エチ研TOP
Home > 体験談 > 釣りサークルで気になっていた子に個…
投稿:2016-05-05(木)04:56

釣りサークルで気になっていた子に個人レッスンをお願いされた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:26,153回)
京都府/幸せ者さん(30代)からの投稿

妻との出会いを話す前に妻の体のスペックを紹介しようと思う。

妻は、AV女優の篠田あゆみ似で胸は、Eカップだった。

これより妻の名前は、あゆみとする。

私(T)とあゆみとの出会いは、大学のサークルだった。

話は逸れるが釣りのサークルだった。

人数は10人で、男子5人、女子5人。

ほとんどが釣り初心者であった為に、小◯生の時から父親とよく釣りに行っていたのが幸いし、釣りが上手かった私は、サークル内では一目置かれていた。

私が大学に入って初めてのGWに高◯時代の友人達と琵琶湖でバス釣りをしようと計画を立てたが友人達と予定が合わず、計画を諦めた時に同じサークルのあゆみがサークルの同期生達と琵琶湖に釣りに行こうと誘ってくれたので私も参加することにした。

当日の朝早くに、集合場所である京都駅に行ってみるとあゆみだけしかいない。

理由を聞くと、あゆみは釣り初心者なので、上達する為に私に個人レッスンを受けたいけど二人で行こうと誘っても断わられるのが嫌だったから嘘をついたらしい。

逆に、私からしたらサークルに入った時から可愛いくて服の上からでもわかる巨乳のあゆみが気になっていたのでとてもラッキーだと思った。

30分ぐらい電車に揺られて目的地に着いた。

その場所は、釣り好きの父親から聞いた地元の人しか知らず、初心者でも簡単に釣りが楽しめる場所だ。

釣りの仕掛けを作り、あゆみに釣り竿を投げる時にラッキーなことが起きた。

それは、釣り竿を投げる(キャスト)時に、あゆみが自分から私の背中に密着して、私の手に手を添えて一緒にキャストをした時に、あゆみのおっぱいが私の背中に何度も当たったのだ。

その時は、私の息子はすぐに勃起した為にあゆみに見られないようにするのに苦労した。

あゆみは、私の指導とあゆみの覚えの早さのおかげで1時間ぐらいで立派な釣り人になった。

昼ご飯はあゆみ手作りのお弁当で、今まで食べていた母親の弁当より群を抜いて美味いと思った。

母親よすまぬ・・・。

早いかもしれないが、この時からあゆみのことをただの可愛い巨乳ではなく、理想の奥さんがこんな人なのかなぁと思い始めた。

昼ご飯を食べた後から釣りを再開し、帰るまでにブラックバスを40匹ぐらい釣ったと思う。

それから夜の6時ぐらいからご飯を食べて酒を飲んだ影響もあり、駅へ向かう途中の道であゆみに突然告白。

何とあゆみも私のことが気になっており、そのことが嘘をついて私と釣りに誘った1番の理由だったらしい。

京都駅に着き、私達は一人暮らしをするあゆみのアパートに行った。

あゆみの部屋でシャワー浴びて二人で酒を飲み始めた。

色々なことを話して下ネタの話になったとき、高◯時代に童貞を卒業して自称経験豊富な私は、あゆみは処女だろうと思い、付き合い始めて数時間しか経っていないがあゆみとセックスしようと密かに決意した。

私はほろ酔いのあゆみをお姫様抱っこで抱き上げてベッドへと運び、すぐさま私はあゆみにキスをした。

そして舌であゆみの舌を攻撃し始めて、舌の攻撃と同時並行であゆみのおっぱいを揉みだした。

キスを止めると、あゆみが

「T君のことを好きになってからずっとこういうことするのを憧れてた。私、初めてだから優しくして」

と言われた。

やはり、予想通りだった。

あゆみのスカートを脱がせると、あゆみの下着の上からあゆみのマンコを舐め回した。

その後、あゆみのキャミソールを脱がせてブラジャーとパンティだけにした。

あゆみは、

「私を女にして、抱いて」

そう言ってあゆみは裸になり、私はあゆみのクリトリスを指で激しく攻めるとあゆみは

「アッアァン❤アッアイークーーーあっはん❤いっくー!!」

と声あげていきました。

これがあゆみの初イキです。

私はゴムを付けようしましたが、あゆみは、

「初めてはT君の生でしたいし、安全日だから」

と言うので、私はあゆみの股を広げるとゆっくり挿入しました。

あゆみは、痛がりましたが

「初めてだから気にせずに突いて」

と言われましたが、優しくしようと思い、最初は、浅く浅く・・・と慣れるまで繰り返しました。

それから浅く浅く浅く深くと一定のリズムでピストンを続けた。

あゆみ「アッアァン」

私は、あゆみのおっぱいを揉んだりキスしたりしました。

あゆみは慣れたのか、私とあゆみは恋人繋ぎをしながら感じ合いました。

挿入してから10分が経過し、そろそろ射精感が限界に近づいた頃、あゆみの両足は私の腰にガッチリ絡みついていた。

でも、私は中出しをしないように抜こうとしたが、あゆみは

「初めてだから中に出して」

と言われ、私は我を忘れてあゆみを突いた。

すぐにあゆみの中で果てた。

あゆみのマンコから抜き、あゆみの口元に持っていくと、あゆみは何も言わずにフェラをしてくれた。

エッチの後、

「優しくしてくれてありがとう」

と言われました。

その後、私は今まで実家暮らしでしたが、あゆみのアパートで同棲。

大学4年間仲良く暮らし、社会人3年目で結婚し、今は寝室で子作りに励んでます。

拙い文章ですみません。

続編の希望があれば書こうと思います。

続き:大学の同級生だったあゆみと結婚してからの夫婦生活

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告