エチ研TOP
Home > 体験談 > 行きつけの飲み屋の姉ちゃんとしこた…
投稿:2016-09-20(火)06:03

行きつけの飲み屋の姉ちゃんとしこたま飲んだ翌朝、下着姿の姉ちゃんが隣で寝てた

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:30,701回)
名無しさんからの投稿

会社勤めを長くしてると、そんなに飲みに出ない自分でも行きつけの飲み屋が5~6軒はできてくる。

自分の好みはどちらかというと上品ではない飲み屋。

かしこまって女の子と話をするより下ネタ全開でバカ話をするほうが断然楽しい。

ただ、飲み屋の姉ちゃんと一発ヤったろうとかは全然思ってなかった。

元々が面倒くさいのは苦手だし、マメに店に通ったり連絡したりするのも苦手だったから、ハナっからそんなつもりは全くなく飲みに行ってた。

下心が全然なかったからよかったのか、飲み屋での自分の下ネタトークは姉ちゃん達にはなかなかに受け入れられてたと思う。

そんな行きつけの飲み屋の中に熟年ママとお姉ちゃん二人くらいのカウンター10席くらいのこじんまりしたスナックがある。

ある時、姉ちゃんに

「しーさん(自分の事ね)ってサラリーマンなの?」

って聞かれたんで

「おぅ、一流企業の平社員ぢゃっ(あながち嘘ではないw)」

みたいに答えたらどこ?どこ?って会社の名前を聞きたがる。

ホントにまぁまぁ名の知れた会社なんで言うのも鼻についてそうな感じがしたんで、軽~くはぐらかしてその日は帰った。

1ヶ月くらいして同じ飲み屋に行った。

そしたら姉ちゃんが

「しーさんって○○○に勤めてんだ」

と言ってきたんで、なんで知ってる?って聞いたらママが教えてくれたとか言ってた。

しばらく飲んでると、その姉ちゃんの元カレが自分の会社にいるらしい、みたいなことを言うんで誰?って聞いたら自分のよく知った後輩だった。

私がこの店にいるって言ってくれって言うもんで名前なんていうの?って聞いたら小声で

「○○久美」

と本名教えてくれた。

週明け、後輩に

「俺さぁ○○久美と付き合ってんだよね」

って言うと、少し青ざめて

「何で知ってるんですか?」

と聞いてくるのでネタばらししたったw

後輩は少し安心して彼女、結構変態のMみたいなことを教えてくれた。

ただ、飲みに行こうと誘っても後輩は既に結婚してたもんだから、欲情を抑える自信がないとかで行かなかったw

そいでまたその飲み屋に行った時、お前Mなんだって?みたいな話から性癖についての話が盛り上がってその日はそれはそれは楽しく酒が飲めた。

あまりの楽しさにママが店閉めたあと飯おごったるみたいなノリになり、ママと姉ちゃん二人と自分の4人でカラオケ屋に行ってそこでまた記憶がなくなるほどハチャメチャに飲んだ。

・・・目が覚めると見慣れない風景。

ハッと横を見ると久美が寝てた。

???

状況が飲み込めない。

よく見ると久美は下着だけの格好だし、、自分はスーツのままだしw

自分がアタフタしてると久美が目を覚ました。

キャァー!っと大声を出し、

「なんでしーさんがここに居るの!?」

って化粧の崩れた顔で聞いてくるもんだから、全然覚えてないって答えた。

久美も記憶が薄かったんだけど、なんとなくカラオケ帰りにタクシーに乗って久美の家に自分と一緒に帰ってきた気がするって言ってた。

やっとなんとか状況が飲み込めた。

ここは久美の部屋なんだ。

で、さすがにマズいと思い、お邪魔しました的にそそくさと帰ろうとすると、

「私の裸見たでしょ?」

とか言ってくる。

「裸も何もあんた下着つけてますやんかww」

みたいな返事すると安心した顔したんでホナっみたいな感じで今度こそ帰ろうとした。

靴履いてる時

「しーさん、見たい?」

って久美が聞いてきたんで

「また今度な」

と答えて振り向くと素っ裸の久美がいたw

「汗いっぱいかいでんだからお風呂くらい入ってったら?」

って誘われたんでもう理性もなにもぶっ飛んで靴脱いで、ついでに着てるものも全部脱いで一緒にシャワー浴びたw

そういえばこの子、Mだったななんて思い出してシャワー浴びながら乳首つねってやると想像以上の好反応w

ウッともアッともワケわからない声出してピクピク反応してくれる。

火のついた自分は乳首つねりながらワレメに手を伸ばすとすでにそこだけはヌルヌルで、後輩の言ってたようにアナルに手をやると、ワレメのヌメリだけで指がすんなり入っちまったw

「もう止めて!」

と生意気言うもんだから、

「それじゃあ止めますわ」

と尻から手を離すとごめんなさい、止めないでだって言ってくる。

しばらく乳首つまみながらオマン○とアナルクチュクチュしてると

「逝きそう」

なんて言うからそこで手を離してシャワー室出たったw

出て部屋をよく見ると、洗濯干し用の紐みたいなのが掛かってたからそれを片方外して所々コブ作って、逝かして欲しけりゃこれで綱渡りし往復なさいって命令してみた。

さすがに嫌がるかな?とか思ったけど素直に綱に股がって歩き出した。

手で綱を持つもんだから手は頭の上!って命令したらその通りにして変な声出しながら歩いてた。

自分はそんなにSでもないんだけど、久美は完全にMモードでそれはそれで楽しめた。

で、ベッドに移ってもう逝かせてくださいなんてお願いされるもんだから、マン○とアナル責めながら逝きそうになると手を止めたりしてた。

さすがに久美がおかしくなりそうな感じがしたんで一気に乳首と3点責めで逝かしてやると、あり得ないくらい大量の潮を吹いてた。

いや、吹くってゆーよりダラーっと漏らした感じだったかな?

もうシーツがビショビショになるから、ベッドにバスタオル3枚くらい引いて久美の心ゆくまで逝かせてやったと思う。

終いにはアナルにチン○が欲しいとか言うもんだから、ボディソープを薄めて簡易浣腸液作って浣腸して排泄ガマンさせてる間にたっぷりフェラさせた。

途中もうダメですとか言いながら下品な音立てて排泄したもんだからお尻ペンペンしたら恥ずかしい~とか言いながら(多分)喜んで泣いてた。

最後は人生初の生AFで中に大量発射したw

プレーは初めてだったから見よう見まねでやったんだけど結構楽しめました。

けど、シャワー室のうん○のニオイはちょっと耐えられない感じだったw

元カレの後輩にはこのことは言っていない。

隠すつもりはないけど、わざわざ報告するモンでもないし。

飲み屋にはその後も行ってるが、久美も自分も何事もなかったかのように普通に姉ちゃんと客の関係を続けてる。

ごく稀にエッチはしてるけど、なるべくしないようにしてる。

セフレとかの関係より飲み屋の姉ちゃんと客の関係のほうが自分には心地いいから。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告