エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 嫁のエロ写メやハメ撮りをアダルトサ…
投稿:2015-07-10(金)05:00

嫁のエロ写メやハメ撮りをアダルトサイトに投稿したらめっちゃ興奮した

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:13,816回)
名無しさんからの投稿

前回の話:【寝取られ願望】ずっとレスだったけど、嫁がパート先で口説かれてるのを知って夜な夜な寝てる嫁を犯した

俺、41歳頃。
嫁、38歳頃。

携帯にカメラ機能が付き始めた頃。

きっかけは、ふざけて風呂上がりの嫁にカメラを向けるとキャッキャと逃げながらも嫌ではなさそうだったのが始まりでした。

エッチの時にカメラ向けると

「こらっ、何してんの!」

と言いながらも女優気取りで

「誰にも見せるなよ」

とポーズ取ってくれ、数枚撮影。

その後、隠し撮りやハメ撮りもしたくなり実行。

家では薄着で裸族の嫁の盗撮は簡単で、特に酔うとパンイチで寝たら起きないのでパンティずらしたり、貧乳から尻から内緒で撮りたい放題。

ハメ撮りはさすがに嫌がるかと思いきや、フェラ・正上位・バックと簡単に撮らせてくれました。

エロスイッチの入った時など、フェラはカメラ目線で大きく舌出してレロレロと見せつけるように舐めたり、M字に座り自ら人差し指と中指でマンコ広げたり四つん這いで両手で尻肉広げてマンコとアナル見せたりと協力的でサービス満点。

仕事の休憩時間やヒマな時、

(貧乳って寝たら小さい胸がより小さくみえるなぁ、もっと胸あったらなぁ)

とか思いながら1人見て楽しんてたんですが、ノーブラノーパンでコンビニに行かせた時の男達の胸元や太ももへのいやらしい視線集中や、露出遊びの尻出しのスリルやスナックで無防備な嫁の胸チラチラ覗く客の男達の視線に変な興奮を覚える自分が思い出され、新たな刺激を求めて投稿を決意。

アダルト投稿サイトを見つけたものの、晒したいのに知り合いにバレたら・・・と躊躇しましたが、晒したい興奮に負け、

嫁とは書かず、

『セフレ人妻35歳エロいですよ』

として顔が分からないように、まずは遠目に写した全裸写メを投稿。

嫁の裸が知らない男達に見られるかと思うとドキドキ。

閲覧数が増える度ドキドキ。

特に、住居が近くの閲覧者の足跡が付くと知り合いかも?と大興奮。

すぐにコメントが

「スタイルいいですね」

「顔見たいです」

「貧乳フェチなんでオッパイアップや乳首も見せてください」

「マンコ見せてください」

など閲覧者から数件のコメントも興奮度を増し、リクエストに答え、顔以外は徐々に投稿。

局部は削除されるので、モザイクやスタンプ入れて投稿。

モザなしくださいって人には差し上げました

世の中の男達は、知らない女(嫁)の裸や局部を見ても興奮するのかと俺は更に晒し、俺自身も興奮してました

ただ、エロい女とかスタイルいいですねのコメントはあっても、色っぽいとか色気あるねとかのコメントは無かったです。

そして、そのうち晒したことを嫁に言ったらどな反応するかな?とさらなるイタズラ心も湧いてきて

ある夜、

「あの写メエロサイトに投稿したぞ、セフレとしてやけど(笑)」

「えっ!?誰かに見られたらどうすんや(怒)」

「顔は隠してカラダだけ。オメコ写ってるのもあるけどお前の裸見られまくり」

「なんや、裸くらいええわ。顔わからんなら何が写ってようがええ。オバハンの裸見ても誰も喜ばんやろ?」

「もっと見たいって意外と好評やで。スタイルいいとか、スケベそうとか(笑)」

「そうなん(笑)投稿するなら綺麗に撮ってや。何で嫁で投稿せんの?」

と裸で寝転がり見てよとばかりに開脚したり、四つん這いで尻突き出したりと新たな写メ撮影。

嫁にその撮りたての写メ見せると、

「そうや、この写真、嫁と言わんと会社の人や知り合いに見せてもいいで、感想も聞いてきて。私が絶対会わん人だけやで」

俺はえっ?と絶句・・・。

女ってこんなもんか?

素性わからなければ裸見せるの平気なんか?

ウチの嫁だけか?

会社の同僚は何人か嫁と面識あるんですが、ネコかぶった嫁しか知らないので、嫁抜きの普段のエロ会話など

同僚「嫁さんパッと見清純そうやけど、エッチの時はどんなん?声出す方?好きな体位は?」

など嫁に興味持ってる奴もいた。

そんな同僚達や、嫁と面識ある顔見知りの男達に見せればその後のそいつらの反応も見ものだったのですが、そこまでの度胸なく断念。

ただ一度だけ、酔った勢いで絶対嫁と会わない関連会社の男に酒席で

「この女どう?」

とドキドキしながら嫁の全裸写真数枚を見せた。

「ベッビンやんか。こんな写メ撮らして、この女好きもんやろ?」

とニヤニヤ。

「セフレ。胸ないけどフェラ大好きで上手いしドスケベやで(笑)」

「おまえ贅沢やな。乳小さあてもええケツしてるやんか。俺もこんな女とヤリまくりたいわ」

と興奮ものの言葉も。

その会話内容を帰って嫁に話すと嫁も満足気にニヤニヤしてました。

ちなみに嫁に自分で投稿させたこともあったんですが、すぐさま男達からメールの嵐でした。

『35歳主婦です。私のカラダどうですか?』

『お姉さんええカラダしてるねぇ。欲求不満なん?今夜どう?』

と電話番号とアドレス入りのメール。

『乳首黒いね』

『マンコアップで見せて』

『クリ剥いてみて』

『俺が気持ちよくさせようか?』

『僕、童貞なんです筆おろしお願いします』

・・・等々。なかには、

『オバサン、こんななったから責任とって』

とチンコ写メ送ってきたり、レズの女が

『見せ合いっこしましょうよ。アソコ見せて』

と自分のオメコ写メ送ってきたりで、さすがの嫁も気持ち悪いと言ってすぐ削除してました。

以降サイト投稿は俺がして、時々コメント見せてました。

嫁の言う通り、嫁として投稿した方が俺自身の興奮度も増すと思い、嫁として投稿することにしました。

「お前の裸全国の色んな男が見てるぞ」

「ええよ、裸写メくらい誰かわからんし、知らん人が何に使おうが」

と気にする素振りなし。

女って怖い。

それから携帯にムービー機能がつき、嫁のプロ顔負けのフェラも撮ったのですが、フェラは顔がバレるので見せたくてもNG。

顔を隠したムービーを切り抜き、フェラ写メはどうしてもスタンプだらけや粗チンと口元アップになって不評。

またその頃には、夫婦に隙間風で不仲レスに突入。

エッチもお互い酔った時の年数回、撮影も投稿もマンネリ飽き気味で1〜2年で消滅。

ところが、詳細は投稿しましたが、嫁が38歳時バートに行き出した頃、再び投稿遊びに火が点いた。

パートに行き出してしばらく経った頃から、俺が帰宅するとオシャレな服装て酔い潰れて寝てる姿が増え始め、ある日ムラムラきて嫁の着てるワンピースを捲り上げたら見たことない派手な下着。

久々にヤリたくなり、そっとブラ外してストッキングとバンティも脱がしても爆睡。

その姿を写メで撮りたくなり、捲り上げたワンピースで顔を覆い隠し、うつ伏せと仰向けにして撮影。

撮影後、貧乳揉みながら乳首チュパチュパ吸い、マンコを弄るとクチュクチュと濡れ濡れに。

「うぅん・・・うぅん」

と言うものの起きる気配なし

爆睡しててもオメコは濡れるんやと思いながら足開いて挿入。

ゆっくり腰を振りピストンすると

「うぅん、あっ、あぁん・・・」

と時折微かな喘ぎ声は出すものの夢の中。

この日はいつもの嫁主導のしつこく注文多いエッチと違い、酔い潰れて無抵抗の嫁をやりたい放題犯すのがとても快感でした。

その後、嫁の携帯メール盗み見て、パート関係の男達に頻繁に飲みに誘われては口説かれてる事を知り、変な興奮を覚えた俺はこの写メを後日久しぶりに投稿。

『バート先で口説かれ、泥酔したレス嫁の姿』

で投稿すると、俺も興奮したし好評でした

閲覧した男達からは

『ワンピースの中が裸ってのがそそりますね』

『奥さんこんなに飲まされて帰宅ですか、いいケツしとるし、もうヤラれてるんじゃないですか?俺もそのケツバックで突きたい』

『俺、貧乳フェチなんですよ。乳首は大きそうですね。乳首コリコリしながら吸いつきたい』

『奥さん剛毛ですね。奥のマンコも見たいな。酔わされて弄られて濡れてませんか?』

『ハメたらどんな声出しますか?』

など刺激的なコメントが。

前投稿にある通り、寝取られ願望の湧いてた俺は、嫁を泳がせて口説いてる4人の誰が落とすか?誰がヤルか?とワクワク興奮しながら進行状況に合わせ、時々投稿遊びも内緒で再開。

この頃は、酔って帰宅するたび呂律の回らぬ口調で、

「外出たらまだまだイケてるからなぁ」

と自慢気にチヤホヤされた話や、軽くセクハラされた話を暴露するので

「そんなにイケててモテモテならエッチもしてきたら?もうしとんか?」

と言いながら嫁を抱くのが快感になってました。

嫁も酔ってフラフラで帰宅した日は、不仲レスの俺相手でもエッチしたいのか拒みながらも受け入れてました。

この頃は酔って帰った嫁を見るだけでチンコビンビン。

酔い潰れて寝てる姿見たらすぐ脱がしたくなるし、嫁も酔って帰ると襲われるのわかってるのか待ってるのか、俺が近づくと

「イヤって、あんたとはせんから離して、あっあっあ、あんっ」

といつも最初は拒むもののすぐにスイッチオン。

ヤリながら思ってたのは、酒の強い嫁をこんなに酔わすとは相当飲ましたな、酒代高かったやろな。

パート先の男達はそんなに嫁とヤリたいんか?

こんなに飲まして手も出さずいつも中途半端で帰らせて、ちょっと強引に押さえ付けて一発ヤッたら後はヤリ放題やのに、このエロく喘ぐ姿見せてやりたいわ、と。

酒席でチヤホヤおだててフラフラなるまで飲ましてエロ話して、胸や尻触るくらいしてるやろうけどなかなか一線を越えられない男達にイライラも。

ヤリたくてもヤレずに帰した嫁を簡単に脱がし、代わりに犯す征服感は興奮モノでした。

酒が入ってエロさ増してるし。

嫁とのエッチに興味無くなってた俺だけど、外の男達がヤリたがってると知ると、嫉妬じゃないけど急にヤリたくなってました。

この頃の、俺はホントに酔った勢いでもいいから寝取られたり強引に犯されたりして欲しかったです。

口の軽い嫁は、俺への当てつけで酒の勢いでしたって多分暴露するだろうし、嫁のメールにヤラれた痕跡があればそれを聞いたり見たりした俺自身も凄い興奮でき、どんな感覚になるだろう?と想像するだけで勃起モノでした。

どうしても寝取られた感覚を体感したくて実行に移したい俺は、いつも酔って帰った嫁を犯しながら挑発。

嫁に覆い被さり、愛撫しながら囁いてました。

「裸にしたら大したことないのに、年下君達よう口説くなぁ(笑)」

「ふん、知らんのかイケること」

「イケてるの?(笑)じゃ男出来たか?誰かとした?」

「キスは飲んだ男としまくりや。ふん、キスは浮気じゃないし酔ってきたらチューしたくなるからな」

それを聞くと嫁の唇奪いたくなり、酒臭いの我慢して舌入れると嫁も反応し、レロレロと返してきてディープキス。

「キスだけ?エッチは?」

「そのうちするわ」

「早よしたら、浮気していいって言ってるんやから」

貧乳を揉みながら乳首ベロベロしたながら、

「もう誰かにオッパイくらいは吸わしたんやろ?」

「そのうち吸わすわ。あっ、オッパイ気持ちいい、もっとナメて」

「おまえがキスしたらキスだけで終わらんやろ?言えや」

「ふん、変態そんなに何されたか聞きたいんか?ほんまキスだけや、飲んだらキスくらいしまくってるけどな」

「こんなカラダ、一発やったら捨てられるわ。けどお前、テクニック凄いからセフレとしてならいいかもなぁ」

「ふん、知らんのか・・・あっあっあっあっ・・・」

とお互い快楽だけのエッチ。

エッチしなければ浮気じゃないと思ってる嫁はキスまでは暴露してましたが、この頃は実際どこまで許してたのかは不明です。

男ならキスしながら胸や尻揉んだりするだろうし、キスだけでは満足出来ない男もいるだろうし。

そして撮った写メを投稿。

『口説いてる4人見てるか?お前らがヤリたがってる女の裸やぞ。今日もお前らが飲ましてフラフラで帰したから代わりにヤッたぞ。エロかった』

書きながら征服感とエッチの余韻でまた勃起。

もうひとつ好評だったムービーが、尻出してプリケツクネクネ。

深夜1時半頃に帰宅した嫁。

留守がちな俺が家に居ることを知り、コソコソと台所で着替えてるところに頃合いを見て潜入。

嫁は下着姿でビクッとし、黒のブラジャーと黄色のバンティ姿を隠しながら、

「帰ってたん」

こんな時間に酔って帰宅とは、どうせ男と飲んでたんやろと変な妄想で興奮して近づいて抱きしめると酒のニオイがプーン。

「なに?離して」

その後ろ姿が鏡に映ってたんで、ムービー撮影開始。

ブラのホックを外そうとすると、

「何してんの、気持ち悪いからやめて」

ブラを外すと鏡に映るセミロングの髪とパンティ1枚の後ろ姿。

更にパンティに手をかけると

「キモイキモイ!嫌やて!」

かまわず黄パンティをズリ下げると、貧乳に釣り合わない肉付きのいい柔らかそうな尻がプリンとお披露目。

「チンチン絶対挿れんといてや」

酔ってフラついてるのか抵抗してるのか、カラダを左右に揺する嫁。

携帯片手に鏡を撮影してる俺の目には、尻をフリフリしてるようで妙にそそる後ろ姿。

俺はずっとフル勃起しながら撮影。

ここまで投稿したら、この投稿には結構な反響があった。

『奥さんいいケツしてますね。絶対ヤッてきてますよ』

『そのケツは男いますよ』

『ヤッてきたマンコも見せて』

『前も見せて』

『続き見せて』

等々。

鏡越しの抵抗とプリケツ見てたら我慢できずハメようと撮影中断。

まずナメさせようと、

「挿れんから舐めてくれ」

「いや、好きな人にしかせんから」

ここまで脱がしたらいつもはエッチOKですぐシャブりついてくるのに、この夜は拒否。

この夜の俺は、良い仲なってたKと夜の初デートを済ませたばかりというのをまだ知らずに襲ってました。

さらにパンティを脱がしにかかると寝転がって抵抗。

その様子を撮りたく、再び撮影開始。

パンティを両手で掴みながら、

「もう、いややて。嫌いやからやめて」

投稿されるのに気付いてるのか、

「顔映さんでや」

その他汚い言葉叫んでたので、無音で顔の映ってない部分だけ切り抜いて投稿すると、

『本気で嫌がってますね。逆に興奮します』

『続きを』

等々。

そしてやっと全裸にしたら、顔を伏せて横向きで寝転がり、両腕で胸を両手で股を隠す嫁。

見飽きた裸なのに今更でした・・・。

その写メも恥じらう熟女っぽく好評でした。

真上から撮ったんですが、横向きだとムッチリした太ももと柔らかそうな尻が強調されて色っぽかったです。

その後は激しい抵抗で酔いがまわったのか、仰向けで股開いてグッタリ寝転がる嫁。

俺はカラダを足から徐々に太もも→剛毛→貧乳→乳首と上へ向けてムービーで接写。

途中、ギュッと乳を揉んだら、

「あんっ!」

さらにクリ擦ったり弄ったりオメコ広げて穴の中まで激写。

そのうち濡れてきて嫁のエロスイッチが入り、キスに始まり激しいエッチ。

ッチなPR

ッチな広告