エチ研TOP
エチ研 > エッチな体験談・エロい話 > AKB向井地美音似の彼女と久しぶり…
投稿:2015-12-20(日)16:40

AKB向井地美音似の彼女と久しぶりにセックスをした後に別れを告げられた

この体験談のシリーズ一覧
1:【援交】電車で天使のような可愛いJ◯に一目惚れして、ある日勇気を出して告白した2:【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJ◯と再会3:【援交】天使のように可愛いJ◯とカラオケボックスでセックスをした4:【援交】可愛すぎるJ◯に遠隔ローターでいたずらして、アイドルのコスプレさせた状態でエッチした5:天使すぎるJ◯が彼氏と公園で青姦している現場を目撃してしまった6:いつも援交していたJ◯が卒業するので最後に思う存分ヤッてやろうと思った
7:援交で付き合っていたJ◯が、最後だからと自宅を訪ねてきた8:援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた9:【援交】天使のように可愛いJ◯にテニスウェアを着せてエッチなことをした10:【援交】美人すぎる姉妹2人と同じ日にセックスをすることになった11:【援交】天使すぎるテニス部美少女に顔射しまくって写真を撮った12:【援交】天使すぎるJ◯とのセックスシーンと豪快な潮吹きをカメラで隠し撮りした13:【援交】女子◯生に目隠しさせて剃毛シーンを隠し撮りした14:【援交】美人すぎる専門学生の結菜と久しぶりにHするために東京まで行った15:援交を辞めたいと言ってきたJ◯との最後のセックスで中出しした16:高◯生の妹の方と付き合い始めたのに姉の結菜と援交を続けることになった17:【テニスウェア】付き合ってるJ◯1年の綾菜と公園で青姦をした18:J◯1年の綾菜にアイドルのコスプレをさせてハメ撮りをお願いした19:【姉妹丼】専門学生の結菜とJ◯1年の綾菜とついに3Pをした20:仕事の都合で東京にいる結菜と1ヶ月間一緒に住むことになった21:援交を辞めるつもりと告白してきた結菜に、電車の中で痴漢プレイをした後に公園のトイレで犯した
22:AKB向井地美音似の彼女と久しぶりにセックスをした後に別れを告げられた
23:元カノになった綾菜の制服が盗まれたらしく、10万円を用立ててくれたら何でもすると言ってきた24:【逆レイプ】別れた彼女にベッドに拘束され、復縁を迫られた25:彼女とエロプリを撮った後、セーラー服のコスプレをさせてエッチした26:彼女公認で元カノの綾菜と再び付き合うようになった27:【修羅場】彼女の母親に縄で縛られ、半ば無理やりセックスしていたら綾菜が家に帰ってきた28:同棲することになった綾菜が中年の痴漢に襲われた29:結菜と綾菜にフラれ、違う女子◯生と援交をすることにした30:【第1章完結】結菜の20歳の誕生日に想いを伝えようと東京へ向かった31:【第2章東京編】同棲を始めた結菜の喘ぎ声が隣に聞こえる勢いでセックスをした32:パティシエール姿の結菜と閉店後の店内でセックスをした33:結菜にセックスを拒まれるようになったある日、以前援交をした萌恵から連絡が来た34:結菜との同棲生活が上手くいっていたある日、萌恵から妊娠したとの連絡がきた35:萌恵香とデートした後にギャルに変身した結菜とデートをする事になった36:同棲している結菜から突然アパートを出て行って欲しいと言われた37:初めてAVを観た結菜が股間をぐしょ濡れにしていたので自らオナニーをさせた38:綾菜に「誰のことを一番 愛してる?」と聞かれはっきり答えられない自分がいた39:結菜が旅行中、復縁を迫る綾菜に道具を使って拘束プレイを強要されてしまった40:【最終回】君を見つけたあの日から僕の想いは一つだけ
広げる

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:92,401回)
名無しさんからの投稿

前回の話:援交を辞めるつもりと告白してきた結菜に、電車の中で痴漢プレイをした後に公園のトイレで犯した

東京での1ヶ月間の研修を終え、俺は地元に帰ってきた。

結菜に付き合って欲しいと言われた返事はまだ保留にしている。

結菜と付き合うなら今付き合っている妹の綾菜とは別れなくてはならなくなるからだ。

こんな美人姉妹どちらかを選べと言われると正直困ってしまう自分がいた。

今までの援交のような関係の方が、金はかかるが余計な事を考えずにセックスをできるし都合がいいと思っていたので、付き合えるのは嬉しいが面倒臭いというのが本音かもしれない。

ただ、この1ヶ月間結菜と一緒に生活をして、結菜のことが一層好きになっていた。

「綾菜とは別れるか・・・」

今度会った時に綾菜に別れを告げようかどうか考えていた。

そんな事を考えていると結菜から電話がかかってきた。

結菜「ケーキ屋さんのアルバイト明日から行くことになったんですよ!」

「そっか、採用されたんだね、よかったじゃん」

結菜「うん!さっきお店で着る制服のサイズ合わせしてきたんですよ」

「へぇー、どんな制服?」

結菜「まぁ普通のパティシエみたいな服だけど、ベレー帽が可愛いの!」

「それは見てみたいなぁ。そんでそんな可愛い結菜を見てたまらなくなった店のオーナーが厨房で結菜に抱きついてきてあんなことやこんなことされて、結菜も『オーナーダメですっ!こんなところでっ!』とか言いながらもオーナーのデカくなったチンポをバックから挿れられてイッちゃうんだろ?w」

結菜「・・・・・・・・・」

「ゴメン、引いてる?」

結菜「オーナー女の人なんだけど・・・」

「・・・あ、そう・・・」

結菜「ほんとそういう変な妄想好きですね?」

呆れたように結菜が言った。

「いやーてっきり俺はオーナーがフランス帰りかなんかのダンディーなイケメンパティシエを想像してたからさwでも女のオーナーでよかったw」

結菜「なんですかそれ・・・てか・・・例の返事はいつになるんですか?」

「あ、ああ・・・もうちょっと待ってくれるかな?」

結菜「綾菜と違って私の場合遠距離になっちゃうから不利なのはわかってますけどね・・・返事待ってますからね」

そう言って結菜は電話を切った。

しかし、結菜のやつが本気で付き合ってくれと言ってるのか未だに信じられないでいた。

するとその直後、今度は綾菜から電話がかかってきた。

綾菜「もうこっちに帰ってきたんでしょ?今度いつ会えるの?」

「ああ、明日ちょっと仕事で遅くなるかもしれないけど会おうか?」

綾菜「いいよ、私も部活で遅くなるかもしれないから、とりあえず部活終わったら連絡するね!」

「わかった、それじゃまた明日ね」

明日急に綾菜に別れを告げたらどうなるかな?などと考えていたら気が重くなってきていた。

翌日、俺は仕事が終わり会社を出ると綾菜にメールを送ってみたが返事が来ない。

まだ部活をやっているんだろうと思いながら電車に乗ると、綾菜から返事が来た。

もうすぐ綾菜の通う高校の最寄駅にちょうど着くので、とりあえず俺はその駅で降りて待ち合わせることにした。

しばらく駅で綾菜を待っているとテニスラケットを持った女子◯生数名がキャッキャッと声を上げながら駅に歩いてきた。

その中には髪をポニーテールにした綾菜の姿もあった。

部員数名の中で一番身長が低い綾菜だが、久し振りに見る制服姿の綾菜はやっぱりいいなぁと改めて思った。

綾菜は俺の姿に気づくと部活の仲間に

「じゃまた明日ねー」

と言うと、

「宮内先輩!(綾菜の苗字)おやすみなさい!」

という声が聞こえた。

綾菜は俺に近づいてくると、

綾菜「ごめんね、待った?」

と言ってきた。

まだ近くにいる後輩らしき部員達はちょっとどよめいたようになった。

「えっ!?あれって宮内先輩の彼氏?」

「結構年上じゃない?」

などという会話が聞こえてくる。

「てかあれって後輩のテニス部員かな?俺と会ってるとこ見られても大丈夫なの?」

綾菜「私人気者だから後輩の追っかけが凄いんだよねwてかそんな人に見られて恥ずかしいような彼氏とは付き合わないよ?」

「そっか、これからどうする?」

本当は今日別れを告げるならその辺で話をしてすぐに別れようと考えていたが、目の前にいる可愛い現役女子◯生の制服姿を見てしまったら俺の心は一気に変わってしまっていた。

「とりあえず綾菜を犯したい」

そう思った俺は綾菜を自分の家に連れて行く事にした。

家に着くと綾菜は

「あー、今日の部活疲れたー」

と言いながらベッドの上にうつ伏せに倒れこんだ。

制服の短いスカートが捲れ上がり、純白のパンツが丸見えになった。

それを見てたまらなくなった俺はすかさず綾菜の上に覆い被さると、綾菜を仰向けにしてキスをした。

綾菜「ん、んん・・・」

濃厚なディープキスをしばらくしてから首筋にキスをすると、部活帰りの綾菜からは汗と制汗剤の混ざったような匂いがしてくるが、それがまたたまらなく俺の性欲を増加させた。

綾菜「ちょっと、身体汚いよ?シャワー浴びさせて?」

「このままの綾菜ちゃんがいい、すぐにしたくて我慢できないよ」

綾菜「もぉー、久し振りに会ってしばらくしてなかったから我慢できないの?w」

「綾菜ちゃんはしばらくできなくて平気だったの?」

綾菜「・・・そんな訳ないじゃん」

「よし、じゃこのまましよっか」

綾菜「・・・うん」

俺は制服のブレザーのボタンを外し、シャツのボタンも外した。

純白のブラジャーを上から下にずらすと大きなおっぱいがポロンとこぼれた。

結菜と違い、大きなおっぱいの綾菜はこれだけでも魅力的である。

その大きなおっぱいを揉みしだく。

最近結菜の小ぶりなおっぱいに慣れていたせいもあるかもしれないが、綾菜のおっぱいが以前よりも大きく感じた。

「綾菜ちゃん、またおっぱい大きくなった?w」

綾菜「えっ!?最近ブラがきつくなってきたから太ったのかと思ってたんだけど・・・」

「そっか、やっぱり大きくなってるよね」

綾菜とは出会ってからもう1年以上が過ぎた。

出会った当時はほんと結菜を幼くちっちゃくしたような感じだったが、この1年で身長こそ変わらないが、身体はまだ絶賛発育途中だ。

「こんなこれからも楽しみな女とまだ別れる訳にはいかない!」

俺は心の中で叫んだ。

「綾菜ちゃんっておっぱい大きいし顔もやっぱりAKBの向井地美音に似てるよね」

綾菜「私その人よく知らないけどこの前アイドル好きの後輩にも言われたよ」

「じゃ、今度AKBの衣装着てエッチさせてよ?w」

綾菜「ほんとコスプレ好きだねぇ」

そんな会話をしながら綾菜のおっぱいに吸い付き、乳首を舌で舐めまわした。

綾菜「あっ、あんっ!気持ちいいよぅ・・・」

おっぱいに吸い付きながらスカートを捲り、パンツの上から股間を触るとすでにビショビショに濡れてきていた。

「あーあ、綾菜ちゃんパンツこんなに濡れちゃって、帰り履いて帰れないよ?」

綾菜「あーヤバいねー、もう脱がせて?」

言われた通り俺はパンツを脱がせた。

綾菜の股間にはそんなに濃くはないマン毛が生い茂っている。

以前綾菜にも毛を剃らせたことがあったが、最近結菜のパイパンマンコに見慣れていたせいか、本来は毛が生えているものなのにちょっと新鮮な感じがした。

「うわー、綾菜ちゃんビショ濡れだよw俺と会えない間はオナニーとかしてたの?」

綾菜「う、うん・・・たまにね・・・」

「綾菜ちゃんどうやってオナニーするの?」

綾菜「どうやってって・・・普通に指挿れるだけだよ?」

「そうなんだ?道具とか使わないの?」

綾菜「そんなの持ってない」

「そうなの?身近にあると思うけどな?」

綾菜「そうなの?」

俺は近くに置いてあった綾菜のテニスラケットを手に取った。

「このままじゃ汚いな」

俺はコンドームを取り出してラケットのグリップに被せた。

そのままラケットのグリップを綾菜の割れ目に押し当てた。

綾菜「ええっ!?ちょっとムリだって!?」

「ちょっと硬いかもしれないけどこの太さならちょうど大きい男のチンポくらいのサイズだよ?」

小さい綾菜のマンコの穴を押し広げて、グリップを挿入していく。

ぐしょ濡れになっている綾菜のマンコは思った以上にすんなりと入っていく。

綾菜「はああっ!ううっ!!」

ある程度差し込んだところでゆっくりと出し入れする。

綾菜「ああっ!あんっ!はああああっ!」

「気持ちいい?テニスラケットはこんな使い道もあるんだよ?w」

俺は綾菜をそのまま立たせると、股間から差し込まれたラケットがぶら下がった状態になった。

俺はそこから上下にラケットを動かす。

綾菜「あああっ!ダメっ!!うううっ!」

綾菜の割れ目からはマン汁がダラダラと垂れ落ちてきてラケットはビショビショになってきた。

「あーあ、綾菜ちゃんのいやらしい汁がラケットにいっぱいかかってるよwこんないやらしいラケット使ってテニスするのかぁ?」

綾菜「いやぁ・・・そんなのでテニスできないよぉ・・・」

俺はラケットを抜いた。

「綾菜ちゃん部室とかでこんなオナニーしちゃダメだよ?w」

綾菜「する訳ないじゃん!?」

「じゃ今度は俺のチンポしゃぶってくれる?」

俺は全裸になるとベッドに仰向けになった。

すでに勃起しているチンポを綾菜は躊躇なくパクッと咥えるとゆっくりと上下に口を動かした。

微妙にはだけた制服を着た現役女子◯生にフェラをされているというだけで本当に至福の時間だ。

しかもこの若さで可愛いくせにフェラテクはなかなかのものとくれば、もう彼女と別れる理由なんてどこにもない。

しばらくフェラをしていた綾菜にそろそろ挿入したくなってきた。

「綾菜ちゃん、そろそろ挿れてもいい?」

綾菜「うん、いいよ、ちゃんとゴムはつけてね」

そっか、綾菜とはゴムをつけないといけなかったんだ、と思いながらもしょうがないのでゴムをつけることにした。

綾菜「じゃ、そのまま寝てていいよ?」

と言うと綾菜は俺の方を向いてまたがると、騎乗位で俺のチンポを挿れようとした。

上半身ははだけているが、制服を着たままの綾菜は俺のチンポを掴んで割れ目に入れようとしているが、スカートに隠れてその行為は見えないが綾菜のマンコにチンポが入っていく感触がはっきりわかった。

俺は結合部分が見えるようにスカートを捲ると、スカートのウエスト部分に折り込んで下がってこないようにした。

綾菜は騎乗位が得意で、ストロークの長い腰の使い方が絶妙で締め付けてくるマンコも最高に気持ちいい。

「パンっ、パンっ、パンっ、パンっ」

リズミカルに腰を動かす音が響くと同時に綾菜も声を上げる。

綾菜「あんっ!あんっ!」

俺は綾菜の胸を揉みながら腰を動かせた。

大きい胸の割に小さめの乳首は普段の2倍以上に勃ってきて、感じていることがわかった。

その大きくなった乳首を刺激すると綾菜はさらに腰を速く動かすと様子が変わってきた。

綾菜「あああっ!あんっ!あんっ!いいっ!」

「ああ、綾菜ちゃん凄いよ!気持ち良すぎる!」

綾菜「あああああっ!ダメだっ!もうダメっっ!!」

そろそろ俺もいきそうなところで綾菜は俺のチンポを抜くと割れ目から俺に目掛けて大量の潮を吹きはじめた。

凄い勢いで放物線を描いて俺の身体から顔にまで飛沫が飛んできた。

「ビシャビシャビシャビシャっ!!」

綾菜「あああっ!ヤバいっ!とまんないっ!」

こんなにも潮を吹くのか?と思うくらい長い時間大量の潮を吹いていた。

俺のずぶ濡れになった姿を見た綾菜は半分笑っていた。

綾菜「ごめんっ!ほんとごめんね?」

「綾菜ちゃん、凄すぎwじゃ俺もそろそろいきそうだからまた挿れるよ?」

そう言って綾菜を仰向けにして正常位で挿入する。

「今度は綾菜ちゃんの顔にたっぷり俺の精子出してやるからね」

綾菜「ヤバい、仕返しされるw」

「絶対外に出すからゴム外して挿れるよ?」

綾菜「え!?あ、うん・・・」

俺はゴムを外し生でマンコに挿入した。

「やっぱりセックスは生に限るよな」

そう思いながら腰を動かすともうすでに限界が近づいてきた。

ゴムをつけていないから限界ギリギリまで腰を動かして顔に持っていけると思い、ラストスパートをかける。

「パンっ、パンっ、パンっ、パンっ!」

「ああ、いきそうだっ!」

いつもならもう抜くタイミングだが、そこからさらに我慢して極限まで我慢した。

「もういくぞっ!出すからな!」

綾菜「あんっ!あんっ!いいよっ!出してっ!」

「ああっ!もういくっ!!」

限界ギリギリまで我慢しすぎたせいでチンポを抜いた瞬間から精子が発射され始めた。

綾菜のスカートから上半身に精子がかかりながらチンポを顔に持っていく。

そこから今までに見たことがないくらいの大量の精子が綾菜の顔を汚していく。

綾菜の額から頬までまんべんなく俺の精子がかかった。

そして目を閉じている綾菜の口にチンポをねじ込み、お掃除フェラをさせる。

綾菜「んん、んんー・・・」

「ごめん、綾菜ちゃんに負けないくらい大量に出しちゃったw」

綾菜「思い切り仕返しされたーwでも凄く気持ちよかったぁ」

「制服にもかかっちゃったね、大丈夫?」

綾菜「このくらいなら大丈夫かな?」

明日綾菜は俺の精子がついた制服を着て学校に行くのかと思ったらいやらしい感じがした。

久しぶりの綾菜とのセックスを終えた時、俺の中には当初の別れ話のことはもう頭の中にはなかった。

するとシャワーを浴びて、制服をちゃんと着た綾菜が突然こんなことを言い出した。

綾菜「あのね、ちょっと相談があるんだ・・・」

「ん?なにかな?」

綾菜「・・・私と別れてほしいの・・・」

「・・・はっ!?えっ!?なに突然!?」

綾菜「突然ごめんなさい、別に嫌いになったとか他に好きな人ができたわけでもないの・・・ただ前みたいな関係に戻れないかなって思って」

「前みたいなって・・・援交するってこと?」

綾菜「うん、それじゃそういうことで!返事はそのうちでいいから、またねー」

「ちょっと綾菜ちゃん!」

綾菜はそう言うとそそくさと帰っていってしまった。

突然こんな事を言われてしまい困惑していたが、俺はどうもおかしいと思っていた。

結菜と綾菜は俺の知らないところで色々とやりとりをしているのはわかっている。

突然結菜が付き合ってくれと言うのも何かおかしいとは思っていたが、綾菜まで前の関係に戻りたいとか言い出したのはきっと何か裏があるに違いないと思った。

何を企んでいるかわからないこの姉妹を相手に本気で付き合うとか考えたら負けだ。

でも向こうから付き合ってくれと言われたら付き合うし、別れてくれと言われたら別れてやろう。

これからもこの姉妹相手にゲームを楽しもう、そう思っていた。

俺は結菜と付き合うことを決心した。

続き:元カノになった綾菜の制服が盗まれたらしく、10万円を用立ててくれたら何でもすると言ってきた

- 終わり -

この体験談のシリーズ一覧
1:【援交】電車で天使のような可愛いJ◯に一目惚れして、ある日勇気を出して告白した2:【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJ◯と再会3:【援交】天使のように可愛いJ◯とカラオケボックスでセックスをした4:【援交】可愛すぎるJ◯に遠隔ローターでいたずらして、アイドルのコスプレさせた状態でエッチした5:天使すぎるJ◯が彼氏と公園で青姦している現場を目撃してしまった6:いつも援交していたJ◯が卒業するので最後に思う存分ヤッてやろうと思った
7:援交で付き合っていたJ◯が、最後だからと自宅を訪ねてきた8:援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた9:【援交】天使のように可愛いJ◯にテニスウェアを着せてエッチなことをした10:【援交】美人すぎる姉妹2人と同じ日にセックスをすることになった11:【援交】天使すぎるテニス部美少女に顔射しまくって写真を撮った12:【援交】天使すぎるJ◯とのセックスシーンと豪快な潮吹きをカメラで隠し撮りした13:【援交】女子◯生に目隠しさせて剃毛シーンを隠し撮りした14:【援交】美人すぎる専門学生の結菜と久しぶりにHするために東京まで行った15:援交を辞めたいと言ってきたJ◯との最後のセックスで中出しした16:高◯生の妹の方と付き合い始めたのに姉の結菜と援交を続けることになった17:【テニスウェア】付き合ってるJ◯1年の綾菜と公園で青姦をした18:J◯1年の綾菜にアイドルのコスプレをさせてハメ撮りをお願いした19:【姉妹丼】専門学生の結菜とJ◯1年の綾菜とついに3Pをした20:仕事の都合で東京にいる結菜と1ヶ月間一緒に住むことになった21:援交を辞めるつもりと告白してきた結菜に、電車の中で痴漢プレイをした後に公園のトイレで犯した
22:AKB向井地美音似の彼女と久しぶりにセックスをした後に別れを告げられた
23:元カノになった綾菜の制服が盗まれたらしく、10万円を用立ててくれたら何でもすると言ってきた24:【逆レイプ】別れた彼女にベッドに拘束され、復縁を迫られた25:彼女とエロプリを撮った後、セーラー服のコスプレをさせてエッチした26:彼女公認で元カノの綾菜と再び付き合うようになった27:【修羅場】彼女の母親に縄で縛られ、半ば無理やりセックスしていたら綾菜が家に帰ってきた28:同棲することになった綾菜が中年の痴漢に襲われた29:結菜と綾菜にフラれ、違う女子◯生と援交をすることにした30:【第1章完結】結菜の20歳の誕生日に想いを伝えようと東京へ向かった31:【第2章東京編】同棲を始めた結菜の喘ぎ声が隣に聞こえる勢いでセックスをした32:パティシエール姿の結菜と閉店後の店内でセックスをした33:結菜にセックスを拒まれるようになったある日、以前援交をした萌恵から連絡が来た34:結菜との同棲生活が上手くいっていたある日、萌恵から妊娠したとの連絡がきた35:萌恵香とデートした後にギャルに変身した結菜とデートをする事になった36:同棲している結菜から突然アパートを出て行って欲しいと言われた37:初めてAVを観た結菜が股間をぐしょ濡れにしていたので自らオナニーをさせた38:綾菜に「誰のことを一番 愛してる?」と聞かれはっきり答えられない自分がいた39:結菜が旅行中、復縁を迫る綾菜に道具を使って拘束プレイを強要されてしまった40:【最終回】君を見つけたあの日から僕の想いは一つだけ
広げる

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
下記は投稿を禁止します

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯実話かどうかを問う内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告