エチ研TOP
Home > 体験談 > 妹とバイブエッチした次の日から妹の…
投稿:2015-09-04(金)12:26

妹とバイブエッチした次の日から妹のパイパンの虜

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:29,840回)
名無しさん(20代)からの投稿

前回の話:妹がバイブを欲しがったので、一緒にアダルトなお店に行くことにした

「くるみ、見せて?」

「またぁ?」

「いいじゃんよ」

「いいけど、ちょっとトイレ」

「俺も一緒に行く」

「あぁ〜分かった。まぁいいけどね」

と一緒にトイレに入った。

妹は早速パンツを下げおしっこをして終わると、両足を便座に上げM字にし

「舐めていいよぉ。おしっこつきのマ○コ舐めたかったんでしょ?」

「さすが、妹」

妹が両手でマ○コを開いてくれたので滴るおしっこを舐めて、マ○コにしゃぶりついた。

ジュル・・・ジュジュー

「しょっぱくておいしいよ」

「好きなだけ舐めて」

「パイパン舐めやすいわ」

興奮して来たので下を脱いで妹のパンツでシゴき始めた。

「お兄ちゃんくるみのパンツでするの好きだよね」

「高校からしてたからくるみのだと思うと興奮する」

「変態だね、くるみもだけど」

「もう少しおしっこ出る?」

「出るかなぁ?」

口を開けてマ○コの前で待っていると、妹がマ○コを近づけてきて

「プシャー」

と少し出てきたので飲み込んだ。

我慢出来なくなりマ○コに挿入した。

「あぁ〜キツくて温かい」

「くるみも気持ちいぃよぉ」

トイレではやりづらいので、駅弁でベッドへそのままDKしながら駅弁で突いた。

妹を降ろし、バックの体位にして腕を後ろにして手錠をかけた。

バイブを弱にして挿入すると

「あぁこれ気持ぢぃ〜」

妹はバイブの虜だった。

俺は前に回り、妹の頭を持ってチ○ポを口に入れた。

「くるみの口マ○コ気持ちいい」

「舌で亀頭舐めて」

口に含んだまま

「う"ん"」

と答えた。

「あぁ先っちょ気持ちいい」

「我慢汁も吸って」

と尿道をすすった。

「動かすよ」

苦しくない程度にピストンしていると、間もなく射精感が込み上げてきた。

「くるみ出すよ」

「う"ん」

「出るっ・・・出るっ・・・あ"ぁっ」

「ビュ・・・ビュ・・・ビュ」

と昨日、出しているので少量だった。

妹の頭を持ったまま抜くと、口を

「グチュグチュ」

っとさせて飲み込んだ。

くるみの頭を布団に降ろすと

「くるみもイカせてぇ・・・」

と言うので後ろに回るとバイブが入ったマ○コはマン汁でグチョグチョになり、ベッドにみ数滴落ちていたので一旦バイブを抜き

「マン汁いっぱい出てるから舐めるね」

「うん、舐めて」

周りをベロベロ舐め、マ○コを開いて

「ジュッ・・・ジュルジュッ」

と吸いとり、今度はバイブを強めにして挿入した。

奥に入れて少し止め、入り口まで戻しまた入れを繰り返した。

「ジュプ・・・グププ・・・ジュプ・・・グプッ」

「あぁ〜気持ぢぃ〜」

「くるみはバイブ好きだね」

「はぁ・・・はぁ・・・気持ちいぃの」

「お兄ちゃん・・・イカせてぇ」

バイブを一番強くして、ピストンを速めると

「もぅイッちゃうよぉ」

「あぁぁぁ、イグっイクっっあ"っ」

と痙攣してお尻がビクっビクっと何度も動いていた。

「くるみぃマ○コキレイにするね」

と大量のマン汁をクンニした。

手錠を外し飲み物飲んで休憩。

もう一度、同じ体勢にして手錠をかけた。

「お兄ちゃんまだするの?」

「昨日買ったの使ってみようと思って」

「何するの?」

「・・・」

昨日、買って来たのはアナルバイブと拡張プラグ。

俺は以前買っていた一度も使った事のないゴムも用意した。

「ゴム有ったんだね」

「一応ね」

「どうすんの?」

「ここに入れる」

と俺は妹のアナルをペロッと舐めた。

妹はビクっと動いた。

ゴムを指に被せ、ローションを少しつけた。

「玩具もお尻に入れるんだよね?」

「うん、いや?」

「痛いのはヤダよ」

「くるみのお尻にチンチン入れたいんだ」

「ムリムリ、お兄ちゃんの入んないから」

「ちょっとずつ拡げて行くし、今日は入れないから」

とアナルに入れようとするが入らない。

「力抜いて」

「力んじゃうもん」

と言うのでバイブを強にして挿入した。

「あぁぁくるみすぐイッちゃうよぉ」

もう一度アナルに指を突き立てるとヌプッププと全部飲み込まれた。

「う"ぁぁイクっっ」

とビクっビクっとイッてしまった。

「はぁ・・・はぁ何か変な感じ」

指を出し入れしたり、拡げる様に回したりしていて指を1本が限界だと思い、玩具を使うのを止めた。

そのまま弄ってると

「お兄ちゃん・・・出そう」

と言うので手錠を外してトイレに行かせた。

「お兄ちゃんの入んないよぉ」

「拡がるまで入れないから大丈夫だよ」

とその日は止めた。

それから連日ではないがアナル拡張を始め、3週間たったぐらい寝る前に初めてプラグを入れて、そのまま寝させることに。

「これ入れながら?」

「奥まで入って行かないから」

と言って入れた。

20分ぐらいにウトウトし始めた頃

「ねぇ・・・ねぇ・・・お兄ちゃん」

「なにー?」

「寝られないよ」

「うん、取っていいよ」

「濡れちゃったの」

と言うのでパンツの上から触ると濡れていた。

少し目が覚めたので、指でイカせようとパンツの横からマ○コを弄ってると妹が俺のを弄ってきた。

「入れて欲しいの?」

「うん」

「じゃあ、舐めて」

妹は俺のパンツを脱がし、小さいままのチ○ポを口に入れて

「グチュグチュグチュ」

とすると一瞬で小さな口には収まらなくなった。

勃ったものを深くしゃぶりだし

「んぁーチ○ポ汁おいしいぃ」

「ジュブ・・・ブッ・・・ジュッんぁー」

「んぁ・・・おしっこの味するぅ」

俺はくるみの頭を撫でてあげた。

「お兄ちゃん入れてグチュグチュだよ」

パンツを脱がし正常位で挿入した。

ヌルッと入るとプラグのせいかいつも以上にキツい。

「いつもキツいマ○コだよ」

「奥まで突いてぇ」

奥まで強く突いてあげた。

「あ"ぁ、うっ、チ○ポ気持ぢぃ」

「デカチ○ポいいよぉ」

「あぁお兄ちゃんのチ○ポでイキそうだよぉ」

「いいよぉイクとこ見せて」

「あ"ぁぁぁイグっイクっイクっっあっ」

と痙攣して初めて俺のを入れながらイッた。

そのまま俺はピストンを続け

「お兄ちゃんもイキそう」

「お兄ちゃん中で・・・中で」

「んあぁー出るっう"ぁっ出るっ」

奥に当てながらビュービュービュッと中で出しきった。

「お兄ちゃんの入れたままでイケたよ」

「お兄ちゃんも正直、嬉しいよ」

とDKしてお互いのを拭いて眠った。

そして拡張し始めて4〜5ヶ月くらいの週末

「くるみ、そろそろ入れてみたいだけど」

「いいよぉ」

「ウン○出そうならトイレに行ってきて」

「さっき行ってきたから大丈夫だと思う」

妹もこの頃には興味に変わっていた。

二人でお風呂に道具を持ってお風呂場へシャワーを浴び、前で手錠をかけて四つん這いにした。

俺はローションを指につけてアナルをほぐし、お湯を溜めて、小さい空気入れの様な洗浄器にぬるま湯を入れた。

「浣腸するよ」

「うん」

洗浄器を挿入してお湯を入れていった。

「あっ入ってきた」

少しずつ入れて

「全部入ったから我慢して」

とアナルバイブとアナルにローションを塗った。

「苦しくなったら言って」

「うん」

バイブを挿入し、ほとんど入ったところでスイッチを入れた。

バイブは回転する仕様なので、アナルをかき混ぜている。

「もう出そう」

と言うので上体を起こして膝立ちさせバイブを抜いた。

「恥ずかしいよぉ。でも出そう」

「あっ!」

と言った瞬間、茶色い液体と残っていた汚物がが床に広がり、匂いも広がった。

妹の顔は真っ赤になっていたので抱きしめた。

「恥ずかしいよぉ〜でもちょっと快感」

この後、透明になるまで浣腸をし続けた。

床に広がったモノを洗い流し、お互いの体も洗った。

再び、四つん這いにして初めてゴムを装着し、ゴム、アナルにローションをたっぷり塗った。

「くるみ入れるよ」

「うん。ゆっくりね」

ヌププププっと意外にも全部入ってしまった。

俺はくるみの小さいお尻にチ○ポを入れている事に興奮した。

「どんな感じ?」

「ウン○してるみたい」

「お兄ちゃんは?」

「気持ちいいよ。達成感もあるし興奮する」

「くるみも」

「少し動くよ」

妹のマ○コとクリを弄りながら、ピストンした。

初めてなのでアナルに傷が付くかもしれないので激しいピストンも出来ず、ゴムのせいで全然気持ちよくないので抜いた。

「マ○コに入れるよ」

「くるみももう入れて欲しいの」

チ○ポとアナルを洗い、立ちバックで挿入した。

「やっぱり生マ○コ気持ちいい」

「うん、くるみも」

激しく奥にピストンすると

「お兄ちゃんイッちゃう」

「いいよ先にイッて」

ッチな広告