エチ研TOP
Home > 体験談 > 遊びに来ていた妹の友達2人にいきな…
投稿:2015-11-29(日)02:02

遊びに来ていた妹の友達2人にいきなりフェラされた

この体験談のシリーズ一覧
1:遊びに来ていた妹の友達2人にいきなりフェラされた
2:【トイレ】妹に紹介された子が想像以上のビッチだった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:28,100回)
名無しさんからの投稿

俺が大学生の頃、6歳ほど歳の離れた妹のミカが、家に女友達を二人連れてきた。

二人とも○学生とは思えないくらい巨乳。

ショートカットで童顔、清楚っぽいナナと、セミロングくらいの長さで、気の強そうな顔立ちのルリ。

最近の子は発育良いなと思いながらリビングでテレビを見ていた。

妹達はその横で談笑している訳だが、段々とその内容がエロいものになっていく。

「そういえばナナ、ヒデとヤったんでしょ、どうだった?」

「全然だめー。普段女なんてすぐイかせてやるぜーとか言ってるのに、自分の方が先にイっちゃってさ。ルリは最近彼氏とどうなの?」

「マンネリ気味かな。ただヤるとなったら超がっつく。あれは猿だね。それでちょっとウザくなって、気分転換に学校の童貞つまみ食いにハマってる」

「あ、童貞狩り良いよねー。何か必死なんだけど可愛いって言うか。私も前にハマってたー」

清楚系のナナから

「童貞狩り」

なんて言葉が出たことに驚き、最近の○学生の性事情どうなってんだと思いながらも、当時童貞だった俺は思わず聞き耳を立ててしまう。

「私は最近乱交がトレンドだね。男子いっぱい集めて私目当てに順番待ちしてる時とか、征服感パない」

「うわーミカ鬼ー」

妹の爆弾発言に軽く唖然となりながらも、思わず想像してしまう自分が情けない。

既にムスコははち切れんばかりになっていたので、俺は自室へ撤収。

今聞いた話をオカズに抜くかーとか思ってた。

そして自室へ入って数分後、突然ドアをノックされ、心臓が飛び出るほど驚いた。

相手はナナとルリで、妹が買い出しに出たので俺の方へ来てみたとのこと。

ここで追い返しても変に思われるので、しぶしぶ中に入れると、ルリがいきなり

「じゃ、お兄さん、しましょっか」

と言い出す。

何のことか分からず固まる俺を、二人は笑う。

「もー、一つ屋根の下に男と女がいたら、ヤることなんて一つでしょ?」

「ほら、いいから座って座ってっ」

何をするのか察し慌てる俺を、あっという間にベッドへ座らせる二人。

未だムスコはパンパン。

それを見て二人はまた笑い、

「はーい、じゃあお披露目でーす」

と言いながらチャックを下ろしムスコを取り出す。

抵抗しようにも、期待してしまって何も出来ない俺。

「うわっ、お兄さんの結構おっきいっ。アツシよりおっきいよこれ」

「これはヤバい。こんなの見たら兄妹でも構わずヤるわ」

俺、初めて自身のムスコのサイズに感謝。

そんな俺をよそに、二人は何時の間にかムスコを握り、手コキを始める。

ナナが竿を握り、ルリが亀頭をくちゅくちゅと弄る。

これだけでイきそうになるが、少しするとルリが亀頭を舐め始めた。

「お兄さんチンコビクビクさせ過ぎ」

「まだイかないでくださいねー」

「そ、そんなこと、言われても・・・・・・」

俺が限界なのを見て、二人は面白そうに笑い、

「仕方ないですねー」

と言いながらムスコを放した。

残念に思ったのもつかの間、二人は制服の上着を脱ぎ、Gはあろうかという胸を露出させ、今度は左右からその胸でムスコを包み込んだ。

「どうですかー?wパイズリ気持ち良いですかー?」

「すっご、チンコおっぱいから出てんじゃん。クラスの男子なんて皆埋もれちゃうのに」

「ねー、ホントお兄さんのチンコヤバいよ。でも結構早漏気味かな。もうビクビクしてるもん」

「しょうがないって、童貞だし。私等のパイズリに耐えられる訳ないよ。ほらお兄さん、おっぱいにびゅくびゅく出しちゃっていいですよー」

そう言って二人は胸を別の生き物のように動かし、柔らかく温かな安心感と、今までに感じたことのない快楽に、ムスコはビンビン。

堪え切れなくなった俺は、遂に射精し二人の胸と顔を汚してしまう。

「おぉ!ヤッバ量もすごっ。お兄さんどんだけ溜めてたんですか」

「でもまだビンビンー。お兄さん絶倫ですねー」

言われた通り、今までで一番の射精量だったにも関わらず、ムスコはビンビンなまま。

二人はティッシュで精子を拭きとると、丹念にお掃除フェラをしてくれて、これがまた気持ち良い。

余韻に浸っていると、不意にムスコにゴムを付けられる。

「遂に・・・・・・!」

と内心ガッツポーズをしている俺をしり目に二人はジャンケンをし、先にどちらがヤるか決めている模様。

勝ったのはナナ。

ナナはベッドに仰向けで横たわると、恥ずかしげも無く股を開く。

「それじゃ、お兄さんの童貞、私にくださいっ」

そうは言われても、何処に入れていいか分からない。

そんな俺を察したのか、ルリが背後からムスコを握ると、ナナの穴まで導いてくれた。

先ほどとも違う快感。

締め付けられる度にムスコが暴発しそうになるもぐっと堪え、ゆっくり奥まで挿入していく。

我慢できずにぎこちなく腰を振り始めるものの、30秒ほどで限界になり射精。

「はい、童貞卒業おめでとうございまーす。お兄さんホントはやーい。でもちんぽおっきいから気持ち良かったー」

「感想はいいから代わって代わって。お兄さん、今度は私にズブズブしてください」

ナナに代わって、今度はルリが俺の前で股を開く。

ナナは俺の背後に回るとゴムを取り、未だフルボッキしたムスコを数度手コキしてから、新しいゴムを付けてくれた。

そして今度はナナの手に導かれ、ルリに挿入。

二回出しているので先ほどよりは長くピストン出来たが、それでもすぐに射精。

流石にムスコも萎え、ここで休息。

それでも淫乱ビッチな二人は、丹念にムスコをお掃除フェラしてくれている。

聞けば、今日は最初から俺とヤるつもりで来たとのこと。

妹が俺が童貞なのを察して頼んだらしい。

妹は買い出しではなく、他の友達の家に行ったとか。

「ミカも絶対サヤの家でヤってるよね」

「ミカ、サヤの彼氏ちんぽ大好きだからねー」

思わず妹の情事を想像し、情けなくも元気を取り戻すムスコ。

二人は

「マジ絶倫ww」

と笑いながらゴムを用意し、結局この日は、二人に2回ずつ出して終了。

後日、俺のデカチンの噂が広まったらしく、他の女子ともヤることに。

ほんの少し前まで童貞だった男が、○学生の女子を10人切りはした。

そしてそんな女子達に俺のムスコの凄さを聞かされた妹と、一線を越えることにもなった。

結果、妹との相性が一番良いという事態に。

休日ともなれば朝から晩まで、酷い時は風呂へトイレに入っている時さえヤっていた。

今でも、その時ハメ撮りした映像が、何処かに残っているはず・・・・・・。

続き:【トイレ】妹に紹介された子が想像以上のビッチだった

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告