エチ研TOP
投稿:2016-09-11(日)03:03

【第2章東京編】同棲を始めた結菜の喘ぎ声が隣に聞こえる勢いでセックスをした

この体験談のシリーズ一覧
1:【援交】電車で天使のような可愛いJ◯に一目惚れして、ある日勇気を出して告白した2:【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJ◯と再会3:【援交】天使のように可愛いJ◯とカラオケボックスでセックスをした4:【援交】可愛すぎるJ◯に遠隔ローターでいたずらして、アイドルのコスプレさせた状態でエッチした5:天使すぎるJ◯が彼氏と公園で青姦している現場を目撃してしまった6:いつも援交していたJ◯が卒業するので最後に思う存分ヤッてやろうと思った
7:援交で付き合っていたJ◯が、最後だからと自宅を訪ねてきた8:援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた9:【援交】天使のように可愛いJ◯にテニスウェアを着せてエッチなことをした10:【援交】美人すぎる姉妹2人と同じ日にセックスをすることになった11:【援交】天使すぎるテニス部美少女に顔射しまくって写真を撮った12:【援交】天使すぎるJ◯とのセックスシーンと豪快な潮吹きをカメラで隠し撮りした13:【援交】女子◯生に目隠しさせて剃毛シーンを隠し撮りした14:【援交】美人すぎる専門学生の結菜と久しぶりにHするために東京まで行った15:援交を辞めたいと言ってきたJ◯との最後のセックスで中出しした16:高◯生の妹の方と付き合い始めたのに姉の結菜と援交を続けることになった17:【テニスウェア】付き合ってるJ◯1年の綾菜と公園で青姦をした18:J◯1年の綾菜にアイドルのコスプレをさせてハメ撮りをお願いした19:【姉妹丼】専門学生の結菜とJ◯1年の綾菜とついに3Pをした20:仕事の都合で東京にいる結菜と1ヶ月間一緒に住むことになった21:援交を辞めるつもりと告白してきた結菜に、電車の中で痴漢プレイをした後に公園のトイレで犯した22:AKB向井地美音似の彼女と久しぶりにセックスをした後に別れを告げられた23:元カノになった綾菜の制服が盗まれたらしく、10万円を用立ててくれたら何でもすると言ってきた24:【逆レイプ】別れた彼女にベッドに拘束され、復縁を迫られた25:彼女とエロプリを撮った後、セーラー服のコスプレをさせてエッチした26:彼女公認で元カノの綾菜と再び付き合うようになった27:【修羅場】彼女の母親に縄で縛られ、半ば無理やりセックスしていたら綾菜が家に帰ってきた28:同棲することになった綾菜が中年の痴漢に襲われた29:結菜と綾菜にフラれ、違う女子◯生と援交をすることにした30:【第1章完結】結菜の20歳の誕生日に想いを伝えようと東京へ向かった
31:【第2章東京編】同棲を始めた結菜の喘ぎ声が隣に聞こえる勢いでセックスをした
32:パティシエール姿の結菜と閉店後の店内でセックスをした33:結菜にセックスを拒まれるようになったある日、以前援交をした萌恵から連絡が来た34:結菜との同棲生活が上手くいっていたある日、萌恵から妊娠したとの連絡がきた35:萌恵香とデートした後にギャルに変身した結菜とデートをする事になった
広げる
本文(累計閲覧数:20,225)
Yさん(30代)からの投稿

前回の話:【第1章完結】結菜の20歳の誕生日に想いを伝えようと東京へ向かった

俺はこの春から転勤となり、東京にいる結菜と一緒に住むことになった。

結菜と出会ったのは今から3年半前。

当時俺は30歳、結菜は16歳の高◯2年生だった。

通勤電車の中で結菜に一目惚れした俺は意を決して結菜に声をかけたところ、そこからまさかの援交という関係を持つことになった。

結菜は高◯を卒業してから東京の専門学校に通うようになり、そこから結菜の妹である綾菜と付き合ったりと姉妹相手にいろいろとあったが、綾菜と別れた俺は結菜と付き合うようになった。

結菜は専門学校をこの春卒業し、これまでバイトをしていた近所のケーキ屋に就職した。

今現在、俺は見た目こそ若く見られるため20代後半くらいに見えるらしいが34歳、結菜は20歳という歳の差カップルである。

結菜はアイドルの橋本環奈によく似ている。

もう年齢こそ大人になったが、身長も高くないし華奢な身体で見た目が幼くどう見ても女子○生、下手をしたら中◯生にも見られるくらいだ。

これだけの美少女、いや女性と付き合うことができるなんて本当に俺は幸せであると今更ながら実感していた。

地方から東京に出てきた俺はまだ周りには知り合いがいない。

とりあえず今の俺には結菜しかいなかった為か、仕事が終わりアパートに戻るとすぐ結菜に抱きつきキスをしていた。

「結菜・・・好きだよ・・・」

結菜「んんー、てか最近どうしたの?なんかウザいっ!」

結菜は俺を拒否するようにキスを払い除けた。

「な、なんだよ・・・結菜が好きでたまらないんだよ」

結菜「・・・なんか最近おかしくない?前はこんなんじゃなかったじゃん?」

「なにそれ?もしかして俺のこと嫌いになったの?」

結菜「違うよ、なんか最近妙に私にくっついてくるからなんかおかしいなぁーって思って・・・もしかして浮気とか隠してる?」

「バカなこと言うなよ!今は結菜一筋だよ!?」

結菜「ふーん、それなら別にいいんだけど?」

「じゃこれからエッチしよ?」

結菜「・・・好きにすれば?」

相変わらず可愛い顔して普段はツンツンしてる結菜だが、セックスを始めると途端に甘えだす結菜が愛おしくてたまらない。

それから数日後、玄関のチャイムが鳴ると結菜が出ていった。

宅配業者「お届け物をお運びしました」

結菜「何これ?」

玄関には物凄い大きな荷物が運ばれてきた。

「お、きたきた」

結菜「何買ったの?」

「ベッドだよ、俺だけ床に寝るの嫌だからさ?」

結菜「ふーん、てかこれ大きくない?」

「ダブルベッドだからね、今日から結菜と一緒に寝れるよ」

結菜「ええー!?」

「なに?嫌なの?」

結菜「寝てる間に変なことしてきそうで怖い・・・」

「ん?何もしない訳ないじゃん!?わかってるくせにw」

結菜「はぁー・・・」

結菜は頭を抱えていた。

「ねえ、結菜が今使ってる部屋をリビングにして、俺の使ってる部屋を寝室にしようよ?」

結菜「別にいいけど・・・」

俺は自分が使ってる部屋にベッドを組み立てた。

そしてその日の夜、俺と結菜はひとつのベッドで寝ることになった。

(結菜とこれから毎日こうやって一緒に寝るのかぁ・・・)

俺は幸せを噛み締めながら結菜と一緒に寝た。

すると深夜の2時くらいだろうか、何やら物音が響いてきた。

「ドスンッ!ドスンッ!ドスンッ!ドスンッ!」

俺と結菜は目を覚ました。

「ん?結菜、これ何の音?」

結菜「・・・隣でしてるんだよ・・・」

眠そうに結菜が言った。

「してる?何を?」

そう言った時、俺はなんとなく気付いた。

そう、壁一枚隔てた隣に住んでる住人が今まさにセックスの真っ最中であることを。

「隣ってカップルとか住んでるの?」

結菜「よく知らないけどカップルっていうか夫婦かもしれない」

「そうなんだ、よくこうやって物音してくるの?」

結菜「私この部屋で寝てないからこんなにうるさいの初めてだけど、たまに聞こえてくるよ」

すると深夜の静まり帰った部屋に僅かではあるが明らかに女の喘ぎ声が聞こえてきた。

「はあぁーん!ああぁーん!あっ!あっ!あっ!」

ドスンッ!ドスンッ!という音はさっきよりも激しくなったかと思うとピタリと止まった。

「・・・イッたのかな?」

結菜「バカみたい・・・もう寝るよ?」

「俺もしたくなってきた・・・」

あんな声を聞かされたら興奮してしまってこのまま寝る訳にはいかない状態だった。

結菜「明日朝早いからまたね」

そう言って結菜は寝てしまった。

翌日の朝、俺は出勤しようとアパートを出るとちょうど隣の夫婦らしい男女も部屋を出てきた。

見た感じ俺と歳は同じくらいだろうか?

女をチラッと見るとごく普通な感じのおとなしそうな女だった。

だがセックスをする時はあんないやらしい喘ぎ声をあげるのかと思ったら興奮してきてしまった。

「あ、おはようございます」

都会の人間なので挨拶などしてこないものだと思っていたのだが、意外にも挨拶をしてきたので俺も挨拶をした。

「おはようございます」

アパートを出たところで夫婦は別々の方向に歩きだしたが、旦那のほうは俺と方向が一緒だったので話しかけてきた。

「あの、最近引っ越してきたんです?」

「え?ええ、春から転勤になったもんで・・・」

なんか馴れ馴れしい感じだが悪いやつではなさそうだった。

「そうですか、一人で引っ越されてきたんですか?」

「いや、一応連れがいますけど・・・そちらはもうご結婚されてるんですか?」

「ええ、もう3年くらい同棲して去年結婚しました」

「そうなんですね、まあこれからお隣同志なので何かあった時はまた宜しくお願いします」

「ええ、こちらこそ、ところで・・・」

「はい?」

「あの、連れの方って前から住んでる女の人です?」

男はちょっと聞き辛そうに言ってきた。

「えっ?そ、そうですよ?それが何か?」

「いや、あそこのアパートって大体カップルとか夫婦で住んでる人が多いのにずっと一人なのかなって思ってたから・・・」

(なんだこの男、実は結菜の事が気になってたのかもしれないな・・・)

「ああ、やっとこっちに自分も来ることが出来たもんで・・・」

「そうなんですか、てか可愛い彼女で羨ましいなぁ」

(はぁ?何言ってんだ?)

そんな話をして男と別れた。

なんかちょっと気持ち悪い感じがしたが、可愛い彼女と言われるとまんざらでもない。

まぁあの男なら結婚して奥さんもいるし大丈夫だろう、そう思った。

その日出社をすると、1年前に研修で世話になった若い社員と久しぶりに再会をした。

まだ東京の本社ではあまり知り合いがいないので俺は少しだけ嬉しかった。

社員A「あっ!?Yさんじゃないですか!お久しぶりです!」

社員B「お疲れ様です!」

「やあ、久しぶりだね」

そしてしばらく仕事の話をしているとこんな会話になった。

社員A「そういえばYさんって何処に引っ越してきたんですか?」

「ああ、〇〇町だよ」

社員A「えっ?そうなんですね、自分も〇〇町なんですよ!もしかしたら近いかもしれないですね?」

「え?そうだったんだ?」

社員A「どの辺です?」

あまり詳しく教えたくはなかったが大体の場所を教えた。

社員A「あーあの辺ですかー、あの辺に〇△ってケーキ屋ありません?」

「えっ!?〇△!?」

驚いたことに社員Aが言った〇△という店は結菜が働いているケーキ屋だった。

「そんな店あったっけかぁ?」

俺は知らないふりをした。

社員A「Yさんまだこっちに来たばかりだから知らないんですね?あのお店に超可愛い女の子が働いてるんですよ!」

社員B「ウソっ!?お前ケーキ屋なんて行くのか?」

社員A「たまたま彼女と入ったんだよ、あれはマジで可愛いぞ!あの何年に1人とか言われてるアイドルに似てるんだよ!」

社員B「へぇー俺も見てみたいな、歳はどのくらいだ?」

社員A「かなり若い感じだからまだ高◯生かもしれないな。てか写メあるぜ?見るか?」

(何!?写メがあるだと!?)

社員Aはスマホを取り出すと俺と社員Bに写メを見せてきた。

そこには店の外からガラス越しに仕事中の結菜を明らかに盗撮したであろう画像があった。

社員B「ほんとだ!こりゃめっちゃ可愛いわ!てかお前これ盗撮じゃないのか?」

社員A「まぁそういうことになるかな。前を通りかかった時にたまたまいたのが見えたからつい撮っちゃったよwYさんはどうっすか?可愛いでしょ?」

「えっ?あ、ああ、そうだな・・・」

社員A「この子まだ若いけどこんな可愛い子とやってみてえなぁ!」

まさかその女が俺の彼女とは知らずに社員Aはゲスな発言を始めた。

社員B「おまえいくら可愛いからって女子○生はマズいだろ?w」

社員A「全然平気!?あーこんな女の子にしゃぶってもらいてぇなぁー、すぐイっちゃいそう!w」

社員B「バカか、おまえ彼女いるんだから彼女にしてもらえばいいだろうが?」

社員A「あの子の顔見た後に彼女にしてもらったってチンコ勃たねえわwあーあんな可愛い顔にたっぷりぶっかけてみてえなぁw」

「・・・お前ら・・・会社の中でちょっと声が大きいぞ・・・」

社員A「あ、すみません・・・ちょっと暴走しましたw」

それにしてもアパートの隣の部屋の男といい社員Aといい、やはり結菜を見てしまったら少なからず気になるような存在であるのは間違いないようだ。

これまでの2年間、一人暮らしをしていた結菜が誰にも言い寄られることがなかった訳はないと思い、気になった俺はその日帰宅したら結菜に聞いてみようと思った。

アパートに帰宅すると結菜は高い位置で結んだツインテールに薄手のニットを着て短パンを履いていたが、驚いたことにストレッチをやっているのか床に脚を180度開脚して身体を前屈させたりしていた。

「え!?結菜何やってるの?」

結菜「見ればわかるでしょ?ストレッチしてるの」

「結菜いつもそんなことやってるんだ?てか身体そんなに柔らかかったんだね」

結菜「そうだよ?知らなかったんだ?」

身体の柔らかさにも驚いたが、前屈みになってる結菜の胸元はパックリ開いてブラ全開、股を開いている短パンからは下に穿いているピンク地に赤い水玉模様のパンツがガッツリ見えていた。

「てか前にも言ったけど結菜ってちょっと無防備すぎないか?」

結菜「はっ?てか家の中なんだからいいじゃん!?外でこんなことしないし!?」

「いや、結菜は外でも結構胸元ユルユルの服着てたり激ミニのスカート穿いてたりするじゃん?」

結菜「なに?露出が多いってこと?」

「結菜はみんなから注目されてるんだからもっとその辺意識したほうがいいぞ?」

結菜「なに、注目されてるって?」

「いや、結菜くらい可愛い女はただでさえ男はみんな見るんだから気をつけろってことだよ」

結菜「そんなことないと思うけど・・・」

「なあ、結菜はこっちに来てもう2年経つだろ?その間今まで男と何回した?」

結菜「はっ!?何言ってるの?する訳ないじゃん!」

「ほんとかよ?でも言い寄ってきた男とかは沢山いるんだろ?」

結菜「それは・・・たまには声かけられるけどね・・・てかちょっと前までストーカーに遭ってたんだよ・・・」

「ストーカー!?」

結菜「うん、仕事終わってお店出てから家まで誰か後ろから付いてくることもあったし・・・」

「えっ!?この部屋特定されたとか?」

結菜「多分・・・それ以来たまにポストに変なものが入ってたりしたこともあるよ?」

「変な物って何?」

結菜「・・・精子が入ったゴムとか・・・」

「お、おい、そりゃ立派な犯罪じゃないかよ?てか今はもう来ないのか?そこまでするような奴なら下手したらレイプとかされてもおかしくないぞ!?」

結菜「最近は何もないから大丈夫だと思う・・・」

「ほんと都会での女の一人暮らしって何があるかわからないから気を付けないといけないな。もう俺がいるから大丈夫だろうけど」

(ストーカーか・・・店から後を付けてくるとかもしかしたら店の客を装った野郎かもしれないな・・・)

しばらくリビングでくつろぎながら考え事をしていた。

俺は昼間の社員Aの話と写メの事が気になっていた。

まさかあいつじゃないとは思うが、結菜の顔にぶっかけたいとか言って性の対象にしていたのでそうでないとも言い切れない。

まぁ結菜くらい可愛い子なら他にいくらでも変な事をしてくるやつもいるだろう。

俺は無意識のうちに近くにいる結菜の顔を凝視していた。

結菜「なに?」

「結菜、今からフェラしてくれないか?」

結菜「はぁ!?いきなりバカじゃないの?最低!!」

「ゴメン、でもして欲しくてたまらないんだ・・・」

結菜「・・・じゃ早く・・・ズボン脱ぎなよ・・・」

「してくれるんだ?ありがとう」

俺は急いでズボンとパンツを脱ぐと結菜の前で仁王立ちになった。

結菜は立ち膝の状態から俺のチンポを軽く握るとまだ半勃ち状態のまま躊躇せず口に入れた。

(ああ、可愛い結菜が俺のチンポをしゃぶっている・・・)

今まで何回も結菜にフェラをしてもらっているが、今日はいつもより特別な感じがしていた。

こんな可愛い子にフェラしてもらえるなんて今まであまり感じなかったが俺は幸せ者だ、そう思った。

結菜は口の中で舌を使って俺の亀頭を刺激し始めた。

気持ち良さに俺のチンポはみるみる勃起していくと結菜の小さな口はもう目一杯開かないと咥えることができないくらいになっていった。

そこから結菜は可愛い顔を歪めながら喉の奥までディープスロートを開始した。

ちょっと苦しそうに頑張る結菜が愛おしい。

チュパっ!チュパっ!ジュルルっ!

いやらしい音を立てながら結菜のフェラが続く。

「ああ、結菜、気持ちいい・・・てかいやらしいな」

結菜「んんー、んぐっ、ジュルルっ!」

何かを言いたい感じの結菜だったが、チンポを咥えたままなので言葉にならない。

そこから約10分くらい結菜のフェラは続いたところで一旦口からチンポを抜いた。

結菜「はぁー、気持ちいい?ちょっと疲れた、もういい?」

「そっか、ごめんね、でも今日は結菜のフェラでいきたいんだよ」

結菜「もぉ、あとどのくらい?」

「それは結菜次第だなw」

結菜「フェラ終わったら私にもしてくれるんでしょ?」

「相変わらず結菜もエッチ好きだなwもちろん何回でもいかせてあげるよ?」

そう言うと結菜は何も言わずにまた俺のチンポを咥えると今まで以上のスピードでピストンを始めた。

「ああっ、いいよ、もう少し速くして!」

結菜は俺のリクエストに応えて更にスピードアップさせた。

チュパっ!チュパっ!ジュルルっ!チュパチュパっ!

可愛い顔をしてこんないやらしいフェラをされれば俺もそろそろいきそうな気配を感じてきた。

「ああー、気持ちいい、いきそうだ!」

俺は結菜の口からチンポを抜き小さな頭を抱え、ツインテールの付け根を掴んで少し顔を上に向けた。

サイト新着記事(外部)