エチ研TOP
投稿:2011-08-08(月)08:00

新垣結衣似で美巨乳の友カノを寝取って中出し

本文(累計閲覧数:7,133)
名無しさんからの投稿

去年の話しですがよろしいですか?

当時、私は地元を離れ九州南部に転勤することになり、付き合っていた彼女と別れることになりました。

そして、毎日仕事に打ち込み、休日は同僚と合コンと楽しい毎日を過ごしてました。

ちなみに自慢ではないですが、お持ち帰りがほとんどでした。

そんなある日、同僚と二人で飲んでいたときに、同僚の彼女とその女友達の二人が合流するという流れになりました。

とりあえずスペック…。

自分:24歳、色黒、ラグビー。

同僚(りょう):24歳、典型的な勉強ができる眼鏡君で優しい。

同僚彼女(結衣):25歳、新垣似の色白美人。

彼女友達(あゆみ):24歳、化粧が濃いが服の上からでも分かる巨乳。

正直、同僚はそんなにカッコ良くないので彼女も期待してなかったのですが、会ってびっくりのかなりの美人。

なんでこいつにって思うほどの美人だったんです。

友達も化粧は濃いが普通に可愛いかった。

そして、四人で飲み会が始まり、最初は仕事の愚痴とかでしたが、次第にお酒が進み同僚(りょう)と同僚の彼女(結衣)のエッチな話を友達女(あゆみ)と俺が聞くということになってました。

「りょう君と結衣って付き合って長いぢゃん?マンネリとかないの〜?」

「んー俺は特にないかなぁ。結衣可愛いし(笑)」

「のろけ話しかよ!(笑)」

「いいなぁ。俺君って彼女どのくらいいないの?あゆみに構ってょぉ。」

「あゆみ酔いすぎ(笑)」

正直、あゆみが俺に好意を持っているのもすぐ分かったし、酔った勢いで巨乳ギャルをお持ち帰りしたい気持ちだった。

そしてお開きの時に友達カップルと別れ、一人暮らしをしているあゆみの家まで送る流れになった。

「飲み足りないから飲もうよー」

と誘われ、家の中へ…

結構二人とも酔いが回り、あゆみの過去の彼氏の話になった。

初体験は16で家庭教師で、酔った勢いでしたこともある、パイズリと騎上位が得意、今までオナニー以外で逝ったことがないとのこと。

「俺君ってけっこう筋肉ありそう」

俺的には胸板を触ってキャピキャピはしゃいでいる時に、紫のブラからこぼれ落ちそうな巨乳が気になって仕方ない。

向こうもその気だったみたいで、目が合ったときにいきなりディープキス。

「んっクチュ、あぁん…もっと、してぇ」

自分はかなり服の下には70Fカップの日焼けしたかなりエロい身体で、がっつしむしゃぶりついた(笑)

「あんっ、俺君気持ちいぃ。んっあっあんっやばいよぉ」

あゆみはかなり感じやすいみたいで乳首を舐める度にエロいハスキーボイスを洩らしていた。

パンツの中に手を入れると予想通りグチョグチョで、クリに触れると急に声が大きくなった。

「ん…あっあっ待って、今日なんか…やばい、だめぇちょっとまって、だめぇ、あっあっ」

これはすぐ逝くなと思ったので、クリを舐めながら中指で中を弄ると

「んっ、えっ舐めてるの!?やだっだめぇ、あっ、こんなの初めてなのに、んっんっんーだめだめ、変な…あっあっあっ逝くっいくーー」

逝ったみたいで今度は指を二本入れて本格的に中を弄ると、これがかなりの名器!窮屈だけどまとわりつくように締め付け愛液がだらだら。

「待ってぇ…逝った…ばっかりに、んっ、また変な…えっ待って何か…あっあっ出ちゃうよぉ…あっやだぁ、あっあっんっーー」

身体が弓になり、プシューと潮を吹きながら指を締め付けて逝ってしまいました。

息が整ったあゆみは

「はぁはぁ…俺君やばい(笑)エッチで逝ったの初めて」

汗びっしょりの巨乳を見ながら俺はあゆみの細い手をチンコに添えた。

自慢ではないがエッチのテクニックには自信があったし、逝かせるのは簡単だった。

テクニックだけでなくチンコも自慢だが(笑)

「もぉ……えっ!?これ…大きくない!?」

俺のチンコは太くはないが勃起時20センチの長さでカリがはってる巨根である。

正直、入れてからの方が逝かせる自信があった。

あゆみは恐る恐る触っていたが、パンツの上からあゆみの顔に押し付けると、目がとろーんとして可愛い舌でパンツの上から舐めてきた。

「んふっ…はぁ…クチュクチュ…俺君の大き過ぎだよぉ…んっ」

次第にパンツをおろし激しいフェラチオに。

あゆみは小さい口に頬張りバキュームフェラをしてきたが…これがめちゃくちゃ気持ちいい(笑)ねっとりと吸い付いてくるため、溜まっていた精子が爆発すんとこだった。

あゆみの口から離し、まだグチョグチョのマンコにあてがった。

「んっ…はぁはぁ…あっん待って、ゴムつけ…あっだめだめっあっあんっーはぁん」

あゆみが言い終わらない内に巨根をマンコに突き刺し、最初から激しいピストンを繰り返した。

予想通りあゆみのマンコは名器で、少しキツいが俺の巨根を締め付けてる。

「あっあっだめだよっ…でき…ちゃう…あっあっ…はぁぁん」

ゴムを気にしながらも快楽に溺れていくあゆみの子宮口に亀頭を押し付ける、いわゆるポルチオセックスをした。

今までの女は大抵これで逝く。

「はぁはぁ…んッえっ何これ?あんっちょっと…まって…えっもう…んっ…あっいくいっちゃう,はぁんっんっ」

かなり締め付けながらあゆみは激しく逝ってしまい身体が痙攣していた。

逝ったばかりのまま持ち上げ、騎上位に突入。

下から見上げるあゆみの身体はかなりエロく、巨乳がユサユサと揺れていた。

「んっあっあっ俺君…気持ちいいよーはぁはぁ…いっぱい奥に届いてる」

自分で亀頭を子宮口に押し付けながら、激しく腰を動かしているあゆみは正直かなりえろかった。

「はぁはぁ…俺君…また逝きそう…あっ…逝ってもいい…んっ」

「逝きたいならお願いしろよ」

あゆみは困惑しながらも快楽に身を任せたのか、ゆっくりと腰を動かし始めた

「俺君…逝かせて…あっあんっ…逝かせて…下さい」

「お願い…あっあっ…もう逝く、はぁいっちゃういくーー」

子宮口を鬼頭に押し付けながらまた激しく逝ったあゆみを見て、

「あー俺も逝く。あゆみ、逝くぞ」

「あっあっ…まって…中は…はぁんっんっ、だめ、また逝くっあっあっんー」

そして、小麦色の巨乳を痙攣させながら口をパクパクしているあゆみの中に大量に発射し、しばらく二人で汗だくのまま抱き合っていた。

少し落ち着いたのか、

「もぉー俺君中に出すのだめだよぉ…それに…上手すぎ(笑)…こんなの初めてだよぉぉ」

性欲も満たし満足していた俺はあゆみの巨乳をいじっていたとき、あゆみの携帯が急に鳴り出した。

「あっ結衣からだ」

帰ったら電話をする約束だったみたいで、あゆみは結衣と話し始めた。

そういえば結衣ってかなり可愛いかったなぁ。

りょうは毎晩いつも結衣を……と考えているとまた興奮してきた。

電話中のあゆみだったが、まだ濡れているマンコをゆっくりと弄ってみた。

「一人だよぉ。う〜んとねぇ…あんっあっ…いや何でもない…」

あゆみに睨まれたが続けた。

ゆっくりとクリトリスとマンコを交互に焦らしながら触ると明らかにあゆみの反応が変わってきた

「ちょっとぶつけただけ…ん…大丈…夫、はぁ…なんも、誰もいない…って…んっ…俺君なら…帰ったょ…んっ、もう切るね…はい」

あゆみが電話を切ったと同時に二本の指でマンコを激しくかき回す。

「俺君電話のときに…あんっ、あっあっだめ…んっんっ…あっ急…過ぎっあっあんっ、だめ、あんっ、もう…また逝く、いくいくー」

逝ったと同時に巨根を入れ込み、巨乳を乱暴に揉みながらピストンを繰り返す。

汗でひかっている小麦色の身体が妙にイヤらしく、俺も興奮していた。

「あんっんっんっあっあっ俺君…あんっ…気持ちいいよぉ…んっんっ」

「あゆみのマンコも気持ちいいよ。すごい絡み付いてくるし、エロい身体だなぁ」

「あっあっやだっエロくな…いよぉ、んっはぁはぁ」

射精感が高まり、あゆみを逝かせようと思い激しくピストンを繰り返した。

「はぁはぁ…あんっあっあっ激しいっあっんっ…あっ逝きそうあっ」

「俺も逝く。中で出すぞ。」

「あっあっ…なかだめっ…はぁ外に…だして」

「あゆみも逝きたいんだろ?逝かせてほしいなら中でだしてってお願いしろよ」

「んっそんなの…やだっ…あんっんっ…激しいっん…あっあっいくっあっあっんーーあんっあんっ…俺君…もうっ」

「だして…いいょぉ、あっあんっ中で出して…はぁはぁ…あっあっ一緒に、あっあっ一緒に逝かせてっあんっあんっあっいっいく、いっちゃうー、んーー」

ビクンっと身体が跳び跳ね、激しく逝ったあゆみの中に二回目の精子を出した。

あゆみはかなり激しく逝ったみたいで痙攣しながら息がとぎれとぎれだった。

その日はそのまま二人で寝て、仕事だった俺は朝早くに職場に向かった。

眠い中、仕事も終わり、携帯を見ると2件のメールが入っていた。

一件目は

「あゆみです。お仕事お疲れ様です。また今度ご飯でも行こうよぉ。あと…何かあゆみの中にまだ俺君のが入ってる気がするよぉぉ(笑)」

二件目は

「昨日はお疲れ様です。仕事終わったら連絡下さい。結衣」

一件目は見る前から誰からかは予想はついていたが、二件目は意外だった。

すぐに結衣に電話をすると素っ気ない口調で昨日の居酒屋に来てと言われた。

居酒屋に行くと結衣はすでに居り、とりあえずビールを頼んだ。

「俺君、昨日の夜どこにいた?」

すぐに意味が分かり、最初は話を誤魔化していたが、結衣はすでにあゆみから聞いており俺は素直に言った。

「あゆみは私の友達だから付き合う気持ちがないのならそういうのはやめてよ。りょうには今回のことは言ってないからお願いね。」

結衣はお嬢様育ちでかなり真面目みたいで、昨日のことが信じれなかったみたいだ。

正直、俺はこんな話はどうでも良かったので、適当に謝っていた。

正直、仕事帰りの結衣の服装が白いシャツにタイトスカートで、少し水色のキャミソールが透けていたことがずっと気になっていた。

昨日のあゆみとはタイプが真逆な結衣は俺が今まで抱いてきた女性の中で群を抜いて可愛いかったし、友達の彼女だがどうにかして抱きたいと思った。

「本当にごめんね。でも男は可愛い子が目の前にいたらヤりたくなる生き物なんだよ。りょうだってそうだって」

「本当に反省してますか?りょうはそんなことないです」

ここでりょうが合コンに行っていることを話すと結衣は信じられないみたいで色々と聞き出してきた。

それにしたがってお酒のペースも上がり、最終的に完全に潰れてしまった。

「りょうのばかぁー好きだー」

と言っている結衣を担ぎ居酒屋を出た。

ここからは簡単に事が進み、タクシー→ラブホと移動し部屋に入った。

「ん〜〜りょう…」

スースーと寝息をたてているので大丈夫だろうと思い、結衣のシャツを脱がせた。

ここで思わぬご褒美。

結衣はかなり細長い手足でスラッとしていたため、胸はそこまで大きくないだろうと思っていたが、かなりの巨乳(55E)!腰回りがかなり細く、胸がかなり強調されているロケット型。

ブラジャーを慎重にはずすと、薄ピンク色の乳首。

こんな美巨乳は初めてだった。

俺も服を脱ぎすて、全裸の結衣に今すぐにでも襲いかかりたかったが、我慢した。

乳首を軽く舐めると

「んっ…ん〜りょう…」

普段の結衣からは聞けないいやらしい声が聞けた。

彼氏の名前を言われると、いま目の前にいる美人は友達の彼女ということを改めて実感し、かなり興奮してきた。

「はぁはぁ…んっ…はぁん」

ゆっくりと乳首を舐めると徐々に結衣の吐息が激しくなり、かなり薄い毛におおわれたマンコも濡れているように感じた。

クリトリスを軽く刺激すると、ビクっと反応し、ゆっくりとクリトリスを弄った。

プックリと膨れたクリトリスを弄ると結衣はうっすらと目を開けた。

「はぁあんっ…やだぁりょう…ん…え!?えっ?えっ俺君!?なんで?えっ?」

状況が理解出来ていない結衣はひどく混乱していたが、ここで落とさなければヤバイと感じた俺は十分に濡れているであろうマンコに指を入れて弄った。

「えっ俺君!?やだっ離れて!あんっ…やだだめぇ…んっ…なんでっ…あっあっ…やだ…あんっ」

混乱しながらも、一旦感じてしまった身体は正直に反応していた。

結衣はかなり敏感な身体らしく嫌といいながらも愛液が溢れだしていた。

「あんっやだっ俺君…お願いっねっやめよ、はぁんっ…りょうには言わないから…」

「結衣の可愛い声を聞いたら我慢出来なくなった。もう無理だから諦めて。逝かせていい?」

「えっやだっ無理…こんなのやだっりょう以外としたらだめなのに…あっあっやだっあんっ…俺君…これ以上はだめ…あっあっお願い、はぁはぁ」

そういえば結衣はりょうが初めてで、りょうに以前逝かせ方を教えてほしいと相談されたことがあったから逝ったことがないのか?

「あんっあっあっ、何か、へんになり…あっあんっあんっ…俺…君…やだっあっあっへんになるっあっ…んーんっーー」

こんな逝きやすい子は初めてだなぁということと、りょうってエッチが下手くそなんだろうと思った。

息が整ってきた結衣に話しかけながら、逝ったばかりのマンコをまた弄り始めた。

「はぁはぁはぁ……あんっんっ…はぁ、もうやめよっりょうには言わないから…あっあんっ」

「結衣って見かけによらずに変態なんだね。さっきは散々付き合ってないとって言ってたのに、今は彼氏以外の男に逝かされて喘いでるなんて。そんなに気持ちいいの?」

「んっ違う。これは俺君が勝手に…あんっ…こんなの…気持ちよく…んっ…なんかない…んはぁ」

マンコを触る度にビクビクなる結衣の身体はまた逝くと思った俺はせっかくならと思い、激しく掻き回した。

「えっあっあっあんっ…俺君…これだめっんっんっ…あっまた…さっきの…あんっあっあっ……んっえっ?」

そう、逝く寸前に動かすのをやめて、また動かし始めた。

「あんっあんっんっんっー………えっはぁはぁ」

「結衣が気持ち良くなりたいなら気持ちよくしてってお願いしろよ」

「はぁはぁ…俺君…そんなの…あんっあっ…なんで…あっあっ……こんなの…あんっあっ…」

「気持ちよくなりたいんだろ?いいよ?してあげるよ?」

「あんっやだっ…はぁはぁ…あっあっあっ…だめ…俺君…俺君…」

「はぁはぁ…俺君…んっんっ…お願い…」

「ん?なにを?」

結衣のマンコの中が絞まってきて逝く寸前の時にさらに聞きながら激しく動かした。

「あっあっあんっだめっんっ逝くっあんっ逝かせてくだ…さ…んっあっあっあっいくーやだっ…俺君っあっあっあっいくーー」

結衣は白い身体を弓にしながら激しく逝ってしまった。

美巨乳が鼓動に合わせて震えているのが分かった。

「はぁはぁ…俺君…やだよぉ…こんなの…」

興奮している俺は逝ったばかりの結衣の小さな細長い指でデカチンを握らせ、手を添えながらしごかたせた。

「はぁはぁ…えっ?え?…うそ…なにこれ…やだ…大きい…」

「大きくないよ。りょうのと同じだろ」

「違う…こんなの…凄い…」

明らかに彼氏よりデカいチンコを見て目が離せない結衣にゆっくりとしごかせながら言った。

「結衣…俺我慢できない。マンコに入れたいけど…フェラでも我慢する。でも10分だけしか我慢できないから」

「えっ…んー…絶対だよ。俺君約束だよ…」

本番よりもフェラで我慢してくれるという罠にはまり、フェラをしてくれることになった。

もちろんフェラで逝くことはない自信があった。

ゆっくりと俺のデカチンの先を口に加え、遠慮がちに舐め始めた。

今までくわえたことのない大きさなのだろうか少し歯が当たって痛い。

「結衣、このままじゃ逝かないよ。」

「(クチュクチュ)…んっ待って…頑張るからぁ…」

口一杯に頬張り、上目遣いで見てくる結衣があまりにも可愛くて一瞬逝きそうになったが、せいぜいこれが限界だろう。

結衣をベットの上に押し倒してマンコにあてがった。

「俺君、待って…お願い!分かったから…待って。分かったから……コンドーム着けて」

マンコに亀頭を押し付けながらクチュクチュとイヤらしい音を鳴らした。

「俺いつも生だから。彼氏とは生でしないの?」

「はぁはぁ…生とかしたこと…ないから…お願い」

悩んでいるふりをしながらマンコを刺激し、もういいだろうと思い一気にマンコの中に入れた。

「あんっうっあっあっ…だめっ俺君、コンドっ…はぁんあんっあっあっ…だめっだめ…はぁん」

昨日のあゆみも名器だったが、結衣なマンコはあゆみ以上に締め付けが凄く、それなのに愛液が多く熱いので最高だった。

「あっあっ待ってっゆっくり、あぁん、あっ、お願いゆっくり動いてっあっあっ」

結衣にはやはり大きかったのか、とりあえず大きく動かさずに子宮口に鬼頭を押し付けた。

これが結衣には良かったのか、急に締め付けが強くなった。

「はぁはぁ…俺君の…大きいから…ゆっくりお願ッ!あんっあっ待って、これっあっあっ、だめ、俺君、あんっこんなの…初めてっ…はぁぁんん」

今まで突かれたことのない場所を突かれ、結衣は逝ってしまった。

まだ逝く気配がない俺は結衣の白い巨乳を揉みながら更に結衣の奥を突いた。

「はぁぁんっあっあっ…だめっあっあんっ」

「結衣のマンコ気持ちいいょ。結衣は気持ちいい?」

「あっあっあんっ…気持ち…い…ぃん」

ッチな広告

サイト新着記事(外部)