エチ研TOP
Home > 体験談 > 【レイプ】利息も払わない篠田麻里子…
投稿:2016-02-14(日)06:22

【レイプ】利息も払わない篠田麻里子似のキャバ嬢にお仕置きの生中出し

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:38,495回)
大阪府/優馬さん(20代)からの投稿

前回の話:パチンコ屋でナンパした小倉優子似の女子大生を愛人にした話

金融業を始めて約3週間が過ぎ、顧客10人に対して総額約50万の融資を行った。

利息はトイチ(10日で1割)なので、単純計算で利息だけでも10日毎に5万、1ヶ月毎に15万が遊んでいても収入として入る。

女限定なので、ほとんどの顧客は毎回きちんと返済に来るのだが、約束の10日を過ぎても返済に来ない者も中にはいる。

その中の一人、女の名前は優里(源氏名)。

元AKBの篠田麻里子似のキャバ嬢だ。

容姿はキャバ嬢をしているだけあってグラビアアイドルの様なスタイルで、とにかく、乳がデカイ!

とにかく俺は、返済を求め、優里の自宅に向かったが、あいにく留守の様な感じだったので、優里がよく行くパチ屋に向かった。

ホール中を探していると、優里を発見。

俺は優里に近づき、

「優里さん、支払い期限過ぎてますよ!」

と言うと、優里は俺の顔を見るなり逃げ出したので俺は、優里の後を追った。

優里は店外の駐車場に逃げ出した。

店内で逃げ回られると目立つので、店の外に逃げ出してくれて、正直ホっとした。

しばらく優里を探していたが、駐車場の端の車の影に隠れていた優里を捕まえ、

「自宅で話をしましょう!」

と言って車に乗せ、優里の自宅に連れ込んだ。

優里が自宅に入リ、話をしていたが、

「給料前で利息分も払えない!」

と言うので、俺は、

「仕方ないですね。それじゃ、利息分は身体で払ってもらいましよう」

と言って優里を押し倒し、優里の洋服を強引に引き裂き、全裸にさせた。

優里は、「きゃ〜!」と言いながら逃げ回り、部屋にある本やらリモコンやらを投げ付け、逃げ回る。

逃げ回る優里を、やっとのことで捕まえ、

「静かにしろ!」

と言って優里をビンタした。

俺は服を脱いで、勃起チンポを優里の目の前に出し、

「しゃぶれ!」

と言うと、チンポを握り、ペロペロと舐め始めた。

イライラした俺は、優里に

「しゃぶれと言っただろ!キャバ嬢が純情ぶってんじゃないぞ!」

と言って、強引に優里の口にねじ込んでやった。

優里の頭の掴み、強引に喉奥までねじ込んでやると、

「オェ!ゴホ!ゴホ!」

とエズキ、涙目になり、

「苦しい!もうやめて!」

とほざくので、

「上の口はやめてやる!」

と言って、オメコの穴に指にねじ込んでやった。

優里は、

「いや!もうやめて!」

と逃げ出そうとするので、腰を捕まえ、今度はオメコの穴を舐め回してやった。

すると優里は、

「いや!やめて!ダメ!」

と言って抵抗するが、がっちり腰を掴んでいるので、逃げ出すことは出来ない。

しばらく執拗に舐めていると、

「アン!ダメ!やめて!」

と言って身体をクネクネとするので、

「イクのか?」

と聞くと、

「イクッ!ダメ!イクッ!」

と言うので、舐めるのをやめ、オメコの穴に指をねじ込んで、

「レイプされているのに、イクのか!この淫乱女!」

と言って、指を高速に動かしてやると、優里は、

「イクッ!ダメ!イクッ!イクッ!」

と言って痙攣させてイッた。

優里のオメコは、ぐちゃぐちゃに濡れていたので、俺は、

「気持ち良かったか?今度は俺が気持ち良くなる番だ!」

と言ってギンギンになったチンポを優里のオメコにぶち込んでやった。

するとのが、

「アゥ!キツい!抜いて!」

と俺を押して、チンポを抜こうとするが、俺ががっちり腰に掴んでいるので、優里は逃げ出す事は出来ない。

俺は、

「優里のオメコ、締まってて気持ちいい!」

と言って荒々しく責めると、優里は、

「ダメ!抜いて!ダメ!」

と言って、果てた。

俺が、

「また、イッたのか?淫乱女!」

と言うと優里は、

「お願い!もう!やめて!」

と言ってグッタリとした。

グッタリとした優里に無理矢理四つん這いにさせて、バックからオメコの穴にチンポをぶち込んでやった。

すると優里は、

「アゥ!」

と言って、前のめりに倒れ、意識が飛んだのか、アエギ声すら出さない。

俺は、バックで責めまくり、一旦チンポを抜いて、優里を仰向けに戻し、再びオメコにぶち込んで、ピストンしていると、優里の意識が戻り、

「アゥ!アゥ!」

と声を出し始めた。

俺はイキそうになり、優里に

「このまま、中出しだ!」

と言って、ラストスパートをかけていると、優里が、

「ダメ!中出しはやめて!外に出して〜」

とせがむが、俺は優里のオメコに中出ししてやった。

射精が終わり、チンポを抜いて見ると、優里のオメコから精子が出て来た。

俺は服を着ながら、グッタリする優里に

「今回の利息分は頂きました!また、10日後に来ます!」

と言って優里の自宅を後にした。

普通、風俗に行って優里クラスの女とセックスするには最低数万円は必要だが、滞納してくれたおかげで、わずか1万円でキャバ嬢に中出し出来る!

だから金貸しは辞められない。

続き:援交の話をしてきた沢尻エリカ似の女が中出しを強要してきた

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告