エチ研TOP
Home > 体験談 > フェラしてもらったら最後に必ずゴッ…
投稿:2013-01-26(土)11:00

フェラしてもらったら最後に必ずゴックンしてもらう

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:2,699回)
名無しさん(40代)からの投稿

ある出会い系サイトで知り合った女。

最初は普通のメールから始まり、徐々にエロ話に持っていった。

1ヶ月程メールのやり取りを続けるうちに、会う事になった。

彼女はサイトでは30才で登録されていたが、実際には33才。

期待と股間を膨らませて彼女の住むY県までフルスロットル。

待ち合わせ場所の駐車場に現れた彼女は、良く言えばダイナマイトバディー。

一般的に言えばポチャポチャ(笑)

しかしオッパイは爆乳。

ドライブする事になり、車を走らせてスグに左手はオッパイを揉み始め、助手席のシートを倒させた。

オッパイを揉むのにも飽きてきたところで下半身へ移動すると、予想通りのグチャグチャ。

しかし運転しながらだとどうにも指を挿れにくいので、近くのパーキングに停車して後部座席に移動した。

かなりSの気がある俺は愛撫を止めてタバコをプカリ。

「どうされるのが気持ちいい?」

「バックから舐められるのがいい…」

希望通りにバックから舐めながら、暗いながらも目の前に見えるアナルに挿れたくなった。

挿れていいかと聞けばダメと言うに決まってる。

しかも初対面でイキナリ違う穴に挿れるのもどうかと…。

バックで挿れながら指をアナルに少しずつ挿れてみる。

嫌がらない。

イケる。

一応アナルに挿れるよと宣戦布告。

良いとも言わないけどダメとも言わないので攻撃を開始したがなかなか入らない。

少し強引に挿れたらメリッみたいな感触で入った。

彼女も最初は痛がったけど、そのうちに何とも言えない感触だったらしい。

アナルに飽きた俺はメインイベントのフェラへ。

実は、俺は無類のフェラ好きで、アソコに挿れる事よりアナルに挿れる事よりフェラして貰うのが好きで、しかもかなりのこだわりがある。

最初は注文なしでお任せでしゃぶらせ、徐々に自分のペースに。

口だけでやらせ、手は膝の上に置かせ、彼女の頭を両手で押さえ高速ピストン!

征服感と気持ち良さで口の中に発射!

もちろん外に出しては駄目でゴックンしてもらう。

結局ドライブもしないで帰りの車でも運転しながらしゃぶらせてた。

初対面でアナルに挿れられて2回も精子飲まされた彼女に、自分でやっておきながら同情する。

- 終わり -

前後の話
次の話(2013-01-26 12:00:00)彼女がビーチボールフェチだった
前の話(2013-01-26 10:00:00)妊娠してないのに母乳が出る彼女

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告