エチ研TOP
Home > 体験談 > 妹の友達2人を言いくるめてセックス…
投稿:2016-11-27(日)10:11

妹の友達2人を言いくるめてセックスした挙句、2人とも恋人にした話

本文(3ページ目)

「あぅぅぅ~~っ!!んんんんんぁぁぁぁああっ!!」

甲高い声を上げながら真帆がびくびくと体を震わせていた。

真帆がイッたのではないかと思った俺は下世話だと思いつつも訊ねてみた。

「ええっ・・・?んんっ・・・ん・・・」

真帆は曖昧な表情で俺の呼びかけにちゃんと答えなかった。

俺はひょっとして初めてイッたのではないかと思ってもう一度訊ねてみた。

「ハァ・・・ハァ・・・ええっと・・・」

息を切らしながら曖昧な返事を続ける真帆。

俺は更に噛み砕いてオナニーの経験とかもないかと尋ねた。

すると真帆は無言で頷いた。

俺は感動した。

オナニーの快感すら知らない、イッた経験の無い女の子を俺の拙い愛撫で満足させたのだ。

真帆はハァハァ言いながら快感のショックで呆然としていた。

俺は真帆に入れるのは後にしてまずは美玖を抱こうと決めた。

俺は美玖を後ろから抱きしめてブラの上から胸を揉み始めた。

「あっ・・・!んぁぁっ・・・」

うなじにキスしてやるとくすぐったそうな声を出す美玖。

俺はブラのホックに手をかけて外した。

初めてブラを外したので手が震えてしまったが美玖は気付いていないようだった。

俺は美玖の後ろに座ったままでコンドームを着けると仰向けになった。

そして美玖に騎乗位でつながるように言った。

美玖は騎乗位の意味も解っていなかったので、俺の上で自分から腰を振れと言った。

美玖は俺と真帆を何度も見てうろたえていたが、ペニスを掴むとアソコに亀頭を当てた。

だがやはりそこから先は怖いのかジッと動かない。

我慢できなくなった俺は美玖のお尻を掴むと一気にオマンコにペニスを根元まで挿入させた。

「ぃぃぃぅぅぅぅっ!!!?」

まだ痛むのか美玖から変な声が漏れる。

それでも俺はまるで美玖を煽るかのように下から突き上げてみた。

締りのいいアソコはペニスにとてつもない快感をもたらしてくれる。

「ああっ・・・!あああっ・・・・・・!ンンッ!!あぅぅっ!」

美玖は涙を流しながら動き始めた。

ベッドの反発を利用して体を弾ませているだけだったがそれでもペニスは締りのいいマンコに扱かれて快感が走る。

動きに合わせて美巨乳もぷるんぷるんと揺れた。

俺は揺れ動くおっぱいを鷲掴みにして本能の赴くままに揉みまくった。

一方でまだ痛むせいであまり動けない美玖にしっかり動いてセックスの経験を積まないと気持ちよくなんてなれないよと忠告する。

美玖は涙を流しながら懸命に体全体で上下に動き始めた。

「あぅぅっ!あふぅぅっ!あああっ!」

悶える美玖の声を聞きながら真帆を見ると恥ずかしそうな表情で俺たちのセックスを見ていた。

俺は真帆を呼んで俺の右側に横になるように言った。

俺は美巨乳を揺らしながら動く美玖を眺めつつ真帆のおっぱいをブラの上から触ってみた。

「ええっ!?そ、そんなぁ・・・あん・・・」

真帆は美玖とのセックスの最中に自分が交じることを想定していなかったのか照れ笑いを浮かべた。

俺は右腕でギュッと真帆を抱きしめて柔らかい抱き心地を楽しみつつ真帆のお尻に触れてみた。

俺は真帆にブラを外しておっぱいをしゃぶらせて欲しいとお願いした。

真帆は恥らいつつもブラを外す。

相変わらずでかいおっぱいでいやらしい形をしていた。

真帆は上体を少し起こすと赤ん坊におっぱいを差し出すかのように乳房を突き出してきたので、俺はそれにしゃぶりついた。

「ああっ・・・!あああ・・・っ!」

舌で乳首を転がすと真帆から甘い喘ぎ声が。

興奮した俺は美玖を下からコンコンと小刻みにチンポで突き上げてやると

「ああぅっ!アアアンッ!くぅぅっ!」

と、美玖が身悶える。

これこそが俺が望んでいた夢にまで見た3Pセックス・・・。

感動していた俺は真帆と同じようにクリトリスを弄りまくって美玖をイカせてやろうと思った。

左手で繋がっている部分を弄繰り回しているとクリトリスを発見。

左親指の腹で弄ると苦悶の声とはまた違った、甘い喘ぎ声が混じり始めた。

「ああああぅっ!ああっ!あああんっ!」

俺は懸命にクリトリスを弄りつつ、下から美玖を突き上げた。

絶対美玖をイカせてやる・・・。

そう思ったが2人の喘ぎ声に興奮していた俺は自分の意思に反して美玖の膣で先にイッてしまった。

俺が下から突き上げるのを止めると美玖も動くのを止めて潤んだ目で俺をジッと見つめるだけだった。

「もう出たから・・・」

美玖に告げると美玖は自分から腰を浮かしてゆっくりと慎重にペニスを抜いた。

俺は興奮で動けず、ハァハァ言いながら横になっているだけだった。

気分が落ち着くと精液が溜まったコンドームを外して真帆に近づいた。

抱きしめたままそっと仰向けで寝かせてあげると優しくキスをしながらおっぱいを撫で、アソコに触れた。

アソコはまだしっかりと濡れていた。

両足を広げて再び硬くなったペニスにコンドームを被せると真帆の表情が曇る。

俺は何度も真帆を安心させるように耳元で

「大丈夫だから」

と囁くと、一気にペニスを根元まで入れた。

「ぅぅぅううっ!!痛ッ・・・ッ!!!」

今度はがむしゃらに腰を使わずに、じっくり長い間セックスを楽しもうと思った。

ゆっくりペニスを出し入れして真帆のアソコの感触を楽しむ。

真帆はシーツをギュッと握りしめて不安そうな眼差しで俺を見ていた。

その表情はたまらなく愛おしかった。

ゆっくり腰を動かしつつなるべく優しく、それでいてじっくり味わうようにゆっさゆっさと揺れ動くおっぱいにも触れた。

真帆のおっぱいはほんのちょっとの動きでも大きく揺れ動いていた。

「あぅっ!ンンッ!!ンンッ!アン!」

乳首を弄ってやるとほんの少しだけ甘い喘ぎ声が混じり始めた。

俺は慎重に、今後絶対真帆が引いてセックスを拒む事がないようになるべく優しく腰を動かし続けた。

腰を振り続けていると横になって休んでいた美玖が起きたので呼び寄せた。

そして腰を振っている俺に抱きつくように言った。

「えっと・・・こうですか?」

言われるまま抱きついた美玖に俺はキスをした。

俺の行為に2人とも驚いていたが美玖は俺の舌の動きに合わせて懸命に舌を使い始めた。

「ンンッ!ンンッ・・・!ンンッ・・・!」

「アアッ!んぅぅっ!くぅうぅぅ・・・」

美玖と舌を絡めあう音とペニスで突かれて悶える真帆の喘ぎ声が交ざる。

聞いているとまた興奮して腰を振るペースが速くなってしまった。

俺はこみ上げる射精感と戦いながら真帆のクリトリスを弄ってイカせてやろうと指を動かしまくった。

「あぅぅっ!アアンッ!アアッ!ンンッ!!!」

真帆と喘ぎ声にも苦しさの中に甘いものが混じっていた。

真帆は感じれば感じるほど、その幼い顔立ちからは想像もできないほど淫らな声で喘ぎ、色っぽい表情をする。

俺はまたもや耐え切れずに美玖とキスをしながら腰を振り乱して、真帆の膣で射精した。

セックスが終わるとまた前回と同じように川の字になって横になり、2人をフォローした。

そしてまた

「やっぱり2人とも経験が全然足りないよ」

と嘘を付いて次のセックスへ結びつけるように話を運んだ。

2人は戸惑いながらも俺の言う事を素直に聞き、そしてまた俺に抱かれた。

俺はこれを何度も繰り返して、何度も美玖と真帆を抱いてセックスを散々楽しんだ。

数ヶ月が過ぎた。

真帆と美玖は徐々に怪訝な表情で俺のセックスの誘いを受ける事は無くなり、素直に俺の誘いを受けるようになった。

恥じらいながらも俺の誘いを受けてセックスをするようになった真帆と美玖。

お互いの相性はバツグンで俺は何度も2人をイカせ、年が明けた頃には単なるセフレの様な関係に発展した。

一方で俺には不安があった。

2人に彼氏ができたらどうしようか、と。

「セックスに自身が持てたんで彼氏を作りました♪」

なんて言って俺の元から離れる可能性があるのではないかと気になってきたのだ。

真帆か美玖、どちらか一人に告白するという事はしたくなかった。

勇気が無かったのではない。

3人でするセックスが最高に気持ちが良くて興奮していたから、2人とも手にしたかったのだ。

それにどちらか一人と付き合う事になったとしたら、付き合わなくなったもう一人に対して俺はどうすればいいのか?そこで俺は2人とも恋人にしてしまおうと考え、作戦を練った。

春休みが始まった3月。

俺は2人を呼んでいつものホテルに向い、車中で大事な話があるとだけ言った。

大事な話と聞いて真帆と美玖は少し緊張していた。

いつもは部屋に入るといきなり2人に飛びついていた俺だったが、その日は真剣な表情で2人に語り始めた。

「3人で恋人同士にならないか?」

真帆と美玖は呆気に取られていた。

美玖は怪訝そうな表情で

「どっちか一人じゃないんですか?」

と反論した。

「浮気とかそういうのじゃなくって2人同時で女の子と付き合っている男はいるよ。そんなに多くはいないけどね」

真帆と美玖はきょとんとしていた。

俺は追い討ちをかけるように

「ひょっとしてそんな事も知らないの?」

とまたもや2人の劣等感を煽るような事を言った。

2人とコミュニケーションを取って気が付いたが、俺が思っていた以上に真帆と美玖は周りの流行とか他人との比較を気にする女の子だった。

俺の一言に2人の表情は曇った。

「俺は2人を絶対に幸せにしてあげるよ」

それ以上は言わなかった。

じっと見つめているとやがて真帆が恥ずかしそうな表情で口を開いた。

「あの・・・私・・・ずっと前から好きでした。だからオッケーです・・・」

真帆は顔を真っ赤にして声を震わせていた。

だが視線はそらさないでジッと俺を潤んだ瞳で見ていた。

美玖はどうしていいかわからないといった表情でうろたえていた。

だが真帆がOKするとしばらく考え込んで

「じゃあ私も・・・3人で・・・」

と曖昧な返事で俺を見てきた。

俺はそれをOKと受け取って、美玖を抱き寄せてキスをした。

「ンンッ!ンンッ!ンンッ!」

俺が舌を突っ込ませると美玖はねっとりと舌を絡ませてきた。

数ヶ月ディープキスをしまくったおかげで美玖は以前とは比べ物にならないくらい上手く舌を絡ませる。

今度は真帆を抱き寄せてディープキスを開始。

「っっ!あっ・・・!」

不器用な真帆は舌を絡ませるのが下手だった。

だが軽く何度もキスをしただけで目はとろんとなって、淫らなスイッチが入る。

俺は何度も軽くキスをしながらカーディガンを脱がせてワンピースの上から巨乳を揉み始めた。

「ああっ・・・んぁぁぁっ・・・」

真帆には全くといっていいほどテクは無かったが、美玖より敏感でちょっと触れただけで甘い喘ぎ声を漏らすようになった。

日ごろのテンションの高い表情からは想像もできない快感で恥じらい身悶える表情はすぐにでもペニスを突っ込んでやりたくなるくらい色っぽい。

真帆とペッティングを楽しんでいると美玖が服を脱ぎ始めた。

下着姿になったとき、俺と真帆は思わず驚いて声を上げた。

美玖は紫の透けたベビードール、ブラ、パンティ、そしてガーターベルトまで着用していたのだ。

美玖は自分を卑下する性格があった。

時々

「真帆みたいにスタイルがよくないから・・・」

と俺に言い訳の様な事を言っていた。

美玖のスタイルは十分魅力的だった。

脚はスラリとしていて腰は美しくくびれていた。

どちらかといえば女性が羨む様なスタイルをしていたと言える。

おっぱいもかなり大きく巨乳だった。

ただ一緒にいる真帆がまるで巨乳系のAV女優のようなスタイルをしていたので気が引けていたのだろう。

俺は美玖は脚が綺麗だからガーターや網タイツを着用してみてはどうだと勧めた。

勿論自分の嗜好に合わせただけの嘘である。

だが美玖は真に受けて年明けから時々ガーターベルトを着用するようになった。

服を着ているときは単なるパンストにしか見えなかったので、服を脱いだときに現れるその意外性とインパクトは何度見ても驚きの声を出さずにはいられなかった。

美玖は屈みこんでズボンの上からペニスを撫で始めた。

そしてズボンとパンツを下ろすとギンギンに反り返ったペニスを握ってフェラチオを始めた。

「ンッ・・・!ンンッ!!ンッ!ンッ!ンッ!」

美玖もそんなにテクが凄いとは言えない。

ただひたすら一生懸命だった。

ペニスを口に含めばひたすら舌を動かして幹や亀頭に絡ませてくる。

俺が美玖を見ると、必ずといっていいほど上目遣いで

「気持ちいいですか?」

と表情で尋ねてきた。

俺は美玖のフェラチオに喘ぎつつ、真帆のお尻を撫で回した。

真帆は恥ずかしそうにワンピースを脱いで下着だけになった。

ピンクのパンティに手を突っ込んでアソコに触ってみるともうヌルヌルになっていた。

「ああぅっ!・・・ンッ!ああん!・・・ああん!」

俺にしがみついて快感に身悶える真帆。

気持ちいい?と尋ねてみると、

「は、はい・・・。気持ちいいです・・・。ああん!」

と素直に答えた。

俺が真帆に夢中になれば美玖は更に熱心に音を立てながらペニスをしゃぶってくる。

「ンンッ!ンンッ!ぷはぁっ・・・!ンンッ!んぅぅっ!」

音を立てながらしゃぶる事は俺が仕込んだ。

美玖はそれを素直に実践していた。

熱心にペニスをしゃぶる有様は実にいやらしい。

真帆のアソコもしっかりと濡れていることだし俺は挿入する事を決めた。

俺はゴムを付けてベッドに仰向けになると、騎乗位でペニスを入れるように真帆に言った。

「あぅぅぅっ!んんっ!ああん!あん!んっ!あん!」

繋がった途端真帆はぎこちない腰つきで上下に動き始めた。

まだブラをつけたままだったので俺がフロントホックを外してやると、束縛の無くなった巨乳は動きにあわせてリズミカルにたぷんたぷんと揺れ動いた。

「好きだ・・・真帆・・・っ!好きだ・・・っ!!」

俺は下から突き上げながら初めて真帆に気持ちを告げた。

すると真帆も

「私も・・・っ!私も好きです!!・・・・・・ああん!あん!」

と喘ぎながら愛を語り始めた。

不思議なものでお互いの気持ちを語りながら腰を振っていると普段のセックスよりも興奮して気持ちが良い事がこの時解った。

ッチなPR

ッチなPR

ッチな広告

サイト新着記事(外部)