エチ研TOP
Home > 体験談 > 結婚11年目にして初めて妻をカップ…
投稿:2016-08-15(月)11:19

結婚11年目にして初めて妻をカップル喫茶に連れて行った話

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:3,688回)
名無しさん(40代)からの投稿

結婚11年目にして、初めて妻をカップル喫茶へ誘ってみたときの話です。(40代前半夫婦です)

子どもを私の実家へ4泊5日で泊まりに行かせていたのを、妻と一緒に迎えに行く道中でのことです。

久しぶりに子どもを預けていたにも関わらず、仕事が多忙で妻の夜の相手をなかなか出来ず、帰宅後はオリンピックを観ながら寝てしまっていた日々。

せっかくの機会なのに、妻にも申し訳ないなぁとは思っていたところ、ピンと思いついたのが

「どうせなら、家内をカップル喫茶に連れて行ってしまえば、ドキドキと一緒に、カップル喫茶に行きたい衝動を解決できちゃうかも!」

ということで、結婚後、初めて思いついた作戦でした。

普段は、かなり真面目で、でも、ここ最近、たま〜に我が家のマンションでしている時に、

「隣人に聞こえちゃうよ!」

「聞かせちゃう?」

とか、声攻めをしていた時の妻の様子を思い返すと、結構喜んでいる感じがしていたので、今回は思い切って誘ってみようと試みました。

しかしなかなか言い出すタイミングが無いまま仕事から帰ってきて、一緒に子供を迎えに行く時間を迎えようとしてました。

そこで、私は仕事帰りだったのですぐにシャワーを浴びたのですが、すぐ横で化粧をしている妻に、私は突然一言、

「シャワー浴びてから出発したら、どう?」

と言いまいした。

すると、妻は旦那の実家で着いてすぐに風呂に入るのもなんだから、と思ったようで、すんなりとシャワーを浴びました。

シャワーから出るや、私は

「さっ、出発しよう!」

と声をかけ、一緒に車に乗り込み、私の田舎へ向けて出発しました。

ところが、いつもと違う箇所で高速を降り、都内某所へ向かって走っていると、妻から

「あれっ、どこに行くの?そっか、実家の前に食事だね」

とまったく疑う様子無し。

そして、ある駅の近くの駐車場に車を停め、繁華街を歩き始めました。

その地域は、ラーメン屋がたくさんあることでも有名で、てっきり妻は美味しいラーメン屋にでも連れていくのかと勘違いをしながら一緒に歩いていました。

1分程度歩くと、目的地であるカップル喫茶が遠く見えましたが、あえてスルーし、しばらく歩きました。

そして、これ以上どこに行くかを黙っているとかえって怪しまれると思い、意を決して口火を切りました。

「今日は行きたいところがあるんだよね〜。でも、かなりビックリするし、ある意味、清水の舞台から飛び降りるような所なんだけどね」

と話をすると、妻は

「突然、シャワー浴びて出発しようって言われた時から何かあるなとは思ってたけど、どこに行くの?おネエのお店とか?」

との反応。

一瞬悩んだ挙句、思い切って、

「喫茶店。カップルだけ行ける喫茶店だよ。カップルだけということもあって、その後のことはお任せ的なところだよ」

と説明。すると妻は、

「危なくなら良いけど、まったく想像がつかないよ。大丈夫なの?」

と心配気味。

そこで私は、

「実は、13,4年前に2度ほど行ったことがあって、今回、せっかく時間が出来たから行ってみようかと調べてみたらまったく変わってない様子だったし、安心だと思うから、行ってみようよ」

と、カップル喫茶歴を初めてカミングアウトとしてしまったところ、

「行ったことがあるお店ならいいし、どうせそんなに緊張して話をしているということは、ちょっとやらしいお店とかでしょ?あんたが他の人と行くくらいなら私が行った方がいいから、今日はそこに行ってもいいよ」

と、まさかの即断オッケー!

正味3分ほどの話し合いでカップル喫茶行きが決定!

街中で手を繋ぐことなんでこの10年全くなかったのに、手を繋ぎながら店まで2,3分歩き、入店。

この店自体私も久しぶりでしたが、マスターが愛想よく対応をしてくれ、席に到着。

そして、最初の客だったのは束の間で、20分程度で6カップルが揃い、それぞれがイチャイチャしている時間が過ぎていきました。

すると、妻は

「いつもこんな感じなの?随分静かね〜。でも周りに人が居てなぜか興奮しちゃうから、キスして〜」

と、まさかのノリノリ。

キスをし、服の上から乳首を触るだけで室内に響くほどの喘ぎ声。

すると妻は、

「普段声を出せないし、こういうところなら声出しちゃっていいんでしょ?」

と教えてもいないのに、呑み込みが早い妻。

結局一番最初に服を脱ぎ、フェラをしたのは私たちでした。

他の席からその様子を見られているだけで、妻のアソコはぐちょぐちょに。

手マンだけでイッた妻はいったん休憩モードに。

その間、他の席をしっかり観察していて、初めて他人棒を見たり他人のアソコを見たりとかなり興味津々に見ていました。

その様子を見ながら、妻は

「恥ずかしいけど、他の人より早く射れてほしい」

とまさかの懇願。

私も、

「射れられてるところを見られてもいいなら射れるよ〜」

と焦らしながら、挿入。

この10年で一番、大きな声を出して、喜んでました。

妻はいまだかつてないほどの早さでイってしまう状態のため、イクたびに短時間の休憩を挟みながら、自宅でしている以上に長い時間の挿入で、妻は大感激!

「こんなにたくさん射れてもらえるなら、またここに来たい」

と、自ら言うほどでした。

こちとらこんなにしているのを見られたりする興奮はたまらないし、少しでも長く、恥ずかしがってる妻を見ていたいなぁと思っていると、ついつい長めの挿入時間になりました。

そうこうしながら、横の部屋などの人の様子を見ながら手を出してくれたり他人棒を出してくれそうな人は現れず、結果として、他の方々が先にどんどんHを済ませて帰ってしまう状況に。

私としてはせっかくなので、ここまで来たら他人棒を握ったり舐めたりを妻にさせたいという隠れた野望があったのですが、時間切れでした。

妻にそうした野望があったことを、後半戦の最中に伝えたところ、

「そんなのアリなの?でも、なんかここは映画の世界に居るみたいで、何でも出来ちゃいそうだから、こんな私でもしてほしいと言われたら触ったり舐められたかもね」

と、ビックリの反応。

そんな話をされたら余計に盛り上がり、最高潮を迎えて思いっきり中田氏。

妻は、他人がいる場所で中田氏されたことの余韻に浸っていました。

ちなみにこのカップル喫茶にはシャワーが無いため、事前のシャワーが必須でした。

汗を拭き、今まで見たことのない大量のマン汁をウェットティッシュで拭く中、妻からは、

「今日は、お店的には大人しい感じだったのかな?」

と、いつの間にか、何かもう少し期待をしてしまっていたようです。

そして、着替えながらまさかの

「この金額ぐらいならホテルに行くより安いし、ドキドキもするから、アリかもね」

と、聞いていないのに、最高の反応でした!

帰り道は完全に手を繋ぐなど、カップル喫茶に行ったおかげで久しぶりに夫婦仲が熱いものに戻ってきて、カップル喫茶の効能にビックリしてます。

そして、美味しいラーメンを食べに行って、お腹も身体も満足をして、子どもを迎えに行きましたが、ラーメンを食べた後、

「今晩のこのコース(カップル喫茶からのラーメン屋)は、アリだね。今日は良かったよ」

と大絶賛でした。

本当にドキドキだったけど、頑張って、誘ってみて、本当によかったです。

こんなに喜んでもらえるとは・・・。

とはいえ、実はさすがにSWのことまでは、お店の中でも今でもまだ言えていません。

でも、また子どもを預けられる時があれば、シャワー付きのお店で安心してSWをしたりしてみたいなと思っています。

その時も、SWについては今回同様ギリギリのタイミングに言ってみようと、今から作戦を考えてます(笑)

作戦後は中華麺かな〜(笑)

SWが成功して、さらに夫婦仲が深まった暁には改めて報告します。

続き:結婚11年目で妻と2度目のカップル喫茶へ

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告