エチ研TOP
Home > 体験談 > お隣さんの着替えシーンを目撃した
投稿:2014-07-13(日)03:00

お隣さんの着替えシーンを目撃した

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:6,488回)
名無しさんからの投稿

私が20代で、仕事のために一人暮らしをしていた時のこと。

家賃が安い所を探したので、少しアパートが古い。

そのため、カーテンを開けると隣の家が丸見えだ。

そんなある日、私の中に眠っていたエロの部分を開花させる出来事が起こった。

ある暑い日の夏、エアコンを一日中つけると電気代が高くなるので、昼寝後はカーテンと窓を開けることに。

すると、隣のアパートの住人の姿が・・・。

20代後半の女性で、黒髪ロング、色白でスラッとしている感じだった。

私に気づいていない彼女。

何か探し物をしているようで、タンクトップからEカップはありそうな胸がチラリ。

ブラはつけていないようで、タンクトップから少し突起が伺える。

谷間はおろか、お腹まで見えそうなくらい胸チラしている。

どれくらい見続けただろうか、ふと彼女と目が合った。

ヤバい!と思ったが、見られていたことには気付かず、彼女から会釈してきた。

会釈仕返す私。

そして、彼女と私はそれぞれの部屋へと移動した。

それから何週間か、意識的に彼女の部屋を見るようになっていた。

そしてある日の夜、私より遅く帰宅した彼女。

暗い部屋に電気が付き、部屋が丸見えに。

隣のアパートに住んでいる私が女だと安心したからか、すぐにはカーテンを閉めない。

パジャマに着替えようとする彼女。

もしかして・・・と思い見入る私。

あっと言う間に下着姿になり、ブラを外す。

女性はよくやることだが、パンティ一枚になった姿で全身鏡に向かう彼女。

私の位置からだと横乳と乳首が拝める。

乳首は薄茶色で乳輪は大きめ、乳首がコリッてなっている。

まずは、バストの形チェック。そしてリンパマッサージ。

少しだけ鏡越しにも見える彼女の乳。

ちなみにパンティは白を基調としたものだ。

終わりにはパジャマを来て就寝。

こんな日々を何回繰り返しただろうか。

遂に、彼女の家に彼氏が来た。

玄関を入るなりディープキスを始める2人。

荷物をボンボン床に落とし、あっと言う間に寝室へ。

キスしながらお互いの身体に触れる。

まずは、彼氏が服の上から乳を揉む。そして、徐々に脱がしていく。

今日はピンクのブラだ。乳首をイジり、舐めている。

次は、スカートの中に手を入れているので、恐らくパンティ越しに筋に沿って触っているのであろう。

次第にスカートも取り、パンティも脱がし、ベッドの上でM字をとらせている。

整えられた毛。マンコが丸見えだ。

手マンの時に喘ぎ声が大きくなり、窓を開けると少し声が聞こえる。

それ程、隣のアパートとは間隔が狭いのだ。

彼氏のモノが挿入されると、余計に声がハッキリ聞こえる。

ただ見ているだけでは楽しくないので、私も気持ち良くなるために自慰を始めた。

彼女のイク時の顔が、声が最高で、四つ這いの時の乳がプルンプルン揺れているので、私も一気にいけた。

結局、仕事が変わったので引っ越すことになったが、彼女のおかげで私は自慰を始めることとなった・・・。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告