エチ研TOP
投稿:2016-06-21(火)04:07

H駅で自分に尻コキしてくれた痴女OLを見つけた

本文(累計閲覧数:2,500)
名無しさんからの投稿

前回の話:痴女のグラマーOLをまた見かけたため、こっちから触ってみた

またH駅で自分に尻コキしてくれた痴女OLを見つけた。

その日は暑かったため、彼女の格好は、長袖の白いブラウスと黒いタイトスカート。

スカートの長さは膝が隠れるくらいだが、後ろにはお尻と太ももの境目くらいまで長いスリットが入っている。

更に、ブラウスの上からは大きな乳がハッキリとわかり、紫色のブラの紐が透けて見えた。

階段を上るOLの後ろ姿を見ながら、ホームへと向かう。

脚が前後に動くのにあわせて、痴女OLの大きな尻は左右に動く。

それを見て、これから起きるであろうことを考えていると、股間がどんどん硬くなってきた。

混雑したホームで、OLの真後ろをキープした。

かなり並んでいる人が多かったため、自分と彼女の隙間は十数センチほどで、周りにバレないように触ろうと思えば、触れないこともなかったが、やめておいた。

まっすぐ前を向いているような素振りをしながら、時折、視線を下に向けて、痴女OLの大きな尻に目と落とす。

すると、OLは横を向いて、横目で自分を見たのだ。

やがて電車やって来て乗り込む。

すると、OLはすっと自分のすぐ前に体を押し込んできた。

後ろから乗客に押されて、自分と彼女が密着する。

その間に、OLは右側に押し出されそうになっていたが、無理やり自分の目の前に来るように体を押し込んでいた。

自分の予想通り、後ろから押されると、彼女に密着する格好になる。

脚を少し動かして、股間がOLの尻の割れ目に来るように調節した。

電車が発車すると、OLは尻を後ろに付き出して、自分の股間に押し付けてくる。

あっという間に股間は固くなった。

電車が走っている間、自分は股間を周りにばれない程度に痴女OLの尻に押し付けた。

一方、OLはお尻を股間に押し当てると、上下左右に動かして尻コキしてくる。

そこで、そっと右手でOLの尻肉を撫で、少しずつ触り方を強くしていき、思いっきり揉んでみた。

OLは脚を開きながら、腰を引いて、後ろにヒップを突き出してくる。

そこで、そっと太ももを撫でて、リスクを覚悟でスカートのスリットへと入れて、太ももに触れてみた。

すると、OLは尻を更に後ろに突き出してきた。

これを「触って欲しい」と解釈した自分は、スカートの中に入れた手で、ヒップを下着越しに撫でた、が紐パンだったのか、生の尻の感触が。

そこで、右手で思いっきり尻を揉んで、小指で割れ目にサッと触れると、濡れているのがわかった。

OLの顔は見えないが、呼吸が少しづつ荒くなるのを抑えている様子だった。

今度は生尻を撫で、小指でアナルのあたりに触れる。

OLは尻を更に後ろに付き出した状態で、グラインドさせてきたので、先っぽがちょっとだけ中に入ってしまった。

今度はスカートから手を出して、腰に触てみた。

電車のブレーキを利用して、思いっきり押し付ける。

あまり大きく動かすと、今度は周囲にバレると判断したのか、OLはやや控えめに尻を上下させ、尻コキしてくる。

自分もあまりスカートをめくったりすると、周囲にバレる恐れがあるため、尻の割れ目に股間を押し付けるのと、尻をスカートの上から撫でるのに専念した。

だが、尻コキされながら腰に手を置くと、どうしても上に持って行って、その巨乳を触りたくなるのだが、なんとかこらえた。

後は、終点まで尻コキしてもらいながら、OLの大きなヒップを撫でたり、揉んだりした。

最後に、降りた後に声をかけるのは、またしても失敗した。

続き:思いがけずODQで例の尻コキ痴女に遭遇

- 終わり -

サイト新着記事(外部)