エチ研TOP
Home > 体験談 > 休みでヒマだったから女友達と野球拳…
投稿:2015-04-12(日)05:00

休みでヒマだったから女友達と野球拳してそのままエッチまで持ってった

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:14,045回)
名無しさんからの投稿

俺が中1の時の話。

その日は祝日で、全部活が休みだった。

ヒマだった俺の家に、

「すいませーん、俺君いますかー?」

という声がした。

誰かと思って家の玄関へ行くと、女友達のシズク(仮)だった。

シズクは、

「今日ヒマでしょ?上がってもいい?」

と言って、俺の返事を聞く前に俺の部屋へ上がっていた。

ちなみにシズクは学年一背が高く、色も白い。

顔は普通で、胸はB〜Cぐらいだったと思う。

その日のシズクは薄着で、よく見ればブラも透けているし、何より脇や首元からブラがしっかり確認出来た。

その姿が何だかとても興奮した。

そこで俺は今日シズクとヤろうと決めた。

「ていうか、何すんの?」

「何しよっかー?暑いからアイスちょーだい」

「暑いなら脱げよ」

「ムリムリwこの下下着だし」

「脱がしてやろうかw」

「変態w」

的な会話の後、

「野球拳やろうぜ」

「えー?どーしよっかなー」

「試しに1回やろうぜ」

「1回だけだよ」

俺:パー
し:グー。

「俺の勝ち〜」

「え〜じゃあ脱ぐか」

脱衣:靴下

「何かセコい」

「だって恥ずかしいもん。悔しかったら連勝すればいい」

「やってやんよ」(これからが本番だな)

何度か戦った結果。

俺:上裸、下ズボン、パンツ、靴下。
し:上下下着となった。

俺はこっそり動画撮影+カメラを準備。

「次負けたらどっちか見えるぞ」

運命の一戦・・・俺:チョキ、し:パー。

「うそ〜え〜脱ぐの?」(動画撮影開始)

シズクは後ろ向きでしぶしぶブラを外し、手で胸を隠しながらこっちを向く。

「手どかしてよ。少しでいいから」

密かにカメラ連写の準備。

「1秒だけね」

次の瞬間、パシャ×6。

「えっ!?」

驚いている間に俺はシズクを押し倒し、キスしながら胸を揉んだ。

シズク「ちょっと!やめてよ!」

「暴れるとさっきの写真コピーして全校へ配るよ」

これが効いたのか、シズクは大人しくなった。

乳首責めをしていると、

「んっ、あぁ」

と感じ始めた。

シズクのパンツを見るともうグショグショ。

パンツの上から触るだけで

「んぁ、んんっ」

って。

「オナニーとかすんの?」(手は止めず)

シズク「う、ん・・・ま、毎日・・・」

俺はパンツの中に手をいれてクリを弄り始めた。

「あぁ、そこ、クリだめぇ」

「処女?」

「ち、がう。1回だ、けK君とやった事ある」

Kは俺の親友。

「けど、そ、の時、んっ、すご、く痛かっ、た」

「じゃあ俺が気持ち良くしてやるよ」

すると、

「イクッ!イッちゃう!」

ぴたっ。

「えっ?」

「続けて欲しいなら『もっと激しく私のオマンコをいじめてください俺様』って言いな」

「えっ?・・・もっと・・・もっと激しく私をいじめてください俺様」

「少し違うけど、いいか」(高速再開)

「んっ、あぁぁ!!」

シズクがイった瞬間に俺のチンポを挿入する。

「んぁ、イった、ばっかりな、のに!!」

俺が小刻みにピストンするとシズクも

「んっ、んっ、んっ、んっ」

と凄く感じている。

「あぁぁぁ!イく!またイっちゃうぅぅ!!」

シズクがイってもピストンは続く。

「そろそろ俺もヤバイかも」

「んぁぁ!中に出して!!」

俺、し「あぁぁぁぁぁ!!」

この日から俺とシズクのセックスライフが始まった。

シズクはフェラがとても上手ですぐ出してしまう。

今でもヒマを見つけてはヤっているおかげで子供ができた。

半年後には結婚する。

幸せなセックスライフを送って行きたい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチな広告