エチ研TOP
投稿:2013-09-10(火)11:00

【お勧め】女子大生らしき爆乳の女の子が下着の試着にやって来たので…

本文(累計閲覧数:2,304)
名無しさん(20代)からの投稿

某カジュアル服のショップで働いている店員です。

試着室担当になっているシフトの日だったのですが、平日の午前中…客入りもまばらで試着室に来る事もなく、暇で暇でとにかく休憩が待ち遠しい状態で欠伸(あくび)を連発していました。

そんな時、念願の?試着希望の客がやってきました。

肩くらいまでのストレートヘアに前髪ぱっつん、そしてTシャツを盛り上げている巨乳が嫌でも目に付く大学生くらいの女の子でした。

「あの、これ試着お願いしたいんですけど」

声も甘ったるい可愛らしい…正直タイプの娘だったので一瞬キョドりながら品物をチェック。

うちの店にはブラ要らずのパット付きのキャミソールが売っている(※この話は妄想です、詮索しないで下さいw)のですが、それの試着を希望で、何とサイズはXL!!!

ウエストや足はキュッと締まっているのでデブなはずはありません。

という事は、推定G〜Hの爆乳ちゃんという事に…。

女の子は普段着のつもりでいるので、男からするとブラジャーそのもののような品物でも気にせず野郎に渡してきます。

こちらも普段はそんなに気にせずハンガーを外しているのですが、今回は手が少し震えましたw

「ど、どうぞ」

「ありがとうございます!」

スタスタと試着室に入っていくその娘を見送って、頭の中に悶々といけない考えが沸いてきました…。

アレを試着するという事は、間違いなくノーブラになって試着するという事…覗くのは簡単だが流石にまずい。

ではどうしたら…入っていった個室の前でウロウロしている姿を同僚に見られたら怪しまれるのですが、幸い今日はシフトが少なくレジ担当とフロア担当と自分しかいないので、こちらに来る事はまずないはず…それがさらに自分の欲望をエスカレートさせていました…。

そして思いつきました、彼女に触る方法を。

まず、個室の外から声を掛けました。

「どうですか?サイズ感は」

「えっ!?あ、は、はい大丈夫だと思うんですけど…」

いきなり声を掛けられて動揺しているのが伝わってくるが、ここで引いたら意味がない。

「よろしければ、フィット感をチェック致しましょうか?」

「え…っ?」

男に下着のフィット感を見られるとなると普通は断ると思うのだが、女性は割とこの手のものを下着だとは認識しておらず、平気で外着にしている。

なのでイチかバチか試してみた。

「じゃ、じゃあ…お願いします」

キター!!!!!!

この時点で股間はかなりの膨張。

だが、それを悟られてはいけない。

「失礼します」

カーテンを開けて個室の中へ入る。

「えっ!?あ、あのどうして中に…」

「えっと、開けっ放しでも良いのですが、もし他のお客様が来られた際丸見えになってしまうので…この商品は素肌に着ける品物なのでフィット感を見ている間露出が高くなってしまうと思うのですが、開けておいた方がよろしいですか?」

「あ…そ、そうですね…でしたら閉めておいてもらえますか」

やった!!!と内心ガッツポーズ!

普通のサイズの試着室でなく、広めの個室に入ってくれていたのも好都合だった。

2人で入ってもさほど密着はしないのでまだ警戒はされていない。

しかし、予想通りもの凄い爆乳だ…とてもキャミソールのパットだけでは収まらず、上に谷間と肉が盛り上がってはみ出している。

本人はそのいやらしさに気付いていないようだが、こちらは今すぐ揉みまくって下に引きずり下ろしてしゃぶりつきたい状態だった。

股間もパンパンに張ってきたが、厚手のデニムを穿いているためまだ誤魔化しが利く。

「では、チェックしますね」

そっとキャミと乳の間に手を差し入れる。

「きゃあっ!!!!」

流石に驚いて振りほどかれる。

「??どうしました?どれくらい隙間があるか触ってみないと分からないのですが…」

「えっ…えっ…でも…」

「どうしましょうか、やめておきますか?」

接客業のポイントなのだが、気の弱い客には否定的な言葉をこちらから投げると、申し訳なさから向こうが折れてくる場合が多い。

この娘は典型的なそのタイプだ、間違いない。

「い、いえ…お願いします」

ニヤッとしてしまったかもしれないが、遠慮なくこれで生乳を触る事が出来る。

そっとキャミの中に手を入れ、脇からわざと乳首に指を触れさせた。

物凄いボリュームで、男の手が入る隙間がほぼないのだが無理矢理であるw

「あっはぁ…!!」

乳首に触れた途端ビクンとする爆乳娘。

「どうしました?少しキツイようですが…でもXLが最大サイズですし…どう致しましょうか…少し紐を緩めてみましょうか」

「んっ…はぁ…あっおっお願いします…んっ」

さり気なくさわさわと乳首にかすっているだけでかなりの悶え様だ…爆乳の上に敏感だなんてけしからん娘だ。

思いっきりキャミの紐を最大に伸ばす。

すると勿論下に下がってゆとりが出来る…貧乳なら丸出しになってしまうところなのだが、この娘のサイズではそうはいかなかった。

「これでどうですか?苦しくなくなったでしょう」

「は、はい…でも、これだとちょっと露出が…」

「大丈夫ですよ。お客様の胸のボリュームでしたら大事な部分が見えてしまう事はありませんから」

Mっ気がありそうな娘にここぞとばかりに胸のボリュームと爆乳に気付いている事をアピールする。

すると爆乳娘は真っ赤になってしまった。

「あ、あの!ありがとうございました!」

「ご購入なさいますか?」

「は、はい。ですからあの…脱ぐので出てもらえますか」

「かしこまりました。では新しい商品をお持ちしますね」

新品のXLのブラキャミを用意し、着替えを終えた爆乳娘に渡すと、今の今まで爆乳娘が着ていたあのキャミが残る。

さっきの試着室に入ると、まだ彼女の甘ったるい匂いが残っていた。

おもむろにいきり立ったチンコを取り出して、試着していたXLのブラキャミを巻きつけて一心不乱にしごいてカップ部分に大量に射精した。

そのキャミは未だに俺の一番のオナネタになっている。

その後またあの爆乳娘が試着室に来る事があったのだが、またそれは後日…。

あの乳の触り心地は他のどんな女も勝てる気はしない。

また今からキャミでシコろうと思う。

- 終わり -

ッチな広告

サイト新着記事(外部)