エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > 【寝取り】引っ越した部屋の向かい側…
投稿:2016-07-28(木)04:01

【寝取り】引っ越した部屋の向かい側に、彼女らしき女と住んでいたイケメンがいた

この体験談のシリーズ一覧
1:【寝取り】引っ越した部屋の向かい側に、彼女らしき女と住んでいたイケメンがいた
2:引っ越した部屋の向かいにいた彼女持ちイケメンとエッチした後日の話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:97,703回)
東京都/美和子さん(20代)からの投稿

私は23歳のキャバ嬢です。

身長は160㎝、スタイルはグラマー。

おっぱいはFカップあり、お尻もヨガでトレーニングして大きくプリッと上に上がってウエストもしっかり腹筋のラインが薄ら出るように絞っています。

自分でもスタイルには自信があります♪

顔は筧美和子に似てるとお客さんに言われます♪

私はこの夏に引っ越しをしました!

前に済んでいたマンションは大学の時に親が決めてくれたマンションで・・・。

大学を卒業し、キャバクラで働くようになってお店から遠く通いが大変で、お店に通いやすい場所に引っ越しをしました♪

私は特に部屋にこだわりはなく、ただ職場に近い方がいいのと二階以上であればと家賃は安い方がいいと不動産に伝え、部屋も内見せずに引っ越し先を決めてしまいました・・・。

(凄い面倒くさがりです・・・)

引っ越しの前に1度部屋に見に行き、割と新しめの綺麗なマンションです♪

8階建ての8階の部屋で最上階♪

6畳とキッチンに風呂トイレも別です♪

私は満足でした♪

どうせ寝るだけの部屋ですし、特に家具など荷物も少ないので♪

引っ越しの日、その日はお店を休み・・・夜に引っ越しをしました。

業者に頼み、荷物を部屋に搬入してもらいます。

全部荷物が部屋に入ったので業者は帰り、あとは自分で家具の配置など移動しました。

ベッドは無駄に大きなベッドだったので、部屋が6畳なので粗大ゴミで捨ててきました!

新しいベッドを買うまで来客用の布団があったので布団生活です♪

窓の外を見ると、真向かいにもマンションがあり、真向かいも8階建て。

しかも真向かいの窓と向かい合わせになっていました・・・しかも近い・・・。

でも私はカーテンも開ける事もないのでそんなに気になりませんでした!

その時、真向かいの部屋に洗濯物が干してあり、どうやら男女両方の下着があるのでカップルが住んでるようです・・・。

私の部屋が丸見えなので急いでカーテンを取り付ました・・・。

取り付けてみたものの、天井が前より高くカーテンが床から20㎝ほど下まで届かない状態・・・。

その時は、今度丈の長いカーテンを買いに行こうと思いそのままにしていました・・・。

部屋も大体落ち着き、近くのコンビニに行ってご飯を買い、私は部屋に戻り全裸になり♪ご飯を食べ・・・そのあとにテレビを見ながら日課のヨガで体型維持のトレーニングをして風呂に入り、寝ることにしました。

そうです、私は部屋では裸族です♪

寒かったりするとタンクトップとパンティーは履きますが・・・。

夏なので部屋でくつろぐのに締め付け感が嫌なので全裸で生活します♪

電気を消し・・・布団に横になると・・・下まで届かないカーテンの20㎝の隙間から向かいの窓に電気がちょうど点きました!

夜中の三時です・・・。

カーテンが全開に開いていて男が見えました。

私の窓と向かいの窓は約20メートル離れる位なので鮮明に見えます!

男はイケメンで顔は私のタイプです♪

その後ろに彼女らしき女が見えます・・・。

女はドレスとヘアメイクをしているので、どうやら私と同じキャバ嬢のようです♪

カーテンが全開で電気も点けているのに、女はドレスを脱ぎ下着になります・・・。

私の部屋のカーテンの下の隙間から丸見えでつい覗いてしまいました・・・。

男もスーツを脱ぎ・・・全裸になります・・・。

凄く鍛えていて色黒です・・・。

オチンチンもブラブラとしています・・・。

私はドキドキします・・・。

女も下着を脱いで全裸になっています・・・。

すると男は女に抱き付きます・・・。

もしかしてエッチするの・・・?

私は心臓が張り裂けそうな程ドッキドキ・・・。

すると2人はイチャイチャしながらシャワーに行った様子です・・・。

私のドキドキは収まらず・・・暗い部屋でジッと2人がシャワーから戻るのを覗いて待っています・・・汗先に男が出て来ました・・・。

全裸にバスタオルで頭を拭きながら♪顔もカッコいいしスタイルも細マッチョで色黒で身長も高めで超タイプです♪

そしてオチンチンも大きい♪

ソファーに座りタバコに火を付けてます・・・。

部屋の一点をずっと見ているので・・・私の部屋から見えないテレビを見ているようです・・・。

女も全裸で上がってきました・・・。

女は男のソファーの前を通り引き出しから下着を取り出し下着を付けました・・・。

この女の子もスタイルがよく、細くておっぱいが大きい・・・。

また男のソファーを通る時に男が女の腕を掴まえソファーに座らせます。

ソファーで男は女にキスをしています・・・。

男は女のブラを取りおっぱいを揉んでいます・・・。

なぜか私も覗いていて悶々とし・・・私の手も男に同調し自分でおっぱいを触りだします・・・。

男は女のおっぱいを揉み・・・舐めたりしています。

もう片方の手は女の下半身をパンティーの上から撫でています・・・。

私も手が下半身に・・・。

私も興奮して凄く濡れています・・・。

クリを刺激し・・・気持ちいぃ・・・。

男は女のパンティーを脱がし全裸にしお姫様抱っこをします・・・。

立ち上がる男・・・。

その時に男のビンビンに勃起したオチンチンが見えました♪凄く大っきい♪どうやら私から見えないベッドに移動した様子・・・。

私から見えなくなります・・・残念・・・。

いや待てよ!

私は布団から起き上がり窓に近寄りバレないように窓の端のカーテンの隙間から覗いて見ます・・・。

角度を変えたら向かいのベッドが見え♪女が男のオチンチンをフェラしているのが見えました♪私はジッとバレないように覗きます・・・。

男と女が体位を交えシックスナインしています・・・。

私は半年前に彼氏と別れ・・・それからエッチしていません・・・たまに一人エッチだけ・・・。

しかも他人のこんな場面も見たことがなく・・・。

私はいけない事をしてると思いますがついつい覗き見ています・・・。

しかも自分のクリを触りながら・・・。

男が正常位で女に挿入・・・。

女が凄く気持ち良さそうに脚を拡げています♪

私もしたい・・・。

私もオマンコに指を入れます・・・。

私は変態なのか異常に濡れています・・・。

何度か体位を変え今はバックをしています・・・。

男の引き締まったお尻が見え荒々しくピストンしています♪私も突いて欲しい・・・。

指を2本にしオナニーする私・・・。

男がピクピクッとしています・・・どうやら中出ししています・・・。

ティッシュで男が女のオマンコを拭いてあげてます・・・。

エッチが終わりました・・・。

私も布団に横になり、向かいのあのイケメンに犯される事を妄想してオナニーします♪

私物のデンマを用意しクリに当て指2本でオマンコの中をかき混ぜます・・・。

するとイキそうになりデンマを強く押し当て・・・指を激しく出し入れ・・・。

「あっ・・・あっ・・・いっイクっ・・・つっ・・・」

オナニーが凄く気持ちいい・・・。

あんな目の前でリアルなエッチを見てしまったから♪そして、その日は寝ました♪

翌日私は目を覚ましお仕事の準備♪

化粧していると昨日の事を思い出し・・・。

向かいの窓をカーテンの隙間からチラ見。

カーテンはまだ開けっ放しで向かいの女もキャバ嬢なので仕事の準備をしています・・・。

男の姿は見えません・・・。

私はまた仕事の準備に取りかかりお仕事に向かいます♪私のお店の営業は夜中の一時までです。

帰りは送りがあります♪前は家が遠かったので送りの順番も最後で・・・。

なんだかんだ家に着くのが四時前とかになります・・・。

お店の近くに引っ越したので今の家に着くのは二時前です♪

家に早く帰れてウキウキ♪いつものように全裸になり鏡の前でプロポーションのチェック♪

そしてテレビを見ながらヨガマット敷いて全裸ヨガをします♪

少し汗をかきシャワーをしまた寝る前に布団の上で横になりテレビを見ます。

するとカーテンの下の隙間から向かいに人影が・・・。

私は部屋の電気を消します・・・。

電気を消すと向かい部屋が鮮明に見えます♪男が一人・・・。

ボクサーブリーフいっちょでテレビを見て笑っています・・・。

缶ビールも飲んでます・・・。

私はキャバ嬢なのでブスではありません・・・。

男にモテる方だと思います・・・。

お客さんからも本気で付き合ってと言われますし街でナンパもされます・・・。

だけど私の見た目のタイプはこだわりが多く・・・。

タイプじゃない人は付き合わないしなかなかタイプな人に出会わないのが現実です・・・。

付き合ったひとは23歳なのに3人です・・・。

経験人数も付き合った3人だけ・・・。

もちろん回数は沢山あります!エッチ大好きなので彼氏がいれば毎日したい派です♪

向かいに住む男は超タイプです♪

なかなかタイプな人に出会わないのでこんな人と付き合いたいって思ってしまいます・・・。

しばらく私は男を見ています・・・。

もしかして一目惚れ?とも思うほど・・・。

あの男が知りたいし見詰めていたい・・・。

男は携帯をイジりながらテレビを見ています・・・。

私も横になりウトウトしてきます・・・。

すると男の動きが怪しい・・・。

私はバッチリ目が覚め!立ち上がって窓際に行き、カーテンの端からバレないように覗きます♪

男は携帯片手にソファーに座りオナニーしてます♪きっとエッチな動画を見てるようです・・・。

男の人のオナニーを見るなんて初めてです!

ギンギンの大っきいオチンチンをしごいています♪

あのイケメンで細マッチョで身長も高くオチンチンも大きいなんて最高です♪性格は分かりませんが・・・。

勝手に性格も良いと妄想してしまう私・・・。

男はお腹の上に射精しティッシュで拭いてます♪

私もいつからか自然とクリを触ってました・・・。

私もあの男としたい・・・♪そう思うと私はなぜか窓際ギリギリにM字開脚で座り20㎝届かないカーテンの隙間からパイパンのオマンコが男に見られるかもしれない場所でオナニーしてしまいます・・・。

私も向こう側が見えるようにカーテンの真ん中を少し開けて男を見ながらオナニー・・・。

向こうは電気を点け、私は電気を消してるので簡単にはバレませんが・・・。

男にバレるかもしれない状況・・・少し怖い。

けど見られたい・・・凄く興奮します♪オマンコに指を入れ必死にかき混ぜてる私・・・。

興奮のあまりすぐにイってしまいました・・・。

冷静になると・・・何してるんだろ私は・・・と後悔。

バレたら私は終わりです・・・。

私は布団に横になります・・・。

すると仕事から女が帰ってきました・・・。

女はすぐに全裸になりシャワーに向かいます・・・。

今日は男がオナニーしていたのでエッチしない日なのかなと勝手に想像し、眠くなり寝てしまいました・・・。

翌日・・・。

朝ご飯を買いにコンビニに家に戻り全裸になります♪洗濯物が溜まって来てたので洗濯しベランダに干します♪さすがにベランダに出るときは・・・ガウンのような物を着ます♪

洗濯物を干しつつ向かいをチラ見・・・。

またカーテン全開に女が化粧して男の姿はありません・・・。

3日間で分かった事まとめ!男と女は同棲中男はスーツを着る昼職、女はキャバ嬢カーテンは閉める事はない・・・。

私も準備してお店に向かいます♪その日はお店が暇だったので早く上げてもらいました♪

家に着いたのは24時過ぎ♪部屋に着き、全裸になる私♪

いつものようにヨガマットを敷いてヨガをします。

横になるヨガポーズでカーテンの下の隙間が見えます・・・。

チラッと見てみると向かいは真っ暗・・・。

あの男は帰ってないんだ・・・少しがっかり・・・。

とその瞬間!

向かいの部屋の暗闇にライターの炎が付きました!!

えっ真っ暗だけど男がいる・・・!

これっていつもの逆パターン!?

向こうから私が20㎝の隙間から丸見えなはず・・・。

私の心臓が破裂しそうなほど鼓動・・・。

どっどうしよう・・・。

テレビの明かりもない真っ暗な部屋にタバコの火種が時折ホタルのように赤くなります。

もしかして全裸ヨガを見られてる?心臓がキュッと締め付けられます・・・。

でもなぜか慌てて電気を消さない私・・・。

もう見られてるなら今更隠しても・・・。

私はなぜか興奮し挑発的になり私を見ていると信じ・・・向こうに見えやすいポーズのヨガをしてしまいます・・・。

次第に大胆になり四つん這いでパイパンのオマンコを晒します・・・。

見られてると思うと凄く濡れてきます・・・。

あの男は暗闇の中、私を見てオナニーしているのだろうか・・・?

私の部屋に犯しに来て欲しい・・・。

私はあの女よりもスタイルが良いと・・・。

男に見せつけるようにたくさんのヨガポーズをしました♪

ヨガを止め・・・ベランダに洗濯物を干してる事を思い出します・・・。

私は勇気を出して全裸でベランダの洗濯物を取りにでます・・・。

露出狂みたいです・・・。

でもあの男に見られたい・・・。

恐る恐るドキドキしながらカーテンを片方開け窓を横に開きます・・・。

私は全裸でベランダに出てゆっくり洗濯物を取り込みます・・・。

お互いのベランダの柵は細い鉄製なので私の全裸が見えてます・・・。

私はわざと靴下を落としオマンコとお尻の穴が見えるように屈んで拾います・・・。

凄く濡れてます・・・太腿に汁が垂れてます・・・。

屈んだ時にバレないようにチラッと向こうの真っ暗な窓を見てみます・・・。

暗闇の中、男は窓際に張り付き私を見ているのがチラッと見えました・・・!

えっやっぱり見てたんだ♪♪

私の裸を暗闇の中からやらしい目で見てたんだ♪

凄く嬉しく感じました・・・。

洗濯物を取り込み終わりカーテンを閉めます・・・。

私は急に恥ずかしくなり・・・。

シャワールームの洗面台に避難!ここが唯一の死角です♪

私は呼吸を整え・・・考えます・・・。

あの男に見つかったのですから私はカーテンを買わない限りずっと見られ続けてしまう・・・。

そしたら部屋で気が抜けなくなる・・・。

やっぱり明日ちゃんとしたカーテンを買おう・・・。

でもあの男に見せたいし見られたい・・・。

あの男に抱かれたい付き合いたい・・・。

もうあの男が好きになってます・・・。

しゃべった事もないのに・・・。

私は自分の部屋なのに恐る恐るリビングに戻り布団に座ります・・・テレビを見ます・・・。

この状況もあの男は見てるんだ・・・。

私は布団の上に体育座りしていましたが向こうから見えるように脚を拡げて・・・。

M字開脚してしまいます・・・。

もう私は止まりません・・・。

変態と思われても良い・・・。

向こうから見えるように後ろに倒れ脚を大きく開脚しパイパンのオマンコとアナルを見せながらオナニー。

私の秘部を明るい電気の下で晒します。

向こうからはよく見えてるはず・・・。

「お願い私の変態なとこを見て!」

と一人で声まで出してしまいます・・・汗凄く濡れたオマンコはクチュクチュと音を立て・・・すぐに絶頂に達します♪

私はまたイキたくて・・・オナニーを続けます♪その時、

「ピンポーン♪」

インターホンが鳴ります・・・。

こんな夜に誰?引っ越し先誰にも教えてない・・・。

まさか・・・!?インターホンの画面をチェックやっぱり向かいの部屋の男!

なぜか反射的にオートロックを開けてしまう自分・・・。

えっなにどうしたらいいの?テンパリます・・・。

犯されたいは妄想だよ・・・今から襲われちゃうの?てかホント何しに来るの・・・?

すると部屋の前のチャイムが鳴ります・・・。

静に近づき覗き穴を確認・・・男が立ってます・・・。

私は部屋に戻りガウンを羽織・・・鍵を開けます・・・。

扉が勢いよく開き男が玄関に!

「えっ・・・!」

「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」

息を乱し鼻息が荒い・・・。

私は勇気を出し

「向かいの部屋の人ですよね・・・?」

「ゴクッそうです・・・」

そして私と男は玄関でフリーズ・・・。

男は興奮のあまり私の部屋に来たものの・・・そこからのプランは無い様子・・・。

私もどうしたらいいのか分からず・・・。

もうこうなればどうにでもなれ!

私は勇気を出して男に近づきキスをします・・・。

男は狂ったようにディープにキスを返します♪

男は襲っても大丈夫と理解し・・・。

キスをしたまま私に抱き付き靴を脱ぎ部屋に上がり込みます・・・。

布団に倒され私のガウンを脱がします・・・。

「さっきから見てたんだ!君の裸を・・・」

「知ってる・・・」

「じゃ、俺が見てるの知ってて見せていたの?」

「そう・・・」

「じゃ俺がここに来ても良かったの?」

「好きになったの・・・あなたのこと・・・」

そして男は私にキスをし野獣のように私の身体を触りだし・・・。

Fカップのおっぱいを執拗に揉んで舐めて吸っています・・・。

「あっ・・・もっと強く・・・」

男も服を脱ぎ始めあの筋肉質の身体が♪

最後のパンツを脱ぎオチンチンが飛び出します♪

私は自らオチンチンに飛びつき・・・。

固くて長い男のオチンチンを咽奥まで咥え込みます・・・。

「んっおっきぃ・・・ジュポ・・・ジュポ・・・」

「あっ気持ちいいよ・・・」

私は自らシックスナインになりベチョベチョに濡れたオマンコを見てもらいます。

「パイパンの綺麗なオマンコだね・・・」

「ジロジロ見ちゃ嫌・・・早く舐めて・・・」

男は私のオマンコにディープキスするように口全体を押し当てベロベロチュパチュパそしでジュルッジュルジュル・・・。

とオマンコの汁を吸ってくれます♪

凄く気持ちいぃ・・・。

クリとオマンコの中を刺激し私はイキそうに・・・。

「やっダメっイッちゃう・・・イッちゃう・・・」

男はその言葉を聞きさらに激しく刺激し気持ち良くイカせてくれます♪

男は正常位の体勢になり・・・生で私に挿入♪

「あっ・・・あっ大っきぃ・・・あっ」

根元まで入ると・・・ゆっくりピストン・・・。

「あっ・・・あん・・・気持ちいぃよ・・・」

妄想だった男が今私の部屋来てセックスしているのです・・・あり得ない事が現実になっているのです。

男はパンパンと突き動かします・・・。

男は急に動きを止め・・・

「やべっ気持ち良すぎてイキそうになる・・・笑」

「イってもいいよ♪中には出さないでね♪」

「今イクと勿体ないよ・・・」

「2回したらいいぢゃん♪」

男はニコッとし激しくピストン2開戦を考え・・・イこうとしてます♪

「あん・・・あん・・・もっと強く・・・突いて・・・」

「あっイクよ!イクっ・・・」

オチンチンを引き抜き私の顔に持って来るので急いで咥えて口内発射♪

ビュッ・・・ビビュ・・・ビュ・・・ビュッ・・・。

私の口の中一杯に精子を放出♪

「んが・・・・・・ゴックン・・・美味しぃ♪」

男はこの言葉に弱いのを知ってます♪私は普段精子を飲んだりしません・・・。

なんで飲んだかと言うと・・・。

この男をあの女から寝取る為です♪絶対にこのセックスでこの男を私の虜にしなくてはなりません!

だから普段よりエッチに見せる自分♪

私はまた男のオチンチンから時間差で出てくる精子を口で絞り取り♪

「早く2回目しよ♪」

男を倒し無理やり上に跨がります♪私は自分で男のオチンチンを握り、オマンコに押し当て腰をゆっくり落とし挿入♪

「あっ気持ちいい・・・」

「あんっ・・・凄く入ってくる・・・」

私は乱れるように騎乗位で腰を動かし男の目を楽しませます♪

男は下から私のおっぱいを持ち上げるように触ってきます♪

男のオチンチンが長く私の奥に当たりホントに気持ちいいです♪

この間、覗いた時と同じ手順で進み♪最後は男の好きなバックをさせます♪

私は四つん這いになり・・・お尻を突き出しオマンコとお尻の穴を見せ

「早く入れて・・・」

男はオチンチンをねじ込みます!

私の絞ったウエストを持ち私を引きつけるように動かします・・・。

私の中の凄い奥までオチンチンが届き気持ち良すぎて・・・。

「いゃ・・・イクっイッちゃう・・・もっと・・・」

男は激しくパンパンと突き私は2回目の絶頂を迎えます♪

男は私のプリッとしたお尻が気に入ったようでイッて動かない私はのお尻の肉を鷲掴みパクパクとアナルを見るように開いたり閉じたりしています♪

ゆっくりまた前後し始め・・・。

私もバックが好きなので気持ち良くて頭がおかしくなりそう・・・。

男の腰が早くなり・・・。

パンパンと響きます・・・。

「お尻叩いてもいいよ・・・」

男は私のお尻をパンッと平手で叩きます♪

「あんっ♪」

男は激しく突きながらタイミング良くお尻を叩いてくれます♪

「あん・・・あん・・・ひゃん・・・あん・・・あん・・・」

男は興奮し

「うっイきそう・・・イクッイクよ!」

「あん・・・もう中にだして・・・」

男は私のお尻の肉をギュッと掴み引き寄せ私のオマンコの中に放出・・・。

私の中でオチンチンがビクッビクッと動いてるのがハッキリ分かります♪

私からオチンチンを抜きティッシュで拭いてくれます・・・。

私はトイレに行って出してくると言って便座に座り、イキむとボタボタとオマンコから精子が流れてきます・・・最後にビデで洗浄♪

部屋に戻り男と一緒に布団にゴロン♪

「そう言えば名前は?笑」

「達也です・・・君は?」

「美和子です♪」

「達也くんの事好きになっちゃった♪」

達也「えっ?」

「達也くん彼女さんと一緒に住んでるの?」

達也「そっそうなんだよね・・・でも俺別れるよ!俺も本気で美和子ちゃんの事好きになった!」

「無理しなくてもいいよ♪彼女大切にして♪ご近所なんだからまたエッチしに来てくれたら嬉しい♪」

達也「えっ来るよ?ホントに来ていいの?」

と言って連絡先を交換♪

「そろそろ彼女さん帰って来る頃じゃない?」

達也「あっやべホントだ!」

「今日は彼女さんとエッチ禁止だからね♪したらもうエッチしないから♪」

達也「しっしないよ絶対!」

「お休み、チュ♪」

と達也くんを帰します・・・。

達也くんはもう私に7割は傾いているはず♪

帰ってもずっと私の事を考えるでしょう♪

もう1回エッチしたら落とせそう♪絶対に寝取る♪

私は魔性の女になり寝取る事を決意♪

中出しは大丈夫です♪

生理不順でピルをもともと飲んでいますので♪

続き:引っ越した部屋の向かいにいた彼女持ちイケメンとエッチした後日の話

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:【寝取り】引っ越した部屋の向かい側に、彼女らしき女と住んでいたイケメンがいた
2:引っ越した部屋の向かいにいた彼女持ちイケメンとエッチした後日の話

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告