エチ研TOP
Home > 体験談 > 友人に誘われてのタイランドで現地の…
投稿:2015-01-17(土)10:00

友人に誘われてのタイランドで現地の子とワンナイトラブ

自動スクロールボタン
(1秒で2行ペース)

本文(累計閲覧数:12,488回)
名無しさんからの投稿

年末に友人に誘われてタイに行った。

観光地に着いた後に友人が、

「こんなのは後からだ」

と言う。夜になっていたから繁華街に向かった。

「タイはな、観光地よりこっちだ」

と繁華街の店に入る。

友人は前から何度も来ているから心強い。

店に入ると若い女性が沢山いて、

「いらっしゃい」

と日本人みたいな挨拶。

ソファーに座ると、一人二人と隣に来て、なんと5人が着いた。

日本じゃありえねぇと思って酒を飲みながら、ぼったくりかと怖くなった。

しかし友人はお構い無しに隣の子のおっぱいを触って、更に反対側の子のおっぱいまで。

触られてる子も突き出すように触らせて笑ってた。

それを見てたら俺の隣の子から

「触って」

と突き出してきた。

マジかよ!と触ると柔らかくておっきい。同じように反対側の子のおっぱいも触った。

そして極めつけは左隣のリナちゃんが股間を触ってきた。

丁寧に触ってきて勃起させられて彼女は

「オッキメw」

と笑ってた。

タイにしては色白で、身長はあんまりないけど、おっぱいは体の割りに豊満。

長い髪で小柄でムッチリした太ももでパッチリした目が可愛い。顔もタイよりも日本人風の顔。

太ももに手を引かれて触らせて来てた。

そしたら

「よろしいですか?」

と店員が聞いてきて、友人は頷くと俺も何の確認かわからずに頷く。

すると他の女性が席を離れると、会計になった。

訳もわからずに割り勘で払うが安い。

そしたら

「ナイトラブを」

と別会計で9000バーツを支払い、友人は最初におっぱいを触ってた子と、俺もリナちゃんと店を出たらタクシーを拾ったが、見送りだと思ってた彼女達も乗ってきた。

あれ?と友人に聞いたら

「ワンナイトラブをするんだよ」

とホテルへ。タクシーを降りたら

友人「一発なんてもったいないぞ。二発三発は楽しめ!」

と言われ、そこでようやく分かった。要はお酒を飲みながら夜のお供を見つけ、別料金が・・・。

部屋に着いたらベッドに座るとリナちゃんが抱きつきながらキスをしてきた。

「エンジョイしよ」

汗ばんでたからシャワーに向かうと、友人が

「これだけは使えよ!」

とゴムを三個渡してきた。

「極薄だから」

渡されたゴムは0.03ミリだった。

シャワーに入るとリナちゃんも入ってきた。

小柄でムッチリで、おっぱいもおっきめながら張りも抜群、触ると柔らかでした。

お互い体を洗い、手に泡をつけて勃起させられた。

「ビック・・・太い」

とリングを指で作り、俺は彼女にインサートとパイパンを触ってみせたら

「コワイw」

と笑われた。ベッドに行き、遂に念願のタイデビュー。

「やさしくね」

と話す彼女とベッドでキスをして、素肌を味わいました。

想定二十歳のリナちゃん。

「ンンッ・・・ンンッンンッ」

とやはり日本とは違うが、すぐに慣れておっぱいに吸い付く。

「アッ・・・ンンッ」

とリナちゃんが感じて、俺は彼女の柔らかでおっきい胸を攻めあげた。

「スケベw」

と言われながらも初タイ女性を味わいました。アソコは凄い濡れていて、舐めようとしたら

「ダメ・・・」

と隠されて

「入れて」

と言われ、ゴムを装着しアジアのトンネルへ。

「○▲×○▲×!!」

とタイ語の声を上げ、彼女にヌルリ。

程よい締め付けでキスをしてリナちゃんの奥へと静める。

「○▲!○▲!」

タイ語で喘ぐリナちゃん。

滑りが増して、リナちゃんが感じてるのは言葉がわからなくても分かる。

セックスに言葉はいらない。

くねらせて喘ぐリナちゃんはすごい柔らか肌で抱き心地よく、抱きつきながらキスをして結合していった。

動きを強めると

「凄いよ」

と日本語でリナちゃん。

「リナちゃんも最高!」

とリナちゃんの奥へ付きまくる。

高まりがきてしまい

「行くよー」

と激しく突き上げ、リナちゃんに発射。

「アアッ!アアッ!○▲×$@\ΦΥ!○▲×Φ\$」

と絶叫していた。

抱きつきながらキスをしてくれ

「凄い」

とリナちゃん。

首筋やおっぱいを舐めあげて終わり。

汗ばんでベッドに寝そべり、歳を聞いたら笑ってごまかしたリナちゃん。

ニコッと笑いながら

「How old?(いくつ?)」

と聞いたら笑って誤魔化したリナちゃん。

首をかしげるとリナちゃんは片手で1、反対側の手で5本を出した。

「えっ?15?」

と聞いたら「?」だったから

「フィフティーン?」

と聞いたら顔を隠して頷く。

マジかよ!大人っぽく見えたリナちゃん。日本の女子◯生か・・・

「ナイショ」

と言われて頷くと

「日本のこと知りたい」

と夢を話してくれた。

「Dreamは日本で働きたい」

と話すリナちゃんに理由を聞いたら

「日本の男の人、やさし、だから好き」

と。

やさしい?と聞いたら

「日本の男の人、エッチやさしい、終わった後もナデナデしてくれる」

と。

「チャイナ最低、冷たい」

どうやら中国はひどいらしく嫌だとか。

「だからチャイナって聞いてたから怖かったけど、日本語聞いて嬉しい」

日本に興味があるみたいで、エッチの事も知りたいみたい。

「ダイしゅきほーるど知りたい?」

と聞いたら

「なに?」

と言われたから、腰を動かすようにして、

「finish、レディロックフット」

と話したがわからずにいて、俺はリナちゃんにさせようとゴムを付けて再び。

指で俺を差して

「finish」

と腰を動かし、彼女に抱きつき、

「ロックフット」

とリナちゃんの両足を腰に巻き付けさせ、ロックロックとリナちゃんに話すとぎゅっと挟むリナちゃん。

「WAO!ノー!○▲」

とリナちゃんが絶叫し興奮しまくり。

正常位でリナちゃんに突き上げて、再び限界に近づき

「出すよ」

とリナちゃんに激しく突き上げるとリナちゃんは賢く、両足でぎゅっと挟んだ。

そしてそのまま発射。リナちゃんも力を強めタイ語で絶叫。

キスをして離れると

「凄いラブリー」

とリナちゃんは初めての体位に興奮したらしい。

リナちゃんは胸を触ってきて

「凄い」

と密着して鼓動が判る事に興奮したらしい。

「好きな人とエッチでしたら最高だよ」

と話したら

「する!」

と。

そのあと寝てしまい、朝になった。

リナちゃんは起きてて

「ラストワン」

とリナちゃんから言ってくれた。ゴムを付けようとしたら

「ノー、あなたいらない。大好き」

とリナちゃんからナマで。

ちょっと怖かったけど、ナマを女から求められたらするしかない。

やはり生は最高。

サガミさんには敬服しますが、生は違う。

ヌルリとリナちゃんの中は濡れ襞が絡む。

リナちゃんも体が熱くなり、昨日より喘ぎが凄い。

切ない顔がいとおしくて、キスをしてリナちゃんも舌まで。

三回目とは思えないお互いの興奮。

最後だからか、生だからかどちらもか。

お互いに交わりあう性器は刺激的だった。

「リナちゃん!」

と限界に来たら、ぎゅっと挟んだリナちゃん。

俺はリナちゃんに激しく突き上げて最後のfinish。

三回目とは思えない位出た感じ。

「\Φ@ΥΥ$\Φ@%#&'&$$>!」

とタイ語で絶叫して射精する俺を両足でぎゅっと挟み、そのまま抱き合った。

目に涙を浮かべるリナちゃん。

「凄い気持ちいい」

とだいしゅきホールドの密着感と一体感に興奮したみたいでした。

最後はベッドで裸のまま抱きつきながら時間いっぱいまで。帰りにも

「嬉しかった、大好き」

とディープなキスをしてお別れ。

友人と合流し満足した俺は、リナちゃんとの話をしたら

「着けろ!日本じゃないんだぞ!」

と叱られた。

翌日は大人しく観光地を巡り、翌日、帰る前の日に友人に頼んで、最初の店に行った。

リナちゃんは見つけたら笑顔で駆け寄ってきてキス。

それで決まり。

その日の夜はリナちゃんとのお別れのセックスを楽しみ、禁断の生で全てを遂げた。

「また来て!」

と泣きじゃくったリナちゃん。

タイは熱くて情熱的でした。

一応エイズ検査は受けて、問題なかった。

- 終わり -

メント

まだコメントはありません。

メントを書く

内容[必須]
お名前[任意]
禁止事項

◯投稿された方のやる気を削ぐ内容。

◯悪口・暴言・誹謗中傷・荒らし。

◯この話に関係のない内容

◯宣伝・勧誘等。

◯出会い目的。(連絡先を掲載)


「つまらん!」「こんなもの投稿するな!」などと投稿する人がおられますが、その場合は「もっと描写を詳しく」「ここをこうしたら良くなる」など「投稿する方が次に活かせるコメント」をお願いします。

禁止事項を破ると過去全てのコメントが削除され、コメント投稿ができなくなりますのでご注意ください。

ッチなPR

ッチな広告