エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 【痴漢】電車で寝てたら内ももを撫で…
投稿:2016-10-17(月)13:45

【痴漢】電車で寝てたら内ももを撫でられる感触がした

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:20,998回)
京都府/名無しさん(20代)からの投稿

大学からの帰りの電車内の話。

朝一のガイダンスだけ受け、

「やることもないし帰ろう」

と電車に乗りました。

平日の朝の田舎の方ということもあって、車内はガラガラ。

ラッキー、と思い、2人席の窓側に座りました。

朝早くに起きたということもあって、座ったと同時に凄まじい眠気が襲ってき、そのままくったりと眠りにつきました。

ふと目を開けると、知らない男の人の顔がすぐ目の前にありました。

びっくりして顔を上げると、

「隣、いいですか?」

と一言。

どうぞ、と返すと、にこっと微笑みながら軽く頭を下げ、私の隣に腰を下ろしました。

横目で盗み見ると、私と同い年くらいの、大人しめの、爽やかそうな男の人でした。

隣に座るだけなのに相手の許可を取るなんて、なんて律儀な人なんだろう。

変わった人がいるものだなあ、と思いながら、再び目を閉じました。

異変を感じたのは、それから数分経った頃でしょうか。

自身の肩がぴくり、と動くのを感じ、私は目を閉じながらも眠りから覚めました。

まだぼんやりとする意識の中、何かが私の内腿を弄る感触がしたのです。

「何これ、手…指?」

と考えていると、するりとホットパンツの中に入ってきました。

タイツを履いていたので直接下着には到達しなかったのですが、指が、タイツ越しに割れ目の外側をなぞってきました。

タイツ越しとは言えど、生地が薄かったため、ぴりぴりとした感覚が腰から上ってきました。

痴漢だ。

そこでようやく、自分が置かれている立場を理解しました。

しかし分かってはいても、実際にされるとどうしたらいいか分からず、

「寝てるふりをしておけばそのうち飽きるだろう」

と高を括り、私はそのまま目を瞑っていました。

それが、余計に相手に拍車を掛けてしまったのでしょうか。

最初は遠慮がちになぞっていた指が、徐々に速く、且つ的確に弱い所を責めてきました。

割れ目を擦り、時折固くなっている豆を弾き、摘み…その頃にはすっかり押し寄せる快感にひたすら耐えつつ、起きていることを悟られないよう、力を入れてぴくぴくと震える身体を抑えていました。

しかしふと力を抜いた瞬間、タイミング悪く、かりっ、と豆を爪で引っ掻かれたため、

「んぁっ」

と思わず声が漏れ、身体を大きく震わせてしまいました。

あまりの恥ずかしさに立ち上がり、

「すみません!!!」

と何故か私が謝りながら、タイミング良く停車した駅に飛び降りました。

その後トイレに行ったのですが、イってはないものの下着はぐちょぐちょになっており、タイツまでシミができていました…また、あの男の人にお会いしたいです。

- 終わり -

前後の話
前の話(2016-10-16 17:36:21)遊園地から帰って麻衣とヤッた話

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告