エチ研TOP
Home > 体験談 > 人の手柄を横取りした高飛車な女に睡…
投稿:2014-07-13(日)03:00

人の手柄を横取りした高飛車な女に睡眠薬を飲ませて復讐した

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:12,968回)
名無しさんからの投稿

職場にいるタカピーの勘違い女を地獄に落としてやった。

その女、貴子、26歳、仕事は出来るっぽい。

指示だけで人生乗り切ってきた。

俺、25歳、中肉中背、体育会系、頭を使うより体力任せ。

で、仕事は提案型営業。

取引先に、こうすればこうなりますが如何でしょうか・・・みたいな提案をして、使用する材料なんかを我が社経由で購入していただく商売。

提案料も大手には百万円単位で請求するから内容と体裁はキッチリまとめる。

で、貴子は内弁慶で顧客には腰が低いタイプで、無理じゃないかなと思う要求も

「お任せ下さい」

と安請け合いして、同僚に丸投げする。出来ないと同僚に責任を転嫁。

出来ると自分の能力をアピール。

内面は問題山積みだが、悔しいことに貴子はかなりの美形で身体もそそる体型で、あわよくば試食してみたい。

だが、ヤらせる前が一番商品価値が高いのを知っているので隙を見せない。

酒も飲むけど強いらしく酔い潰れたりしないし、嫌なタイプの女だ。

ある案件では、俺が孤軍奮闘して契約に取り込んでアフターケア契約まで取り付けたのだが、勘違いした部長が貴子の成果だと思い、部会で貴子を絶賛し表彰。

貴子も事実を正せばいいのに、

「ありがとうございます。会社のバックアップがあっての成果で私の力では契約出来なかったかも知れません」

なんてスピーチ。

事実を知る同僚たちに慰められたけど、納得できないしスッキリしない。

仕返しをしたいんだけど、と仲間内に持ち掛けた。

じゃ、課内で打ち上げして、貴子を持ち上げ、いや吊し上げようぜとまとまった。

俺の母親が常用している睡眠導入剤を貰い受け、準備万端。

母親が飲んでる睡眠導入剤はかなり強く、常用している母親が朝まで起きないほどの薬効で、特に飲酒時の服用は禁止されている。

それを酒と一緒に貴子に飲ませるのだ。

意識を無くした貴子に、皆が納得できるご褒美を与えましょうということ。

場所は俺が残業対策で借りていた会社近くのマンション。

築20年くらいが経過していて古いが、間取りは悪さするのに持って来いの間取り。

多少、声が出ても気にならない。まぁ声も出ないはずだけど・・・。

会社近くだし、俺が借りてるのも公認だし、別に怪しまれる恐れもなく、少しおだててゴマを擦り、屈伏、服従を誓ったふりをしたら貴子も更に鼻が高くなり、貴子の慰労という名目から参加となった。

貴子の他は同じ課内の男性若手社員五名で、各自飲み物ツマミを持ち寄っての手作り慰労会。

乾杯の音頭の後は、皆で貴子を休ませる事が無いよう交代で飲ませまくる。

「あぁ少し飲みのペースが早いかも・・・。二日酔いはマズイよね」

なんて貴子が言い出したのを合図に、アルコール分解を助けて悪酔い二日酔いを防ぐ薬として皆に錠剤を回して皆で飲むと貴子が

「なにそれ?」

と興味津々。

酔い止めの薬と言って貴子に睡眠導入剤3錠を渡すと、貴子は水ではなく水割りで服用した。

ちなみに皆が飲んでいたのはビタミン剤、貴子だけが睡眠導入剤を飲んだ。

5分後には意識が朦朧としだしてアクビが止まらず、10分後には突っ伏して寝息を立ててしまった。

俺が

「さて、お待ちかね。私たちの慰労会を始めましょう」

と開催宣言し、着衣のまま横たわる貴子を撮影した。

一枚脱がす度に脱がした一枚の衣類と貴子を撮影した。

脱いだストッキングを伸ばして並べた横には、ブラとショーツだけを身につけた貴子を撮影。

次いで脱がしたブラとショーツだけの貴子を撮影、この時は膝を立てさせた姿にした。

最後は脱がしたショーツを広げて全裸の貴子を撮影。

更に、全裸でM字開脚した股間にビール瓶の首を差し込んだ貴子を撮影。

全裸で正座させ頭を床に擦り付けたような姿をさせた貴子を撮影。

うつ伏せにして膝を立てさせお尻を突き上げた貴子をお尻から撮影。

その後、バックから突いている五人をそれぞれ貴子の顔が判るようにして撮影。

貴子が男に股がっている「騎乗位」を模した姿を撮影。

下から貴子の腕を支えて身体を起こすのが大変だったけど、目を瞑り口元が弛い貴子の顔はアクメの表情。

その後は各自が好きなだけ画像を撮影して終了。

貴子の全裸の身体にショーツから、ブラ、ストッキングと着せていき最後は慰労会に来た時と同じ姿に戻した。

貴子のスマホを開き、俺のPCから全裸で複数の男と交わる貴子の画像や、貴子のワンちゃんスタイルでアナル&マンコをさらけ出している画像、貴子の社員証を撮影した画像などを送信。

それら30数枚を貴子のスマホから無◯正投稿掲示板に送信して貼り付けた。

また、大人しめに貴子の身体を撮影した画像を添付してメールを会社に宛てて送信。

貴子のスマホから画像や送信履歴を消去し、スマホを貴子のバッグに戻す。

やっと終了・・・と思ったが、気が治まらない俺は貴子のスカートを捲り上げ、ストッキングとショーツを膝まで下げて寝バックで挿入し、一番奥の突き当たりを亀頭で押しながら射精してやった。

その後、貴子のバッグに入っていたタンポンを挿入して穴に栓をしてやった。

貴子は、そのまま着衣姿でテーブルに伏せた状態で朝まで熟睡。

俺ともう1人が泊まり、他は帰ってしまったが、朝7時に貴子を起こすと熟睡したスッキリとした目覚めで貴子覚醒。

一瞬ヤバそうな顔をして、衣服を確認し安心したのか

「ごめん、寝ちゃったんだね」

と人懐っこく笑う。

貴子と俺と、もう1人の同僚の3人で朝早くから営業している喫茶店でモーニング後に出社。

午前中は何もなく、午後になり、会社に慌ただしさが訪れ、総務の次長が貴子を連れて行きました。

貴子不在のまま就業時間が終わり、昨夜のメンバーだけで居酒屋へ行き反省会と称して打ち上げ。

席上で各自が投稿先の状況を確認すると、顔出し無◯正の全裸画像の為か貴子の人気が沸騰していて、社員証を見て会社に電話したけど個人には取り次げませんと拒否られたというコメントも書かれていて、総務の次長が貴子を連れて行ったのはそのせいかと思った。

休みを挟んだ翌週からも貴子は相変わらず出勤していたが、我を張らず皆と仲良く話せるようになっていた。

噂では会社のホームページ担当の社員と付き合うようになったらしい。

後で噂に聞いたのは

「貴子が会社に送った画像をネタに半ば脅迫みたいな感じで交際を申し込まれた。サイトに貴子のエロ画像が流出していて別れた」

らしい。

そのホームページ担当の社員と付き合った時に妊娠したらしいが、男は

「俺じゃない」

と逃げた為に貴子が1人で産む決心をしたそうだ。

多分、俺の種が実を結んだと思う。

俺の子だと知らずに貴子は育ててくれるんだろうと思うと、少しくらいは優しくしてやろうかと思い始めた今日この頃です。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告