとうもろこしの最終の収穫日で、近所にも手伝ってもらって出荷した。

出荷が終わると、手伝っていただいたご近所さんに家にきてもらって宴会だ。

男4人(皆50代)女2人(40代後半)の6人に刺身,肉,寿司,酒を好きなだけ飲み食いしてもらい、一人一人にお礼(2万5千円)を渡した。

家の出荷額はゆうに900万を超え、実利でもサラリーマンの年収くらいにはなっただろう。

この頃から経理を任されていた俺は、そのうち不景気になるから今の内に蓄えをと思っていた両親とお爺は好きにしろと言っていたが、叔父は小遣いが上がらず、嫁も畑仕事に出ていて欲求不満みたいだった。

畑では長男が木陰か休憩小屋(コンテナハウス冷暖房付き)で寝ていて、嫁がたまに見に行く程度だ。

嫁も、以前の一件から畑でも大胆な格好で、いつもノーブラでぴっしりしたタンクトップかTシャツ。

洗濯が間に合わない時は、チューブトップで仕事をする日もあった。

(もちろん下は、ジャージで腕には小手を付けている)

俺自身家族以外誰もいないので、タンクトップから浮き出る乳首や作業中にブルンブルン揺れるデカパイを見るのが楽しみだったが、欲求不満の叔父には相当毒だっただろう。

叔父も、お爺の命令で畑仕事に出てる嫁には絶対に手を出さず、あれっきりだった。

宴会も盛り上がり、嫁も子供に授乳を終え寝かしつけると戻ってきた。

その姿に俺はビックリ。

宴会の準備と宴会当初はブラをつけていたが、帰ってきた嫁はノーブラ。

しかも白のYシャツ半袖なので乳輪が透けている。

下はデニムのホットパンツで、尻肉が半分出ていてどっから見てもAV女優だ。

「ユキコちゃんサービスいいねえ」

女(男の奥さん)「あんたどこ見てんの。みんな家族みたいなもんだから、息抜きにどんな格好してもいいじゃない」

お爺「ユキコ、一緒に飲もう。お爺の隣にきんさい」

「はい、お爺ちゃん」

「しかしユキコちゃんはデカパイだね。うちのカミさんと比べるとまな板とスイカだよ。ははははは」

この頃、嫁のデカパイは授乳をほぼ終えているにも関わらず、お爺や叔父に毎晩揉みしだかれたせいもあり女性ホルモンの関係か分からないが、Jカップ(110)に進化していた。

女(男の奥さん)「若い時しっかりあんたが揉んでくれればあたしだってこれくらいボインになったわよ」

「独り者の俺には毒だよなあ。時雄ちゃん男さん」

「そうだな。でも目の保養になって嬉しいよ」

叔父、ニタニタしている。

お爺「ユキコ、さあ飲め。もう孫もそろそろ乳離れじゃろう」

「そろそろ離乳しようと思ってたんです」

そう言い、コップにビールを注いでもらって一気に飲み干すと、Yシャツのボタンの上から2〜3番目が外れた。

気付いたのは嫁の左側にいたお爺、俺、男叔父だったが、嫁の右側のまん丸のデカパイが乳輪まで見え、男達は唾を飲んでいた。

この時の俺は経理(儲け)で頭がいっぱいで、嫁がどんな格好しようが風呂上がりに家族の前でパンティ一枚で涼んで(おやじのような格好で)いても家族の一員だから何とも思わなかった。

むしろ、お爺、親父、叔父も日常の光景になっていて、初めこそジロジロみていたが、最近では普通に接していた。

しかし、近所の男達はこの辺にはいない若いデカパイ女に興味深々で、なんとか生乳を見ようと体を動かし、無理やり嫁に醤油を取ってもらおうとかしていた。

そのうち宴会が進み、女達が

「明日の支度があるからこれで」

と先に帰っていった。

その時はもう夜10時を回っていて、男達も11時を過ぎると

「俺たちも帰るか」

と席を立った。

玄関先まで送ると、俺は疲れもあって風呂に行こうとしたが、帰った男達を叔父が追いかけていったのが気になった。

俺は風呂から上がり、寝室に行こうとすると片付けを終えた嫁が、

「みんなが先にお風呂入っていいってさ」

両親は風呂に入らず、お爺も飲みすぎて寝たようだ。

俺は、

「俺もう寝るよ」

と言い、寝室に向かった。

しばらくすると玄関がすーっと開き、誰かが入ってきたようだった。

嫁は、風呂から上がるといつものようにパンティ一枚で居間に出てきた。

首から小さなタオルを掛けて、デカパイをブルンブルン揺らせてテレビの前に行こうとしたその時、帰ったはずの男達が居間でまだ酒盛りをしているではないか。

「きゃっ、ごめんなさい」

と左手でデカパイを隠し、浴室に小走りに消えた。

叔父が普段の嫁の行動を男達に帰り際に話し、再び呼び寄せていたのだった。

嫁は着替え(ノーブラのピッチピッチのノースリーブにスパッツ)終わり、みんなの前に行った。

「ごめんなさい、はしたない格好で。粗末なものをお見せしました」

と舌を出した。

「いや〜すんごいもの見させてもらったよ」

「明後日の青年部、と言ってもおじさんばかりだけど、打合せ忘れててね戻ってきちゃったんだよ、ははははは」

「よかったら寝酒にどうだい一緒に」

叔父「ユキちゃん、座んなよ」

と手を取り、叔父の横、みんなの真ん中へ誘導。

「さあ、呑もう」

と嫁の乳首に釘付けでビールを注ぐ男。

夜も1時を回り、みな大分酔ってきた頃、(嫁も目が虚ろ)

「ユキコちゃん、そのオッパイどれだけ重いんだい、スイカ並かい?ははははは」

「もうwブラジャー付けると肩に紐が食い込んで痛いし汗疹はできるし、農村は見てる人もいないからいつもノーブラなんです」

「どれ、どんだけ重いか持たせてみ」

男は気さくで、嫁ともいつも冗談ばかり言い合っていて、俺も子供の頃から可愛がられていて、スケベではなく本当に嫁のデカパイの重さを知りたかったみたいだ。

男が嫁の後ろに回り、デカパイを持ち上げる。

「こりゃあ重たい、大変だ、スイカだスイカ、ははははは」

と嫁のデカパイを上下に揺する。

見ていた独身の男、既婚の男も生唾を飲み、そしてこの行動がみんなに火を付けてしまった。

「俺にも持たして」

と後ろに回り、嫁のデカパイを持つのではなく揉みしだき始めたのだ。

「もう、持つだけですよw」

酔っていて抵抗する気配さえない。

もう止まらない。

我慢に我慢を重ねていた叔父が、ノースリーブを巻くし上げ、嫁のデカパイをあらわにすると

「おぉ〜」

と歓声と伴に無数の手がデカパイに食い込む。

男は、なかなか取れないスパッツを無理やり剥ぎ取り、パンティーまで一気に毟り取った。

「らめれすお〜w」

かなり酔っている。

昼間の収穫の疲れもあったのだろう、まったく抵抗しない。

男は嫁の股を舐め、そして指を出し入れする。

男もいつもと様子が変だ、完全に我を失っている。

叔父は嫁のデカパイをクシャクシャに揉んでいて、ここ何ヶ月の恨みを晴らすような感じで揉んでいる。

男が嫁の口についにマラを出した。(仮性包茎)

皮を自分で向き嫁に促す。

「くちゃいよ〜」

顔を背けるが、男がまたマラを向けると、今度はす〜っと口に入っていった。

「おい、○○の嫁だぞ」

とたしなめるが、

「う〜、気持ちいい。俺じゃあなくユキコちゃんが自分から咥えたんだよ」

ピストンを繰り返すと、10回くらいでピュッとイッてしまった。

「3年ぶりだからすぐ出ちゃったよ」

と口から出すが、驚いた嫁は飲んでしまっていたのだ。

叔父「今度は、俺のだ」

と言い、咥えさせると

「時雄ちゃんのは相変わらずデカイな〜」

と言い、見とれる。

叔父は、2分くらいでデカマラを口から抜くと、嫁を四ツん這いにした。

そしてバックから挿入。

「おい、時雄ちゃんそいつはまずいだろ」

と止めるが、叔父は首を振り、腰を動かし始めた。

嫁のデカパイがあまりにも激しくブルンブルン揺れるので、みんな呆気に取られ、そして我を失った。

嫁の口には男のマラが、デカパイには男が、そして男もついに嫁の手を取り、自分のマラへ。

嫁は半分寝入っているようで

「ん、ん、んっ」

と言っているだけで喘いだりしていないが、叔父がついに

「ユキちゃん安全日か?」

の問いにも

「・・・・・」

「よし、大丈夫だな」

と言い放ち、ビクンビクンと中出し。

すると今度は男が正上位で下から嫁を突き上げる。

すると、ブルンブルン揺れるデカパイを鷲掴みにした男がパイズリを始めた。

「うちのカミさんがまな板だから一度やってみたかったんだ」

と言って嫁のデカパイに発射。

男も

「出る、出る」

とビクンビクンと中出し。

それからみんな二回戦ずつ戦い、すべて中出し。

戦い終わってタバコをふかす男達。

ヤニ唾と精子まみれの嫁。

男が風呂からタオルとお湯を持ってきて、嫁の体を拭き始めた。

嫁は完全に熟睡している。

「俺たちも手伝うよ」

と言って拭き始めるが、嫁のデカパイばかり拭き(てか揉んで)プルルル〜ンプルルル〜ンとタオルで弄んでいる。

叔父が嫁の股から精子を掻きだし、タオルで拭いている。

かなりの量だ。

そして服を着せてから男達は帰っていった。

叔父がベッドに嫁を運んできたのにも気付かず俺は熟睡していた。

朝3時頃、チュッチュッと音がしたので嫁の方を見ると、お爺が嫁のデカパイに吸い付いている。

お爺「なんだもう出ないな、また子供作ってもらおう」

と言って帰って行った。

翌朝、嫁は股がヒリヒリしているが何が起きたか分からないとの事だった。

とうもろこし収穫の件から数週間して男(以下良夫)は、うちの手伝いに来る事が多くなった。

自分の畑はそっちのけで毎日のように手伝いに来ている。

俺も規模を大きくしたかったので大いに喜んだ。

日当も1万5千円で話を決め、更に良夫さんは俺がやりたかったハウス栽培のベテランで、この辺りでも右に出る者はいないほどで非常に助かっていた。

仕事終わりに夕飯と風呂に入ってもらい、酒を飲んで雑談して帰る日々だった。

しかし、良夫さんの目的は嫁のデカパイだったのだ。

俺は全然気付かず毎日過ごしていた。

嫁も、良夫さんがいるので風呂上がりでもブラを付けてパジャマで接しているが、パジャマ越しのデカパイにニヤニヤしている良夫さんに気付くのにそんなに時間は掛からなかった。

変に嫁に酒を勧めたりしているが、俺の手前嫁も飲まずにいた。

ある日、ハウスに手が回らずに困っていると、良夫さんが

「おふくろさんかユキコちゃんでいいから」

と言ってくれて、

「ハウス初めてなんで私行きます。お母さん、○○(長男)お願いします」

と言って、良夫さんとハウスに行った。

ハウスの中は灼熱地獄、嫁がTシャツノーブラなのは良夫さんも知っている。

みるみるうちに汗でTシャツがデカパイに張り付く。

「思った以上に暑いですね〜。もうパンツまでベトベトです」

と言うと、

良夫さん「ははは、俺なんかいっつも裸で仕事してるよ」

「良夫さん、私向こうの列をやっていいですか?」

茎の高い野菜だったので、隣の列から隣の列が見えなくなっている。

良夫さんは首を傾げながら

「うん、いいけどやり方わかったかい?」

「わかりました。やってみますんで」

と言い、反対の列にいった。

しばらくして、良夫さんが列の隙間から嫁の方を覗くと、なんと乳首が見えたのだ。

良夫さんは目をこすり、凝視すると嫁がデカパイを向き出しにしてTシャツを腰に巻いて作業してるではないか。

良夫さんは興奮し、あの夜の出来事を思い出した。

そしてさりげなく、

「ユキコちゃん順調かい?」

「大丈夫です」

すると、良夫さんが嫁の方に回り込み、

「どうだい?」

と声をかけた。

「きゃっ!」

とデカパイを両手で手ぶらのように隠し、

「ごめんなさい、あまりに暑いから脱いで、仕事していたの」

と裸の良夫さんに言うと、

「ははは、大丈夫だよ、家族みたいなもんだから遠慮しないで、妹見て興奮する。やつはいないよ」

と安心させる良夫さん。

「じゃあ、良夫さんが行ったらこのままで仕事しようっと」

と言うと、良夫さんは自分の列に戻った。

それからの良夫さんは仕事が手に付かず、嫁の生デカパイの揺れを楽しんでいた。

しばらくしてドサッと音がした。

嫁が倒れたのだ。

軽い熱射病になったようだった。

良夫さんが駆けつけたが、嫁はデカパイ丸出しでいた。

良夫さんが嫁を抱えてハウスから出し、木陰にベニアを敷き、嫁を寝かせた。

良夫さんは経験豊富で、すぐ嫁の脇の下を水タオルで冷やし、ジャージを脱がせ、パンティー姿にした。

とっさにTシャツを取り、水で濡らして両太ももを冷やした。

嫁はすぐ意識を回復したが、まだ朦朧としているようで、

「私・・・・どうしたんでうか・・」

良夫さん「軽い熱射病だよ、寝ていれば治るよ」

と言い、安心させた。

この時すでに良夫さんのマラはビンビンになっていて、嫁が大丈夫と見るや次なる行動に出た。

良夫さん「ユキコちゃん、倒れた時に泥で体が汚れたから拭いてあげるね」

「・・・・・」

嫁は寝入っているみたいだ。

良夫さんは嫁のデカパイに素手で触り始めた。

良夫さん「胸と先っぽに土が付いてるね〜」

とデカパイと乳首を触り、そして揉みだした。

今日はこの前と違い、一人きりでデカパイを自由にできるのだ。

ッチな広告